トップページへ

CPU(VSコンピュータ戦)攻略

とりあえずパーフェクトで勝ち進み真・豪鬼に勝つ事を目標とした攻略です。
真・豪鬼出現条件は

1.ノーコンテニュー(1コインクリア)
2.ノーミス(1ラウンドも負けがない)
3.パーフェクト勝ちを3回以上
4.チープフィニッシュ(ケズり勝ち)が3回以内
5.豪鬼戦でS・Aフィニッシュもしくはパーフェクト勝ちを1回以上して
なおかつジャッジ判定を1回も行わない。

1はそのまんまです。
2はキツいです。(豪鬼を含め)負けないで進むのは至難の技です。
ダブルノックアウト(相打ち)は両者共に1ラウンドプラスされるのでミスになってしまいます。
3はノーダメージで勝つ事です。波動拳で1回削られても駄目です。
とにかく基本パターンで攻め続けて気絶させさっさと試合を終わらせましょう。
ケズり勝ちでも時間切れ勝利でも何でもいいから相手の攻撃を食らわないように。
後半になるとダッドリーやショーン以外のキャラ相手にパーフェクト勝ちするのはつらいです。
空中ブロッキングを駆使すれば取れる可能性はありますが・・・。
4を守るにはフィニッシュを小パンチや投げ、前方転身を使うことです。
ケズり殺してもパーフェクト勝ちなら削り勝ちにはなりません。
5は運が良ければ簡単に取れますが、下手すると負ける可能性も。
ジャッジ判定は時間切れ引き分けの時に行われます。
またS・Aフィニッシュを多くするとオロが乱入してきます。
出す出さないは真・豪鬼の出現には無関係ですが、より多くパーフェクトを取る
チャンスが増えるので、出しておいた方がよいでしょう。

ちなみに僕のゲーセンでの最高得点は438万点です。あまり大した事ない(苦笑)。

S・Aは転身穿弓腿がベストです。
基本的なパターンとして
「空中T・C(ジャンプ中K→中雷撃蹴)→近距離立ち大P(一段目)→
 →キャンセル大穿弓腿→立ち中P」で端に追いつめてすぐ
「白虎双掌打→遠立ち大P」でダウンさせ起き上がりに再び「白虎双掌打→遠立ち大P」で
ピヨらせます。後は最初に戻って繰り返しです。
最初の3、4人はこれで十分勝てますが、後に行くほど苦しくなってきます。
ましてやパーフェクトなどは・・・。最初の3人でパーフェクト3つをとって
おきたいものです。
5/6

・対リュウ戦

序盤に出てくるリュウは考え無しに波動拳を連発するので
それを大穿弓腿でくぐったり飛び込み攻撃をして行けば勝てる。
後半に出てくるリュウは飛び込みを的確に昇龍拳で撃墜してくるので
ジャンプするときは必ずブロッキングをしこんでおくこと。
リュウの連続技は端でガードすればどれも反撃可能なので
それを待って地道に反撃するのもいい。単純に飛び込むだけではやられてしまうよ。

・対ケン戦

序盤に出てくるケンは小→中→大と昇龍拳を連発するので着地のスキに
攻撃する。
後半に出てくるケンは飛び込みは昇龍拳で落として来るし、ガードを固めていると
投げて来るので気が抜けない。空中ブロッキングに自身がなければ相手のミスを待つしかない。

竜巻の後などに反撃していこう。

・対アレックス戦

フラッシュチョップ→フライングクロスチョップと言うパターンがあるので
しっかりガードして反撃。また、こっちの飛び込みをしゃがみ強パンチで落としたきた後は
大フラッシュチョップかパワーボムを出して来る可能性が高い。
スラッシュエルボー&エアスタンピートを出す前にはあからさまにため動作を行うので
しっかりブロッキングして連続技をたたき込もう。

・対いぶき戦

首折りやしゃがみ中Kなどをガードして反撃していけば負けることはない。
裏回りダッシュ→風斬りやバックジャンプ→苦無などのパターンがある。
飛び込みは風斬りや立ち大Kで落とされる。
垂直ジャンプの後は霞朱雀が来ることがある。ブロッキングの練習をしよう。

・対ヒューゴ戦

序盤のヒューゴは挑発や大P・大Kなど隙が多い行動をするので連続技の練習台だ。
パーフェクトを取るのも容易だろう。
後半のヒューゴは対空が強化されており簡単には飛び込めなくなった。
特にS・Aがメガトンプレスの時は要注意。なるべく技を早めに出しておこう。
とうろう斬はガードされるとムーンサルトで吸われるので使用を控える。
パームボンバー→パームボンバー→EXパームボンバーというパターンがある。

・対ショーン戦

離れて待ちドラゴンスマッシュ・トルネード・リュウビキャクの隙に反撃、これだけ。
2本ともパーフェクトを取っておきたい。起き上がりに遅目のしゃがみ大Kを重ねるのもいい。

・対ユリアン戦

適当に飛び込んで行くだけでも勝てるが、逆にパーフェクトを取るのも難しい。
反撃できるパターンは少なく、メタリックスフィア2連発と
後退→チャリオットタックルやしゃがみ→バイオレンスニードロップくらいか。

・対エレナ戦

ライノホーン・スクラッチホイールのガード後やマレットスマッシュをブロッキング後
攻撃を入れて行けば勝てる。動きまくるのでパーフェクトは取りにくい。
パターンとしてしゃがみ小K→前中P(中段)→スライディングがある。

・対ネクロ戦

飛び込みはしゃがみ大P・しゃがみ中P・後ろ大K・電磁ブラストなど豊富な対空技で
落とされるが、足元を雷撃蹴で狙えば食らいにくい。
ネクロの技は隙が大きいのでガード後転身穿弓腿が入る。
パターンとしてはドリルキック→しゃがみ大K、立ち中K→スネークファングなど

・対ヤン戦

待っていれば勝手に大穿弓腿やとうろう斬を出して来るのでそこに反撃。
パターンらしいパターンはない。

・対ダッドリー戦

(大穿弓腿→ヒットしたら中パンチ)これを連発するだけでOK。余裕でパーフェクトが狙える。

たまにS・Aなどで反撃を食らうがまず負けることはない。

こかされた後はしゃがみ大K・しゃがみ中Kと前大K(中段)の二択が来るので注意。

・対オロ戦

S・Aフィニッシュ5回以上で乱入してくる。
飛び込みは垂直ジャンプキック・立ち中Pでおとされるので要ブロッキング。
日輪掌2連発や人柱渡りの後に反撃だ。

・対ユン戦

ここで条件を満たしていれば豪鬼が乱入してくる。
絶小歩法や穿弓腿ガード後が反撃ポイント。こいつを倒せばエンディングだ。

・対豪鬼戦

(大穿弓腿→ヒットしたら中パンチ)連発で端に追いつめ、起き上がりに
白虎双掌打→立ち大パンチで気絶を狙う。うまく行けばパーフェクトだが、
失敗するとしゃがみ中K→小斬空脚→豪昇龍などで一気にピンチ。

・対真・豪鬼戦

豪鬼を倒したときに一定条件を満たしていれば真豪鬼として復活する。
基本的には豪鬼戦と一緒でOKだが、さらに反撃して来る割合が高くなっている。
飛び込みは空中ブロッキング無くしては成功しない。健闘を祈ります。

98/7/16