序盤の進め方

 将棋の戦法には大きく分けて居飛車振り飛車の二通りがあり飛車を動かさずに飛車先の歩を突いていくのが居飛車戦法、飛車を左の方(先手の場合は5筋〜8筋)に動かして使うのを振り飛車戦法といって、この時玉の位置はそれぞれ飛車と反対の方向に囲うことになります。では具体的に第1手目から指し進めてみましょう。

先手が居飛車後手が振り飛車の時の指し方

▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲7六歩 △4四歩
▲4八銀 △3二銀 ▲5六歩 △4二飛 ▲6八玉 △6二玉
▲7八玉 △7二玉 ▲5八金右 △8二玉 ▲3六歩 △7二銀
▲6八銀 △5二金左(第1図)

 少し長めに進めましたが右の図を見て下さい。先手は飛車先の歩を突いていますから居飛車で対して後手は飛車を4筋に振っていますから振り飛車になっています。振り飛車でもこの4筋に振った形を四間飛車といい真ん中(5筋)は中飛車、3筋は三間飛車、2筋に振ると飛車が向かい合う形になるので向飛車といいます。
 玉はそれぞれ飛車の反対側に囲っていますね、守りは金、銀の3枚で攻め駒は飛車と角、銀それに桂馬が加われば万全の形となります。
 指し手の意味を簡単に説明すると1手目の▲2六歩は居飛車の意思表示、4手目の △3三角 <注> は歩の交換を拒否、5手目▲7六歩で角交換をせまる、6手目△4四歩で角交換の拒否、10手目△4二飛で後手の作戦が決まる。

<注>ワンポイント!
開始早々無条件で相手に飛車先の歩を交換させてはいけない。
飛車先の歩を交換することで得る利は一歩手持ちに出来る、飛車が敵陣に直射するので相手は角頭の守りのため金が釘付けになり又交換した歩を打たなければならない。

第1図以降の指し手については中級講座になってしまうのでここでは触れませんが何となく感じだけ掴んでもらえれば良いかと思います。将棋の戦法には玉も囲わずいきなり攻め合うような激しい物もありますが基本的には先ず王様をしっかり囲ってから攻めると覚えておけば良いでしょう。では次に先手の居飛車に対して後手も居飛車で来たときの指し方について。

先手居飛車対後手居飛車(棒銀編)

▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲7六歩 △2二銀
▲7八金 △8四歩 ▲3三角成 △同 銀 ▲8八銀 △3二金
▲7七銀 △6二銀 ▲3八銀 △6四歩 ▲2七銀 △6三銀
▲2六銀(第2図)

5手目までは上の1図と同じように進み先ほどは△4四歩として角交換を避けましたがここでは△2二銀として角交換するならやってこいと挑発します。こうなると勢い2図のように進み最早急戦は避けられません。この先手の右銀が飛車先にどんどんと出ていく形を 棒銀といい角交換型の棒銀を角換り棒銀戦法と呼びます。先手の次の狙いは▲1五銀〜▲2四歩と単純な狙いですが後手も受けを誤ると一気に敗勢になるほどの破壊力抜群の戦法です。
2図以降は一例を揚げると▲1五銀を防ぐ△1四歩には以下▲1六歩△5二金▲1五歩△同歩▲同銀△同香▲同香と過激に攻めたてます。

前二回は▲2六歩に△3四歩と指しましたが今度は▲2六歩に△8四歩と飛車先の歩には飛車先の歩で対抗してきたときの指し方を説明します。

先手居飛車対後手居飛車

▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金
▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2六飛(第3図)

先手飛車先の歩に後手も飛車先の歩で来たときは3図のように進みます。ただし最後の▲2六飛のところでは▲2八飛と引く手もあります。ところで3図を見ると先手だけが歩を交換して一見後手が損したように見えますが先手の形はこれ以上発展性がないので何れ▲7六歩と突いて角や桂の活用を計らないといけませんが飛車の横利きが止まるのでその時後手は△8六歩として1歩交換できます。

重要!
でもちょっと待って下さい、3図に至る手順の5手目で▲7八金に変えて▲2四歩(A図)と先に攻めたくなりませんか?
結論から先にいうとこの変化は先手が不利になります。次に説明しますがここは基本的な定跡手順ですからしっかり覚えて下さい。

A図以下の指し手
△2四同歩▲同飛△8六歩▲同歩△8七歩▲2三歩
△8八歩成▲同銀△3五角(B図)

解説
A図▲2四歩に後手も△8六歩と来てくれれば先手▲2三歩成と攻め合って勝てますがこれでは話が上手すぎます。一旦△2四同歩と取ってから△8六歩が良い手です。これを取らずに▲2三歩と打つと△8七歩成▲2二歩成△同銀で先手の一歩損で次に△8八とがあるので後手有利になります。

B図以下の指し手
▲2八飛△5七角成▲2二歩成△同飛▲2三歩△1二飛
▲2二角△2四歩(C図)
解説
A図最終手△3五角が飛車取りと角成をみています。先手飛車逃げる一手に馬を作ります。 ▲2二歩成に△同銀と取ると▲4五角(後の手順は宿題にしておきます)などという怪しげな手があるので飛車で取りましょう。そして▲2三歩に1二飛が受けの好手で1一香を守っていることに着目して下さい。

C図となっては△2四歩がぴったりとした受けで先手の攻めが頓挫してしまいました。

A図以降の手順は先手が悪いなら後の変化は覚えなくても指さなければいいじゃないかなんて思っていて逆に相手からやられて慌てないようにして下さい。
又悪い手だと知りつつも逆にやってみて相手がどう対応するか見てみるのも一つの方法だと思います。

 先手が初手に▲2六歩と突く手は後手が振り飛車で来る手以外どちらかといえば急戦調の将棋になります。そこでじっくりと指したい人には初手▲7六歩と角道を通す方が良いでしょう。

 この手は相手の出方によってこちらの態度を決めようという意味もあり居飛車、振り飛車どちらにも対応できる柔軟な一手でありプロ、アマを問わず初手に▲7六歩と指す人の方が圧倒的に多いようです。それでは次に初手▲7六歩以降の指し方について説明します。

▲7六歩に後手△8四歩(相矢倉戦)

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲7七銀 △6二銀
▲2六歩 △4二銀 ▲4八銀 △3二金 ▲7八金 △5四歩
▲5六歩 △4一玉 ▲5八金 △5二金 ▲6九玉 △3三銀
▲6六歩 △4四歩 ▲3六歩 △7四歩 ▲6七金右 △4三金右
(第4図)

一気に24手まで進めましたが4図の金、銀3枚で組んだ形を矢倉囲いといい先手、後手双方が矢倉に囲っているのでこの戦型を相矢倉戦といいます。
この後、角を▲7九角〜▲6八角などと移動して玉が7九〜8八に入る形になれば万全の囲いとなります。

相矢倉戦は現在プロ間で最も多く指されている戦型である。但しアマの世界では居飛車対振り飛車の戦いが主流になっている。

 最後に初手▲7六歩に後手が△3四歩と角には角でと対抗して来たときですが、(アマの将棋では最も多い)これに対しては先手が振り飛車を指すつもりなら▲6六歩と角交換を避けて以下飛車を振れば良いし居飛車で指すつもりなら▲2六歩と飛車先の歩を突いていけば後手が△4四歩と角筋を止めて飛車を振ることになります。

 但し後手が△4四歩と指さないで△8四歩と注文を付けることが希にあり、こうなると将棋の戦法の中で一番激しい横歩取りに進むことが予想されますがこれについては叉の機会に。


3手詰めに進むINDEXに戻る