秘密兵器シリーズ「秘密テープレコーダー」、「秘密デンワ」 (ナカムラ、定価100円)
スパイグッズと言えばスパイグッズなのでしょうか?。

1個目、「秘密兵器シリーズNo.2 秘密テープレコーダー」。
テープレコーダーをかけようとしてスイッチボタンを押すと
リールがビューンととび出しまわりにいるやつをやっつける
2個目、「秘密兵器シリーズNo.3 秘密デンワ」。
受話器をとりボタンを動かすと円板がとび上がる
こんな頭の悪い武器で殺されたら浮かばれません。

また、非常に暑苦しい箱絵のおっさん連中も要チェックです。
「どやっ!」、「どやっ!」、「ぐわーっ!」
もう少し落ちつけ!と言いたいところです。
「どわーっ!」、「うひゃっ!」
右の和田勉みたいなおっさんが気になりますね。

さぁ中身、中身・・・。
そのセミは何だ?
なぜか裏を押すと「パッチンパッチン」と音がするブリキのセミが付いています。
よく判りません。
ちなみに、「ビューンととび出し」とか「円板がとび上がる」などと箱に書いてありますが、誇大表示でもなんでもなく本当にスプリングで飛び出すようになっています。
今、このギミックのままで売ったら消費者団体からクレームが来る事必至です。

このシリーズは宇宙戦艦ヤマトブームの頃に「びっくり!スパイ新兵器」というシリーズとして生まれ変わっていた事があるみたいです(販売はアリイ)。

戻るー