「春寒」の出来るまで・・・



 

8/26 キルトのデザインが決まりました。
8/28 デザインにそって着物をチョイス ほどきます。
8/30 椿の部分を作り始めました。
9/4 椿の部分完成
9/11 雪笹を進行中ですが絹が滑る為 
ちょっと息抜きに 竹部分の下絵を描きます。
9/12 雪笹製作途中 相変わらず素材は滑ります。
9/18 雪笹部分完成
9/23 竹の刺繍部分が出来ました。全てミシンキルトです。
9/24 竹部分と雪笹部分が繋がりました。
9/26 椿部分も繋がりました。
9/28 ボーダーの帯が付きました。
9/29 アクセントに立体椿と雪笹を作りました。

10/2「春寒」完成

思えば15,6年前 服部早苗さんの「日本の文様のキルト」という本に出会い
ずっと作りたいと思っていた雪持ち笹 やっと作ることが出来ました。
この本に出会って間もなく挑戦はしてみたものの技術が伴わず 半ば諦めたことがあります。
しかし 諦めきれず今回の和のキルトというお題にぜひ作ってみようと思いました。
この本に出会った事で日本独特のキルトのファンになりました。

今回 偶然にもこのキルトを作っている間に
服部早苗さんのルネッサンスキルト展があり本物を見ることが出来ました。

椿部分
立体椿
竹刺繍部分
雪笹 立体笹部分

 BBS
一言御願いします。