HARDWAREを検証しよう!!

3大ハード(ゲーム機そのもの)を検証しよう!!


v
これから、次世代機と呼ばれる3大ハード(SEGA SATURN、Play Station、NINTENDO 64)を検証していこうと思います。検証順は、早く発売された順(SEGA SATURN、Play Station、NINTENDO 64の順)にいきます。もし、今後この中の何かを購入しようと思っている方、多少参考になされても良いかと思います。それではさっそく参りましょう。

SEGA SATURN
1994年11月22日発売 / 20000円(現在) / セガGンタープライゼス

SEGA SATURN(以下サターン)の1番のウリは、何といってもoーチャファイター」やoーチャコップ纒\とする、強力なアーケードゲームの移植作が自宅のテレビで楽しめるという点です。さらに、周辺機器をつなげることでビデオCDを見たり、インターネットやワープロも利用できます。

マルチメディアマシンビEGA SATURNの誇る、拡張性の高い、代表的な周辺機器を紹介します。

まずは上に挙げたrデオCDオペレーターBこれのムービーカードを本体背面の拡張スロットに差し込むことによって、ビデオCDが見られるようになります。次に、ZガサターンモデムキットBこれをサターン本体と電話回線につなぐだけで、即インターネットを楽しむことができます。別売りのキーボードを買えば、通信チャット(ハビタット2)もできるようになります。もう1つ挙げれば、Rードレスパッド閧Bこのパッドは連射機能がついています。また、ゲームだけでなく、テレビ(一部有名家電メーカー)のリモコンとしても利用できます。他にも、アーケードと同じパーツが使われているoーチャスティックAアナログ対応の}ルチコントローラーA快適にゲームができる機器もあります。

購入に当たって気になるのはどんなソフトがあるのかということですが、格ゲー(格闘系のゲーム)からギャルゲー(美少女もの、恋愛系)までよりどりみどりです。他の2機種と比べての強みはギャルゲー(サクラ大戦、下級生など)でしょうか。しかし、d脳戦機バーチャロン笋ファイターズメガミックスAアーケードの移植作も強みです。アーケードゲームで優良なソフトを出しているうちは、サターンは安泰であるといえます。バンダイとの合併は解消されましたが、それでもセガは大丈夫でしょう。今後問題になるかもしれないことは、セガがプレステや任天堂を意識しすぎて、安易な移植を繰り返すことでしょう。安易な移植をはじめだすと、セガ信者がそっぽをむき出し、全体として業績が落ち始め、その結果良いソフトを制作する資金を失いゥz環を生み出すはずです。そのようにならないことを期待しつつ、サターンの紹介を終えたいと思います。
(この段落には主観が入っています。)


PlayStation
1994年12月3日発売 / 19800円(現在) / ソニーRンピュータエンタテインメント

PlayStation(以下プレステ)の1番の強みは、その普及率です。国内で500万台以上も普及しているということです。メーカーは、普及率が高いハードにソフトを供給します。つまり、プレステは、ソフトが豊富かつ多様であるということです。ソフトが豊富かつ多様であるということから、あなたの求めるようなソフトがきっとあるはずです。逆に、面白くないと感じられるソフトをつかまされるという可能性も含んでいます。そのあたりは注意が必要です。

ところで、ハードの面について記すと、1度見てみると分かるのですが、結構小さいということに気付くはずです。また、デザイン的にもすっきりとしています。コントローラーについては、ボタンが非常にたくさんあります。十字キーを省いて、10個あります。最初はどのボタンを押せばいいのか分からなくなるかもしれません。しかし、使っているうちに自然になじんできます。

プレステは、何といってもソフトです。ファミコンやスーファミで栄華を誇っていたtァイナルファンタジーVリーズやhラクエVリーズの両方を楽しむことができるのは、今のところはプレステだけです。また、pラッパラッパー笋I.Q〜インテリジェント キューブ〜ANラッシュバンディクーNールなゲーム、iムコミュージアム謔激Qー(レトロなゲーム)を楽しむのもまたいいと思います。まさに万人向けのハードがこのプレステです。

最後に、目的に合ったおすすめのソフトを記しておきます。一家に1本pラッパラッパーARPGならtァイナルファンタジー7ASTGなら激CストームAレース系なら激CジレーサーA2D格闘ならXトリートファイターZERO2AレゲーならiムコミュージアムVol.1〜5砠B
(この段落には主観が入っています。)


NINTENDO 64
1996年6月23日発売 / 16800円(現在) / 任天堂

Qームを変える。64が変える。Rピーは今でも覚えている人はいるでしょう。NINTENDO 64(以下64)です。64の1番のウリは、その将来性であり、1番の強みは信頼できるソフトであるといえます。何をもって将来性なのかというと、64DDと呼ばれるディスクドライブです(ファミコン時代のディスクシステムの64版だと思えばいいでしょう)。このディスクドライブの長所は、読み書きが可能だということと、読み込みのスピードがCD-ROMの数倍になるということだと思います。書き換えが可能であるということは、安価でソフトが手に入るということになります。読み込みスピードが速いということは、快適かつゲームにのめり込めるということになるはずです。しかしこの64DDですが、価格どころか発売日すら分からない状態です。そのあたりは注意です。もう1つ、信頼できるソフトという点では、今までの任天堂のソフトをやればもう明白です。Xーパーマリオ64」で、ゲームは確かに変わったと思います。

こうしてみると、64は絶対に買いだというという風に捉えられるかも知れませんが、厳しい点も挙げておきます。それは、現在出ている任天堂のソフトは、比較的万人向けのものであり、玄人受けするソフトは揃っていないように思われます(この文は主観が入っています)。また、今後64の人気に拍車がかかると、サードパーティーが多く参入し、その結果質の低いソフトが多く出されるという可能性もあります(逆にその結果、玄人受けするソフトが生まれるという要素も含んでいますが)。もう1つ、任天堂は64を出す時、CD-ROMをあえて拒否しました。これは何をさすのかというと、CD-ROMに比べてカートリッジは、コストがかかるということで、ソフトの価格がはるということになります。このことについては、ファミコンの例を見れば明らかでしょう。物価の上昇もありますが、当初平均3800円だったのが、平均6500円になったという経緯があります。カートリッジの場合、半導体の値が下がらない限り、ソフトの値も下がりません。

64はいつが買い時か?という議論が、ゲーマーの中でよく交わされるのですが、よく交わされる結論は、烽\フトが揃った時64DDが出た時大作(ゼルダの伝説64やマザー64やF-ZERO64など)ソフトが出る時烽B私自身、64は所有していませんし、まだ買う気はありません。なぜならば、まだ買い時ではないからです。モ桙c論が交わされているうちはまだ買い時ではないと思います。以降はあくまでも噂なのですが、64DDは本体と同じくらい、もしくはそれ以上の値段らしいです。つまり、本体を2つ買うくらいの決断が必要であるということです。しかし、2800円と予想するi64ドリーム紙)という説もあります(情報提供者、たくるすさん。非常に感謝です)。あくまでも噂なので、何とも言えないのですが、もう1つ、64本体と64DDの一体型が出るらしいというのがあります。公共のウェブ上でこのような噂を書くことは良くないことかもしれません。しかし、可能性も無きにしもあらずですし、私の見解も記したく思い、述べました。自分にとって魅力的なソフトが出たら買えばいいと思います。(この段落には主観が入っています。)

ちなみに、上記の64DDに関する記述は、「THE 64DREAM 6月号 P.109」の、「最近では1万円以下、つまり9800円と予想する向きもあるんだけど、問題は同梱される拡張メモリー(4メガバイト分)の市場価格次第。12800円ぐらいがもっとも確率が高い、と編集部は予想。というのも新規ユーザーが本体+64DD+ソフトを購入した場合、35000円以内に収まっちゃうからなのだ」からの引用です。(たくるすさんには本当に感謝です)。


Return to Game人間ゲム