PC GAMES
このページはかなり昔に古田君が作成したものです。彼のホームページが、3webの方の
容量である10MBを越えてしまった為、もう置けないということで、私が頂く事にしました。
そんな訳で、以下は全て古田的批評になっております。
■PC Game 個人的批評■
僕が購入したパソコンゲームのレヴューとその概要、批評です。
まだ少ないですがどんどん拡充させていきます。 批評はマークで最高で5つです。
野球道3 【日本クリエイト
先に発売されていた、システムソフトの「戦略プロ野球」は、僕にとって期待外れなものだったので、同じプロ野球シミュレーションの「野球道3」も購入してしまいました。
もともと「野球道3」は96年中に発売予定でありました。しかし、ずるずると発売が遅れ、結局97年3月の発売となりました。発売元の「日本クリエイト」のアナウンスによると、昨シーズン終了後の選手の移籍、球場の変更、など全て新しく対応するために、発売が遅れたとのことです。確かに「清原」は「巨人」、「落合」は「日ハム」、中日のホーム球場は「名古屋ドーム」などなど、設定は今シーズン開幕版となっています。(ちなみに戦略プロ野球にも「97シーズン開幕版」が発売されています。)
このソフトはMMXテクノロジに対応しています。僕のパソコンにはそんな高価なものはついていませんが、MMX搭載のCPUを持つマシンでプレイした場合、非常に快適に動くとのことです。またフルインストールで300MB、部分インストールで100MBと、かなりでかいソフトとなっております。
さて内容を紹介していきましょう。「プロ野球シミュレーション」です。アクションは一切ありません。自分が球団の監督となり、試合の指揮をとっていきます。シーズンオフにも年俸設定(契約更新)、キャンプ、トレード、フリーエージェント、などなどイベントはたくさんありす。また野球の試合だけでなく、球団としての営業もこなしていきます。自球団のPR、後援会員募集などで、観客を増やし利益を上げたり、医療設備を整えて、ケガ人の発生を低下させたり、スコアラーを充実させ、他球団の情報をいち早く分析するなど、非常に細かい作りになっています。
ゲーム前には選手を、教育、調整、叱咤、激励、など各コマンドを実行することにより、選手の調子を上げたり、能力を上げたりすることもできます。また各選手のデータも非常に見やすく管理されており、データを見るのが好きという人にもおすすめできます。
総じてこのゲームは非常によくできており、おすすめの一本であります。しかし、なぜ評価は4なのか?それは致命的なバグにあります。日本クリエイトのホームページにも、その事が書かれていますが、かなりの種類のバグがあるようようです。中には3アウトになってもチェンジにならず、永遠にゲームが終わらないなど、かなりシャレになってません。しかも日本クリエイトでは、「自社のテストではまだ再現が出来ていません。」などと言っています。このあとそれらのバグがフィックスされるのかどうか非常に心配です。このゲームは最初に述べたように、発売が大幅に遅れました。その間にどのようなテストを行なってきたのでしょう?まさか自社でのテストのみなのでしょうか?個人でオンラインソフトを作成するならまだしも、ソフトウェア作制会社がこうでは問題があります。これがマイナス要因です。今後の情報にも注目していきたいです。
シュヴィライゼーション 2 完全日本語版 【MICRO PROSE】
シミュレーション好きなら絶対おすすめの一本です。僕はこの1年でもっともはまったゲームです。ゲームシステムを覚えるまでには少し時間がかかるでしょうが、覚えてしまえば睡眠時間が削られてしまうこと間違いなしです。
このゲームを一言で説明すると「歴史シミュレーション」と言えるでしょうか。でも信長の野望や、三国志などとはまた趣きが違います。時代のスケールが違うんです。最初はなんと紀元前4000年から始まります。そこからまず最初の町を建設して、住民を効率よく働かせ、文明を発展させていくゲームなんです。他のシミュレーションゲームとは違い、戦争を繰り返し他の文明を破壊することだけが目的ではありません。(もちろんそういうことも可能です)他の文明と手を組んで(場合によっては軍事同盟や平和条約、知識交流など)最終的に宇宙開発競争に勝つ事も目的のひとつです
現在発売されているものにはゲームのみのパッケージと、公式戦略ガイド付きのパッケージがあります。予算に余裕があれば公式戦略ガイド付きのパッケージを購入することをおすすめします。公式戦略ガイドによってゲームシステムもわかりやすく説明されていますし、ゲームもより楽しめます。
FINAL DOOM 【イマジニア
これはDOOM兇汎韻犬任后詳しくは下のDOOM兇鮓てください。何が違うかというと面データ(IWADファイル)が違うだけです。DOOM兇任FINAL DOOMでもどちらでもいいですが、やったことのない方は是非おすすめのゲームです。
マイクロソフトフライトシュミレーター(FS6)ForWIN95 【Microsoft(米)
名前通り飛行機を操縦するゲームです。特に目的というものはありません。ただひたすら大空を飛び続けるゲームです。シーナリーという各地方の地形データの入ったものが別に販売されていて、それを導入することによって、いろいろな場所で飛ぶことができます。Japanシーナリーを購入すれば日本の空を自由に飛び回ることができるようになるでしょう。このシーナリーというのは実際の地形をほぼ忠実に再現していて、自分の街の上空を飛んでみることもできます。
またインターネット上ではこのゲームで使用できるさまざまな機体データが配布されています。機体の特性も細かく設定されていてセスナで飛ぶのとジャンボで飛ぶのでは、全く違ってきます。
ゲームの難易度は高いといえます。滑走路にきれいに着陸できるようになるには、しばらく練習が必要です。
最新のバージョンは6.0。WIN95で動作します。しかしまだ日本語版は発売されていません。
戦略プロ野球 【システムソフト
この春に発売される野球ゲームは3つあります。そのうちで最も早く発売されたゲームです。ライバルとしては野球道3がありますが、発売は延期、再延期と続き3月発売予定になってます。当初「戦略プロ野球」と「野球道3」はともに12月発売の予定でした。僕は「野球道3」を買おうと思っていたのですが、延期を待ちきれず「戦略プロ野球」を購入しました。
評価は辛口ながら2点としました。確かにシステムソフトらしいゲームに仕上がっています。でもちょっとはずれといった印象です。もくもくとペナントレースを戦っていくだけです。もちろんシミュレーションゲームなんでそれが当然と言えば当然なんでしょうけど、僕にはもの足りません。「野球道3」が発売されたら買ってしまいそう。「野球道3」の方は清原は巨人に、落合は日ハムへと移籍後のチームになってるそうです。
ルナティックドーン 開かれた前途 【アートディンク
発売されたのは結構前になります。僕は前作の「ルナティックドーン2(DOS版)」も購入しており、この「開かれた前途」も発売間もなく購入しました。このゲームの評価は人によって全然違ってくると思います。RPGですがいわゆるドラゴンクエストタイプでもなく、ウィザードリィタイプでもありません。もっとも違うところは決まったゴールがないということです。だから半永久的にプレイすることも可能です。
基本的なゲームの流れとしては「依頼人」から依頼を受けてそれを遂行、そして報酬をもらう、といった感じで進んで行きます。依頼には「配達」「護衛」「買物」など戦闘とはほど遠いものから、「暗殺」「退治」「救出」「奪回」などさまざまです。またこのゲームでは自分の気に入った街に家を建てたり、パーティーの仲間と結婚することだってできます。さらに家で休養することにより子供ができますし、自分が引退したあとその子供で同じ世界をプレイすることもできます。ここ最近ではもっともはまったゲームです。
続編「ルナティックドーン 前途への道標」 発売中
DOOM 【イマジニア
パソコンゲームでは非常に有名なアクションゲームです。DOOM系と言われるほど、これと似たゲームがたくさん発売されています。やったことのない人でも名前は聞いたことがあるという人もいるでしょう。一言でいうと「敵を打ちまくるアクションゲーム」。僕の購入したDOOM兇WIN95版ですが、その動きは家庭用ゲーム機に負けないくらい、なめらかに速く、とっても気持ちよいです。
このゲームはひとりでも充分に楽しめますが、対戦がもっとも楽しいとよく聞きます。(僕はやったことない)モデムで通信対戦ができるようになっています。インターネットを利用しての対戦も可能であるとも聞きましたが、今の普通のダイヤルアップではまだまだ無理でしょう。
またインターネット上にwadファイル(ステージ(面)のデータ)が無数に配布されており、それを使えばいつまでも楽しむことができるでしょう。興味がある方は検索エンジンなどで「DOOM」と打ち込み検索してみてください。たくさんの関連ページが見つかるはずです。評価は辛口4点ですが、やったことのない人には是非やってもらいたいお薦めのゲームです。
マイクロソフトゴルフVer2.0 【マイクロソフト(日本)
ふつうのゴルフです。暇つぶしにはいいソフト。ファミコンでもなんでもゴルフゲームというのは、僕の場合いつもちょっとした暇つぶしのためのソフトになってしまいます。評価は3点ですがよくできていると思います。スタンスの設定やドローボール、フェードボールも打つことができますし、市販されているコースデータを購入すれば、新しいコースでプレイできます。スコアやコースデータも細かく集計されて、それを見るのも結構おもしろいかもです。
ポリクローム 【サイベル
RPGです。ルナティックドーンとは違って、きちんとしたシナリオがあり、最後のボスを倒して、きっちりエンでィングがあるという、ドラゴンクエストタイプのRPGと言えます。パソコンゲーム(WIN95)ではこの手のRPGって意外に少ないのではないのでしょうか?家庭用ゲーム機ではドラクエ、FFを代表として多数派ですが。その点ではポリクローム貴重かな。シナリオもしっかりしたもので僕は楽しめました。
グラフィックスも3Dできれいです。操作もマウスで全てすみます。おすすめのRPGです。
ザ・コンビニ 【マスターピース】
コンビニ経営シミュレーションゲーム。僕が購入したのは発売直後のもの。現在はパワーアップキット、2月末には「ザ・コンビニ〜ANOTHER WORLD〜」が発売され、どんどん新しくなっているようです。リアルタイムシミュレーションということで、最初はほっておくと店の商品はなくなるし、店は汚れて人がこなくなってしまいます。もちろん店員はどんどん成長していくので、しばらくするとなんでもこなすようになるでしょう。
ゲームの流れとしてはまず第1号店を開店。開店といっても土地を選び、商品の仕入れ、配置、店員を雇い、やっと開店となります。その後は販売、仕入れ、宣伝などを繰り返し、売り上げを上げていきます。資金が増えてきたらどんどん店を増やし、最終的にはその町を独占(?)することが目標のようです。
3月には家庭用ゲーム機にも移植されるもよう。

Return to Game人間ゲム