2004年3月のゲストブックです。

【注意事項】
人を中傷する(とも読める)文面は言うに及ばず、実在する人物、法人名(掲示板への掲載に当たり事前に許可を得ている場合は除く、その場合はその旨記して下さい)を特定した内容も 不特定多数の方が目にするゲストブック/掲示板に掲載する内容としては不適切な場合があります。個人情報の取り扱いという観点で考えれば判断可能と思います。
そういう内容の話はココには書かず、私まで直接メール下さいますようお願い致します。



Rosaholic - 04/03/30 00:04:33

コメント:
腰はようやく治りかけてきました。ああ、あれから....そろそろ4年ですね。ハハハハハってナンだか余り進歩してない感じですね。色々こだわってはきたんですが実を伴っていないような気もしてきていますが、まあできるだけのことをするまでと開き直っています。

mimi - 04/03/29 06:54:33

コメント:
ロサさん有難うございます。      ジョウロで半日ですか・・・・・アー---想像もできない体力です。 腰も痛くなるってモンで・・テレビチャンピォンで走り回っていたロサさんを思い出しますが。。。アレから何年   愛ですね。 

Rosaholic - 04/03/29 05:30:18

コメント:
mimiさん、こんにちは。株数の少なかった時は5Lの如雨露にいちいち測っていましたが、大変過ぎるので、今は、100Lの雨水ためるオケ(商品名:雨水たまる君)にそれぞれ入れてかき混ぜたのをバケツで如雨露に移して潅水しています。300Lやるのに半日くらいかかります。いっきにやったり、平日の朝に少しずつ(雨の予報の無い時に限る)やっています。
薬剤散布の処方は1年前などの日記に書いていますが、基本は毎回ローテーションです。今シーズンまだ定期散布を始めていない理由の大きなものに薬害があります。新芽は薬害出やすいということで慎重になっています。一般的に紹介されているダコニールはこの時期1000倍では濃すぎると思います。安全を見るなら2000倍、冒険するなら1500倍という感じでしょうか?殺虫剤は散布しなくても、この時期はオルトランなどの粒材を表土に撒いておきます。EMが死なないか?という質問を受けたこともありますが、個人的には殺虫剤は殺菌剤ではないので大丈夫と想像し、はたまた本当はやられてしまうとしても。この時期だけ弱っても、もうこの後はオルトラン粒材は年間1回限りなのでEMは復活するのではないかと期待しつつやっています。

mimi - 04/03/28 22:17:22

コメント:
ずー--っと以前にお邪魔したことがございますmimiです。いつもいつも拝見させて頂いておりました。またまたお教えください。 *****硫安1000倍+木酢液1000倍+キトサン1000倍+花工場2000倍+EM-1活性液1000倍できのうは潅水しました****。との日記を見て えーーーっどうやって?ジョウロかしら。。 ホースでポンプかしら。。。と考え込んでしまいました。 私は150本ほどのバラに液肥をあげるときはジョウロですが 結構大変です。ロサさんの方法は何か工夫があるのでしょうか。 あと、私は今朝から本格的な消毒を開始しましたけれど私はサプロ-ル、ダコニ-ル、オルトランがあまり好きではありません。消毒回数が多いせいかバラ達が痛んでしまう様な気がしているからです。ロサさんは基本消毒にどのようなものをお使いになられますでしょうか。ご教授願えましたら助かります。

Rosaholic - 04/03/28 06:52:18

コメント:
サザンさん、軽い気持ちでの質問を実験結果でお答えくださって恐縮しています。「どうして1回しかダメなのか」という疑問は、「メーカーとして困るから」という思いがちらつくものの、やっぱり菌の世界だから、原液を10倍に薄めた中では休眠していて、使われるときの1000倍希釈によって目覚めるなんてのもいるとすると、こういう休眠菌は活性液からまた活性液を作ると更に1/10の密度になってしまうから原液中の菌の構成と変わってしまう恐れがある---などと解釈してました。でも確かに増える奴だけを利用するという立場を取れば、エサとなる糖分さえ入れてやって初期発酵できればそれでいいのでしょうね。菌はナンだか良く分かってない(不勉強)ので1年に1本EM-1を買って活性液作って使い続けています。どんな菌が入っているのか書いてないことも実験しにくい背景をつくっていると思います。

サザン - 04/03/27 19:44:24
電子メールアドレス:EM培養の件

コメント:
白砂糖でちゃんと培養できるのかわからなかったので保留してありましたが、うまくいったようなので・・・この前のご質問へのレスです。 EM1培養の際の糖蜜の濃度は10倍でやっています(体積比)。 白砂糖を使用したときは20リットルに対して砂糖1kgでやりました。 この場合重量比で20倍になりますか。 菌の密度は糖分に比例すると考えているので・・・糖蜜の場合と同じくらいになるのかな?とおおまかに考えています。 なお、私は新しい菌を買わずに何度も培養して使っています。(^^ゞ 培養は一度だけとメーカーは言ってますが、菌によって好む温度やphが異なるのに80種以上の菌が同じ条件で培養されるはずがないと考えています。 だから、たとえ種類が少なくても有用な菌であればよいと・・・(^^ゞ  

Rosaholic - 04/03/26 23:12:53

コメント:
みんさん、どうせいつでも購入できるのなら、もう数週間待って新苗が売り出される頃に大輪のバラと一緒にお求めになればいいのにと勝手なことを思っています。1本も2本も3本も手間は変わりませんよ、なんてね。モッコウバラは挿して間もないチビ苗だと咲くのは来年春からとなり待ち遠しいかも知れません。私の挿したキモッコウバラは2年目から咲き始めました。初年度は成育に専念してたみたいでした。

みん - 04/03/26 19:16:19

コメント:
早速、有り難うございます。京成バラ園の木香バラは、随時受け付けらしいので、購入してみようと思います。でも、いつかは大輪咲きに挑戦してみたいです。やっぱり綺麗ですよね。

Rosaholic - 04/03/26 06:04:12

コメント:
↓肝心なことを書くのを忘れてました。挿し木苗で全く成育に問題はありません。私のモッコウバラは八重ですが白も黄も挿し木です。黄はもらった枝を挿してつきました。白は挿し木苗を高さ10cmくらいのチビ苗で3号ポットに入って\500しない値段で買った記憶があります。\298だか\398だか、ハツユキカズラだとかユリオプスデージとかの値段と同じくらいだったと思います。

Rosaholic - 04/03/26 06:00:11

コメント:
みんさん、京成にあったようで良かったですね。ところで挿し木苗は読んで字の如し。大苗、新苗はノイバラ台木に接木(芽接ぎまたは切接ぎ)した苗を指します。輸入苗ではノイバラ台木の代わりに別の野生のバラ(カニナ、ラクサ、野生じゃないけどドクターヒューイなど)が使われることもあります。交配によって改良された品種は台木に接木して苗を作り売られる場合がほとんどです。挿し木で苗が出来るのは比較的強い品種に限って生産されるようです。モッコウバラのような原種やつるばら、オールドローズなど挿し木で着き易いものです。他のもできないことはないのですが生産を考えると着きが悪かったり成育が接木に比べて遅いので売り物として流通しにくいのではないでしょうか?あと、原種などは山野草のノリで実生苗も流通しています(ノイバラ、サンショウバラ、ハマナシなど)。

みん - 04/03/25 17:30:00

コメント:
3月24日に一重木香バラの書き込みさせていただきました、みんです。京成バラ園の情報有り難うございました。京成バラ園の木香バラは,挿し木苗となっていましたが、よく販売している大苗、新苗と、どう違うかよくわかりません。バラの挿し木苗の事を教えて頂けませんか?なにぶん、初心者なので、宜しくお願い致します。

みん - 04/03/25 17:26:11

コメント:
3月24日に一重木香バラの書き込みさせていただきました、みんです。京成バラ園の情報有り難うございました。京成バラ園の木香バラは,挿し木苗となっていましたが、よく販売している大苗、新苗と、どう違うかよくわかりません。実は今年エンジェルストランペットち泙渓擇鬚靴動蕕討討い襪里任垢・∈戮・特擦ぬ擇・賈棔△鼻爾鵑函弔貌・辰突茲襪鵑任呂覆い・函⊂・敬坩造覆里任后・垢任忘・呂舛磴鵑箸△襪里・・ΑΑΔ箸・廚料泙渓敝弔蓮△發・G・郎蕕・覆い任垢茲諭・笋呂蠅匹里茲Δ雰疎屬罵茲襪里・・敬坩造任后廚料泙渓敝弔了・魘気┐督困韻泙擦鵑・・覆砲屬鵝⊇蘓桓圓覆里如・垢靴・・蠅っ廚靴泙后

Rosaholic - 04/03/25 05:54:17

コメント:
みんさん、はじめまして。京成バラ園芸にあったと思いますが、今在庫があるのか、何時なら手に入るのかお問い合わせてみられてはいかがでしょうか。

Rosaholic - 04/03/25 05:53:14

コメント:
のんのんさん、サイト拝見しました。面白い!!!ノイバラの観察も良いし、トゲ、新葉の観察も。この楽しみ方は単に見るだけでなく記録を写真などで残すことが大事ですね。記憶力が怪しいと途端にまぜこぜになってしまって興味が失せてしまいます。黄バラの芽吹きから葉の展開と言うテーマも興味津々です。ウチのフェティダペルシアナで見てみますね。

みん - 04/03/24 20:20:39
電子メールアドレス:mozuchan.paku-paku@jcom.home.ne.jp

コメント:
去年から、ガーデニングを、始めたばかりの初心者ですが、近所の方の影響もあり薔薇に興味を持ち始めました。最初は木香バラが、楽で、丈夫だと言われ大変欲しいのですが一重の黄色と、白色が、なかなかありません。私の住まいは神奈川県ですが、この近くで購入出来る所をご存知の方、教えていただければ大変嬉しいのですが。どなたか宜しくお願い致します。

のんのん - 04/03/24 04:07:41
ホームページアドレス:http://www2.tcn.ne.jp/~urakawah/
電子メールアドレス:nonohanaclub@msn.com

コメント:
こんにちは、四国でノイバラの観察を楽しんでいるものです。 原種系のバラにすごく興味があって、きょうは斑入りのテリハテリハノイバラを検索していてこちらにたどり着きました。 知りたかった他の情報もわかって、とてもうれしかったです。これからも時々お邪魔させてください。 いろいろバラのことで分からないことを質問させてもらっていいでしょうか? 私の庭にも遊びに来てくださいね。自己流でお恥ずかしいのですが、バラとハーブの庭です。

Rosaholic - 04/03/13 22:40:31

コメント:
【ローカル情報】オールドローズの入荷について報告したSXLホムセンター鶴川店ですが、さらに追加と言うかたちで次々に大苗が裸苗+おがくずのようなもので根巻きで緑色っぽい袋に1株ずるつ入れられて販売されています。モダンローズも混ざってきた最近のラインアップです。

Rosaholic - 04/03/09 05:13:38

コメント:
コルダナシリーズが気になって、コルデスのサイト(トップページのリンク集にハイパーリンクがあります)に行ってみたら写真つきで「xxxx kordana」という品種名で出ていました。これなら開花株を買ってwebで比べてみれば品種名の特定はさほど難しくないのではないかと思いました。ただ、個人的にはミニは小さいのが好きです。

Rosaholic - 04/03/08 21:57:06

コメント:
shuji5175さん、お久し振りです。ウチの近所にもコルダナシリーズを入れてるホームセンターがあるのですが、品種名が不明のままです。品種名が分からないと買う気の起きない私としては、その品種が特定されていることの方が、そのい品種がコルデス作かどうかよりも重要です。コルデスのシリーズは是非とも品種名を入れて欲しいものです。

shuji5175 - 04/03/07 22:52:34

コメント:
 おひさしぶりです。最近、ミニバラをいくつか買いました。ミニチュアローズも品種改良が進んだのでしょうか。HTなどをそのまま縮小したような、ボリュームのあるものもあり、ついつい買ってしまいます。特にコルデスの「コルダナ」シリーズは最近とみに見かけるようになりました。コルデスのタグにも、それまでドイツ語、英語、フランス語に加えて日本語でも「無断増殖禁止」の警告が表示されるようになりましたし、日本の住宅事情を考えれば、ベランダなどで十分楽しめるこの手の品種は供給されるでしょう。きょうも、「コルダナ・ロカルド」という剣弁高芯のサンゴ色のミニバラを購入しました。

私のホームページへ | PowderRoomのページへ | メイン | 今すぐ登録