きままに旅行記改訂版

第5章 歩け歩けの会

初めてカプセルホテルなるところに止まったが、安いだけあって落とし穴があった・・・それは

  1. 背丈がぎりぎり。カプセルのサイズが190cmぐらいみたい
  2. 換気ファンがうるさい
その為、夜中何度か起きてしまった・・・そういうこともあり7時には起きてしまった。この時間だと大阪でなにかをするにしても早いので京都に行くことにする。大阪駅のコインロッカーに荷物を預けて京都へ旅立った。ついでに駅にあったパン屋で朝食を購入。

C61蒸気機関車

8:45に京都に着いて、まずは梅小路の蒸気機関車館に行く。ここは9:30から開館ということなので歩いて行くことにする。30分ばかりかかって到着。なぜかもう開館していて入ることにする。 汽笛が聞こえるので急いでメインの転車台に行ってみると、なんとそこでは入れ替え作業中だったのです。D51とC56がメンテナンス中でそれをお客が見て楽しめるように配置し直しているところでした。んで、今日の展示走行はC61で、それが出発地点に移動するところも見れました。展示走行は11:00からというので見れないと思っていたのが見れて幸運でした。

続いて、小学校の修学旅行で行けなかった金閣寺に行くことにした。当時金閣寺は修復作業中で観覧できず、代わりに銀閣寺行ったのでした。バスに乗るつもりはなかったので1日乗車券は買っておらずどうしようかな?と思っていると、バスカードなるものがあるというのがわかった。思わず運転手に「バスカードください」と言ってしまいました。でも、口は災いの元、2千円しました・・・うみゅう

金閣寺

金閣寺は相変わらず光っており池にきれいに映っていました。出口のところでお茶室があり「抹茶はいかがですか?」と言っているのに結構引かれましたが飲みませんでした。惜しいことをしたかもしれないと後で思ったりもしましたがね。

金閣寺は終わって、次は三十三間堂に行こうと思ったのですが、嵐山に行く京福電鉄に乗って見ようと白梅町から嵐山に抜けました。途中、窓からファミコンショップが見えたので急いで降りたりもしましたが・・・

嵐山にて 嵐山にて

せっかく嵐山に来たのにどこも見ないのもなにかな?と思ったので一番近くにあったお寺に入って見た。庭園がきれいだなと思いましたが、あとで調べたらちょっと遠くのお寺群の方がよかったらしい・・・失敗したかな?でも、足がかなり疲れていたので行かなくて正解だったのかもしれませんね。

嵐山からJRで京都駅まで戻り、バスで三十三間堂に行きました。仏像の顔の違いは思ったより少なく、同じなんじゃないかな?というようなものもたくさんありました。1列丸ごと修復中だったりもしていましたけどね。

バスで駅まで帰ろうと待っていたら許せないことに「次のバスをご利用ください」とぬかして通過してしてきやがった。次のバスっていつくるねん・・・と時刻表を調べてみると10分ほど来ないらしい。仕方がなく歩く。途中、マンガ専門店とファミコンショップを発見し、入ってみる。でも、大した収穫は無し。しかもおかげて足がもう・・・死んでいます。

京都から大阪に戻って、交通科学館に行きました。ここも行って見たかったところの1つだったんですが、展示内容は交通博物館と変わらないようにおもえました。違うのは関西寄り展示になっているというところかな?

その後は難波に行きました。用事は明日伊勢に行こうと時刻表を見たら伊勢志摩ライナーの8:10発というのが土日に限りあるというので、その空席を調べる為でした。幸運にも空いていたので明日は豪勢に伊勢志摩ライナーで行くことにしました。

日本橋のとあるゲーム屋にて

券を買った後は大阪日本橋に行って探索をしました。デジカメの電池も切れたのでまずは買いました。その後はゲームショップを探し回りました。数軒見つけましたが対したものはありませんでした。1件だけ、品揃えはすごい店がありましたが値段が全般的に高く写真を撮って退却しました・・・
WWWができるところがあったので簡易的に更新を行っていると「買わないなら、契約する気がないならでてけ」的なことをいわれ撤退、けちくさい店だ。他に客おらんやないか・・・

足が完全に死につつ、今日もやっぱりカプセルホテルに宿泊。やっぱりウルサイノジャ・・・


[Radio TARO ---INDEX---]

注釈群

交通科学館
JR西日本、弁天橋駅にある鉄道博物館
交通博物館
JR東日本、旧万世橋駅にある鉄道博物館
伊勢志摩ライナー
大阪・名古屋と伊勢志摩を結ぶ特急専用車両
普通の特急よりいい車両である。
DXシートという410円アップで乗れる特別席もある
大阪と名古屋を結ぶアーバンライナーという車両もある
デジカメの電池
CR123というやつだもんでカメラ屋を中心にしか売っていなく、また高い。