既読お勧め

このページでは1ヶ月の間私の購入した本の中で特にお勧めのものを挙げていきます。 一応その月に発売された新刊の中からということにします。


2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年以前

2013年

9月のお勧め

おじょじょじょ 1巻 クール教信者 まんがタイムコミックス 芳文社 650円 →honto →Amazon
登場人物が絞られた良く出来た4コマ作品ですね。



8月のお勧め

ガールズ・ゴー・アラウンド 1巻 千田衛人 ガンガンコミックスジョーカー スクウェア・エニックス 600円 →honto →Amazon
1巻巻末で全部持っていかれました。あれはすごい。



7月のお勧め

ラジ娘のひみつ 1巻 小坂俊史 バンブーコミックス 竹書房 680円 →honto →Amazon
可愛い顔して毒舌ラジオって言うギャップの面白さですかね。



6月のお勧め

逃げるは恥だが役に立つ 1巻 海野つなみ KissKC 講談社 450円 →honto →Amazon
恋愛ものとしては面白い形からスタートかな。。



5月のお勧め

超可動ガール1/6 1巻 OYSTER アクションコミックス 双葉社 630円 →honto →Amazon
フィギュアが動き出すとか特定人種にとっては夢のような話ですよ。



4月のお勧め

少女政府 1巻 高田慎一郎 メテオコミックス ソフトバンククリエイティブ 600円 →honto →Amazon
漫画で国づくりシミュレーションゲームをやろうって馬鹿な試みが結構楽しい。。



3月のお勧め

重版出来! 1巻 松田奈緒子 ビッグコミックス 小学館 580円 →honto →Amazon
漫画好きとしては勧めないわけにはいかない作品。



2月のお勧め

>星空のカラス 1巻 モリエサトシ 花とゆめコミックス 白泉社 420円 →honto →Amazon
囲碁に対して純すぎる少女が囲碁を通して対面の人間の本質と向き合うと言った話。



1月のお勧め

危ノーマル系女子 1巻 真田ジューイチ メテオコミックス ソフトバンククリエイティブ 600円 →honto →Amazon
危なすぎる女の子ばかりで引き込まれます。。



2012年

12月のお勧め

ケンガンアシュラ 1巻 だろめおん 裏サンデーコミックス 小学館 600円 →honto →Amazon
バキを思い出すなぁ。



お嫁さんは神様です。 1巻 瀬川藤子 MGCビートシリーズ マッグガーデン 600円 →honto →Amazon
嫁さんは可愛いけど、あれに動じない旦那さんも凄いと思うよ。



10月のお勧め

魔王様ちょっとそれとって!! 1巻 春野友矢 ヤングジャンプコミックス 集英社 540円 →honto →Amazon
魔王様が可愛すぎですよ。



9月のお勧め

スキップAD!いろはちゃん 1巻 大乃元初奈 まんがタイムコミックス 芳文社 650円 →honto →Amazon
可愛いは正義みたいな感じで。



8月のお勧め

王国の子 1巻 びっけ KC ITAN 講談社 590円 →honto →Amazon
影武者を通した中世世界の厳しさみたいなのを描いていて面白い。



7月のお勧め

meth・e・meth 1巻 鶴淵けんじ まんがタイムコミックスKR 芳文社 620円 →honto →Amazon
極自然にゴーレム技術がロボット技術として一般化しているのを描けているのが素敵なので。



6月のお勧め

しかくいシカク 1巻 ざら まんがタイムコミックスKR 芳文社 860円 →honto →Amazon
この人の作品は好きですしなー。



5月のお勧め

崖っぷち天使マジカルハンナちゃん 1巻 佐藤両々 バンブーコミックス 竹書房 780円 →honto →Amazon
正統派をぶっ壊す辺りがとても好き。



4月のお勧め

月刊少女野崎くん 1巻 椿いづみ ガンガンコミックスオンライン スクウェア・エニックス 500円 →honto →Amazon
大体定石キャラが外れている少女マンガのパロディみたいなところが面白い。。



3月のお勧め

骨盤先生の保健室 樹るう ぶんか社コミックス ぶんか社 780円 →honto →Amazon
健康志向漫画ではあるんだけど、自分的に気になることを解説してたので印象が強い。



2月のお勧め

サッカーの憂鬱〜裏方イレブン〜 能田達規 マンサンコミックス 実業之日本社 650円 →honto →Amazon
雑誌掲載当初から好きだった作品で、単行本化を熱望してました。



1月のお勧め

解体屋ゲン 1巻 石井さだよし 芳文社マイバルコミックス 芳文社 500円 →Amazon
普段からゲンさん推しなので、例えコンビニコミックでも推します。ST&RSにはあえてしません。



2011年

12月のお勧め

山賊ダイアリー 1巻 岡本健太郎 イブニングKC 講談社 570円 →honto →Amazon
自分が三国志好きなのも大分関係している。



11月のお勧め

曹植系男子 1巻 ねこクラゲ ガンガンコミックスIXA スクウェア・エニックス 600円 →honto →Amazon
自分が三国志好きなのも大分関係している。



10月のお勧め

アド・アストラ 1巻 カガノミハチ ウルトラジャンプコミックス 集英社 630円 →honto →Amazon
この時代をかっちり描こうって人いないからなぁ。



9月のお勧め

燈港メリーローズ 1,2 都戸利津 花とゆめコミックススペシャル 白泉社 550円 →honto →Amazon
異国情緒たっぷりなのが良し。



8月のお勧め

ディザインド 1巻 木葉功一 シリウスKC 講談社 680円 →honto →Amazon
迫力があって楽しい。



7月のお勧め

軍靴のバルツァー 1巻 中島三千恒 BUNCHコミックス 新潮社 580円 →honto →Amazon
近代軍事の変化を描けるって凄い事だと思うんだ。



6月のお勧め

14歳の恋 1巻 水谷フーカ 白泉社 750円 →honto →Amazon
初々しさとエロさの同居してる作品。



5月のお勧め

重金属彼女 1巻 りすまい ガンガンコミックスオンライン スクウェア・エニックス 500円 →honto →Amazon
ただ可愛いだけなんだけどね。



4月のお勧め

るべどの奇石 1巻 室井まさね ビジネスジャンプコミックス 集英社 590円 →honto →Amazon
舞台装置が違うだけで、ちょっと怖い、不思議道具で痛い目にあう系の話ですが結構よく出来てます。



3月のお勧め

アーサー・ピューティーは夜の魔女 1巻 木々津克久 MFコミックス メディアファクトリー 620円 →honto →Amazon
1話が全てだと思います。それのみでオススメします。



2月のお勧め

惑星さんぽ toi8 ワニマガジンコミックス ワニマガジン社 1890円 →honto →Amazon
久し振りにいいSFみました。



1月のお勧め

青血のハグルマ 1巻 果向浩平 少年サンデーコミックス 小学館 440円 →honto →Amazon
出版社のプッシュに乗ってみました。



2010年

12月のお勧め

1/11じゅういちぶんのいち 1巻 中村尚儁 ジャンプコミックスDX 集英社 540円 →honto →Amazon
上手さでこれかな



11月のお勧め

出陣!!ムショ高排球軍 1巻 栗元健太郎 チャンピオンコミックス 秋田書店 420円 →honto →Amazon
既刊の面白いほうが多かったかなぁ。



10月のお勧め

ましろのおと 1巻 羅川真里茂 マガジンKC 講談社 440円 →honto →Amazon
既刊の面白いほうが多かったかなぁ。



9月のお勧め

きらきらDUST かまたきみこ 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 朝日新聞社 600円 →honto →Amazon
レッツ☆ラクーンではなくこっちに。ひねくれてるので。



8月のお勧め

大江山流護身術道場 1巻 KAKERU まんがタイムコミックスKRフォワード 芳文社 620円 →honto →Amazon
完結巻の方が多かったんですが、こっちにしました。



7月のお勧め

伴天連XX 1巻 横島一 ファミ通クリアコミックス エンターブレイン 680円 →honto →Amazon
注目の低さからの意外性という部分でこれに。



6月のお勧め

リューシカ・リューシカ 1巻 安倍吉俊 ガンガンコミックスオンライン スクウェア・エニックス 690円 →honto →Amazon
一番面白かったのは何かで悩んだ末にこれに。後からの方が有利な面もある。



5月のお勧め

ケルベロス 1巻 フクイタクミ チャンピオンコミックス 秋田書店 420円 →honto →Amazon
将来性を期待してこれ。今月も結構悩んだ。



4月のお勧め

ミル 1巻 手原和憲 ビッグコミックス 小学館 550円 →honto →Amazon
今月は真剣に悩んだけども、予備知識のない人間に勧めるとなるとこれになるのかな。



3月のお勧め

鉄風 1,2 太田モアレ アフタヌーンKC 講談社 590円 →honto →Amazon1 →Amazon2
先がかなり楽しみ



2月のお勧め

路地恋花 1巻 麻生みこと アフタヌーンKC 講談社 540円 →honto →Amazon
他にあんまりなく



1月のお勧め

高杉さん家のおべんとう 1巻 柳原望 MFコミックス メディアファクトリー 590円 →honto →Amazon
可愛かったので




2009年

12月のお勧め

信長戦記 1巻 かわのいちろう SPコミックス リイド社 550円 →honto →Amazon
これしかないかな



11月のお勧め

テルマエ・ロマエ 1巻 ヤマザキマリ ビームコミックス エンターブレイン 680円 →honto →Amazon
ぷちますはアイマス知らずにはオススメできないので



10月のお勧め

乙嫁語り 1巻 森薫 ビームコミックス エンターブレイン 620円 →honto →Amazon
無難に



9月のお勧め

超弩級少女4946 1巻 東毅 少年サンデーコミックス 小学館 420円 →honto →Amazon
インパクト勝負。



8月のお勧め

ヤンデレ彼女 1巻 忍 ガンガンコミックスジョーカー スクウェア・エニックス 500円 →honto
可愛すぎるわけで。



7月のお勧め

おいでませり 1巻 大石まさる ヤングキングコミックス 少年画報社 820円 →honto
ついに。



6月のお勧め

メロ!^3 1 野々原ちき まんがタイムコミックスKR 芳文社 860円 →honto
まぁわりと。




5月のお勧め

いつわりびと空 1巻 飯沼ゆうき 少年サンデーコミックス 小学館 420円 →honto
将来性に期待。




4月のお勧め

忍歌 1巻 かわのいちろう ニチブンコミックス 日本文芸社 580円 →honto
ハズレの多い月でした。




3月のお勧め

ルリアーにゃ 1巻 いちい達成 シリウスKC 講談社 560円 →honto
消去法でこうなりました。




2月のお勧め

曲がり角のボクら 中村明日美子 花とゆめコミックスSP 白泉社 550円 →honto
無条件でこれ




1月のお勧め

ワルキューレの栄光 2巻 冨士宏 BLADEコミックス マッグガーデン 980円 →honto
初登場ではなかったのでこれ




2008年

12月のお勧め

晴れのちシンデレラ 1巻 宮成楽 バンブーコミックス 竹書房 780円 →honto
格好いいお嬢様が大好きです。。




11月のお勧め

トリコ 1,2 島袋光年 ジャンプコミックス 集英社 420円 →honto
ここにしかない世界が好きですよ。




10月のお勧め

マンガ家さんとアシスタントさんと 1巻 ヒロユキ YGコミックス スクウェア・エニックス 500円 →honto
意外と好きですこれ。




9月のお勧め

ムダヅモ無き改革 大和田秀樹 近代麻雀コミックス 竹書房 650円 →honto
単純にこれ。




8月のお勧め

笑うかのこ様 1巻 辻田りり子 花とゆめコミックス 白泉社 410円 →honto
長続きしないと思うけどこれ。




7月のお勧め

弱虫ペダル 1巻 渡辺航 チャンピオンコミックス 秋田書店 420円 →honto
素直にこれに。




6月のお勧め

ふおんコネクト! 1,2 ざら まんがタイムコミックKR 芳文社 860円 →honto
新刊ではないのだけども。




5月のお勧め

ハニカム 1巻 桂明日香 電撃コミックス アスキー・メディアワークス 580円 →honto
とにかく読んでて楽しかったので。




4月のお勧め

ADAMAS 1巻 皆川亮二 イブニングKC 講談社 590円 →honto
まぁこんな感じ。




3月のお勧め

王子の優雅な生活(仮) 1巻 紫堂恭子 朝日新聞社 580円 →honto
いやもうこれ以外ありえない。




2月のお勧め

BabySteps 1巻 勝木光 マガジンKC 講談社 420円 →honto
最近マガジンは割と注目株が増えているようなそうでないような




1月のお勧め

この世界の片隅に 上巻 こうの史代 アクションコミックス 双葉社 680円 →honto
ま、これかなぁ




2007年

12月のお勧め

スーパーロボット大戦OGディバイン・ウォーズ Record of ATX 1巻 八房龍之助 電撃コミックス メディアワークス 550円 →honto
スパロボ補正は強めだけど面白いよ




11月のお勧め

聖なる花嫁の反乱 1巻 紫堂恭子 KCDX 講談社 580円 →honto
終わるまで雑誌が持ちますように




10月のお勧め

サイコスタッフ 水上悟志 まんがタイムコミックスストーリーズ 芳文社 620円 →honto
何気にいい話です




9月のお勧め

黒博物館スプリンガルド 藤田和日郎 モーニングKC 講談社 620円 →honto
ジュビロ先生はすげぇや




8月のお勧め

ギリギリSisters 如月群真 メガストアコミックス コアマガジン 1000円 →Amazon
インパクト勝負で久しぶりにエロマンガ




7月のお勧め

暴れん坊少納言 1巻 かかし朝浩 GUMコミックス ワニブックス 580円 →honto
他には特になかったり




6月のお勧め

執事様のお気に入り 1巻 伊沢玲 花とゆめコミックス 白泉社 410円 →honto
新作だとこれかなぁ。




5月のお勧め

フラワー・オブ・ライフ 4巻 よしながふみ ウィングスコミックス 新書館 520円 →honto
全面的に負けました。選ばないわけには行かない




4月のお勧め

しゃべれども しゃべれども 勝田文 ジェッツコミックス 白泉社 560円 →honto
ま、これが一番最後だったしなぁ。




3月のお勧め

ツマヌダ格闘街 1巻 上山道郎 ヤングキングコミックス 少年画報社 580円 →honto
魚類と悩んだけど、結局こっちに。




2月のお勧め

宇宙家族ノベヤマ 1巻 岡崎二郎 ビッグコミックス 小学館 530円 →honto
色々悩んだんだけど、いつもの選考基準だとこれかなぁ。これじゃなくても良かったんだけどさ。




1月のお勧め

テガミバチ 1巻 浅田弘幸 ジャンプコミックス 集英社 410円 →honto
今月はかなり悩んだけどこれに。ひよひよとかオーレとかなぁ



2006年

12月のお勧め

エビアンワンダーREACT 2巻 おがきちか ゼロサムコミックス 一迅社 580円 →honto
これと言いたくなるのはなかったんだよなぁ。



11月のお勧め

襲刀 1巻 かまたきみこ ぶんか社コミックス ぶんか社 600円 →honto
今月一番面白いと思ったのは間違いなく大奥なんだけど、ポリシーを貫いてこっちに。



10月のお勧め

GA芸術科アートデザインクラス 1巻 きゆづきさとこ まんがタイムコミックスKR 芳文社 860円 →honto
正確には9月何だろうけどね。



9月のお勧め

迷彩都市 1巻 中山昌亮 近代麻雀コミックス 竹書房 590円 →honto
麻雀を知ってないと厳しい部分はあるけども。



8月のお勧め

ビプリンセス園華サマ 1巻 美月李予 まんがタイムコミックス 芳文社 600円 →honto
ちょっと消極的に。



7月のお勧め

未来日記 1巻 えすのサカエ カドカワコミックスA 角川書店 540円 →honto
才気があふれてる気がする。



6月のお勧め

城物語 冨士宏 BLADEコミックス マッグガーデン 980円 →honto
将来に期待。



5月のお勧め

デトロイト・メタル・シティ 1巻 若杉公徳 ジェッツコミックス 白泉社 530円 →honto
ま、これだわね。



4月のお勧め

痴女が恋しちゃダメですか さきうらら Mujinコミックス ティーアイネット 970円 →Amazon
読み返し回数を考えるとこれなんだよなぁ。



3月のお勧め

ブロッケンブラッド 塩野干支郎次 ヤングキングコミックス 少年画報社 550円 →honto
もう笑った笑った。。



2月のお勧め

特ダネ三面キャプターズ 1巻 海藍 まんがタイムコミックス 芳文社 600円 →honto
途中途中面白いのはあったんだけど、ここのテーマ的にはこれかな。



1月のお勧め

サイカチ 1巻 作 藤見泰高 画 カミムラ晋作 チャンピオンコミックス 秋田書店 410円 →honto
悩んだけども結局これに。



2005年

12月のお勧め

小池田さんと遊ぼう! みた森たつや メガストアコミックス コアマガジン 1000円 →Amazon
読んだ時の衝撃をかんがみると消去法でこれになってしまう。。

11月のお勧め

舞−乙HiME 1巻 佐藤健悦 チャンピオンコミックス 秋田書店 410円 →honto
他にない。

10月のお勧め

花子と寓話のテラー 4巻 えすのサカエ カドカワコミックスA 角川書店 580円 →honto
佳作って奴ですかね。

9月のお勧め

帝立第13軍学校歩兵科異常アリ!? 1巻 石田あきら まんがタイムコミックスKR 芳文社 860円 →honto
こういうゆるい雰囲気大好き。

8月のお勧め

ロボこみ 4巻 やぎさわ景一 チャンピオンコミックス 秋田書店 410円 →bk1
新作で見つけてない自分がちょっと不安

7月のお勧め

ユーベルブラット 1巻 塩野干支郎次 YGコミックス スクウェア・エニックス 530円 →honto
大当たりって言うとこれくらいか。

6月のお勧め

モーティヴ−原動機−リフュールド 1巻 一色登希彦 ヤングキングコミックス 少年画報社 530円 →honto
自分の年齢に近いだけあって再起の物語って結構好きなんよ。

5月のお勧め

もやしもん 1巻 石川雅之 イブニングKC 講談社 560円 →honto
いくらでも深読みできそうな設定な割に、日常に終始しているところが好きかな

4月のお勧め

まじかるストロベリィ まつもと剛志 ジェッツコミックス 白泉社 610円 →honto
読んでると幸せになれます。

3月のお勧め

いつもいっしょに 1巻 大井昌和 バンブーコミックス 竹書房 620円 →bk1
抑えておけという感じで

2月のお勧め

ロケットマン 10巻 加藤元浩 月刊少年マガジンKC 講談社 410円 →bk1
こうの史代のこっこさんと迷ったけど、再読率の高さを鑑みてこっちに。

1月のお勧め

STRAY LITTLE DEVIL 1巻 森小太郎 電撃コミックス メディアワークス 570円 →Amazon
今月の面白かった記憶が全部これで上書きされてしまったので、これ以外思いつかない。


 
 

2004年

12月のお勧め

やまとの羽根 4巻 咲香里 アッパーズKC 講談社 540円 →bk1
雑誌休刊の煽りで終了という悲しい出来事に哀悼の意を表明する意味で。


11月のお勧め

COCOON 1巻 竹下堅次朗 BLADEコミックス マッグガーデン 580円 →bk1
インパクトに負けたって気がしなくもないけども、これを超えるのが見当らなかったのも事実なので。


10月のお勧め

一撃殺虫!!ホイホイさん 田中久仁彦 電撃コミックスEX メディアワークス 900円 →bk1
今月はかなり面白いのが揃っているてかなり迷ったけど、未来への夢を優先させてこれ


9月のお勧め

CHRNO CRUSADE 8巻 森山大輔 ドラゴンコミックス 角川書店 900円 →bk1
圧倒的なほどの感動のラストに負けてこれに。1巻目ではまるのが少なかったのもあるけど、あのラストにはどうあがいても勝ち目は無かろうて。お勧め


8月のお勧め

バジリスク 甲賀忍法帖 5巻 せがわまさき アッパーズKC 講談社 620円 →bk1
今月はお勧めってほどはまった作品はなかったんで、最終巻で面白かったこれに。


7月のお勧め

強行 −捜査一課強行犯係− 1,2 作 横山秀夫 画 所十三 アッパーズKC 講談社 560円 →bk1
4コマで良かったのが多かったけど、多分知名度上がらないだろうから敢えてこっちをお勧め


6月のお勧め

はやて×ブレード 1巻 林家志弦 電撃コミックス メディアワークス 550円 →bk1
今月はかなり悩んだけど結局これ。ロボこみとかパンプキンシザースとかも良かったけどね。


5月のお勧め

どぐう〜どざむら寓話〜白 どざむら シンユウシャコミックス 晋遊舎 900円 →Amazon
スティールボールランもよかったけど、やっぱりこれかなぁ。


4月のお勧め

ラストイニング 1巻 中原裕 ビッグコミックススピリッツ 小学館 530円 →bk1
いろいろ候補はあるけど、野球マンガは基本と言う事で。


3月のお勧め

あまえないでよっ!! 1巻 宗我部としのり GUMコミックス ワニブックス 900円 →bk1
新規の奴だとこれしかないんだわ。


2月のお勧め

源平天照絵巻痣丸 1巻 玉置一平 MFコミックス メディアファクトリー 540円 →bk1
表示も見ずに題名だけでかって結構当たった素晴らしい出来事を記念して


1月のお勧め

武装錬金 1巻 和月伸宏 ジャンプコミックス 集英社 410円 →bk1
敢えて外したいのではありましたが、余りにも面白すぎた。衝撃が大きすぎた。もうこれ以外何があろうかという感じで。



 
 

2003年

12月のお勧め

やまとの羽根 1巻 咲香里 アッパーズKC 講談社 540円 →bk1
自分審理委員会の中でもトップでした。これ以外有り得ないって感じでした。


11月のお勧め

ふぁにーふぇいす 1巻 かかし朝浩 GUMコミックス ワニブックス 900円 →bk1
こんだけ楽しい作品ですから当然のセレクトとは言えます。U31と散々と悩みましたが。


10月のお勧め

キミの名を呼べば 甘詰留太 Mujinコミックス ティーアイネット 970円 →Amazon
今月は強烈な印象を残すのがエロ系に偏っていたので、思いきって最も強烈なインパクトを与えてくれたものをオススメとしてみた。


9月のお勧め

攻殻機動隊1.5 士郎正宗 KCDX 講談社 2500円 →bk1
散々悩んだけど結局これ。士郎正宗は面白いの描いてたなぁと懐かしさに浸る本かな。出来れば今からも面白いのを書いてほしいんだけど。エロイラストは要らないんだってばさ。


8月のお勧め

桜蘭高校ホスト部 1巻 葉鳥ビスコ 花とゆめコミックス 白泉社 410円 →bk1
選択としてはちょっと無難なんだよなぁ。もうちょっとこう新進気鋭のものにしたかったけど、まぁ無難なところで妥協。


7月のお勧め

吼えろペン 8巻 島本和彦 サンデーGXコミックス 小学館 560円 →bk1
ここのオススメでは基本的には始めの巻か単巻か最終巻しかやらないって事にしているんですが、これはあまりにも反則と言うか強烈過ぎるので。藤田和日郎ファンなら絶対読めと言いたくなるくらいの凄い巻でした。もうダメだ。これが9巻でも出てくるなんてひどすぎるよ


6月のお勧め

バッドスラマーズ 1巻 ジャム王子 セラフィムコミックス ヒット出版社 920円 →Amazon
エロマンガだけど徹底されたジャンプイズムに打ちのめされました。エロ描写が濃い目なのであまりお勧めというと困るんだけど他にない。


5月のお勧め

あまえんぼーZ 1巻 作 三条陸 画 戸橋ことみ ドラゴンJrコミックス 角川書店 940円 →bk1
徹底されたエロコメっぷりが最高。等身大な荒唐無稽スーパーロボット物語としても良いし、パワー溢れるいい作品ですよ。


4月のお勧め

+1サプライズ 1巻 大乃元初奈 マンガタイムコミックス 芳文社 600円 →bk1

読み返した回数に比例してこれ。五回じゃきかないかな。最終巻なら彼方からとかがどう考えても一番良かったんだけど、知らないのっていう観点でこっちに。彼方からは別にことさら取り上げなくたって名作だと誰もが見とめるだろうし。


3月のお勧め

LOVE&FOOL 酒井ヒロヤス シンユウシャコミックス 晋遊舎 1000円 →Amazon

他にない。ミツヨシよりもこっちの方が気に入ってるし。

2月のお勧め

機工魔術士 1巻 河内和泉 ガンガンウィングコミックス エニックス 580円 →bk1

発売時期は先月だけどやっぱり面白さでは一番面白かったので、これという事にします。

1月のお勧め

るくるく 1巻 あさりよしとお アフタヌーンKC 講談社 510円 →bk1

結構数ありましたが、後半に出たって事で印象深いってのと、回数読み返したって事でこれに。


 
 

2002年

12月のお勧め

アイシールド21 1巻 作 稲垣理一郎 画 村田雄介 ジャンプコミックス 集英社 410円 →bk1

何回も何回も読み返したんで、これ以外ありえないなーって感じ。


11月のお勧め

機動戦士ガンダム Ecole du Ciel 天空の学校 1巻 美樹本晴彦 カドカワコミックスA 角川書店 560円 →bk1

やっぱり美樹本さんの絵には勝てないって感じだなぁ。前作は駄作だったけど今回のは面白くなりそうだしね。


10月のお勧め

HAUNTED HOUSE 三原ミツカズ フィールヤングコミックス 祥伝社 980円 →bk1

新規開拓で個人的には辺りだったので。デザートコーラルも考えたんだけどこっちの方が面白かったかなぁって思いました。最もはまったのはきみはペットだけどこっちは新刊じゃないので除外。


9月のお勧め

エビアンワンダー 1巻 おがきちか ヤングキングコミックス 少年画報社 520円 →bk1

今月も絞るの難しかったんですが、もう終わってしまった残念さとキャラクターの乾いた感じがとても気に入ったこの作品。


8月のお勧め

悪魔事典 1巻 巣山真也 ガンガンコミックス エニックス 410円 →bk1

8月はオススメに値するのが数多かったんですが、皆勧めているのばっかりだし、これから期待も込めてこれにしてみました。


7月のお勧め

黒の太陽銀の月 1巻 前田とも ウィングスコミックス 新書館 520円 →bk1

たまには新書館の作品でも。実際再読率かなり高かったし、後ろの短編が一番心を引きつけてくれました。


6月のお勧め

ZOIDS惑星Zi 1巻 塩崎雄二 てんとう虫コミックス 小学館 410円 →bk1

今月は悩みに悩んだけど正統派少年マンガを押してみました。やはり。


5月のお勧め

鋼の錬金術師 2巻 荒川弘 ガンガンコミックスエニックス 410円 →bk1

2巻目を押す気はなかったんだけど、これを超えるのがいなかったもので。


4月のお勧め

振袖いちま 1巻 須藤真澄 ビームコミックス エンターブレイン 880円 →bk1

突出してこれってのはなかったですね。まぁでも良い作品には違いなく。


3月のお勧め

焼きたて!!ジャぱん 1巻 橋口たかし 少年サンデーコミックス 小学館 410円 →bk1

まぁこれの一人勝ちでした。なんつっても。


2月のお勧め

なんだかコワレ丸 1巻 矢也晶久 ジャンプコミックス 集英社 410円 →bk1

これ! と言うほど突出したものはなかったので、面白くてこれからもめっちゃ期待してますよ。マジでマジでって事にしておきました。いや、勿論面白いですよ。


1月のお勧め

鋼の錬金術師 1巻 荒川弘 ガンガンコミックス エニックス 410円 →bk1

新人にしては異常なほどの作品のクオリティの高さ。それを差し引いても今月読んだ中では、1、2を争うくらい面白かったです。



 
 

2001年

12月のお勧め

あまいぞ!男吾 1巻 Moo.念平 トラウママンガブックス 英知出版 2500円 →bk1

面白くもあったけど、やっぱり懐かしさが大きかったかな。まぁコミケでご本人に会えたし、姫子ちゃん可愛い知って事で。


11月のお勧め

G戦場ヘヴンズドア 1巻 日本橋ヨヲコ ビッグコミックスIKKI 小学館 860円 →bk1

今月はなんといってもこれですね。もう何もわからなくてもいいからとにかく読めって言いたくなったのはホント久しぶり。


10月のお勧め

こみっくパーティー 1巻 犬威赤彦 メディアワークス 550円 →bk1

ゲームよりもより同人くさく、マンガくさくパワーアップしてくれています。何よりバグがないので安心して読めます。


9月のお勧め

W−face 全2巻 ひのきいでろう ガムコミックス ワニブックス 900円 →bk1

作り出されたモノと意識のあるもの。同じ人間の形をしているモノがいた場合どうなってしまうのか。バトルのスピード感に抜けた笑いを包括したいい作品です。


8月のお勧め

永井幸二郎 Samurai GIRL 1 講談社 410円 →bk1

前作との余りの路線の違いで、嫌ってくらい印象に残りまくりです。単体でも面白い作品なのは間違いないんだけど。。


7月のお勧め

はやかわともこ ヤマトナデシコ七変化 1〜3 講談社 410円 →bk1

ハイテンションギャグ少女マンガの集大成…ってのは言い過ぎだけど、ホント笑えます。


6月のお勧め

由起賢二 野望の王国 1巻 日本文芸社 300円 →bk1

このイカレタ世界へようこそ! って感じですね。突っ込むなり燃えるなり笑うなり好きに遊んであげましょう。


5月のお勧め

雷句誠 金色のガッシュ!! 1巻 小学館 410円 →bk1
珍しくサンデーコミックスから盛り上がる前に打ち切られると大変困るのでオススメに上げておきます。いたる所でチェックされているので私が上げるまでも無いでしょうが。

紺野キタ 夜の童話 ポプラ社 580円 →bk1
同人誌の再録が中心ですが、こう言う機会がないと単行本が出ない寡作な方です。まさしく童話って言うのが相応しい心温まる作品です。


4月のお勧め

日本橋ヨヲコ バシズム 講談社 590
学生時代をもう一度送りたくなるような佳作短編集です。全部問答無用で面白い短編集って言うのも結構珍しいかと。


3月のお勧め

岩明均 雪の峠・剣の舞 講談社
何回も何回も読み返してしまいました。どちらの作品も味わい深くて読み応えがありましたね。


2月のお勧め

夏目義徳 トガリ 1巻 小学館
悪を退治するのは悪しかいない。こういう発想大好きです。後は崩れないように突き進んでもらうだけですね。すごい期待しています。


1月のお勧め

野中英次 魁!!クロマティ高校 1巻 講談社
売り切れ続出らしいです。いままでと何1つ変わってないのにマガジンで連載するとこんなにも爆発するのかと驚いてます。激烈バカを思い出してしまいましたよ。


 
 

2000年


12月のお勧め

阿弖流為II世 作 高橋克彦 画 原哲夫 小学館
理屈抜きのこの面白さ! ネオ麦茶に鉄槌を加え、その後銃殺! 梨本は首チョンパ! 有無を言わせぬこのド迫力が素晴らしいです。多くは語らないので見てください。そして現代社会を大鉈でぶった切る爽快感を味わいましょう。


11月のお勧め

SAND LAND 鳥山明 集英社
まさしく少年のためのマンガって言うのはこういうのを言うんじゃないのかってのを100%表現しきった作品だと思います。まぁ細かい事は今更言わないので昼食1回抜いて買って読んで下さいな。 派手過ぎない地味過ぎない少年と老人の冒険譚が見れるはずですから。


10月のお勧め

ドーターメーカー 1巻 河島正 講談社
考えてみれば4ヶ月連続で講談社だったりしますが、実際衝撃受けてしまったものはどうしようもないので、これにしました。殺さなければ自分がこの世から消え去ってしまうゲームは人の心理にどう影響するのか。そして最後の結末はどうなるのか。まったく目が離せない作品です。でも絵はイマイチですけどね。


9月のお勧め

イヌっネコっジャンプ! 1巻 はっとりみつる 講談社
今月はオススメが多くて非常に悩みましたが、これに決めました。この話の魅力は何といってもゆうきというキャラクターにあります。一言で済ましてしまえば不思議ちゃん系の萌えキャラに当たるんですが、彼女がなんで付きまとってくるかはまったくの謎だけどやる事自体が目に止まってこれが非常に可愛いと。中々楽しめる作品であります。


8月のお勧め

北道正幸 ぽちょむきん 1巻 講談社
エクセルサーガにも通じる世界観のバカさ加減が中々たまらないも のがあります。とりあえず真面目に読まないようにこのバカな世界を 楽しみましょう。


7月のお勧め

阿部秀司 エリートヤンキー三郎 1巻 講談社
この脳に蛆が湧いたかのような頭の悪い展開。凶悪な顔つきの馬鹿 ヤンキーども。ちょっと前にエンジェル伝説って言う作品がありました。 あの作品も一般人なんだけどヤンキーのトップに祭り上げられるって話 でしたが、あっちは救いが思いっきりありましたがこれは救いようが ない位の馬鹿。あまりの頭の悪さに悶絶しそうです。


6月のお勧め

安倍吉俊 ニアアンダーセブン 1巻 角川書店
あまりにもお馬鹿すぎたので毒気に当てられたがごとくにこれに決定。 かなり力が抜ける作品で、設定がまるっきりデタラメだと思いきやゆっくり 考えてみると奥が深い所がたまらないです。ちょっと読む人選ぶかもしれま せんがある意味癒し系なのかもしれません。


5月のお勧め

藤澤勇希 BMネクタール 1巻 秋田書店
パニック物の一種の作品と言えます。ただそのパニックの対象ってのが 今人間が直面していることに対する結果の1つだってのがどうしようもなく 救えないです。その中で必死に生きることを選んでいる小学生達がずいぶん と大人びているなって思ったりもするんですが、そうでもしないと話進ま ないからって事で気にしないことにしました。


4月のお勧め

原哲夫 公権力横領捜査官中坊林太郎 2巻 集英社
イカしています。というか現実にこんな原哲夫キャラがいたら新聞 マスコミ等が毎日うるさいだろうなぁと思わせるくらいとんでもなく漢な キャラクターが紙面じゃ足りないとばかりに日本の裏の腐敗部分を叩き 切ってくれています。見てて非常に痛快愉快で近頃の日本に失望している方 は読んでみてすっきりしてみてください。すっきりしたら現実でも戦おう って気にもなるもんです。


3月のお勧め

馬頭ちーめい ボトルシップトルーパーズ 1巻 アスペクト
ブレイクエイジの外伝をお勧めとして置きます。無論前提としてDPと言うものに対する知識を必要とはしますが単品で見た場合でも興味深く読めるのではないかと私は思います。しかしなんでまぁこう言う変なキャラクターを描いてくれますかね。


2月のお勧め

ハロルド作石 BECK 1巻 講談社
自分の中に眠っている才能を見つけたときってのは一体どう言う気分な のだろうか? 喜びなのか、それとも驚きなのか。ただの1少年に過ぎなか った主人公に眠っていた才能は彼をスターにするだけのものだった。この 普通の少年が自分の道を歩む姿が中々印象深いものがある。


1月のお勧め

内海甲介 スプリングマン 2巻 秋田書店
1つの物事に対してここまで一途と言う事。それは近くの人にとっては たまらなく不安になるのでしょう。しかし、傍から見ると熱さと興奮を 押さえる事ができません。昔チャンピオンで連載していたシャカリキと言う 作品がそうでした。絵はまったく違うけど匂い立つ力強さは注目すべきもの ではないかと思います。


 
 

1999年


12月のお勧め

有賀ヒトシ THEビッグオー 1巻 講談社
WOWOWで放送されているもののコミカライズ版ですね。このページに 長く購読されている方はわかるかとは思いますが私基本的にメディア ミックス好きじゃありません。まぁたまにはこういう例外もあるって事で 上げています。中々良い雰囲気を見せてくれていますね。


11月のお勧め

上山道郎 機獣新世紀ZOIDS 1巻 小学館
とりあえず私がこれお勧めにしなかったら嘘なのでお勧めに上げます。 熱血少年漫画の神髄ですね。これを読まずして語るなかれと個人的には 思ってしまっていますがキャラクター、ゾイド、世界観ともにホントに 魅力ある作品だと思うので是非読んで欲しい作品であります。

樋野まつり とらわれの身の上 白泉社
と言うわけで今月はもう1冊。個人的にこの恥ずかしさかなり気に 入ってるのです。なんというかストレートに女性の欲望全開って所が気に 入ってる要因になるのでしょうか。LaLa本誌で連載が開始されています のでこれを機会に読んでおくのも吉かもしれません。


10月のお勧め

宮尾岳 並木通りアオバ自転車店 1巻 少年画報社
今月はちょっと毛色が違いますがこれをお勧めにします。最初は実は 買う気は全く無かったのですがついつい購入して読みました。そして読み 終えて無性に自転車に乗りたくなりました。私はいまでこそ殆ど乗ってませ んが実家にいた頃は毎日乗ってましたからその頃を思い出しながら楽しく 読ませてもらいました。自転車ってのはこんなに良いものなんだなってのを 感じさせてくれる。シャカリキとはまったく別の意味ですが自転車に乗る事 の喜びを伝えてくれる作品です。


9月のお勧め

いのうえ空 リアルバウトハイスクール 1巻 角川書店
時期的にはちょっと早いですが手に入れてしまったものは仕方ないと いうことで9月のお勧めはこれです。あの荒唐無稽バイオレンス小説を 原作として作品ではありますが、主人公が違うので嬉しいですね。何が 悲しくてマンガ版まで南雲の姿を見なければならないのでしょうか。という わけで作者3冊飲めの単行本ですから皆さん買ってあげましょう。


8月のお勧め

千葉秀作 無頼航軌道 1巻 ワニブックス
無骨な戦艦と美少女の組み合わせという…いや美少女は1つの要素に すぎないのですが反抗という世界観に惹かれるものはあります。謎ばかり の第1巻ですがこれらを全て消化しきるにはかなりの犠牲を払う必要がある のだろうなと思います。


7月のお勧め

星樹 破戒神ムハー・ジルーン 1巻 ソニーマガジンズ
発売日は6月ですが気に入ってしまったのでお勧めに上げておきます。 世界観的には現代よりちょっとだけ未来の小国での動乱といった所ですね。 絵の実力もなんでが妙に嵌まってしまう構成力はたいした物だなァと 思っています。まぁあのクラッシュ見ているとアップルシードとか 攻殻機動隊を思い出してしまうのはご愛敬って所ですかね。


6月のお勧め

高屋奈月 フルーツバスケット 2巻 白泉社
1巻を何故かお勧めにしてなかったのでここでお勧めです。この作品の 何が良いってやはり主人公のキャラクターでしょう。はっきり言って しまえば天然ボケなんですがそれが暗くなりがちな世界観を吹き飛ばして くれています。この作品読んでると人って良いものだなとしみじみ思って しまうのです。この作品には…いや主人公透ちゃんはドイツと結ばれようと 構いません。ただ悪い意味で代わって欲しくないなってのが正直な所ですね。


5月のお勧め

文月晃 藍より青し 1巻 白泉社
まさしくオタク泣かせとでもいいましょうか。非常に都合の良い展開。 でも止められません。この味を1度と知ったら抜け出す事は不可能というこ とですね。まぁ抜け出す必要なんてどこにも無いと思いますが。この調子で 狂わしてほしいものです。


4月のお勧め

0リー打越くん!! 1巻 桑原真也 講談社
 ここしばらく講談社の作品が多いです。これもそうですね。 アッパーズとかがあるので私的にはかなり好きな作品が多い所なんです。 ただ週刊のマガジンにはほとんど有りませんが。
 それで話を戻しますがこの作品何が良いって非常に「艶めかしい」という 言葉が似合う作品でしてそれが物語全体の謎を彩っている所に魅力を 感じます。読んでると気分が高揚して行くんですがこれってヤバイ状態 なんでしょうかね。


3月のお勧め

RED 1巻 村枝賢一 講談社
 いつかは来るとは思っていたが村枝賢一の講談社での活動になります。 もともと光次郎連載中から他の出版社でも仕事していた人ですからそれほど 不思議では無いですね。更に青年誌と言う事ですが絵柄見ればそれも当然と 言う事です。
 小学館にいた頃からその傾向有りましたが西部開拓時代の物語です。この 時代は作者が心ひかれている用ですね。但しこの作品は重いです。征服の 歴史がまざまざと語られるわけですから。そんな時代の復讐物語。さて 結末はどのような物になるのであろうか。


2月のお勧め

死霊狩り 1巻 梁慶一 アスペクト
原作は平井和正。日韓共作だかなんだか知りませんがあふれかえる 暴力の恐怖。人間でありながら人間を超越してしまっているような異能。 精神が狂っていく音が聞こえてきそうな訓練。緊張感しかない生活に精神的 安息…つまり肉体の快楽をも主人公は現実のものとは受け取らずに耐え切る。 この展開が熱い。そのまま埋もれてしまえはそこは悪夢ではなく現実に なってしまう。それが耐え切れない。主人公が何故ここにいるのかは全く 不明。彼らの敵が何故発生したのかも不明。しかし彼はこうやって敵を 倒す為に精神を病ませている。ハードな世界観とそれに深みを持たせる絵の 技量。これらを両方味わって欲しいものだ。


1月のお勧め

BASARA 25巻 田村由美 小学館
最終巻です。白虎村から始まったタタラの旅は今ここで終焉を迎える。 その道を歩んできたのは…皆と共に歩いてきたのは…そう彼女。彼女の後に 道が出来た。彼女とだからこそ共に戦ってきた。その歩みがここで…この 巻で…果たしてどうなるんでしょうか? 自らの目で確かめましょう。


 
 

1998年


12月のお勧め

BLAME! 2巻 弐瓶勉 講談社
どれくらいの未来かわからない。もしかしたら未来ではないのかも しれない。まったくの異形のものと闘いながらただひたすら進む。前は まったく見えない。そんな孤独な世界で戦い続ける男の話。
台詞はほとんど無くただ動きだけでその熱さ、深さを伝える作品であると 私は思っている。

11月のお勧め

Age! 4巻 大本鶏 講談社
月刊のスペシャルの方で連載されていた作品です。この巻にてめでたく 終了したので取り上げてみました。

 はっきり言ってしまうとこの作品今まで多数あるスポーツ物のパターン から外れているわけではなく王道を言ってる作品です。だからこの パターンを踏襲すれば必ず面白い作品が……生まれるわけじゃないのが 悲しい所なんだけどこの作品は運良く面白いの範囲に入った作品だと 思ってます。4巻と決して長くはなく短すぎもしないこの作品。機会が あったら呼んでみる事をお勧めします。大長編じゃないから人に薦めるのも 気が楽というのもありますが。


10月のお勧め

おごってジャンケン隊 1巻 現代洋子 小学館
スピリッツ連載中の作者自爆マンガを今月のお勧めといたしましょう。 これも偏に彼女自身のジャンケンが弱いせいでありますね。もうちょっと 強けりゃいいんだけどそれだとこの作品の面白さがちっとも伝わってこない なぁと思ってしまう私は既に鬼の仲間入りなのだろうか。

9月のお勧め

モンタージュ 1巻 菊池久美子 秋田書店
過去がなくなって人間はどうなるんだろう。不安になるのだろうか。 過去が無い。それまでの基盤が無い。そして枷がない。もしかしたら今まで 隠れていた才能が出てくるかもしれない。そんなものを垣間見せてくれる 作品。新作で久しぶりにこれはと何回も見直した作品でもあります。暖かく それでいて自分ってものを見ている良い作品だと私は思う。

ヘルシング 1巻 平野耕太 少年画報社
この人は気○いを描くのがすごく上手い人だ。そのおかげが作品の 熱が変な意味で熱く、センスの良さってのが感じられます。いやぁ良い 作品です。


8月のお勧め

LAMPO 2巻 上山徹郎 小学館
この作品を見るたびに思う。何故と。子供向けの作品を馬鹿にしたくは ない。しかし実際問題として子供向けの作品というのは世界観の底が非常に 浅く下品なギャグの連発で今読むとなるとちょっとついていけないと言う ものが多いように思っている。もちろんただ単純に面白いと思えるのもある のだが基本的についていけない。しかしこの作品は違う。緻密に構成された 世界。そして世代を超えるかと思われるキャラクターの魅力。そして冒険 小説のような展開。どれをとっても素晴らしいものだと思う。この力を もっと多くの人に知ってほしい。私が理想とするマンガとはこのような 作品をいうと信じている。

バロン・ゴング・バトル 田口雅之 3巻 秋田書店
基本的に少年漫画の王道って言うのは熱い主人公がいると言うこと だと思う。そしてこの作品の主人公は男だったらこう有りたいと思うような 格好良い男であり、熱い男である。その男が繰り広げる激闘を見て燃えない 男はいない。とにかくメチャメチャ格好良い。これがこの作品のキーワード ではないかと勝手に思う。

球鬼Z 藤澤勇希 1巻 秋田書店
超人という響きを聞いて人は何を思うのだろうか。人とは次元の違う 圧倒的な力。そういう者を超人と言う言葉に感じるのではないだろうか。 日本における最も有名なスポーツは言うまでもなく野球である。昔から これと超人を結び付けたマンガは割とある。この作品もその中の一つである。 主人公の名はZ。ピッチャー。投げるのは自分が気に入った強力な選手が 立つ1打席だけ。投げる球はど真ん中。求めるものは勝負の快感のみ。 そんなただ力のみの全てを吹き飛ばす投球が人に何を与えるのか。


7月のお勧め

晴れたらねっ 東城和美 白泉社
実はこれ発売されるまで買う気の無かったマンガなのだがどういう わけか買ってしまう。ただの高校生の恋愛者と言ってしまえばそうなのだが それだけでは括れない魅力があるんじゃないかと思う。取り合えず何回も 読む気になってしまう恋愛ものは私の中では割と珍しい。

キャットルーキー 12巻 丹羽啓介 小学館
 もうちょっと後でもよかったんだけど伊部のおっちゃんの熱気を 感じ取ってこの巻を強く勧める。おそらく最終巻当たりでもう1回 薦めるだろうけど。それはそれとしてこの巻ではプロ野球と言うものが どういう姿勢でやればよいのかと言うことが見える。そうやっている 選手の姿は何者にも代え難いほど格好良い。そういうもんだ。

かたつむり前線 1巻 藤川佳世 白泉社
取り合えず期待の新人さんの初単行本と言うことで薦めておく。 この人は多分くるんじゃないかと個人的には思ってる。まぁ一読を

エクセルサーガ 3巻 六道神士 少年画報社
もはや語る必要も無いのだがこれが始めてなのでお勧めする。立ちまくったキャラクター。センス。全てにおいて私のお気に入り。とにかく笑える のでかなり強力に進めたい逸品である

6月のお勧め

レイラ&レイ 1巻 衣谷遊 主婦の友社
衣谷遊のマンガは面白い。このマンガ当初は買う気が無かったのだが かって読んでみたらすっかりとはまってしまった。熱い物語を書く人だと いうことを改めて認識した。この調子で続くのであれば買い続けることは 間違い無いであろう。
癒しの葉 2巻 紫堂恭子 角川書店
まぁ1巻を薦めたので薦め無くても良いようなものだが私はどうしても 薦めたいので再度登場願った。美しい絵、所帯臭い話。しかし実状は厳しい 現実の話。しかし人はそれを乗り越えねばならない。そんな人たちの話。
神聖モテモテ王国 4巻 ながいけん 小学館
祝連載再開を祝って取り上げることにする。相変わらずきれたギャグ ばかりで息をつく暇もありゃしねぇ。
高速ドリルディ 山本賢治 蒼竜社
究極の馬鹿マンガだと私は思う。私はこの単行本でなぜこの人が 好きなのかを完璧に理解した。ちょっと出てるところがあれなんで18 禁入っているとはいえ読んでそんな気分には間違いなくならないと思う。 とにかく興奮する前に脱力して笑うしかないと思う。まぁだまされたと 思って買ってみてほしいマンガである。本当に騙されても保証はしないけど

5月のお勧め

天上天下 1巻 大暮維人 集英社
学園格闘ものの王道を行くつくりかたである。 まさしくこの巻が導入部と行った作り。これから激闘を予感させる。 良い出だしだと思う。後はこの緊張感がどこまで続くかによる。とにかく 私は期待している。ところであの大きい胸は何とかならないのだろうか
明稜帝梧桐勢十郎 1巻 かずはじめ 集英社
最近のジャンプONE PIECEと並んでかなり気に行ってる作品。 ようやく単行本が発売された。こういうキャラクターがいるマンガは かなり好きなのだがこういう奴は作者に無断で暴走してしまいがちなのだが こいつは今のところ外には……もう出ているが良い方向に向かっている 感じはする。ちなみに変な学園ものです。
天からトルテ! 3巻 近藤るるる
第3の魔女の登場。出も基本的にはトルテ達がウニに迷惑を かけているのには変わりなく良くこいつら平気だよなと思ってしまったり する。実際いたら袋叩き間違いないだろう。可愛いですまされるのも マンガだからなんだろうけど。でもなんか実際いても可愛いで生まされ そうな気がしないでもない。
拳闘暗黒伝セスタス 1巻 白泉社
これはお勧めって言うのとは違うんだけど紹介だけしておきたいんで 上げておきます。舞台は古代ローマコロシアム。そこで戦う少年拳奴の話。 ちょうど即位したばかりのネロも登場して結構深い作品になりそうです。 ここから先の展開次第ではベルセルクに迫れるかもしれません。今の ところはそんなに魅力を感じてるわけじゃないんだけどなんかあるかなと は思ってます。錯覚かもしれないけど命と引き換えの戦い。その戦いを 否定したい主人公。設定はかなり好きです。

4月のお勧め

獣王星 3巻 樹なつみ 白泉社
大分待たされた作品。まだストーリーは続き、話は意外な方向へと 進んで行く。とにかくあそこで切られるのは非常に痛い。なるべく早めの 復活を望みたいものだ。どうでも良いがこの巻初登場のカリムって良いなぁ
白龍 3巻 衣谷遊 学習研究社
かなり熱い良いマンガだったのだがこの巻を持って終了してしまう。 人を逃走させる白龍の活躍もこの巻で終わりかと思うと非常に残念である。 とにかくハードなアクション物を読みたい人にお勧めの逸品
癒しの葉 1巻 紫堂恭子 角川書店
紫堂さんの最新刊。私は彼女の作品の中で一番気に入っている。美しく 醜く、そして所帯臭い(笑)この世界を楽しみたいものです。このマンガ の主人公は私の理想でもあります
コミックマスターJ 2巻 余湖裕輝 少年画報社
熱血スーパーアシスタントの物語第2幕の幕開け。Jは戦い続ける。 それはなんのためか。自分のためか、親父のためか、それとも待ち続ける 読者のためか。そんな彼の活躍があます事無く描かれている傑作である。

3月のお勧め

ドッキンばぐばぐアニマル 柴田亜美 アスペクト
ファミ通連載の柴田亜美身内暴露大会会場です。かなりヤバイです。 でも笑えるので全て可です。本当にどうでも良いことだけど本編のほうは 当然ほったらかしなんでしょうね。
奈緒子 15巻 原作 坂田信弘 作画 中原裕 小学館
全国駅伝を目の前にして雄介たちに襲いくるあまりにも悲しい運命。 しかもこの事実を知っているのは雄介ただ一人だけ。思い悩む雄介の 代わりになのか本田はパリで戦っていた。熱いなぁ。

2月のお勧め

エル・アライメンの神殿 星野之宣 スコラ
めちゃめちゃ面白いです。前半の第2次世界大戦中のドイツ軍を中心にしたのいまいちですが 後半にある国辱マンガと言うのが最高です。痛烈な皮肉が多いですがとにかくお勧めです。
極上天使 1巻 東山むつき 秋田書店
絵がなんとなく上條淳司に似てます。話も女版トーイと行った感じです。でも面白いのです。 神楽よそのまま暴れまわれ! と言った感じのマンガです

1月のお勧め

神さまのつくりかた。 5巻 高田慎一郎 エニックス
戦神子小春の戦いとピントのずれた怒りと笑いの日々はまだまだ続く。 彼女の敵遊風魅の正体とはいったいなんなのか? 精神世界に取り込まれてしまった小春の 戦いは始まったばかりだ。頑張れ小春! 調子に乗ってこけるなよ!

きんぎんすなご わかつきめぐみ 講談社
柔らかな春の陽だまりのような漫画。自分の星はどこにあるのか探してみようか。 わかつきさんのファンなら絶対買うべきだろう。

彼方から 8巻 ひかわきょうこ 白泉社
たまたま立ち寄った町で祭りのメインイベントをやる男の代理をすることになったイザーク。 その祭りにはちょっとした陰謀が隠されていたのだが彼の力のおかげで無事祭りは成功する。 しかし力を発揮したせいでラチェフ達についに発見されてしまう。 そして引き離される二人。迫り来るケイモスにイザークはどうなってしまうのか! そして二人はこのまま引き離されたままなのだろうか!

ベルセルク 15巻 三浦建太郎 白泉社
霧の谷で魔族と対峙するガッツ。その姿は死霊などと言ったやさしげな物ではなかった。


12月のお勧め

サイレント・アイ 1巻 赤石路代 小学館
17枚目に不思議なものが移るカメラを持ち、美貌の元モデルカメラマンが事件を追う。今回の17枚目には何が写るのか?

パラレル・トラッパーズ 1巻 いのうえ空 新声社
妖怪に好かれすぎて困っていた祐平君。騙されて入ったアルカには君の幸せが待っている? 祐平の明日はどっちだ!?

ONE PIECE 1巻 尾田栄一郎 集英社
少年は海賊を志す。自らの体質を武器にした未来の海賊王の冒険が始まる


INDEXに戻る
このページに関する要望質問感想等は掲示板かこちらまで
rio_ex@nifty.com