2004年2月のゲストブックです。

【注意事項】
人を中傷する(とも読める)文面は言うに及ばず、実在する人物、法人名(掲示板への掲載に当たり事前に許可を得ている場合は除く、その場合はその旨記して下さい)を特定した内容も 不特定多数の方が目にするゲストブック/掲示板に掲載する内容としては不適切な場合があります。個人情報の取り扱いという観点で考えれば判断可能と思います。
そういう内容の話はココには書かず、私まで直接メール下さいますようお願い致します。



take - 04/02/21 21:28:03
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/PowderRoom/2983/

コメント:
オランダ苗は、あの時だけでした。2本以上で200円引きは、あの日以来、ずっと、777円でした。 ラッキーなことでした。

Rosaholic - 04/02/20 05:40:45

コメント:
↓書き忘れていましたが、白砂糖はどれくらいの濃度で使います?葉面散布では適当に500倍として使っていますが、培養液ではEM原液との配合もありますので、実験結果が出たら白砂糖濃度とEM原液との比率など教えて下さい。

Rosaholic - 04/02/20 05:36:40

コメント:
サザンさん、お元気ですか? 私は例によって、スケジュール遅れの作業を進めているところです。でも考え方を変えたら気が楽になりました。作業は楽になりませんが。
さて、白砂糖。やはりココに行き着きましたか!ってね。私はストチュウの所で白砂糖を使っています。というか葉面散布用ですね。1kg98円のセールを狙って買います。148円では買いません。黒砂糖は安売り対象になりませんしご存知のようにエラク高いです。EM培養は、まだ初めの時に買った糖蜜(ネオモラセスト)が残っているのでこれを使って活性液を作っています。冬場はなかなか培養が遅いですけど。使う量も少ないので困っていません。12月以降もしかしたら使ってないかも知れません。菌も活動が鈍いだろうと思って、水やりも水道水をホースでやっています。剪定が終わったら色々再開します。追肥とか芽出し硫安とか、もちろんEM活性液も。

サザン - 04/02/19 16:41:46
電子メールアドレス:どちらがお得?

コメント:
ロサさんもEM菌を培養されていましたね。 以前糖蜜を買ったときになぜ?と店員に尋ねたときに安いからです。と返事がありました。 が、白砂糖のほうが絶対に安い! と最近主婦感覚で気づきました。 何を今ごろと思われるかもしれませんが。(笑) 糖蜜1000CCで850円vs白砂糖1kg98円では勝負にならないと思うのだが・・・で今回は白砂糖のほうを。  

Rosaholic - 04/02/16 05:23:08

コメント:
2/16の5-6amの間、画像が表示されませんが、サーバーメインテナンスが理由です。ご迷惑をおかけしますが、後ほど再度ご覧下さい。

Rosaholic - 04/02/09 08:37:50

コメント:
【ローカル情報】金曜日の夕刻に入荷していたのですが、SXLホームセンター鶴川店に、オランダ産オールドローズ(ラクサの台木)各\1180+tax(=\1239)が出ています。クライマー、一季咲き、四季咲き(繰り返し咲く程度を含む)で何種かありました。花の大和が発売元です。もう土日でずいぶん売れてしまいました。まだあったのは、ファイルヒェンブラウ、アリスターステラグレイ、グロアールドディジョン、ローズドレシト、フェルディナンドピカール、つるエトアールドホランド、マダムプランティエ、マダムイサックペレイル、ルイーズオディエ、つるスヴニールドラマルメゾンなどでした。バフビューティー、ブールドネイジュは売り切れてました。

Rosaholic - 04/02/09 08:25:19

コメント:
ぷりちえさん、はじめまして。内容の更新が滞っていますが、そのうちそのうちと思いつつなかなか時間が取れません。特に今は、鉢の土替えを愚直に続ける日々なので、それが終わってからやろうと思います。その時はまた見てください。日記とゲストブックは比較的アップデイトされています。

ぷりちえ - 04/02/08 23:05:49
電子メールアドレス:bigsmile@mx2.sala.or.jp

コメント:
今晩は。ベランダで細々とガーデニングを楽しんでいます。いつも、どんなバラが良いかなあ・・・なんていろいろ考えていますがこういったHPを拝見すると、よく分かります。コメントを参考に春の計画を立ててみます。また拝見いたします。有り難うございました。

Rosaholic - 04/02/02 04:40:51

コメント:
鉢のサイズが同じなら土の配合を変えないもうひとつの理由を書き忘れていました。それは苗の生育度というか健康度というか個体差が品種差と同じくらいあるように感じているためです。いやもしかすると、品種差よりも大きいかも知れません。接木で複数の苗を作ると、台木の差+穂木のパワー(芽の良し悪し)の差だけでも(その後の環境は同じなのに)成育に差が出ます。「苗半作」と言われるように、買ってきた新苗の1年後の様子も、接ぎ口の様子が全く1年前と変わらない状態のコマッタチャンから業者の立派な大苗と遜色ない状態まで大きく違います。また、成育に合わせてきちんと鉢増しで対応すれば完璧でしょうがなかなか鉢増しもシーズン中には手が回らず、今ごろになって根がびっしり張ったのを植え替えてたりしているのも残っているありさまです。
1年目や2年目はとにかく株を作るために色んな対策をここ2,3年試している所です。つぼみのピンチは実感できる効果がありました。今年は肥培を試そうと寒肥を多めに入れてみています。

私のホームページへ | PowderRoomのページへ | メイン | 今すぐ登録