「黒猫氏と一緒に千葉モノレール殿の車庫へ
  貸し切りの撮影会に行ってきたでござる!」

本日の主役はどう考えても黒猫さん!…なんですが、
きすみ!ぺーじですので、バジーナさん視点でご覧ください(笑)

とりあえず全体はこんな感じ。
懸架式モノレールなので車庫でももちろん空中に浮いています。

「やはり黒猫氏は美少女ですなー。にゅふふふふ」

「しからば、拙者もカメラマン氏共と
      一緒に撮影係を勤めさせていただきたく」


という様子をモノレールの職員の方も生暖かい目で見守っていたとかなんとか(笑)

2両編成の連結部分に高坂兄妹
「つかず離れずという感じがきりりん氏、京介氏そのまんまでござるな」
黒猫「そんなの桐乃に聞かれたらまた凄い勢いで怒鳴り散らすわよ」

「しかし拙者はずっと、この4人でいっしょにいられればごにょごにょ

バジーナさん暴走「こ…こうやってスカートの中を…」

「美少女が二人も、でゅふふふふ」
黒猫「ちょ、ちょっと!あなた、いつからそんなキャラになったのかしら!???」
どうやらさっきの発言(4人一緒で…)の照れ隠しのようです。がんばれ!沙織お嬢様

「ようやく拙者のイラストでござるよー!」
実は車外でバジーナさんが描かれてるのって、このヘッドマークだけなんですよね
とほほほほほほ…


って、ここまで来て前編終了。次回中編は車内へ入ります。