What is
”S.S.T.BAND”?




 S.S.T.BANDは1988年、セガのゲームミュージックをアレンジし、CDとして 発売することを目的とした世界初のゲームミュージックバンドとして結成されました。
 そして同年、ポニーキャニオンSCITRONレーベルより
「GALAXY FORCE GSM SEGA1/S.S.T.BAND」でデビュー。
 しかしこの頃のCDのアレンジバージョンはそのほとんどが打ち込みによって演奏され、唯一生演奏されていた のはMICKYこと並木晃一氏(当時の名前は”PRITTY K.N”)のギターだけでした。
これは2枚目のアルバムとなった
「POWER DRIFT&MEGA DRIVE GSM SEGA2/S.S.T.BAND」も同じでした。
 このことは3枚目のアルバム
「SUPER SONIC TEAM GSM SEGA3/S.S.T.BAND」の解説書に
「こんどのCDは当初からの念願であったSSTのメンバーによるレコーディングをすることができました。」
と書いてあることからもわかります。
 しかし、どうやらS.S.T.BANDというのはコンサート1回きりのつもりで結成されたのだそうです。(^^;

 S.S.T.BAND初のライブは東名阪で行われました。
  
1989年2月 9日東京・新宿厚生年金会館大ホール
1989年2月11日名古屋・テレピアホール   
1989年2月12日大坂・大阪厚生年金会館中ホール   

「S.S.T.BANDライブ メガドライブ スパークリング1989」というタイトルでした。
 ライブの名称にメガドライブと付いてしまう辺りに時代を感じずにはいられません。
 このライブには招待状がなければ入れませんでした。コレがその招待状です。

招待状 メンバー名


 わたしの場合は、確か当時会員だった セガの家庭用ゲームのファンクラブ「SPEC」の関係で送られてきたのだと思いました。それ以外ではSCITRON から送られてくるのが普通のようでした。メンバー名が4名しか書いておらず、しかもこれだとセガ社員が一人も いません。(^^; 当時は「なんだ、これ。全部ゲームの名前じゃん。変なのー。」と思っていました。

 その後、S.S.T.BANDは数々のライブをこなして行き ライブUFOの「桃かぼちゃステージ」(1989年5月4日)、MZA有明での初の有料ライブ(1989年11月2日)と続きます。
 そして毎年恒例となって行った「ゲームミュージックフェスティバル」が始まります。
 ゲームミュージックフェスティバルには「'90」「'91」「'92」「'93」と出演しており、('90と'91の間にプライベートライブと 単独の中野サンプラザでのFormulaツアーを挟む)最後の出演となった93年の夏、並木氏の

「えー、実はえー、今日大変なお知らせがあるんですけども、
 えー、S.S.T.BAND今年で結成、なんと5周年。
 という訳で実はあのー、今日をもってこのメンバーで、えーS.S.T.BAND
 っていうのは・・・やらなくなっちゃうっていう話なんだけど・・・・。」


という言葉を残してS.S.T.BANDは解散したのです。





S.S.T.BAND HISTORY

1986 【05月】
アルファレコードが「ゲームミュージック専門のアルバム」を積極的にリリースしていく方針から「GMO(GAME MUSIC ORGANIZATION)レーベル」を設立

【12月】
「SEGA GAME MUSIC VOL.1」:GMOレーベルから発売。
初週に、オリコン上位にランクインするという快挙を記録。

1987 【02月】
「SEGA GAME MUSIC VOL.2」:GMOレーベルから発売。

【10月】
「SEGA GAME MUSIC VOL.3」:GMOレーベルから発売。

【12月】
S.S.T.BANDの前身、SEGA SOUND TEAMが、サンシャイン60の噴水広場で催されたイベント、
「アフターバーナー・パニック」にて、記念すべき初ライブを行う。

1988 【06月】
ポニーキャニオンとサイトロン&アート社によりサイトロン・レーベル設立

【07月】
「GALAXY FORCE -G.S.M. SEGA 1- / S.S.T. BAND」:サイトロンレーベルへの移籍第1弾アルバム。
このアルバムでS.S.T.BANDという世界初のGMバンドとしてデビューを飾る。

【12月】
「G.M.S.SEGA2 POWER DRIFT & MEGA DRIVE」:サイトロンレーベルより発売。

1989 【02月】
S.S.T.BANDが「メガドライブ・スパークリング1989」と題したライブ行う。

東京・新宿厚生年金会館大ホール (02/09)
名古屋・テレピアホール (02/11)
大阪厚生年金中ホール (02/12)

メンバーは、並木晃一(G)・宮内博史(key)・飯島丈治(G)・松前公高(key)・小森伸吾(B)・田辺健彦(Dr)

【05月】
「国際スポーツフェア’89春」でS.S.T.BANDの野外ライブ「桃かぼちゃステージ」(05/04)が行われる。
メンバーは、並木晃一(G)・飯島丈治(G)・宮内博史(key)・松前公高(key)・小森伸吾(B)・田辺健彦(Dr)

【10月】
「G.M.S.SEGA3 SUPER SONIC TEAM」:サイトロンレーベルより発売。
全曲S.S.T.のメンバーによるレコーディング。CASIOPEAの野呂一生がアレンジャーとして初参加。

【11月】
S.S.T.BANDが初の有料ライブ「サウンドコロシアムMZA」を開催(11/02)
メンバーは、並木晃一(G)・飯島丈治(G)・宮内博史(key)・松前公高(key)・小森伸吾(B)・田辺健彦(Dr)

1990 【06月】
「AFTER BURNER」:サイトロン1500発売。

【07月】
「G.M.S.SEGA4 HyperDrive」:サイトロンレーベルより2枚組で発売。
CASIOPEAの野呂一生氏が全曲アレンジ。

【08月】
「GAME MUSIC FESTIVAL'90」開催。
S.S.T.BANDとZUNTATAという2大バンドによる夢の競演。
S.S.T.のメンバーは、並木晃一(G)・飯島丈治(G)・宮内博史(key)・松前公高(key)・斉藤昌人(B)・田辺健彦(Dr)
斉藤昌人が今回より小森伸吾に変わって加入。

【10月】
「S.S.T.BAND LIVE」:LIVEアルバム&LIVEビデオ
「GAME MUSIC FESTIVAL'90」を収録したCDとVIDEOがサイトロンレーベルより発売。

【11月】
サイトロンが「GAME MUSIC FESTIVAL'90」のビデオを、全国6カ所で上映する「ビデオ・コンサート」を開催。

余談だが、我がバックアップチームリーダーのTRY氏、「Hiroさん達来てるのにお前らビデオでもノれるだろー!」と静かにしていたバックアップチームメンバーにキレる。(^^;

1991 【04月】
「G.M.S.SEGA5 Formula」:サイトロンレーベルより2枚組で発売。
CASIOPEAの野呂一生氏が全曲アレンジ。

渋谷TAKE OFF7にて「Private Live '91」開催(4/24)
当日しか入手できない限定60本の自主制作盤「From Ula」が\500で販売された。
なお、この日参加予定だった田辺健彦の急病により、熊丸久徳が代役で登場。
光吉猛修も宮内博史に代わり、新メンバーとして参加。

【05月】
東京・中野サンプラザと大阪・厚生年金中ホールで「S.S.T.BAND FORMULA TOUR'91」開催。
メンバーは、光吉猛修(ey)・松前公高(key)・並木晃一(G)・飯島丈治(G)・斉藤昌人(B)・熊丸久徳(Dr)

【07月】
「GAME MUSIC FESTIVAL'91」が東京・中野サンプラザにて2日間連続で開催される。(7/30・31)
S.S.T.BAND・矩形波倶楽部・ALFH LYRA・J.D.K.BAND・GAMADELICの5バンドが参加。
S.S.T.のメンバーは、光吉猛修(ey)・松前公高(key)・並木晃一(G)・飯島丈治(G)・斉藤昌人(B)・熊丸久徳(Dr)
尚、今回より田辺健彦が正式に脱退。熊丸久徳が新メンバーとして加入。

GMフェスティバル2年目にして初めて各バンド代表者による夢のセッションが実現。
曲目はDEEP PURPLEの名曲「Highway Star」だった。

Guitar:並木晃一・飯島丈治・MARO・古川もとあき
Keybord:高梨康治・ぴい
Bass:斉藤昌人
Drums:熊丸久徳
Vocal:岸本友彦

【08月】
「STRIKE FIGHTER」:サイトロン1500シリーズ

1992 【02月】
「OUT RUN」:サイトロン1500シリーズ

【04月】
「BLIND SPOT」:S.S.T.BAND初のフルオリジナルアルバム。

【05月】
原宿ルイードで「BLIND SPOT LIVE」が行われる。
今回よりトレードマークであったサングラスをはずし演奏する。

【08月】
「GAME MUSIC FESTIVAL'92」が日本青年館にて2日間連続で開催される。
S.S.T.BAND・ZUNTATA・矩形波倶楽部・ALFH LYRA・J.D.K.BAND・GAMADELICの6バンドが参加。
S.S.T.BANDは二日目のみ。

昨年より行われるようになったセッションは、CASIOPEAのナンバーから「GALACTIC FUNK」

Guitar:並木晃一・飯島丈治・古川もとあき・ぶんぶん
Keybord:光吉猛修・松前公高・船橋淳・うっびい
Bass:斉藤昌人
Drums:熊丸久徳


【10月】
「GAME MUSIC FESTIVAL -SUPER LIVE'92-」:「GAME MUSIC FESTIVAL'92」のオムニバスLiveアルバム。

1993 【03月】
コナミレーベル設立5周年記念として、神戸ポートアイランドにて「GM天国!GAME MUSIC CLUB LIVE」を開催。
この時、S.S.T.BANDの並木晃一、飯島丈治、松前公高によるジョイント、ラジオの公開録音が行われた。

【08月】
「GAME MUSIC LIVE 電撃'93」が日本青年館にて2日間連続で開催される。
S.S.T.BAND・矩形波倶楽部・ALFH LYRA・J.D.K.BAND・GAMADELIC・葉山宏治&ブラザーズの6バンドが参加。
このライブでS.S.T.BANDは解散を発表。

2003 【11月】
「BACK IN THE S.S.T.BAND 〜THE VERY BEST〜」:解散より10年。ベスト盤の発売。
再結成はあるのか?

Special Thanks:ADLIB-LIFE(参考(っつーかほぼパクリ)にさせていただきました)







本 名バンドでの名前担当楽器在籍年度
宮内博史HIRO(Key)'88〜'90
松前公高HARRIER(Key)'88〜'93
並木晃一MICKY(Guitar)'88〜'93
飯島丈治GALAXY(Guitar)'88〜'93
小森伸吾BURNER(Bass)'88〜'89
斉藤昌人TURBO君(Bass)'90〜'93
田辺健彦THUNDER(Drums)'88〜'90
熊丸久徳SPLASHくま(Drums)'91〜'93
光吉猛修R三郎丸(Key)'91〜'93
 
S.S.T.BAND ALBUM 一覧(詳しくはDisco Graphyを参照して下さい)
GALAXY FORCE -GSM SEGA1 S.S.T.BAND-[88. 7.21 PONY CANYON INC., D28B0002]
POWER DRIFT & MEGA DRIVE -GSM SEGA2 S.S.T.BAND-[88.12.28 PONY CANYON INC., D28B0002]
SUPER SONIC TEAM -GSM SEGA3 S.S.T.BAND-[89.10.21 PONY CANYON INC., PCCB-00009]
MEGA SELECTION -GSM SEGA S.S.T.BAND-[89.12.15 PONY CANYON INC., PCCB-00014]
AFTER BURNER -GSM SEGA S.S.T.BAND-[90. 6.21 PONY CANYON INC., PCCB-00032]
HYPER DRIVE -GSM SEGA4 S.S.T.BAND-[90. 7.21 PONY CANYON INC., PCCB-00035]
S.S.T.BAND LIVE! -GSM SEGA S.S.T.BAND-[90.10.31 PONY CANYON INC., PCCB-00042]
Formula -GSM SEGA5 S.S.T.-[91. 4.21 PONY CANYON INC., PCCB-00059]
STRIKE FIGHTER -SEGA/S.S.T.-[91. 8.21 PONY CANYON INC., PCCB-00067]
MEGA SELECTION2 -GSM SEGA S.S.T.-[91.12.15 PONY CANYON INC., PPCB-00077]
OUT RUN -SEGA/S.S.T.-[92. 2.21 PONY CANYON INC., PCCB-00081]
BLIND SPOT -S.S.T.BAND-[92. 4.29 PONY CANYON INC., PCCB-00085]
BACK IN THE S.S.T.BAND 〜THE VERY BEST〜[03.11.19 SCITRON DIGITAL CONTENTS INC., SCDC-00312]
※HIRO氏は現在結婚し、
名字が変わって「川口博史」になっている。




戻る