XBoxのPADをPCで使う。03/02/01 up

 

※以下の内容によりいかなる不都合が生じたとしても私tgは一切の責任を負いません

最悪の場合、PCが破壊される恐れがあります。その点をご理解の上、自己の責任でご利用下さい

(動作の確認はWindows2000SP3+DirectX9にて行っております。Windows98/MEについては未確認です)

 

Windows98/ME系の動作について  03/04/11追記

CodeUnderground :: dev resources の XCtrlドライバで動作する様です(XCtrlドライバ編はこちらへ

実はドライバ付属のリリースノートには98/ME系についての問題、infファイルにはwin98のセクションの記述が見当たりますね(汗

 

Xbox コントローラ用デバイスドライバ も遂にWin98/MEでも動作するようになった模様 04/01/26

 

用意するモノ

ドライバと配線図 

 www.psxpad.comトップページよりべーたのべーた>[ドライバ ver.0.9以降]、機能>配線図>[配線図 XBox] をそれぞれダウンロード

XBoxのコントローラ

USBのケーブル (以上のモノがあれば簡単に製作できます)

必要に応じて

テスター(通電チェック用)/ハンダ&コテ/ビニールテープ・収縮チューブ(絶縁用)/XBox用延長ケーブル(純正を切断したくない場合)等を用意すると良いでしょう

 


 

製作

XBoxのコントローラ、USBのそれぞれのケーブルを必要な長さに切断

XBoxコントローラのコネクタ(左側2本)とUSBのコネクタ(右側2本)、今回はそれぞれ左のコネクタ(ケーブル)を使います

 

配線図に従い配線を繋ぎます(計4ヶ所)、コントローラ側が1本余りますが(゚ε゚)キニシナイ!! しっかりと絶縁はしておきましょう

※配線図はUSBの規格に沿ったケーブル色とのことですが、一応テスター等で確認することをお勧めします(イレギュラーなケーブルがあるかもしれません)

 

XBoxPADを繋ぐメスコネクタ(左側)、PCへ繋ぐUSB Aコネクタ(右側)の図です

テスター等をつかって断線、誤配線等無いか良く確認しましょう

 

 ケーブル完成

 


 

インストール (PsxPAD編)

ドライバはzipファイルを解凍後、PsxSetup.exeを実行、セットアップ形式なので指示に従います

 

セットアップ終了後、PCに先ほど製作したXBoxコントローラ(ケーブル)を繋ぎます

他のUSB機器同様、自動的に認識されPsx Gamepad for Xbox のドライバが適用されインストールは完了です

 

コントロールパネル>ゲームオプション より確認&調整します

 各ボタン・振動テスト等、問題なければ完成です

それではゲームを楽しみましょう

※どうもうまく動作しないという場合は CodeUnderground :: dev resources のドライバも試してみましょう (XCtrl編)へ


 

Links (すべての人達に感謝!)

Psxpad web  (日本語、ドライバを公開されています 寄付ウェア)

CodeUnderground :: dev resources  (英語、ドライバを公開されています ※亡くなってしまいました)

Xbox コントローラ用デバイスドライバ (日本語、ドライバを公開されています Win98/ME対応!)

 

鉄騎専用コントローラ系

No Longer... (COOS For Windowsを公開されています)

vtchid -- VT Controller HID driver (vtchidを公開されています)

 

2chスレッド

PC用ゲームコントローラ 十字キー6個目 

PC用ゲームコントローラ 十字キー5個目

PC用ゲームコントローラ 4個目

 

PCコントローラ特論 (PC用コントローラの情報ならココです)

 


XBoxのPADをPCで使う。2 へ

番外編:XBoxのメモリユニット へ

index へ