●中途報告2001年12月10日

なんと前回の更新から半年が経ってしまった。オトナの半年は突風のように早い。
なんとなく止まってしまったのは、ソーイング教室が夏休みに入ってしまったことに発している。毎週、毎時間同じ場所へ通うことが苦手な私が、珍しく続いていた習い事でだった。なんかモノを創るというのはいいですね。仕事とは違う頭の使い方をするし。

今の進行状況は、ファスナーをつけ終わって、後は、裏地と表地を合体させれば終わりよーと、ホントにラストスパート状態のです。

ファスナーは、先生の指導もあって、「コンシールファスナーは、初心者のヒトにはちょっと難しいのよ。」と、普通のファスナーにしました。(ともさん、ごめんね。次回にチャレンジ!)

このソーイング教室では、ものすごく丁寧にスカートを作っている気がする。オール・アバウトな私、ひとつひとつに例えば、下から縫うべき箇所とか、そのノウハウが詰まっていて、いっぺんでは覚えきれない。自己流でやっているので、自分のいい加減さがわかる。

特に驚いたことのひとつは、裏地が表地より総合計8ミリぐらい幅が大きいということ。スカートってそうなんだ!なんでも小さいとツレテしまうとか問題がでてくるらしい。なんか裏地の方が小さいと思い込んでいた。(そこらへんが自己流なのよね。)

その教室には、そのコースを何回か続けて受講されている方がいて、先生が「○○さん、だいぶ仕上がりが上手になったわねー」とほめられていた。その言葉を聞いて希望が持て、私もしばらく通いたいなーと思い始める。

あと、すごく不得意なところもわかった。それは、ナント、チャコペーパーで型紙を写すということ。ナオミ・コレクションの布は、まだいい厚みがあるから。裏地だとかだと、必ずズレまくってしまう。薄くてツルツルしているから。
誰かぁ、コツを教えて〜



●テーマはシンプルスカート2001年6月1日
 
おまたせしました、しばらく止まっているかのような、このコーナー。
でも密かに進行していたのですね。
まず、今回は先に生地が決まったので、それを元にともさんがデザインを書いてくれました。これはFAXで。
 

       
※デザインは他にも5個だしてもらいました。柄に合わせてこれに決定!   
 
ともさん>この 生地だったら とりあえず 膝たけの Aラインスカート(生地の柄の出方を かっこよくして) を 作ると 夏とかTシャツと合わすとかわいいかもな〜〜〜。
一番作るのがやさしい、膝丈で、ウエストは見返し、開きすぎないフレアーで前後ダーツを左右1本ずついれて。
 
菊乃>そうですね。第一弾は、生地の柄を綺麗に見せるコト優先で一番右上のデザインのモノがいいと思います。それでいきましょう!ウエストの見返しっていうのがまたいい!です。

ともさん>
ちなみに 今回 裏地は 付けるのですか?? つけるなら 裏地のパターンもいるので・・
 
菊乃>はい、付けます。よろしくお願いします。
 
なんと、ともさんは、菊乃がソーイング教室に通うに合わせてパターンを仕上げてくれたのです。
直接お会いして受け取りさせていただきましたぁ。
ホントお手数かけます。
 
ともさん>接着芯とか、ファスナー、裏地もついでに持ってきました。
 
菊乃>わーい、ありがとうございますぅ!
 
もらった袋を開けて愕然。
なんせ、裏地だけでも、黒、赤、グリーンと3種類も。ファスナーも菊乃が見たことがない「コンシール ファスナ−」で、ピタっと綺麗に納まる縫い方の説明付き。スカートをハンガーに掛けるときの紐、ともさんオススメの接着芯。型紙も、表地用と裏地用。そして作り方の手順まで。さらに生成りの布でアバウトに縫った感じをつかむためのものも!まさになにからなにまで、用意してもらって。
 
色々お話を聞いているうちに、ともさんにとってこのコラボは、「素人さんが綺麗に作れるパターン」がテーマだということが見えてきました。
そう、ともさんは菊乃に「一枚のスカートを綺麗にちゃんと作ること」をテーマにしてくれたんだぁと。
確かに、ファスナーの納めとか綺麗に仕上げるのはムズカシイことだわ、とお話をきいて納得。
 
プロのパタンナーさんは、裁断する時もいかに無駄な生地や、縫い方がでないかまで考えてパターンをひくそうで。
すごーい!
綺麗に仕上げるコツは、出来上がったら、クリーニング屋さんに仕上げにプレスだけ頼むとのアドバイスももらいました。
その道の人に聞くというのは、本当にいろいろ収穫があるもんです。
 
さあ、さっそくそのパターンを持ってソーイング教室へ。
みなさん、つづきは、しばしお待ちを!
 

●テーマ生地発表!
2001年5月15日

実はひそかに進行しているこのコーナー。
テーマ生地が決まりましたので発表します。
本編原稿出来次第アップいたします!
とりあえず予告でした。


             ←もちろん、なおみコレクション

●菊乃が着たい着物地スカートは?2001年4月30日
 
菊乃>着たいスカートはずばりレトロちっくなふんわりしたスカートですね。
今シーズンでいえばタックギャザー?っていうのかな、ハマトラ風のスカートです。
ともさんは、飽きるほど作られたのでは?
ウエストのボリュームは押さえつつ、裾はふんわりしてて、しかも着物スカートって、いいなぁ。(ここらへん、うっとり)。買い物篭が似合いそうなレトロなスカート。他に黒留袖で、巾の狭さを生かしてボックススカートも面白いかもしれないなぁ。黒留袖で渋くて、カタチでカワイイ、「渋カワイイ・スカート」で。丈は60前後ぐらいがいいのですが。

ともさん>
ふんわりとさせるには・・意外と 生地巾を喰うんだな・・・あと 生地のハリ感が きめて・・ 意外と 難しい 問題が 来たなって 感じです。
 
菊乃>はは。(^^;)わかってたけどつい書いてしまったのよね。
一応、5枚切り抜き添付します。(切り抜きは皆様にはまだ秘密。お楽しみに)
何かアイデア浮かびましたか?着物はまだこれといった生地にはめぐりあっていません。探してる途中というところです。
デザイン画楽しみです。できたら連絡ください。送付方法考えましょ。
 
ともさん>画像とどきましたよ。
うん 今 店頭で 見る感じのシルエットですね・・・。
さて 菊乃さんが どこまで縫えるか・・・・。
意外と ファスナ−付けと ウエスト、ダーツ なんてのが 最初苦戦 するはず・・・
 
そしたら・・・ちょっと 簡単に作れて・・薄めの生地で 夏に 着られるものを 手始めに・・
そのあと 中級バージョンで ちょっと厚めの生地で ・・・

まあ いくつか デザイン出してみましたよ。
希望なんか あったら 手直しして 立体作ってみましょうかね。

最終的に きちっとした デザイン画(HPにのせても はじかしくないやつ)は 書こうと おもっています。 
 
菊乃>なんか枚数も考えるとスゴイ話になってきましたねぇ。デザイン画も楽しみです!
ところで、5月からソーイングを習うことにしました。
自分で型紙をもっていくそうで、多少むずかしくても、先生に教われることができるので大丈夫かと。(^ ^;)がんばりまーす!

ともさん>5月からか・・・ まず 練習で ちょっとだけ デザインいれた Aライン スカートなんかなら 比較的すぐ パターン ひけるけど・・・ どうします??
 
菊乃>とりあえず、いきなり着物を持っていくとセンセにびっくりされるから、なおみコレクションの巾110センチくらいの、黒地のスカートを作ろうかなと考えています。5月12日がはじめての授業なのでそれに間に合って、ともさんの負担にならなければ、お願いしたいかなと。
 
だんだん、話が具体的になってきましたよ。
次回へつづく。
 

●デザインを考える
2001年4月17日

ともさん>洋服を 作る時は デザイン画を書くのからはじめるのが 普通です。絵で イメージを ふくらませ・・・手を加え・・・生地とデザインの 相性をかんがえ・・・パターンを 引いて・・トワルと言われる 立体(洋服の形を 代用の生地で組み立てる・・良く雑誌なんかでみる 針だらけの 洋服の形見本・・)を作って。時間があったり 丁寧に作るなら 仮縫いして・・そして縫製 プレス(アイロン)・・そして 完成となるのです。

菊乃>なるほど。

ともさん>一応目標として 秋物の出始め(8月終わり)を 目標のしませんか??

菊乃>わかりました。がんばりましょう!

ともさん>あと まだ PC初心者のため 画像UPや 添付ファイルなんかが まだうまくつかえなかったり 機材が 不十分で ご迷惑かける事もあるかと 思いますがご指導よろしくおねがいします。

菊乃>いざとなれば、FAXもあるし大丈夫です。私もそんなには・・・まースキャナー持ってますけど。なんとかなるでしょう。こちらこそよろしくお願いします。インターネットを通して離れた人同士がどうやってモノを作れるのか実験みたいなところもあるしので、そこらへんも楽しめたらいいなと思っています。
次の展開として、.デザインコンセプトというか、イメージ固めっていう感じですか?いきなりデザイン画なのかしら?着物地からだとしたら1点もので、着物からくるイメージでラインも変わるだろうし。

ともさん> イメージか・・・・・まあ 1点ものですしね。 まずは この生地で 作りたいとかは ないですか?? あとは他の生地 デニムとか ギャバなんかと合わせてつかって スカートなんてのも・・まあ まずは 簡単に縫えるデザインで・・・ かといって 今も意識した シルエットで・・・なんて考えています。

菊乃>こんなイメージということで、切り抜きなんか送るなんてありなんですかね?

ともさん>うん いいかも 最終的に 菊乃さんが 実際 普段着て歩きたい スカートってのがいま 一番の決め手にしたいかな。送ってもらったもので イメージふくらませて いくつかデザイン起こして見ようかな??支障が なかったら イメージの切り抜きや 生地の見本なんかを 送ってください。まあ カラーでなければ FAXでも またメールに 画像を添付 していただいても いいですし。 かっこいい 服つくりましょう!!!

てなわけで、掲示板でも書き込みをした、ともさんからの「宿題」がでたのです。果たして菊乃の着たいスカートとは?
次回へつづく・・・


●ともさんの経験をきいてみました。2001年4月10日

とりあえず、ともさんの着物スカートを作った経験などを知りたいなということで、お互いどんなのが好みかも知らないわけだし。
まっ、菊乃のはHPでバレバレですけど。

菊乃
以前作ったスカートは、どんな着物スカートを作ったんですか?

ともさん>実は 着物生地では ワンピースを一度だけ・・・シンプルな物でした。しかし 縫製は工場さんで縫ってもらったのです・・・・あとは 商品として(仕事で) Aラインのスカートを 着物柄の生地で作ったことがあります(3年くらい前かな?)

菊乃得意なファッション分野は?またはつくりたいものって?

ともさん>どちらかといえば ドレスなんかのパターンが 得意かな??まあ なんでもやります。ただし 女性物しか 作れませんけど・・・

菊乃「着物deお洋服」のコレクションからまた新たにイメージしたスカートってあるのですか?

ともさん>今のトップページの 柄が 気に入ってます。あの柄の生地ってあるんですか??
 
菊乃5年ぐらい前には、生地屋さんに洋服巾で売ってたのは見ましたが、今はみかけません、残念ながら。紫のスカートは一番普段使いのスカートなのでうれしいです。
 
そして次回へつづく。


●それは掲示板からはじまった!
2001年4月5日

着物を生かしたスカートを作りたいけれど、素敵な型紙が手に入らないということを心配してくれて手を差し伸べてくれた、ともさんと、菊乃がインターネット上で「着物を生かしたスカートを作ろう」とはじめました!でもまだ何も決まっていない!果たしてどうなる?

菊乃色々メールで打ち合わせをするかと思うのですが、その過程を「着物deお洋服」に連載してみたいのですが、どうでしょうか?

ともさん>おもしろいかもね。デザイン画から 初め 立体見本 パターンと どうせやるなら本格的にやったら おもしろそう。まあ その辺は ぼちぼちといきましょう。

連載は決まったけれど、り、りったい見本?服飾はド素人の菊乃。さぁ、どう展開していくんでしょう?

●中途報告 2001年12月10日
●テーマはシンプル・スカート 2001年6月1日
●テーマ生地発表! 2001年5月15日
●菊乃が着たい着物地スカートは? 2001年4月30日
●デザインを考える 2001年4月17日
●ともさんの経験をきいてみました 2001年4月10日
それは掲示板からはじまった! 2001年4月5日
電脳お仕立てコラボ