珈琲館「びいどろ」

ある日、ドールハウスを通じて知り合った仲間たちが、こんなことを考えつきました。
名付けて「五番街」。
各々自分のショップを持ち寄り、2003年夏に河口湖で作品展を開くというもの。
「自分のショップを持つなんて、なんて素敵なんだろう。」
早速私もお仲間に加えていただくことになりました。
しかし、自作に自信のない私は、5番街の町長でもある
「かんくろうさん」にショップの制作をお願いしたところ
快く引き受けてくださいました。
落ち着いた雰囲気のちょっとレトロな珈琲館、ということで話が進み
昔、京都にあった喫茶店を再現することになりました。
と言っても、現存していないので、制作はかんくろうさんの記憶に頼るしかありません。
私も、資料を集める努力はしたものの、なかなかイメージするものが見つからず
結局、かんくろうさんに全てお任せすることになりました。

そしてとうとう完成しました。珈琲館「びいどろ」の誕生です。
落ち着いた感じの素敵なお店に大満足です。かんくろうさん、ありがとうございました。

                            ←画像をクリックしてね。店内の様子が見れます。

正面から見た様子。ステンドグラスも手作りなんですよ〜。

なお、このショップは今年の夏、河口湖にて催される作品展に出品する予定です。


私はというと、「びいどろ」に置く小物作りを始めました。
まずはカップ&ソーサーでも・・・と取りかかったのはいいのですが
最初からつまづいてしまいました。やっぱり自作は無理・・・・・・・・!?

樹脂粘土を使ったのですが、1年半も昔にチューリップを作って以来の粘土です。
しっかりラップして保存袋に入れておいたのですが、どんなに練っても伸びが悪いのです。
子供達にも「なに、これ?」と言われる始末。
コーヒーカップに見えない!?見えるでしょ!!見えるだろ−が!!!(ほとんど脅し)

そんなわけで、カップ作りはもっと粘土に慣れてから・・・と、気をとりなおして
今度はパン粘土を使って、パンを作ってみました。

   

どうだっ!プレーンスコーンとレーズンスコーンだよ。
こちらは子供達にもなかなか好評でした。「うん、見える、見える。」
さっき、ちょっと脅しちゃったからなぁ。(^_^;)

さてさて、スコーン成功に気を良くして、今度は無謀にもデニッシュに挑戦!

      

左から、ブルーベリーデニッシュ・ストロベリーデニッシュ・アプリコットデニッシュです。
こちらの評判もバッチリでした(ほんとォ〜?)。特に上に乗せた苺とあんずを作っている時には、「ママすごい・・・。」と
尊敬の眼差しで見られました。へっ、へっ、へっ、どんなもんだい!
やれば出きるのよ、やれば。(^○^)

      

     

お・ま・け。

上段左から、フランスパン、ロ−ルパン(かなりあやしい・・・)、メロンパン(見えないこともない・・・)
下段左から、初代ブルーベリータルト(見えないと不評)、クロワッサン(これもあやしい。)

カップ&ソーサー第2弾
カップ作りはもう無理?と諦めかけたところにAnneさんからありがたいメ−ルが。
カップの作り方が出ているサイトを教えていただき、再度挑戦してみました。
形はまずまず、後は色の問題よねぇ。

開店記念品に付ける予定のスプーン&フォーク(左)とトレイ(右)です。
昔、こんなスプーンがありましたよね、柄の部分がネジネジしてて、カラフルなプラスチックの飾りの付いたものが。
「びいどろ」にちなんで、グラスビーズを使ってみました。

トレイはまだ試作段階です。最初、樹脂粘土で作ってみたのだけど、乾燥したら形が歪んでしまい
昨夜、ヒノキ棒で作ってみました。色と絵は変更可能です。感想をお待ちしています。

      

左から、カップ、ケーキ皿、トレイ(おぼん?)です。
カップは形も大きさも一つとして同じ物がありません。手作りの証ですが、ただ単にテキト−に作ってしまったためです。
マグカップあり珈琲カップありティーカップあり、ついでに湯のみも・・・・・。どれが当たるかはお楽しみ。(^。^)
お皿は葉っぱの模様にしてみました。(唇じゃないよ。)
トレイはちょっと色を変えてみました。この方がショップのイメージに合うかな?と思って。

粗品を入れる紙袋です。「びいどろ」の名入り。だれだ〜、「どろびい」とか「どびろい」って言ってる人は〜。

粗品、完成です。パンの種類とスプーン&フォークの色は、それぞれ違います。どんなのが入っているかはお楽しみ〜!

       

かんくろうさんのお家にお嫁入りするスプーン&フォークのセットです。右はBoxです。
こうすると、やっぱり引き出物みたいね。(^^)

スプーンを作っている時に偶然出来てしまった、マドラーとロングスプーン(?)パフェについてくる長いスプーンです。

 


      

コーヒー豆はなかなかたくさん作れなくて、ちょっとギブアップ気味。
とりあえず、店頭販売のコーナーに置くレギュラーコーヒーの袋詰めを作ってみました。
一応自家焙煎ということで、びいどろの店名入りです。
よ〜く見ると、賞味期限とか生豆原産国、保存方法なんかも書いてあります。
ラベル制作ソフトを使って作り、縮小印刷をしました。
中身は粘土(固くなったものを再利用)。袋はアルミテープです。
とりあえず、モカとブレンドを作ってみましたが、皆さんはどんなお味がお好みですか?

さてさて、その後の進行状況です。
「豆」・・・気合いを入れて作りました。1時間がんばった成果です。
   

(左)もう二度と作りたくありません。(-.-)       (右)スパイスラックは楽しんで作りました。

     

ラックの材料は樹脂粘土、真鍮釘、ウッドビーズです。

陳列BOXを作って、豆を中に入れてみました。品名を入れて、ショーケースに飾ります。
かなりそれっぽくなってきたでしょ!?

こんなわけで、小物作りは着々と進行して(?)おります。
次回作をお楽しみに。ふふふふふ。