蛍 (TAKA、定価1500円)
タイトルがただ単に「蛍」という実に直球勝負なプラモデルです。
でもプラモデルと言うにはちょっとパーツがアレなのですが。
「さぁ見ろ!俺たちの光りっぷりを見ろ!」と言わんばかりの3匹
3匹並んで光っている姿は何だかシュールですね。

中身中身。
蛍以外のパーツが殆どを占めております
蛍3つ、台座となる岩、草、清流図(下敷き)、各種配線パーツがが入ってます。
もちろん蛍という事で点滅電球でチカチカと光るのです。
その蛍のアップ↓。
こら!なんじゃこれは!
これではまるでゴキブリの子です。
光らないと蛍だかなんだかわかりませんね。

で、完成図。
切ない・・・切なすぎます
こんなのが机の上でチカチカと光を放っているのは何だか物悲しいです。
ワビサビあふれまくりです。

戻るー