モラって何??


  モラは、パナマ本土やサン・ブラス諸島の先住民クナ・インディオの女性民族衣装のことをさします。何枚もの原色の布を重ねて、切込みを入れて逆アップリケをして、一つの作品にします。 モラのデザインには、太陽や月、動物などをモチーフにしたものが多くあります。 
  オールドモラは100年ほど前に始まったといわれています。当時は2色のみのモラが多かったそうです。現在のモラはオレンジ、レンガ色などをベースにした色彩の豊かなものが多くなっています。
  モラを作るのに必要なのはなんといってもはさみです。重ねた布をカットして逆アップリケをするのに必需品です。特に刃先がそっているカーブばさみをよく使います。あとは、普通の手芸と同じようなものしか使いません。布はほつれにくいように綿100%のブロード、糸には色が豊富な25番刺繍糸を使います。




トップページに戻る