来月のお勧めコミック


2010年12月分

4 妄筆ハルシネーション 1 DISTANCE 角川書店 588
この人の一般って初?


2010年11月分

5 ウィッチクラフトワークス 1 水薙 竜 講談社
年上のお姉さんは大好きです。


2010年10月分

15 ましろのおと 1 羅川 真里茂 講談社 440
月マガのあれ


2010年9月分

8 仁侠姫レイラ 1 梶 研吾 秋田書店 420
プロレスは好きなんです。


2010年8月分

5 恋だの愛だの 1 辻田 りり子 白泉社 420
この辺りかな。


2010年7月分

27 くすりのマジョラム 1 鈴城 芹 芳文社 860
鉄板じゃないですかね。多分


2010年6月分

4 プレゼントは真珠 1 斎藤 けん 白泉社 420
あえて外しました


2010年5月分

22 ジャーマン・コンプレックス 1 田代 琢也 メディアファクトリー 620
トガリでもいいですが


2010年2月分

5 路地恋花 1 麻生 みこと 講談社 590
こんなところかと


2010年1月分

22 EIGHTH 1 河内 和泉 スクウェア・エニックス 610
作者的に


2009年12月分

18 れでぃ×ばと! 1 猫屋敷ねこ丸 アスキー・メディアワークス
これかしら。


2009年11月分

27 ぷちます! 1 明音 アスキー・メディアワークス 1029
無条件。


2009年10月分

15 乙嫁語り 1 森 薫 エンターブレイン 651
待望といえばそう。


2009年9月分

17 あやかし☆恋草紙  かまた きみこ ぶんか社 630
正直特にないが正解だけど。


2009年8月分

28 カラット∞原石ガール 1 森尾 正博 白泉社 540
連載で見たときは面白そうでした。


2009年7月分

3日 べるぜバブ 1 田村 隆平 集英社 420
期待値は高めです。


2009年6月分

5 逆転検事 1 前川 かずお 講談社 580
ゲームは当たりでした


2009年5月分

18 はじめてのあく 1 藤木 俊 小学館 420
無難に


2009年4月分

11 野に咲く薔薇のように 1 ひな。 双葉社 630
好きなんで


2009年3月分

5 プリーズ、ジーヴス 1 勝田 文 白泉社 620
まぁなんとなく


2008年12月分

26 かもめチャンス 1 玉井 雪雄 小学館 540
自転車マンガ増えてきたなぁ


2008年11月分

4 トリコ 1 島袋 光年 集英社 420
間違いなくこれ


2008年10月分

23 三国遊戯タオテン 1 田代 琢也 メディアファクトリー 620
作家買い


2008年9月分

5 ムダヅモ無き改革 大和田 秀樹 竹書房 650
そらもうこれでしょう。


2008年8月分

9 戦国妖狐 1 水上 悟志 マッグガーデン 590
作家さん的には。


2008年7月分

8 弱虫ペダル 1 渡辺 航 秋田書店 420
今チャンピオンが何気に面白くなっている理由の一つだと思ってます。


2008年6月分

4 美少女いんばら!(1) 北村游児 集英社 562
最近のお気に入り


2008年5月分

27 ご契約ください!(1) 東屋めめ 竹書房 619
作者買い


2008年4月分

23 ADAMAS(1 皆川亮二 講談社 700
本当に出るのかなぁ


2008年3月分

21 ジエンド(1) 村枝賢一 講談社 552
久しぶりの新作ですよ


2008年2月分

27 とらドラ!(1) 絶叫 メディアワークス 599
逃げに走ってみた


2008年1月分

23 聖☆おにいさん(1) 中村 光 講談社 580
こんな罰当たり作品日本でしか読めません


2007年12月分

10 ワルキューレの栄光(1) 冨士 宏 マッグガーデン 990
問答無用


2007年11月分

22 聖なる花嫁の反乱(1) 紫堂恭子 講談社 580
やはりファンなので。


2007年10月分

21 黒博物館 スプリンガルド(1) 藤田和日郎 講談社 未定
無難な選択。


2007年8月分

8 舞−乙HiME嵐 佐藤健悦 秋田書店 410
特にないなぁ。


2007年6月分

23 レガシードッグ・エルザ 竹山祐右 幻冬舎 620
前のがよかったんでね。


2007年5月分

2 とめはねっ!(1) 河合克敏 小学館 530
エライ期待作よ。


2007年4月分

23 仮面ライダーをつくった男たち 村枝賢一 講談社 750
実際これ面白いんだよね。


2007年3月分

23 夢を見る人〜魯粛伝(仮) 佐々木泉 メディアファクトリー 540
あえてこっちに行ってみる。


2007年2月分

28 キミキス −various heroines−(1) 東雲太郎 白泉社 580
ま、これくらいか。


2007年1月分

9 オーレ!(1) 能田達規 新潮社 530
バンチで久々に読んでますよ。


2006年12月分

19 ハチワンダイバー(1) 柴田ヨクサル 集英社 530
そりゃもう他にありえないでしょ。


2006年11月分

17 スマッシュ!(1) 咲香里 講談社 420
単純な前作からの期待。


2006年10月分

17 KATANA(1)襲刀 かまたきみこ ぶんか社 600
好きな作家の連載ともなればそりゃね。


2006年9月分

22 スプリング・ヒルの住人(1) 高野宮子 幻冬舎 620
この人の作品は気に入ることが多いので。


2006年8月分

24 Dark Seed−ダークシード−(1) 紺野キタ 幻冬舎 620
久しぶりの新刊なので。


2006年7月分

26 未来日記(1) えすのサカエ 角川書店 567
作家を期待しておく


2006年6月分

29 城物語 冨士宏 マッグガーデン 980
まぁ無難なところかなぁ


2006年5月分

29 デトロイト・メタル・シティ(1) 若杉公徳 白泉社 530
本気で期待しておりますわ


2006年4月分

3 だって愛してる(1) むんこ 芳文社 600
手堅く行ってみた。


2006年3月分

11 さんさん録(1) こうの史代 双葉社 760
作者買い。


2006年2月分

23 鉄甲神剣ゴウジン(1) 上山道郎 講談社 未定
久しぶりの新刊ですし。


2006年1月分

中旬 新ねこめーわく(1) 竹本泉 朝日ソノラマ 600
続きが出るというだけでもありがたい事よ。


2005年12月分

22 Dear Monkey 西遊記(1) 白井三二朗 講談社 未定
ま、期待の新作ってことで。


2005年11月分

4日 Y十M (ワイじゅうエム) 〜柳生忍法帖〜(1) せがわまさき 講談社 540円
無難過ぎて面白みがないなぁ。


2005年10月分

5日 お伽もよう綾にしき(1) ひかわきょうこ 白泉社 410円
他にあるわけがない。


2005年9月分

16日 LIAR GAME(1) 甲斐谷忍 集英社 530 円
ちょっと保守的になっているので他にない。


2005年8月分

5日 トランスフォーマーギャラクシーフォース(1) 岩本佳浩 講談社 410 円
岩本さんの単行本だと言う事で。


2005年7月分

25日 ユーベルブラット(1) 塩野干支郎次 スクウェア・エニックス 530円
ヤングガンガンで一番気にいってる作品ですわ。


2005年6月分

10日 ワルキューレの降誕(1) 冨士宏 マッグガーデン 980円
ナムコ大好きっ子は当然買うべきなんじゃ無かろうかと思ったり。


2005年5月分

25日 すもももももも〜地上最強のヨメ〜(1) 大高忍 スクウェア・エニックス 530円
ヤングガンガンのお勧めの一つ。もう一つはまたでてこない。


2005年4月分

27日 超常機動サイレーン(1) 井原裕士 メディアワークス 578円
これしかないでしょう。もう完全に作者デフォ買い


2005年3月分

28日 シートン(1) 谷口ジロー 双葉社 840円
アクションで注目作品です。


2005年2月分

3日 べたーふれんず 辻灯子 芳文社 600円
作家買いという事で一つ。


2005年1月分

20 俊平1/50 山本貴嗣 辰巳出版 650円
どういう理由か講談社から発売されなかった本。新作だとちょっと厳しいかな。


2004年12月分

9日 熱球時代 渡辺保裕 日本文芸社 580
他にお勧めしたくなるようなのは特にないなぁ。


2004年11月分

11日 よい子の時間 東山むつき 秋田書店 620
久しぶりの単行本なので無条件で。


2004年10月分

9日 一撃殺虫!!ホイホイさん 田中久仁彦 メディアワークス 945
待望と言えば待望だからこれ。2巻は出ないのか。。


2004年9月分

3日 NORA ―ノラ―(1) 筧一成 集英社 410
月ジャンの連載で期待している奴の1つ。待望です。


2004年8月分

27日 耕してフォーリンLOVE(1) 後藤羽矢子 竹書房 620
購入予定自体が少なめなので、お勧めって言うのはあまりないかも。強いてあげればこれ。


2004年7月分

23日 ムーン・ロスト(1) 星野之宣 講談社
どこで連載している奴なんだろう。アフタヌーン?


2004年6月分

18日 ガールフレンド(1) 別天荒人 集英社 620
ちょっと気になってます。


2004年5月分

20日 スティール・ボール・ラン(1) 荒木飛呂彦 集英社 410
とりあえず無難な所に。


2004年4月分

23日 無敵番長バクライガ(1) 清水栄一 少年画報社 550
なんか見覚えがあってあって。


2004年3月分

25日 あまえないでよっ!(1) 宗我部としのり ワニブックス 900
羽田としのりが大好きなので。


2004年2月分

5日 とりかえ風花伝(1) 柳原望 白泉社 390
他にありません。


2004年1月分

5日 筆神(1) 田村吉康 集英社 390
真っ当に行けば間違いなく武装錬金だけど、敢えて月刊で連載しているこっちをオススメ。いや、単純の短編集を読んだあたりからね。


2003年12月分

9日 やまとの羽根(1) 咲香里 講談社 514
正統派熱血少年まんがなんだよなぁ。信じられないね。


2003年11月分

6日 柴田家の人々。 東山むつき 秋田書店 390
作品見た事ないけどこの人のは無条件で。というか他にない。


2003年10月分

24日 散人左道(1) 水上悟志 少年画報社 495
割と注目されている作家さんじゃないかと思っているのですが。手に入ると良いなぁ。


2003年9月分

19日 モーティヴ−原動機−(1) 一色登希彦 集英社 505
オフロードバイクレースっていう題材そのものにひかれているっていうのが一番の理由かな。


2003年8月分

20日 *家族の肉 どざむら 桜桃書房 952
2ヶ月続けてエロマンガというのもどうかと思うのだけど。


2003年7月分

28日 *終末にしましょ! みた森たつや リイド社 952
エロだけど発売前から大期待ってのはこれしかないんだよなぁ。


2003年6月分

12日 カモシカ(1) 鎌田洋次 双葉社 600
アクションをチラッと読んだと気になっていたのです。


2003年5月分

2日 バジリスク-甲賀忍法帖-(1) せがわまさき 講談社
せがわまさきの新作だから。以上


2003年4月分

18日 破壊王 −おれの牛若−(1) たなかかなこ 集英社 505
何気にヤンジャンで気に入ってる作品だったりします。


2003年3月分

1日 鋼鉄の少女たち しけたみがの 角川書店 540
色々あるけど、初めて買う単行本になるし、これかな。


2003年2月分

21日 週刊石川雅之 石川雅之 講談社 514
コームイン5のころから熱望していた単行本がとうとう出てくれますよ。これ以外なし。


2003年1月分

27日 アダ戦記(1) 堤 抄子 スタジオDNA 552
待ちに待った単行本。期待期待ですよ。


2002年12月分

10日 僕と彼女の×××(1) 森永あい マッグガーデン 552
アイシード21とかぷろぶれむちゃいるどはほっといても売れると思うのでこっちをお勧め。男の子と女の子の精神が入れ替わってしまう話だったはず。


2002年11月分

26日 機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル(1) 美樹本晴彦 角川書店 560
美樹本さんが好きだと言うただ1点だけ。まぁ他にススメられるようなものがなかったのも事実なんだけど。


2002年10月分

4日 プリティ フェイス(1) 叶 恭弘 集英社 390
叶恭弘の初連載単行本ですから、お奨めって言うよりも義務に近いものが。まぁ面白いのは間違いないんですが。


2002年9月分

18日 鳳ボンバー(1) 田中モトユキ 小学館 390
かなり良い感じにばかで熱くて展開がはっちゃけちゃっててかなり好き。


2002年8月分

31日 エマ(1) 森薫 エンターブレイン 620
ビームを読んで一発で気に入った作品です。やっと単行本が出て嬉しい限り。


2002年7月分

4日 キメラ(1) 緒方てい 集英社 505
スーパージャンプに初掲載された時から単行本絶対買おうと思ってた奴です。それを楽しみに連載読んでなかったので楽しみ


2002年6月分

1日 機動戦士ガンダム・ジ・オリジン(1) 安彦良和 角川書店 540
私はガンダマーじゃ無いけどこの作品の完成度の高さは特筆に値すると思うのです。安彦良和恐るべし。


2002年5月分

29日 ピルグリム・イェーガー(1) 伊藤真美 少年画報社 524
やっぱり、これには注目せざるを得ないって言うか、他に特に注目すべき作品がないとも言う。


2002年4月分

5日 學ビノ國(1) 秋重学 小学館 505
最近河出書房から立て続けに単行本を出し、続け注目度が上がっている作家さんですね。最新作がもう単行本化。速いなぁ。


2002年3月分

18円 焼きたてジャぱん(1) 橋口たかし 小学館 390
ようやく本来のストーリー漫画のカタチでサンデーに帰ってきた橋口さんが出す単行本です。楽しみで楽しみでめっちゃ楽しみにしていましたです。


2002年2月分

26日 女子島生(1) 大島永遠 双葉社 552
エロ化してしまったアクションを冷めた目で読んでいたんです。その時にきらっとヒカルこの作品を発見。月1連載だったのでやっと単行本化ですよ。


2002年1月分

23日 SING OUT! どざむら 少年画報社 495
半分エロはいってんだろうけど、うまいし華やかだし言うことないですね。実に楽しみです。

2001年12月分

13日 ヤマトナデシコ七変化 4巻 はやかわともこ 講談社 390円
講談社系少女マンガで一押し、つーかこれしか知らないって状態だけど。これは確かに面白いです。

2001年11月分

22日 柴王 1巻 布浦翼 講談社 457円
単行本は全然持ってないけど実はファンなので。つーかようやっとまともに単行本買うのですよ。連載まったく知らないので結構ギャンブルかも。

2001年10月分

27日 こみっくパーティー 1巻 犬威赤彦 メディアワークス 550円
原作を超えるくらい大志がとんでもないことになっていた事と含めて、マンガにはバグがないのでってことでオススメしておきます。

2001年9月分

14日 さらくーる 3巻 みた森たつや コスミックインターナショナル 952円
エロまんがのくせにめちゃくちゃ読める稀有の作品がいよいよ最終巻。次元を超えた愛の行方はどこに行くのか? すっごく楽しみです。

2001年8月分

1日 天然濃縮!! オレンジ戦機 高田慎一郎 角川書店 540円
エースネクスト創刊当事に何回か掲載されたすっとこヒロイン活躍学園物です。この人の長編はどうしてもシリアス職が強くなって売りの店舗の良いコメディ色が薄まってしまうんで、これの場合はコメディ一直線なので非常に楽しみなのです。

2001年7月分

26日 美奈子さんの世界征服ファイル 千葉秀作 ワニブックス 900
マッドサイエンティストの娘はやっぱりマッドだった。とある事情でそのお嬢さんの所に行く事になった男なんだけど、中性子爆弾だかとんでもないものを生めこまれて、世界征服をしなきゃ行けなったんだけどって言うどたばたコメディです。もともとこの作品目当てでGUM読んでたんでコミックスかはものすごく嬉しいのです。

2001年6月分

27日 DOLL MASTER 1巻 井原裕士 メディアワークス 550
電撃大王であずまんが以外のものをちゃんと読むようになったきっかけといえる作品です。同人誌ではなくフィギュアに関するあれこれを描いた作品です。言うなればフィギュア版こみパ。絵柄は幻想を抱くのには充分ですし、話の内容も作者日記でオタをばらしているような人ですから、説得力あり、それをマイルドにしていて、楽しめる作品ですね。

2001年5月分

1日 BLOOD THE LAST VAMPIRE 2000 玉置勉強 角川書店 560
一回連載をチラッと見ただけなんですが、異様さに引かれてしまったので購入予定です。どっちかつーとある意味オススメって所だよなぁ。あんまり他人に薦めるもんじゃないような気がしますが、気にしないでおきましょう。

2001年4月分

23日 仮面ライダーSPIRlTS 1巻 村枝賢一 講談社
思っていたよりもはるかに早く発売の模様です。言わずと知れたマガジンZで連載されている仮面ライダーのめちゃめちゃ格好良い作品です。島本のスカルマンといい、石ノ森で育った作家のリスペクト作品が増えつつあるようです。まぁでもマガジンZの発売予定はあんまり当てにならないので延びる可能性も多大にあると思います。

2001年3月分

19日 HEART SUGAR TOWN 桜瀬琥姫 集英社 590円
ウルトラジャンプで掲載されていた現代の御伽噺のような話だったはずです。昔は絵が好きな作家さんだったんですが、最近どうも絵が変わってきたような漢字を受けていますので、この単行本が正念場だと思います。個人的にですが。

2001年2月分

22日 サトラレ 1巻 佐藤マコト 講談社 505円
モーニングの増刊の方で掲載されていた作品です。タイトルが?となる作品です。サトリって言う妖怪がいます。人の心を読む妖怪です。んでこのサトラレっていうのは自分の考えが万人に知れ渡ってしまう特異な人間の事を言います。つまりこの作品はサトラレの人間の回りが、それをい化に本人に伝えないようにするかっていう変な作品です。掲載時から目をひいていた作品だったので単行本か非情に喜ばしいです。

2001年1月分

18日 トガリ 1巻 夏目義徳 小学館 390
設定見た瞬間これは!って思った作品です。それ以来単行本待ちで読んでませんがきっとも面白いだろうと思ってます。地獄から地上に蔓延する「咎」を集めて回る罪人。相手を傷つければ傷つけるほどその痛みが自分に振りかかってくる二律背反な状況でどうやって回収していくのか餓鬼になる作品であります。

2000年12月分

11日 魔法を信じるかい? 1巻 谷川史子 集英社 390
最近はまってる谷川さんの単行本です。っていうかクッキーで宣伝されていたんで実質この作品に引かれたから集め始めたと言っても過言ではないです。とにかく独自の雰囲気を出してる人で気に入らない人はダメだとは思いますが、読んでると心が癒される感じがするのでかなり気に入ってます。

2000年11月分

1日 風まかせ月影蘭 SUEZEN 角川書店 580
OVAで映像化されている作品です。監督は大地丙太郎…のはず。ってなわけで角川お得意のメディアミックス作品と言うわけです。ってーかメディアミックスじゃないと出せないって奴なんですが、別にメディアミックス先でも売れる奴は売れるだろうにと非常に疑問符が強い戦略なのですが、強迫観念に狩られているらしいのでどうしようもありません。ちなみにお勧めの理由はSUEZENさんが書いている以外の何物でもありません。

2000年10月分

27日 あずまんが大王 2巻 あずまきよひこ メディアワークス 680
もうこれしかありません。つーかかなり早いのではないかなと思ってしまうのですが、いかがなものでしょうか? まぁでも電撃大王を読むと毎月2回、この間は3回連続と4コママンガというのにこのクローズアップの仕方はいかに面白いかってことの証明ではないかと思います。ってーかこれ以外読むところ無いって言う意見がよく見られるのは私が見ているところが偏っているせいでしょうか? まぁ私自身も近い部分はあります。ってなんか読んでるのあったか?

2000年9月分

4日 ブギーキャットNAVI 1巻 矢也晶久 集英社 390
とくにお勧めってわけではないですが、私が矢也さんが大好きで久しぶりの連載で嬉しいからです。話の無いようはタトゥーンマスターとあんまし変わってないかのように見えるのですが一応気のせいってことにしておきます。多分違うけど

2000年8月分

5日 制服少女 鬼ノ仁 コアマガジン 1000
リンクした記念…何て事を私が言うわけなくて雑誌で読んだときにこりゃもうたまらないですって所が強く印象に残ってしまい、これ以上のインパクトのある作品がないのでこれをお勧めって事にします。でもこんな事言ってると私が買えなくなりそうだけどね。


2000年7月分

11日ドキドキ・ロコモーション 1巻 幸田朋弘 少年画報社 495
前から結構注目していた人ですね。アワーズに連載している大正浪漫と おもわせておいて実はロボットものって言う観点に言ってしまうとわけの わからない話ですが、楽しい話です。


2000年6月分

30日 昴・1巻 曽田正人 小学館 505
あの曽田正人の新作です。今度の天才はバレエの天才少女。そう今回の主役は女性なんですね。彼の書く女性の主人公ってのは初めてなので一体どうなるのか楽しみです。でもやっぱり普通ではない何処か一線が切れた天才なんだろうなァ

2000年5月分

17日 EX〜少年漂流〜・1巻 山田恵庸 講談社 390
連載時にヤケに印象に残った作品ですのでお勧めにあげます。1人の少年がタイトルとおり漂流する話なのですがその漂流先がとんでもないところで…。結構ハードな話なのでそう言うのが好きな人にはお勧めですね。

2000年4月分

21日 鉄腕ガール 1巻 高橋ツトム 講談社 505
高橋ツトムのちょっと一風変わった作品です。女子プロ野球の話なん ですが女子プロ野球と言う段階で既にちょっと変わっているなぁと思い ますが「あの」高橋ツトムがスポーツ物を描くと言う所が?なわけです。 どうなるかはわかりませんが楽しませていただきましょう

2000年3月分

23日 警察署長 1巻 たかもちげん 講談社 505
結構久しぶりになるモーニングでの連載ですね。前作が大分前だった はずですので基本的に昼行灯タイプの主人公描くのが好きなのかは良く わからないですがとにかくそう言ったタイプのキャリアの警察署長が 主人公の話です。雑誌で読んだ限りでは結構面白かった記憶がありますね。


2000年2月分

23日 暁の息子 1巻 樹なつみ 講談社
いろいろ考えましたが私としては妥当なというか当たり前のところを一押しにします。樹なつみの初(ではありませんが)単行本としては初の白泉社以外の出版社からの単行本になります。舞台は東南アジアのとある地域。その中での争いを描いています。無論それだけではないのはこれまでの作品が証明している通り。この作品連載アフタヌーンなのですがそう言えば女性向け以外ので描いたのは初めてじゃないですかね。もっとも今までの作品で見てればわかりますが…これ以上は語らないでおきましょう。


2000年1月分

25日 呪禁師-憑霊の章- 藤咲真 富士美出版 800
2000年の1発目がこのコーナー初の成年コミックというのはどうかと思いましたが他にお勧めが無いので仕方ないですね。タイトルからして平安時代を思わせるかもしれませんが現代劇です。まぁ私この作家さんのファンなんですがヒロインが可愛いのです。この当たりが買い続けている要因に なっているんだと私的に思います。


1999年12月分

1日 決定版ブルー・インフェリア 1 紫堂恭子 角川書店 580
 当然の事ながらこれしか考えられません。潮出版社での続巻が望まれて いた本作品ですが…グランローヴァ物語が出た時点で半分くらいは頭によぎ ってはいました。その予感はこうして的中しました。どんなにまっても続き のでなかった本作がこうして決定版と名がつく以上あの続きが描かれると 考えてもよいのでしょう。グランローヴァのときは潮出版社のを持っている からという理由で買いませんでしたがこっちの場合は話が変わります。何と 言っても今だ未完なのですから。この調子でエンジェリックゲームも決定版 として続きを書いてだして貰えないかなとおもう次第です。


1999年11月分

19日 アウトサイダー東宗介 1 森田信吾 集英社 505
ビジネスジャンプに連載されています作品です。久しぶりに集英社での 仕事という事になるのでしょうか。なんか前に比べて絵が濃くなったと いうが劇画というにはちと違う感じがしていますが…まぁ何にしても日本 金融界を舞台にした戦いの記録を見せてくれる事でしょう。

1999年10月分

29日 新性生活−ネオライフ− SUEZEN 白泉社 530
かなりお気楽というか今の視点から見たら大分変わっている生活感を 見せてくれる興味深い作品です。まぁ基本的に私はこの作者の作品が大好き でして単行本化されるかどうか不安でしたので喜びもひとしおなのです。 この作品は登場人物に力が入ってない所がよい所だと私は思います


1999年9月分

23日 無頼航軌道 1 千葉秀作 ワニブックス 900
この日と結構昔……でも無いとは思いますがガム(もしかしたら違うか もしれませんが)で昔掲載されていた作品が非常に気に入ってて単行本化 されないかなと思っていたものです。これも連載結構楽しみに読んでいる ので楽しみです

1999年8月分

19日 アガルタ 3 松本嵩春 集英社 590
設定が細かくて非常に話が分かり頭らい作品です。でもなんか妙に 惹かれるものがあります。難だか分からないなとか思いつつも読んでいると いつのまにか夢中になってしまっています。でも……裏読むと怖いです。 正直な所。

1999年7月分

9日 告白 かわぐちかいじ&福本伸行 講談社 620
ヤングマガジンアッパーズの創刊当時に連載されていた作品で原作 福本伸行 作画 かわぐちかいじ と言う凄まじいキャストで作られた作品 です。極限状態での人間の脆さ。そう言った物がかわぐちかいじの絵で 伝わってくるわけです。昔から福本伸行はもっと絵のうまい人を使って 原作やった方がいいよなァと思ってましたが個々で実現された事は喜ぶ べきでしょう。

1999年6月分

18日 フルーツバスケット 2 高屋奈月 白泉社 410
最近の花とゆめの中でも一押しですね。出てくるキャラクターの魅力が 非常に交換の持てるものなのです。特に主人公の天然ボケと雰囲気は 読んでて心が温かくなりますね。隣にいたら楽しいだろうなァと思うような キャラクターです。ただし主人公以外はいない方がいいですけどね。

1999年5月分

28日 藍より青し 1 文月晃 白泉社 530
最近お気に入り作家である文月晃の一般誌進出作品の1発めです。 というか私はこの作品を連載で読んで彼の単行本を集めたわけですから この単行本の発売は非常に楽しみであったわけです。本誌の方でも第1部 完結とかいう話でもう終わるのかと思っていたら無事続く事になって一安心。 これからも期待といった作品です。

1999年4月分

9日 0リー打越くん 1 桑原真也 講談社 530
今月もまたもやアッパーズからである。最近個人的にヤングマガジン アッパーズに注目している。その中でもこの作家には特に注目しています。 この作品絵はそれほどでもないけど登場キャラが実は結構イっちゃっている 人が出てきたりしてその辺の絡みがいいんですね。

1999年3月分

9日 RED 1 村枝賢一 講談社 530
村枝賢一がとうとう小学館から出た。というか村枝賢一は昔から小学館 以外でも仕事をしていましたがね。んでこの作品はアメリカ開拓時代を 描いた作品で中々熱い展開なのですよ。まぁ結構お進めだったりするんです がね。

1999年2月分

26日 七夕の国 4 岩明均 小学館 530
なんでもこの巻が最終巻とのことですので。って先月もそのパターン でしたが気にしないでいきましょう。謎の一族の伝承。そしてその伝承 通りに生きる人。その中で生まれる特殊能力者達。その中で一族ではない 南丸青年にはその力が備わっていた。そんな青年から見た一族の謎とは 一体。そして彼らはどこからやってきたのだろうか。そういう作品です。 4巻で終わってしまうのはちょっと残念ですがその短い期間できちんとした 形になって終わるのならばそれは素晴らしい事だと私は思います。

1999年1月分

22日 モンタージュ 2 菊池久美子 秋田書店 410
どうもこの巻でこれ最終巻らしいです。記憶が失うって事が必ずしも 枷になるわけではないという中々面白いテーマを扱った作品なだけにここで 終わってしまうのはちょっと残念な気がしますがね。という事で今月の お勧めにしておきます。

1998年12月分

1日 モンスター・コレクション 1 角川書店 伊藤勢 920
おそらく1日前に買う事になるだろうが12月のお進めはこれである。 ちょっと下品が入ってしまうけどかなり笑えるギャグと裏で胎動する シリアスをうまい事融合させている良作である。また今回も笑わせて もらえるだろう。

1998年11月分

25日 パラレルトラッパーズ! 2 いのうえ空 新声社 580
この作品は今は無きコミックゲーメストに連載されていた作品である。 正直な所2巻が出せるほどページ数が足りてるとは思ってなかったから この単行本の発売は非常に嬉しい。というわけで非常に恣意的ではあるけど も11月のお勧めはこれ。まぁ実際面白い作品なんで読んでみるとよいです。 気に入った人は1巻も一緒に買いましょう。

1998年10月分

16日 クリスタルドラゴン 16 あしべゆうほ 秋田書店 410
10月はそれほど強力に推すような作品は見つからない。ということで 割とペースが速まって出ているこれを薦めたいと思う。古代ローマのネロの 時代を描いた物語。キリスト教が徐々に広まりつつある世界。精霊が まだいた時代。そんな時に主人公アリアンロッドは部族の敵を討つ為旅に 出る。これが導入でいろんな所に言ってるのだがこの巻ではローマにいる。 さて今度はどういった動きを見せてくれるのか。読んだ事無い人は1巻から でも読んでみるとよい。面白いと思う。

1998年9月分

24日 HELLSING 1 平野耕太 少年画報社 520
9月はそれなりに面白い作品が目白押しなのだが今回は敢えて 一押しだけを紹介する。私はこの作者をかなり高く評価している。この マンガは吸血鬼という闇の血族を息づいているというのが基となっている なかなかハードな作品である。個人的に雰囲気といい設定といい 私好み。更に物語の描き方もなかなか良いので9月はこれを一押しに しておこう。

1998年8月分

8日 明楽と孫蔵 12 森田信吾 双葉社 580
熱血時代活劇の決定版。しかもこれが最終巻とあっては 買わないわけにはいかんでしょう。とにかく熱くて格好良い大人のための 熱血コミックといえるでしょう
22日 里見☆八犬伝 1 よしむらなつき エニックス 410
ガンガン期待の星。という格好の悪い言葉で言ってしまうがこの人の 作品は好きなのでこういう言い方させてもらおう。テンポのいい笑いが つぼにはまるともう虜ってところかな
28日 Golden Blood 5 有希うさぎ 秋田書店 530
本当に続きが出ているのかどうか不安になっていたのだが出てくれて 一安心。ミステリーボニータ見ても連載されてる様子が無いからもう 続きは出ないかと思っていた。今回もミュウが可愛いんでしょうな。期待 しています。

1998年7月分

4日 キス 3 マツモトトモ 白泉社 410
クールな恋愛コミック。このクールな感じがかなり良い雰囲気となって ただの恋愛物を都は一線を隔してるんじゃないかと私は個人的に思う。
23日 エクセルサーガ 3 六道神士 少年画報社 520
今更語ったところでどうと言う事はありません。とにかく笑いたい奴は 金を持ってすぐに買いに行きましょう。まぁ個人の趣味で会わない人は 絶対にいると思いますが少なくとも私の能にはジャストヒット。まじでおもしろいんだって
24日 極上天使 2 東山むつき 秋田書店 410
どういう訳か1巻はさほど注目してませんでした。でも結局発売に買ったんですけどこれは良い。何が良いって主人公が良い。私はあぁ言う 傍若無人でも押さえるところは押さえる暴走系主人公が大好きです。 ちなみに絵は上條淳志に似てるかも
27日 神さまのつくりかた。 6 高田慎一郎 エニックス 800
ここに上げるのは2回目だと思いますので今更説明する事など 無いですがとりあえずもう1度だけ上げて布教活動にいそしみたいと 思った次第です。いやもうおもしろいっすよ。この巻で多分ゆせみと 戦うんじゃなかったかな。

1998年6月分

今月のはあまりお勧めといった感じはないですけどね
1日 癒しの葉 2 紫堂恭子 角川書店 540
かなり早いんですけど2巻が発売されます。今回は確か癒しの葉は発動する 巻だったような気がするんだけど。何にしても基本的にこのマンガはお勧めです。
5日 銀の勇者 渡辺祥智 白泉社 410
勇者と言う存在はいったいなんなのだろうか。そしてそれに相対する 魔王と言うものがどういう物なのだろうか。魔王は本当に魔なのであろうか。 そんな疑問をそのままマンガにしたような作品である。それで確かこれに出てくる 魔王ってのが可愛いの部類に属するやつだったような気がするのだが。どっちに してもDQなどの勇者へのアンチテーゼとして楽しめるのかもしれない。
19日 獣たちの夜 4 潮見知佳 秋田書店 410
二人の戦いはまだ終わらない。そして飲み込まれてしまった桜を 取り戻す方法は見つかるのだろうか。悲しく美しい潮見知佳の物語は まだ続く。結構暗くて重い話なのでそういうのに耐性が無いとちょっとつらいかも しれないけど結構面白いと私は思ってます。
下旬 ひみつの階段 2 紺野キタ 偕成社 950
古い校舎の学校がある。こういう学校はえてして不思議な出来事が 起こりやすいものだ。そういった古い校舎の女子校の物語。昔の校舎と つながったり未来の様子が見えたり、昔の在校生と語らったりと不思議なお話が 多い。更にこの物語は基本的には恐ろしいといった感じのものではなく 心落ち着くゆったりとした感じのものになっている。たとえるのは難しいが まぁ興味があったら手にとってほしいものである。これが無条件で面白いとは 保証しないけど

1998年5月分

1日 魔物な彼女たち 原口清志 秋田書店 410
原口清志が大好きな私はお勧めするんですがね。この話は女子高生 除霊氏の日常みたいなマンガだったはずです。まぁとりあえず チャンピオンに掲載されたときから絶対に買うここ決定していたので この発売は非常にうれしいです。
1日 明稜帝梧桐勢十郎 1 かずはじめ 集英社 410
これははずせません。一家に一冊は欲しいところです。とりあえず 買って笑いましょう。私は絶対に買います。なんかちょっと暴走気味 ですけど私個人としてはかなりのお気に入りです。何が好きかって そりゃあもう梧桐勢十郎のキャラクターゆえです。願わくば これも単行本一桁で終わってくれれば最高でしょうね。まぁ 続いても面白いと言うなら話は別ですけど
25日 天からトルテ! 3 近藤るるる アスペクト 590
多分発売されるはずです(苦笑)ずいぶんと待たされた新刊ですが いったいどこまで収録されているのでしょうか少なくともグラニテは 登場しないだろうな。まぁマカロンは出るでしょうけど。ちなみにこれの 連載はファミ通ですよ。ちっともお勧めになってない

1998年4月分

6日 癒しの葉 1 紫堂恭子 角川書店 546
紫堂さん期待の新刊です。今回の話では色々なキャラクター達が出てきます。 特に主人公の彼にはわりと共感する部分があったりとなかなか面白い作品です。 ただちょっと難しい所もあるでしょうけど紫堂さんファンなら何てこと無いでしょう。
23日 コミックマスターJ 2 余湖裕輝 少年画報社 520
やたらと熱いアシスタント伝説第2巻です。この巻ではJの秘密の一端が 開かされることになるはずです。マンガが好きな人、燃えよペンと効いて燃え上がる人には お勧めしておきます。
28日 獣王星 3 樹なつみ 白泉社 710
やっと続きが出ます。でもこの巻で完結ではないのでご注意を。確かこの巻では トールと誰だかが落ちてまでだったはずです。

1998年3月分


23日 勇午 9 赤名修 講談社 530
ネゴシエーター勇午。英国編です。燃えます。このような作品が連載されていて なおかつ女神さまみたいなのが有る所がアフタヌーンをごった煮と呼ばせている所でしょう。 とにかく勇午が格好良いので読んでおきましょう。
25日 ドッキンばぐばぐアニマル 柴田亜美 アスキー 1000
ジャングル少年じゃんも出ますが私はこっちの方が好きなのでこっちをお勧めにしておきます。 言わずと知れているかどうかは不明ですがファミ通連載のあれです。毎回毎回馬鹿をさらけ出し ゲーム業界の方をおいしいネタにしている彼女に罰が当たるのはいつになるのでしょうか。 それとももう当たっているのでしょうか
末 GRANDDEEK 1 桜瀬琥姫 ワニブックス 840
私が個人的に絵が好きなので入れてます。まぁ話も結構好きなので。この人の 絵が有名になったのはマリーのアトリエのキャラデザです。ちなみにこのマンガ にはマリーで見たことの有るようなキャラクターが何人か登場していますが 基本的に全部別人です。性格も全く違うし。今の所一番心配なのは3月中に 発売されるのかと言った所です。

1998年2月分


12日 悟空道 1 山口貴由 秋田書店 410
山口貴由の期待の新作。西遊記です。三蔵法師が夏目雅子ですね。 それで悟空がめちゃくちゃ格好良いのです。この一歩間違えればグロいとまで言える格好良さは この作者ならではものでしょう。覚悟のススメが好きならお勧めします

23日 黒鉄 3 冬目景 講談社 530
からくりとなってしまった男迅鉄の闘い第3巻です。まさか出るとは思ってませんでしたが 何とか出てくれたようです。今回は峠に出てくる亡霊を退治する話だったはずです。 でもこのマンガには幽霊などは出てきません。さてどういう事なのでしょうか。 数奇な運命をたどる迅鉄の明日はどっちだ。

20日 私立T女子学園 4 竹田エリ 集英社 820
ヤングジャンプ連載中の凶悪女子高生ギャグマンガ第4巻です。 めちゃくちゃ面白いのですがちょっと知識が無いと面白くないかもしれません。 とりあえず井森の行動を分かるのは良いのですがやったことのある人は自首しましょう。


1998年1月分


9日 学校怪談 8 高橋葉介 秋田書店 410
 最近古本屋で見かけなくなっている学校怪談の8巻です。 この間で多分峠美六(字は不明)との決着がつくはずです。 あわせて九鬼子先生の子供時代も出てくるはずでしょう。 連載は読んでるんですが7巻を読んでないので確認できません。あしからず

13日 きんぎんすなご わかつきめぐみ 講談社 790
 わかつきさんの新刊です。ファンは必ず買いましょう。内容は不明です。何せ私が彼女の仕事で確認しているのはPUTAOだけなんですから。そう言えば彼女が活動拠点を講談社に移したわけですが、いったいどの雑誌なのでしょう。知っている方メールください

27日 神さまのつくりかた。 5 高田慎一郎 エニックス 800
 エニックスの奴では最近一押しです。とにかく面白いです。 シリアスなストーリー展開でもいつもノリのいいギャグが一発入って暗くなりすぎることが無いというところが私は好きです。
 この間の話はちょうどまだ連載をチェックしてなかったときなので分かりかねるのですが多分ゆせみ(漢字分からん)の正体が多少分かるはずです。後多分ゆせみに関係する新キャラクターが出るでしょう。現在の状況から推測してみました。


※注意 このページで紹介するお勧めは基本的にメジャーではない (と私が独断で思ってる)物です。したがって週刊少年ジャンプ、サンデー、 マガジンの本は1巻でない限り紹介はしません。それ以外で有名でない場合は巻 数が多すぎる場合を除いて適当に見繕って紹介しています。
 また個人的趣味に走って普通の人には面白くないといったものをお勧めする 可能性も高いです。
何かある方はこちらまでどうぞ
トップに戻る