日記

マンガの感想へ
2000年 4月以前 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月

2002年6月30日

 朝から腹の調子がよろしくなく。ぐへー。

 マンガ読んで寝て、サッカー見てっていう腐った生活。今日の試合はいかにカーン様といえど1回は確実に取られてたな。ブラジルの完勝。


2002年6月29日

 早速Comic Parkザ・ムーン 全4巻を買ってみました。

 注文したのが23日で、出荷が28日、届いたのが今日ですから想定通りといえるでしょう。

 で、肝心の本ですが、丁度コンビニで売ってる300円コミックを思わせるような装丁ですね。紙質はちょっと見劣りするものですが、それ以外は気になる所はないですね。

 まぁ、壊れてもまた注文すれば良いってのが一番の強みですね。絶版がないんだから確実に買えます。

 ザ・ムーンの感想は後で。

 今日本屋に言ったら早速トラマガが並んでました。掲載されているのがやたらと濃い画風のが多かったんでちょっと胸焼けを起こしそうでしたよ。丁度バンチを思わせる感じかな。あれよりかはもっとマニア向けになっているけど。


2002年6月28日

 ZEROSUMを立ち読みしていたんだけど、メインの高河ゆんとか峰倉かずやは全然見てないんだけど、それ以外のが結構面白くなってきているんで、単行本が楽しみ。
 後阿吽がやたらと出来が良くてビックリ。

 つまりだ。今回のW杯の韓国の快進撃はFIFA上層部、特にFIFA副会長である鄭夢準氏の思惑によるものだったんだなと。
 日本はミーハーのお祭り好きで、どの国の試合でも勝手に盛り上がってくれる。でも韓国は違う。盛りあがるのは自国の試合のみで、他の国の試合は盛りあがらない。
 サクラを使って見かけ上はスタジアムに観客を埋めているが、あまりにも深刻な問題。このままでは共催をごり押しした責任を取らなくてはならなくなってしまう。(共催になったのは鄭夢準のごり押しのため)
 そんなわけで、是が非でも韓国でW杯を盛り上げなければならず、そのためには審判を…

 したがって、3位決定戦は目的は果たされているので、おそらくクリーンに試合が行われるでしょう。レッドデビルズをバックに激しい攻撃をしかける韓国サッカーを素直に楽しめそう。

 あ、そうそうちなみに韓国−イタリア戦の主審のモレノ氏、殺されたらしいですね。(From 俺ニュース)
 いやはや、世界最高のサッカー大会とはかくも物騒なのかい。
ガセらしい。

 コミック延期情報更新。ふぅど〜る1冊延期されても結局21冊14000円だもんなぁ。1万超えたのは久しぶりだったからちょっとビックリ。


2002年6月27日

 s-manga.net 集英社の全コミック誌と最新コミックスが立ち読みできる(From 最後通牒)
 立ち読みして記憶に残ったマンガ家さんを家に帰ってからチェックしなおすのに便利。他の出版社でも似たような試みがなされていくことを祈ってみる。

 7/4発売の「週刊少年チャンピオン」No.32から杉村麦太『キリエ〜吸血聖女〜』が連載再開
 嬉しいので小躍りしている今日の俺。


2002年6月26日

 人生の岐路かもしんない。


2002年6月25日

 仕組まれていたかのように韓国が3位決定戦に。


2002年6月24日

 特に何も書く事はない。


2002年6月23日

 今野敏の宇宙海兵隊ギガースを読み終わり。は大分前に読み終わってたんだけど感想書くの忘れてた。

 で、物語は人類がその版図を宇宙まで広げ、勢力圏は木星圏まで広がっていた。そんな折、木星圏に住む人類が絶対人間主義を掲げ、自治権を得るために独立戦争を起こす。地球連邦はこれをテロと断定し、徹底構成の構えを見せる。
 人類初の宇宙戦争が行われている最中、最前線にギガースという名の最新鋭試作記が投入される…

 つー感じのよくある感じのSFですね。で、戦いのメインに位置するのがロボットであるSFロボットものって事になります。

 で、この作品の特徴的な所は主人公がカラーイラストのついているギガースのパイロットリーナでも、同じくカラーイラストのある戦闘機タイプユニットに乗るオージェでもなく、ギガースが投入された最前線の小隊の隊長カーターであるって所。
 この部隊は人類初の宇宙戦闘を行った隊なんだけど、その折に隊員が母艦に既刊する事が出来なくなってしまったというアクシデントが起こってしまい、それ以来カーターは戦闘に出るのに、著しく恐怖を感じるようになってしまっていた。そんな折、荒くれものぞろいの隊にまったく正反対の美少女が最新鋭記と共に入隊してきて、彼の苦悩は一掃広がってしまう。

 ってのが1巻の当たりの話で、2巻では更に戦闘機の部隊が編入されてってところですね。それと同時に何故この戦争が起こったのか、木星の人たちとはどういう人間なのか? っていうのが、また別の場所の別の人間の目を通して描かれています。

 深野さんの美麗イラストがあるのにもかかわらず、実質主人公がイラストが全然ない中年おじさんってのが実に素敵。

 細かい設定面とかが、本文中に前面に押し出されていなくて、そう言う設定とかを理解で着ない私にもたやすく読める所が実によいです。

 私は深野さんのイラストが目当てで勝ったんで、ないようの面白さにはまったく期待していなかったんですが、予想外に面白かったです。

 割とリアルな宇宙戦描写も特徴的なんでそう言うのに興味があるんなら読んでみても良いかも。


2002年6月22日

 あまりにもふざけた商法なので買うのを拒否した修羅の刻13巻表裏の内容ですが。

 がそれぞれ片方だけに掲載されているそうです。なるほど確か連載時には不破の名前を名乗ったシーンはあったけど陸奥の名前を継ぐシーンなかったもんな。

 陸奥と不破の2つに分かれるところだったから2つの単行本にわかれたのね。意味はわかったけど、やっぱ喧嘩売ってるとしか思えないよ。
 それ以前に信長ファンに信長って奴は陸奥の力を借りて天下統一に近づいたんであって、彼の自力はそう大した事ないよとかって喧嘩売ってるようにしか思えない内容だけどな。

 後、裏は月末に重版かかるそうです。7月には普通に書店に出まわると思われます。全部ソースはここ

 ちょっと前にイタリア セリエAのチーム ペルージャのオーナー ガウチ氏が韓国の選手を決勝点入れられたから首に下みたいな記事が流れました。

 これ見た時におかしいと思ったんですよ。確かに負けて悔しいのは事実でしょう。でも仮にもサッカー大国のイタリアで全力での勝負結果で、自分の国に勝ったからチームを首にってのは、おかしい。悔しがりながらも選手の価値が上がった事を称えるもんじゃないのか?

 で、巡回していたら、ガウチ氏の発言が誤訳されているらしく。(From ヘイ・ブルドッグ)
 つか、誤訳とか以前にアン・ジョンファンの態度がガキすぎるっていうか。まー素晴らしいの一言。国の英雄だから自国のプロリーグでエースになればよろしいかと。

 試合を見る限り、韓国は強いと思うし、頑張っているように見えるんだけど、なんでこういう余計な所で自らの評価を貶めるような事を言うかね。


 マンガを16冊処分。3930円。割とよし。

あらなが輝大都社
石坂啓アレルギー戦士小学館
市川和彦繁みの誘惑東京三世社
うおなてれぴんしすこれ−うんっ やっぱりコレしかっ!!−コアマガジン
宇佐美渉Pastel Colorsシュベール出版
GUN放課後ぷれい松文館
GON月下美人ティーアイネット
品川KIDDOUBT!!大都社
修生潜航戦艦ブラッククロウリイド社
高雄右京地球幼年期の終わりに…コアマガジン
緋龍高弘玩具少女松文館
山田ひより恋の始まりははるか遠く昔のこと蒼竜社
ゆずぽんHONEY富士美出版
四島由紀夫垂涎ティーアイネット
龍牙翔微熱のささやき茜新社
ロケット兄弟僕らのカタチ大都社


 ダ・ガーンとスピルバンのケイブンシャ大百科、ダ・ガーンの講談社超百科を購入。スピルバンは3000円もしやがったのが素晴らしいと思う。


2002年6月21日

 追い討ちをかけるように宇宙刑事全3部作DVD化の情報を聞いて寝こんでしまう。

 あんなに必死こいてLDを集める必要なかったなぁ。1巻9800円で全5巻くらいで揃っちゃうもんなぁ。

 劇場版ハリケンジャー&龍騎の製作発表(From アニオタニュース)
 加藤夏樹が仮面ライダーでもうくらくら。とりあえず彼女が出てる所だけはDVDを買う事を決定。出てなくても買うつもりだけど。

 絶版コミックを1冊から再版するオンデマンド印刷サービス(From 荒屋敷)
 小学館と講談社が共同で作成したComic Parkにてサービスを行うという事らしいです。
 ComicParkとは何ぞや? 説明によると

 顧客の注文に応じて1冊からでも製本販売することができるコンテンツワークスのBookParkオンデマンド出版システムを利用することにより、今までは商業ベースに乗らなかったマンガ作品を絶版・品切れなく、販売し続けることを可能にしました。

 とのことです。

 具体的にはこちらにあるように、コミックを電子データ化して、注文に応じて製本するって事で、絶版、刷り過ぎという概念がなくなったのが特徴です。
 まさにマンガ好きにとっては夢の用なシステムですが、ここで重要になるのが、コミックのデータ容量になります。当たり前ですね。

 現在わかっているだけで、以下の物がものがサービス可能になっているようです。

 古いマンガが好きな人には良いラインナップかもしれないけど、私みたいな角川とかがよく青田買いする同人上がりのマニアックなコミックを好む人にはあんま嬉しくないラインナップ。

 個人的にはジョージ秋山のザ・ムーン 全4巻と佐藤まさあきの新ダビデの星 全10巻が気になったりもしますが。サイクル野郎 全37巻もすごいけどさ。

 まぁでもこれから発展していくところだから応援していきたいと思います。

 ところで、現存単行本をスキャンする事も可能って事はですよ。今布教用にもう一冊ってことで技とダブらせているマニア向けの単行本を提供して、販売出きるようには出来ないのかしら? 権利関係で大揉めしそうだから難しいとは思うけど、実現されたら嬉しいなぁ。

 延期リスト更新。
 警察署長ドラマ化で、今日はやたらとコミックでてるから、警察署長の大量入荷にあわせて技とずらしたのかしら? それにしても講談社は最近発売日がやたらといいかげんだよなぁ。もうちょっとまともにして欲しいもの。


2002年6月20日

 つてで一冊手に入れてようやく後4冊にまで揃った野望の王国が復刊されると聞いて眩暈がしてしまった。

 この魔女が魔女を狩るウィッチハンターロビンが面白そう。


2002年6月19日

 思う事は色々あるけれど、昨日の試合を見比べる限り、日本サッカーは韓国サッカーに、全ての面で負けていると思う。

 仮面ライダーなどの特撮ヒーローサイト 東映特撮BBが7月15日オープン

 出来るのはここ。まだ繋がってないよ。

 スパダーマンは絶対無理にしてもメタルヒーローの全部を網羅するくらいはやって欲しいなぁ。スピルバンとかジャスピオンとか。最近東映チャンネルで放送されたらしいけど。

 マンガ延期情報更新。ゆうきまさみのKUNIEって延期してたんやなぁ。


2002年6月18日

 まー奥様聞かれました? 元J町の黒岩よしひろがとうとう成年マンガを描くらしいんですって。

 あの人ならそう言う事をやりかねないと思いましたけど、やっぱりねー。前から怪しいと思ってたのよー


2002年6月17日

 筋緊張性頭痛。

 ゼビウスがアニメ化
 この記事を見る前にゼビウスを映像化するとどん何になるんだろう?
 やっぱりソウルバウに乗って、激しいドッグファイトを展開。銃弾の雨あられとか座っパー売っても効かないバキュラの驚異とか幾多の試練を乗り越えアンドアジェネシスを叩き落すまでを120分丸々かける話がゼビウスらしいアニメだよね。
 間違ってもその辺の適当なヒット作の人間ドラマをパクって、延々出撃前を描いた挙句に最後5分しかソウルバウに乗らないってのは最悪だよね。

 最悪のケースにはならなさそうですが、ドッグファイトの比率は引くそうだなぁ。期待しないでおきます。つかそっちはマクロスの新作に期待するべきだな。

 加藤夏樹が龍騎に出るって聞いて小躍りしている私。


2002年6月16日

 今日本当に珍しく早起きしたらハリケンジャーとクラッシュギアがゴルフ中継で潰れてしまってました。ゆるせません。

 マンガを28冊処分。1140円。修羅の刻13巻発売前に処分できてよかった。

川原正敏海皇紀〜12巻講談社
川原正敏修羅の刻〜12巻講談社
許斐剛テニスの王子様〜3巻集英社
はやかわともこゾクゾクしたいの講談社



 11日に韓国で行われたのセネガルVSウルグアイ戦で1万人以上のサクラがいたんだって(From 変人窟)
 サクラは最後までいような。

 今日のセネガルVSスウェーデンは一進一退で面白かったよ。後アイルランドの選手は皆松山君ですか。

 コスモスのDVDは発売中止になってしまいました(From Blofeld is Egoistic Leader)
 とり返しのつかない事態になってきてますね。このままコスモスはウルトラの封印された黒歴史になってしまうのかな。円谷だからなぁそうなる可能性大。セブン12話みたいに放映済みじゃないから外に出るのかどうかわからんね。

 何故に鈴木裕の版画かね?(From セガマニア@大阪)
 版画よりもバーチャファイターを作った男たちのような感じでシェンムーを作った男たちを出した方が注目されるのでは? 当然掲載紙はマガジンで。


2002年6月15日

 JPEGウィルス発見(From airoplane.net)
 メモ。Outlook使ってないからといって油断出来る時代は終わったのかな。

 日本は準決勝に進むべきでない…トルシエのコメント(From 俺ニュース)
 要約すると村上龍コメントの欧州人にとってサッカーは自分たち(だけ)のもので、欧州選手権は『余計な国』が出てくるW杯よりはるかに重要であり、その低いモチベーションの中で準決勝に行っても意味がないという事なんでしょう。
 後、韓国についてボロクソに貶してますな。曰く、ナショナリズムが肥大しすぎて、他の国にまったく関心を示さず、大会を盛り下げていると。

 言わんとする事はある程度納得できるし、言ってる事がある程度当たってもいるんだけど、これだけが全てだとは思えないってのが正直な感想。
 韓国の高校生の競技人口が少ないのは四強制度によるもので、ここだけの競技人口を見て底辺が薄いというのはどうかなぁと私は思うのですよ。日本よりも早くプロリーグが出来ているわけだし。

 でも、チャンスが少ないって事とナショナリズムが肥大し過ぎているって所は素直に納得してます

 浅野りんのパンゲアの第二部が始まるかも(From 最後通牒)
 第1部巻にしてもあれはあまりにもひどい終わり方だったので、続いてくれるのぞみが出る事は嬉しい事。まぁ別に再開しなくても困りはしないんだけど。


2002年6月14日

 日本勝利直後からいつもの巡回をしていたら、行く先行く先で日本勝利を祝うコメントが出てきて、関心の高さを窺い知れます。

 そんなサッカー一色になっている今日、ウルトラマンコスモスが逮捕されました(From カトゆー家断)
 明日の放送でコスモスが見れないお子様になんと説明すれば良いのか。コスモスは宇宙に帰って行ったのよと教えるのか。

 ところで、次週からは別のウルトラの再放送って事なんだけど、それ以降またゾイド枠になったりしないのかな? ウルトラを続けるのはちょっと元が悪いし、少しは時間開ける事なるかなぁと思う。

 バスタード完全版02 予告本が近日発売
 完全版とか描いてないで終わらせる努力したら? ってツッコミよりもいっそのこと完全版でカル=ス辺りで終わるように持って行けと思う今日この頃。多分そっちのほうが確実に早く終わると思う。

 がぁさんの新作が8/19創刊のチャンピオンREDで掲載
 テーマは「死体」だそうで。

 そう言えば最近のがぁさんの作品って死を意識した作品が多いよなぁと思い至る。死っていうのは一体なんなんだろうと色々思考錯誤しているって事なのかな。がぁさんのあの絵だから、雰囲気が陰惨にならずに抵抗なく読めるんですけど、描く人が描いたらキッツイのになるんだろうなぁ。


2002年6月13日

 GPSを使った宝探しゲーム『ジオキャッシング』(From 魔天)
 こういうむやみにでかい規模の宝探しって憧れますね。やって見たいなぁ。


2002年6月12日

 今週のあずまんが大王で、張り出されたクラス名簿にかおりんと表記されているところに大笑いしてしもうた。徹底しているなぁ。
 しかし、かおりん2年でこれなら3年だとすごい事になるんだろうなぁ。

 冬目景のLUNOが単行本化されるって聞いて、やっぱりなぁ、だから雑誌買う必要ないと思ったんだ以上の気持ちにはならず。

 調子悪ー


2002年6月11日

 体温も高けりゃ外も暑くて倒れそうだよ。

 大洋社で7月分コミックリスト公開
 見てて気になったのは下旬発売のDrモローのリッチな生活。これって同人で出してる奴を出すのか? しかも編集部曰く、3ヶ月連続発刊(6/11)とか言ってますよ!?
 この間ドルフィンマンが出たばっかなのにこういう風に出してきますか。元気だなぁ。これでネタも切れたかなぁ。

 エース桃組を読んで見た。相変わらず読むものもなく、あっという間にラストの田丸、平野、サムシングに行くかと思いきや、その直前のしけたみがの鋼鉄の少女たちに面白そうなにおいを感じました。単行本が出たら買って見ようかな。


2002年6月10日

 ガンガン沈んでいく。既に泥の中にいるよう。


2002年6月9日

 寝て寝て寝てまた寝てサッカー見ている休みらしい一日。

 日本勝ったし面白かった。


2002年6月8日

 全長20Mはあろうかと思われる人食い鮫が生息している川をワイヤーだけのロープウェイで移動している夢を見ました。鮫が飛び上がってきて危うく食われそうになったところで目が覚めた。変な夢。

 アメリカの大統領にはなれなくても日本の首相にはなれます(From MOON PHASE)
 やはり大阪がいないのは彼女が戦い向きじゃないって事の証明なんだろう。でも個人的には大高弥三郎は大阪という気が。大阪さんの柔軟な発想は日本を救います。
 しかし、智が皇帝か…微妙にはまってるなぁ。

 明日少林サッカーをまた見に行こうかなぁと思っている最中。


2002年6月7日

 テンションがガクッと落ちていく一方。少林サッカーを見てやる気を補充するべき。

 ファミ通でSRWR情報をみる。
 北斗が凰牙に乗ってるよ。閃光雷神激がMAPだよ。テキサスマックが格好よすぎだよ。

 なんかまた頭痛がしてきたので寝る。


2002年6月6日

 あずまんが大王の4巻でてました。もう5回くらい読み返してます。日記書けないじゃん。

 まんがの森で7月分コミックリスト公開

 ようやくキリエの1巻が出ますか。これも終わってんだよなぁ。もっと続き読みたかっただけに残念でならない。

 OVA RODをやっと全部見終わる。

 やっぱり結局あの本はなんだったの?ってのと、そんな疑問はどうでも良いような爽快アクションアニメに仕上がってて面白かったなって月並みな感想しか出てこないのがあれですが、面白かったです。

 あの偉人っていう設定は面白い設定だよなぁ。例えば自分の負ったどんな傷でもあっとういう間にメスで直してしまうブラックジャックみたいな野口英世とかレーザー光線で攻撃するエジソンとか超音波で攻撃してくる蝙蝠みたいな格好をしたベルとか夢が広がるよなぁ。


2002年6月5日

 頭痛がヒデェ。

 岩原裕二の新作がビームで(From 俺ニュース)
 地球美紗樹の最終巻が出ましたが、エースNEXTが休刊してしまい、これからの活躍の場がどうなるのか心配されていた作者でしたが、ビームに行くのですか。ビームはあくがやたら強い作風が多いからちょっと敬遠気味なんだけど、これで少しは一般向けになってくれるかな。
 もう1つ秘密の作品があるって言うのは、エースNEXTの後継誌での話になるのかな。まぁ表に出てこないとなんとも言えないんだけど。

 ランス次回作 『ランス5D ひとりぼっちの女の子』がアリス会報にて発表
 とうとうランスの続きか…。でもそれ以前に積みあがったゲーム消化しないと買ってもプレイできないよ。

 オウム真理教の宣伝マンガ読みました。教団内で行っている修行について、金がかかるとかそう言う部分が一切はいってない(当たり前)精神世界とか前世とか言った単語、光景が次々と出てくるその手の人種が読んだらすぐさま入信したくなる用なそんなマンガでした。
 教祖様はどこにいても信者の様子を知っておられるとかすげー内容だったなぁ。貰えば良かったかなぁとチョットだけ後悔したけど、持っててもしょうがないわけで。

 ちなみに面白いか面白くないかで言われたら面白くはないんですが(単語が理解し難い、精神世界描写が多く、登場人物がどう変わっていくのかが具体的に見えてこないんで)暇つぶしにはなったかなってのが印象。

 あぁでも影響されやすい人が1日中繰り返して読んでたら洗脳される気はする。


2002年6月4日

 王都妖奇譚フジでドラマ化(From Cult Gate)
 なんで今更終わったと思ってたこの作品の12巻が出てくるのかがかなり不思議だったんですが、ドラマ化のせいだったのですね。納得。

 周りがW杯一色です。


2002年6月3日

 高瀬彼方カラミティナイトの1巻をようやく読了。買ってから2年以上たっているような気がするのだが、そこは気にしないようにしよう。

 で、感想。アニメ化コミック化されそう。そういう話もあるみたいだけど。

 ネットで細々と小説化いてたのにさらされてサイトを閉鎖してしまうって言うエピソードが一番印象に残り、かつ一番有名なシーンなのではないだろうか。確かにエライキツイ。

 後は智美と優子がレズっぽくなってるなぁとか遠野君役に立ってないなぁとか、思うことは色々と。

 読み始めるまでがやたらと長かったですが、読み始めてからはあっという間。やっぱり私はこの人のファンなんだなぁってことを改めて実感しました。初期の作品から全部持ってるもんなぁ。天魔の羅刹兵の2巻をまだ読んでなかったりするんだけど。


2002年6月2日

 暑い。

 帰りに寄ったコミック専門店であずまんが大王の4巻の発売日が6/10から6/6と早まったと告知されていました。

 Amazonのあずまんが大王4巻の発売日付見ると6/6になっているし、これホントなのかな?

 メディアワークスとかまんが王とかではそんな情報見当たらないんだけど。日曜日だらかな?


2002年6月1日

 少林サッカーを見てきました。

 いくら言葉をつくしたとしても実際見るときのインパクトの1/100すら説明しきれないほどのド級エンターテイメント作品でした。

 とにかく私が言えることはこれだけ。

 実写版キャプテン翼とかいってましたが、大きな誤りでした。

 全てにおいては少林サッカーの方が遥かに上。キャプテン翼の面子は少林を習って修行しなおすべきだと思いました。

 後は焼肉をバリバリ食べてて、帰るのがかったるくなってきたので、津田沼でお泊り。


1ヶ月前の日記を読む
ホームに戻る