丸亀城に咲く花
丸亀城に咲く花に戻る
春1春2春3 初夏夏1夏2夏3 秋1秋2 冬1冬2 
画像にマウスを合わせると説明が出ます 
北アメリカ原産の帰化植物 今から大群生します

春1
3月〜
北アメリカ原産の帰化植物
マツバウンラン(松葉海蘭)ゴマノハグサ科ウンラン属 マメグンバイナズナ(豆軍配薺)アブラナ科
地味な草だけど 万葉の時代から詩歌に登場している 北アメリカ原産 帰化植物 別名タチオオバコ
ヤエムグラ(八重葎)アカネ科ヤエムグラ属 ツボミオオバコ(蕾大葉子)オオバコ科オオバコ属
中国原産 昔から美人の形容に使われるほど美しい 日当たりの良い湿った草地に生える グランド東側に生えていました
ハナカイドウ(花海堂)バラ科リンゴ属 キツネノバタン(狐の牡丹)キンポウゲ科キンポウゲ属
目立たない所に沢山咲いています 至る所にさいています。
シロバナタンポポ(白花蒲公英)キク科タンポポ属 タンポポ(蒲公英)キク科タンポポ属
苦味もえぐみもなくサラダや手巻き寿司の具にぴったりとか

ヨーロッパ原産の帰化植物 帰化植物は時代とともに増減があります 本種は増えつつあります
キュウリグサ(胡瓜草)ムラサキ科タビラコ属 コメツブツメクサ(米粒詰草)マメ科シャジクソウ属
名前が分からないです 風に揺れて撮りにくい桜
サクラ(桜)バラ科サクラ属 名前不明 カンサイタンポポ(関西蒲公英)キク科タンポポ属
花にわずかな香りがあるのでこの名があります たくさん咲き出しました 3/21
ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)スミレ科スミレ属 コスミレ(小菫)スミレ科スミレ属
一度みたら忘れそうにない花 不気味 牧野富太郎は味が不味いと 春の七草から除外した
キケマン(黄華鬘 )ケシ科キケマン属 ホトケノザ(仏の座)シソ科オドリコソウ属
日本在来の種類 ヨーロッパ原産の帰化植物
イヌノフグリ(犬の陰嚢)ゴマノハグサ科クワガタソウ属 タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)ゴマノハグサ科クワガタソウ属
生えている場所の養分が乏しいとツクシになり 養分が豊かだとスギナになる。丸亀城はスギナばかり ヨーロッパ原産の帰化植物
スギナ(杉菜)トクサ科トクサ属 ツクシ ノボロギク(野襤褸菊)キク科キオン属
ウズとはトリカブトのことで根茎がにています ヨーロッパ原産の帰化植物 どこにでも群生とありますがあまり見かけないです
ヒメウズ(姫烏頭 )キンポウゲ科オダマキ属 ヒメオドリコソウ(姫踊子草)シソ科オドリコソウ属
葉をもむと胡瓜のような匂いがします。試してみて! 名前のトウダイは明かりをともす燈台で海の燈台ではないようです
キュウリグサ(胡瓜草)ムラサキ科タビラコ属 トウダイグサ(燈台草)トウダイグサ科トウダイグサ属
葉の上部に付く葉が三角状に細長く 根元の葉は丸い 小さいすみれですが、地域によって大きさ花の形はまちまち
ナガバタチツボスミレ(長葉立坪菫)スミレ科スミレ属 コスミレ(小菫)スミレ科スミレ属
冬でもつやのあるかたい葉を残してるのでこの名があります 豆が食べられます
カンスゲ(寒萓) カヤツリグサ科カンスケ属 カラスノエンドウ(烏野豌豆)マメ科ソラマメ属
ヨーロッパ原産の帰化植物 鬼とは極端に大きくなる意味 よく見れば 薺花咲く 垣根かな 芭蕉
オニノゲシ(鬼野罌粟)キク科ハチジョウナ属 ナズナ(薺)アブラナ科ナズナ属
帰化植物です 桜の木の根元に咲いています 小さな花です イヌノフグリに似ていますね
オオツメクサ(大爪草)ナデシコ科オオツメクサ属 フラサバソウ ゴマノハグサ科クワガタソウ属
八重のカタバミは初めてみました
コハコベ(小繁縷)ナデシコ科ハコベ属 カタバミ(傍食)カタバミ科カタバミ属
3月12日満開でした 二の丸跡にて 名前は判りません 二の丸跡にて
カンヒサクラ(寒緋桜)バラ科サクラ属 サクラ(桜)バラ科サクラ属
沢山咲き始めています
ツバキ(椿)ツバキ科ツバキ属 ヤブツバキ(薮椿)ツバキ科ツバキ属

ぐるっと野の花のメニューに戻る