スーパーヒーロー作戦
バンプレストプレイステーション評価:B+
 このページのどこぞで良く似た名前が出てくるがそれとこれは全く別ものなので混同しないように。

 というわけでスーパーヒーロー作戦である。このゲーム仮面ライダーこそ は出ないが宇宙刑事だウルトラマンだキカイダーだの昔の特撮ファン涙物の ラインナップかなりよろしい。特にズバットが出ているのは個人的にすごく 評価したい部分である。

 それでまぁこの作品いろいろと裏の事情が有ってガンダムが出てくる。 WとGとまぁいわゆる平成ガンダムという奴です。正直言って別に嫌いと いうわけではないんですがどうもこいつらだけあまり良い印象を持ちません でした。たぶんスーパーロボット大戦で何回もこいつらを見ている為では ないかと思ってます。特にGは何回見たか数え切れないくらいです。 個人的にGガンダムは好きなんですがどうもこの作品にだすのはちょっと 違うのではないかなと思いました。特撮ヒーロー使ってる方が燃えるのです。 特にズバット。だからといってはすごくつまらないということではないので 勘違いせぬように。

 それで本作の目玉というかバンプレストの執念というか新スーパー ロボット大戦に出たSRXチームが登場します。そしてこれでもかこれでも かってくらい設定を次々出してきてくれます。個人的にSRXそのものは 好きなので(デザインは置いといて)これは結構嬉しかったですね。それでも やはり中心は特撮ヒーロー。特に等身大ヒーローであって欲しかった。 本作の中心はウルトラ、ガンダム、SRXなので宇宙刑事とかいまいち 目立たないんですよね。もちろん見せ場はあるし格好いいんですけどSRX チームに比べるとどうも力の入れ様が違う気がするのはきっと気のせいだと 思っておきましょう。

 本作の見所。ずばり早川健です。ズバットです。もうこれを見れた だけでも金払った価値はある。と私は断言したいんですが人によっては違う んでしょうね。残念な事に。

 最後に本作の評価ですがキャラクターゲームとしては良く出来ていると 思います。キャラクターそれぞれを活かし、原作をうまく使っているという 点では評価に値するでしょう。ただしあのキャラクターグラフィックが いただけないというのは除きますが。  それではRPGとしてみた時は? というとちょっと自由度が低いです。 パーティーがイベント毎ですぐ固定されてしまい装備がちっとも意図した 通りに回ってくれない。この辺は割とストレスになるのではないかと 思いましたね。と思ったら入れ替えなんてコマンドがあった…最終戦直前ま で気づきませんでした。うむぅそれでも最終戦まで楽に行けるんで難易度は かなり低いと思っていいです

 まぁ少なくても面白くないとは言いませんので特撮ヒーローの好きな方は プレイしてみても良いのではないでしょうか?


戻る