2003年4月のゲストブックです。

shuji5175 - 03/04/30 23:39:48
電子メールアドレス:cfv39030@nyc.odn.ne.jp

コメント:
 最近、仕事をやめて求職中です。時間的に余裕ができたので、気休めにイタミ・ローズ・ガーデンに行っています。バラの開花時期ではないので、あまり人は来ません。休日は来園者が多いようです。ガーデンに来ると寺西菊雄園主の実弟の義則さんが出迎えてくれます。今まで私が菊雄氏と間違っていた人です。義則氏はたいへん社交的で、来園者の接待に熱心です。客の条件に合った品種の選定から農薬の使い方の説明まで懇切丁寧です。私も義則氏に口説かれて「ジンジャー・ロジャース」と「フロージン’82」を買いました。ところが、義則氏が出張などで園を留守にすると、誰も来園者を接待いたしません。あいさつもありません。こちらから「こんにちは」と大声で呼ぶと返事がかえってきます。みんなハウスの中で作業に没頭しています。種苗会社や個人に春苗を出荷する時期で、それに忙殺されているようです。来園者の中には、あいさつもされずに、ぐるりと園内を見て帰って行った人も何人かいます。接客をしない園員。義則氏にそのことを、それとなく訴えると、「新しいお客さんを得るためには来園者を歓迎しないとならない。しかし、私が言ってもみんな分かってくれないのだ」。義則氏はそう慨嘆する。いいものを作っているのに、サービスが悪い。切ない話である。私は菊雄氏に手紙を書いた。「弟さんは懇切丁寧な接客をするのに、彼以外に同じことをする人がいない。彼がいないと来園者が路傍の石のごとく無視される。来店販売としては最悪だ」と。「良い品を作っているのにサービスに不備があるのは客としてみていて歯がゆい」と書いた。寺西園主には余計なお世話であろう。もしかしたら私は出入り禁止なるかもしれない。「フロージン’82」は売約したが未払いで向こうで預かってもらっているので、支払いと引き取りのために行く必要があるが、そのとき菊雄さんはどう反応するか。

Rosaholic - 03/04/30 08:59:51

コメント:
さと☆さん、生垣用に地植えにする品種選びでしたら、できれば現物をバラ園などでご覧になるのがお勧めです。カタログからでは枝ぶり、樹性などがわからないものですからね。気に入った品種が見つかると良いですね。

- 03/04/29 22:36:41
電子メールアドレス:NBE01603@nifty.com

コメント:
Rosaholicさん、ありがとうございます。本日ちょうど外構の打合せをしました。庭の南側が隣家に接しているのですが、こちらは60cm程度のフェンスが立てられるので、これにモッコウバラを這わせることにしました。左右で黄色と白を分けるときれいかもしれません。東側が道路に面していて、こちらはフェンスはだめ、支柱も目立つものは?なので、考え中です。京成バラ園のカタログに載っているフェアリーシリーズなんていいのかな、などと漠然と思っています。

Rosaholic - 03/04/29 16:50:16

コメント:
さと☆さん、お久しぶりです。家を建てるのは楽しみなことですね。垣根に向くかどうか不安ですが、モッコウバラはとげ無しなので良いかも知れません。ただし、大きくなるので横へ横へと誘引が必要です。フェンスはダメでも支柱を等間隔に立てることが許されるなら、そこにランブラー系の品種でも良いと思いますが誘引すれば垣根的にできると思います。モッコウバラは黄色のと白のがあります。黄色は香りが無いが花数は多い一方白は少し香りがあって、花数は少ないです。冬でも最近は温暖化のせいか葉を落とさないので垣根としては一番候補に浮かびました。ご参考になさってください。とげがあっても良いなら、葉が冬に落ちても良いなら候補はいっぱい上がってくると思います。支柱もダメとなると困りますね。

Rosaholic - 03/04/29 16:43:28

コメント:
takeさん、薬師の情報ありがとうございました。

さと ☆ - 03/04/28 23:23:33
電子メールアドレス:NBE01603@nifty.com

コメント:
Rosaholicさん、お久しぶりです。 この度とうとう家を建てることになりました。 緑地協定のあるところで、高木・高中木を○本以上という規定があります。フェンスや塀も禁止で、生垣が必須なのですが、この際(生垣も建築業者に頼むと高いですし)生垣をバラにしようかと思っています。ひとつの候補として台木として育てていたトゲナシノイバラを考えています。(おそらく伸びすぎるだろうことが難点)とげがなく、横張か這性のコンパクトな樹形など、生垣にお勧めのバラはありますか

さと ☆ - 03/04/28 23:19:00
電子メールアドレス:NBE01603

コメント:


こんにちは、 - 03/04/28 17:11:45

コメント:
薬師は清和肥料工業で、サンセイの薬師と言えば解かります、 〒336-0001    埼玉県さいたま市浦和区常盤9丁目6番9号  美徳ビル2F TEL: 048−824−5051 FAX: 048−831−6694 電話で、注文の時に、AAABBBと言えば 1対20kgがxxx円で、送料yyy円ですが、つくばだと送料が少し高くなるかも、知れませんよ、 なるべく、5対以上で、頼んでください、 農家を相手にしている肥料会社ですから、お願いします
青字は投稿者の申し出に基づく管理人による変更=現在の値段は問い合わせが必要です。また、個人名や法人名を許可無く使用することによる問題を招いたようでそこも伏せました。皆様ご注意ください。(管理人:Rosaholic)

Rosaholic - 03/04/28 06:18:25

コメント:
takeさん、こんにちは。去年の秋の大宮高島屋での日本ばら会関東支部展で工藤さんにお会いした時も薬師を勧めておられたのですが、私自身、問合せ先・購入できる所を知りません。というか、伺ったのに忘れた可能性もあります。ということで、takeさんご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

take - 03/04/25 20:53:44
ホームページアドレス:http://members.jcom.home.ne.jp/0715786801/

コメント:
こんばんは、 今年は、うどんこ病は平気ですね、 ダコニールとマネージは撒きましたけど、 寒肥の時に珪酸白土をいっぱい株の周りに撒いたので、 その効果があるみたいです、 サンセイの薬師は20kgでxxx円ですよ、 ミリオンだと20kgで5500円だから効果は ほとんど、変わらないと思いますが、 うどんこ病は、窒素が効き過ぎだとなりやすいから 薫炭も効いているのか? 去年は今の時期はもう、うどんこ病が出ていたのですが 今年は、去年ほど、気温が高くないので、平気です
青字は投稿者の申し出に基づく管理人による変更=現在の値段は問い合わせが必要です。

Rosaholic - 03/04/22 05:37:42

コメント:
takeさんのサイト、こちらからもリンクしたいと思いますが、作業がいつになることやら??
しばらくしたら、チェックしてみてください。

take - 03/04/20 19:16:45

コメント:
こんばんは、 Rosaholicさんのサイトをリンクに載せさていただきました

take - 03/04/20 19:11:34
ホームページアドレス:http://members.jcom.home.ne.jp/0715786801/

コメント:
こんばんは、 今日は、武蔵野バラ会の総会に行って来ました、 配布苗は、あまり、良い苗では、なかったです、 イングリシュローズの苗が1000円だったので、 2株買いました、イングリュガーデンとトラディスカントです、上手く育つか、心配ですが、1000円だったので 育ってば、ラッキーと思って、岡田先生の講義を聞きましたよ、

ねこにわ - 03/04/19 09:38:09

コメント:
>ねこにわさん、ご愁傷様です。  まだ死んでないで すっ!(汗) それにしてもゾウムシ、別名がクロケ シツブチョッキリって名前もふざけてて腹が立ちま す。「なーにがチョッキリだっ!」と睨みながらプ チっとつぶしたりします。性格悪くなりそー(^^;)  テレチャン、やっぱりあるんですね♪ やのりんさん も出場ですか!? でもなんで私のとこにはメールこな いのかしら?(爆)

Rosaholic - 03/04/18 05:34:31

コメント:
ねこにわさん、テッポウムシはやられたことがありません。シロスジカミキリは何度か捕殺していますが、ウチも卵産まれても分からないと思います。
今、クロケシツブチョッキリがカクテルに大量発生しています。これからマラソンを試そうと思っている所です。
さて、TVチャンピオンですが、私の方でも多分やのりんさんところの情報と同じのが来ています。5月中旬というのは多分ロケの日程だと思いますので、番組は6月中位でしょうかね?楽しみですね。

やのりん - 03/04/18 00:57:31

コメント:
ねこにわさん、ご愁傷様です。
テレビちゃんぽんの件、空耳じゃないですよ。大会は5月中旬みたいっす。僕のところに「只今、選手候補になって頂ける方を探しております」なんてメールが製作会社から来ました。Rosaholicさん、サザンさん、いかがです?

ねこにわ - 03/04/18 00:33:52

コメント:
連続投稿ですみません。テッポウムシと闘っているね こにわです。去年いたカミキリ、タマゴを私の大切な バラに産み付けてくれていたようです(T_T) いろん な害虫がでますが、テッポウムシはダメージ大です (バラも私も...) 株元におがくずを見つけたときは 血の気が引きました。成長もぜんぜんです。例年なら 他のバラに先がけて満開になるのに〜(涙) Rosaさ んはテッポウムシの被害受けたことありますか?  テッポウムシに比べたらゾウムシなんてかわいいもん だと思います。・・・でもやっぱり新芽や蕾を台無し にするゾウムシも憎たらしー!

ねこにわ - 03/04/18 00:19:45

コメント:
Rosaさん、こんばんわ〜。今日、見るともなしにTV チャンピオン見てたら番組の最後に「バラ通選手権」 またやるとかいってました〜♪ (^▽^) 見るの 楽しみだ♪ でも番組サイト見たらそんなことひとつ も書いてない...空耳? 今日やったネタの出場者募集 まだあるし、更新が遅いのかも...さすがテレ東♪ 余 談ですが、過去のチャンピオンが見れるんですね(^ ▽^)

Rosaholic - 03/04/16 05:03:12

コメント:
takeさん、こんにちは。
武蔵野バラ会の神大植物園展は、もろに西武ドームの日程と重なっていますよね、例年。もちろん神代植物園の方の会期を長くして対応されているようですが、特に重なっている期間の会員の方(当番の方)は大変あるいはつまらないのではないかとお察し致します。
逆に言うとtakeさんの入賞確率は高いってことでしょうか?

take - 03/04/15 09:57:33
ホームページアドレス:http://members.jcom.home.ne.jp/0715786801/
電子メールアドレス:take-hasagawa@jcom.home.ne.jp

コメント:
H.Pを見てくれて有り難うございます、 西武ドームのバラとガーデニングショウと神代植物園のバラ展と日本橋高島屋のバラ展がありますが、まず、神代植物園の武蔵野バラ会のバラのコンテストに出そうと思っています、今、武蔵野バラ会のコンテストに出す人があまりいません、時期が同じで、みんな、西武ドームに出しますから、花がなく、寂しいコンテストです

Rosaholic - 03/04/14 05:08:44

コメント:
takeさん、はじめまして。岡田さんには町田ばら会の「町田ばら作り教室(先生は五十嵐榮一氏)」でほぼ月一回お会いしています。武蔵野バラ会「ビッグチーフの」工藤さんには一度しかお会いしたことがありませんが、あと数人の方とは色々とご一緒させていただいたりしています。今後ともよろしくお願い致します。まだ貴サイトちゃんと見てないので、拝見させて頂いたら、そちらのゲストブックにでもお邪魔致します。

take - 03/04/13 20:45:18
ホームページアドレス:http://members.jcom.home.ne.jp/0715786801/
電子メールアドレス:take-hasagawa@jcom.home.ne.jp

コメント:
こんばんは、 私は去年から武蔵野バラ会に入りました 町田の岡田淳さんが先生で講義をしています、 冬の剪定講習会とか新苗の植え付けの講習で 町田は独自のバラ会があるそうですね、

Rosaholic - 03/04/10 04:52:40

コメント:
shuji5175さん、なるほど。伊丹ばら園からイタミ・ローズ・ガーデンに社名を変更したタイミングで経営が引き継がれた、ということなんでしょうね。色々有り難うございました。

shuji5175 - 03/04/09 20:55:02
電子メールアドレス:cfv39030@nyc.odn.ne.jp

コメント:
 イタミ情報の追加です。  寺西致知氏は伊丹では地元のローターリークラブの役員を務めるほどの名士だったようです。彼が戦前に自分の土地にバラ園を開業したのが、「伊丹ばら園」のはじまりでした。もっぱら世界各地の品種の収集に奔走してたそうです。戦後の一時期、日本ばら会から離脱し「新日本ばら会」を創設したそうですが後に日本ばら会の終身会員として復帰しています。昨年、寺西致知氏が92歳でなくなると、寺西菊雄氏がばら園を引き継ぎました。その前後に菊雄氏と実弟と二人の方が出資して有限会社イタミ・ローズ・ガーデン(代表・寺西菊雄)にして現在に至っています。  なお、敷地の一部を税金として物納することになったことを書き込みましたが、たぶん寺西致知氏の死去に伴う相続税ではないかと思います。 菊雄氏の弟さんいわく「うちはベンチャー企業です」と。

Rosaholic - 03/04/08 05:47:12

コメント:
shuji5175さんもご存じないのですね。でも、血縁関係はともかく、菊雄氏が前園主を引き継いだ形になっているのは私にとって知らなかった部分だったので、ありがたい情報でした。

shuji5175 - 03/04/06 22:56:22
電子メールアドレス:cfv39030@nyc.odn.ne.jp

コメント:
 寺西菊雄氏と寺西致知氏との関係ですが、親族です。具体的な血縁関係はわかりません。 致知氏がばら会関西支部長をしていた戦後間もないころ菊雄氏が家族ごとバラ園を継いだようです。 菊雄氏の弟さんが致知氏を「前の会長」とおっしゃっていたので、親族関係が具体的にどのようなものかはわかりません。いずれもプライベートなことなので、こちらからいろいろ聞くことはむずかしいですね。  最相葉月が鈴木省三を取材して「青いバラ」(小学館)にまとめたように、寺西氏を取材する人が現れればいいのですが。

Rosaholic - 03/04/06 06:45:45

コメント:
shuji5175さん、イタミのお話、興味深く拝見しました。で、もしご存知であれば寺西致知氏と菊雄氏との関係を教えてくださいませんでしょうか。この両名、有名なのですが、把握できてないものですから。菊雄氏は、交配で有名で、一方、故致知氏は何者?というのが私の疑問です。

shuji5175 - 03/04/06 01:59:17
電子メールアドレス:cfv39030@nyc.odn.ne.jp

コメント:
 連続投稿で大変心苦しいのですが、イタミ情報に誤りがありました。「大地真央」の作出者は寺西菊雄氏です。実は今まで同園で菊雄氏だと思っていた方は菊雄氏の実弟の方です。「この人が大地真央の作者です」と紹介された老紳士こそ寺西菊雄氏でした。もうひとつ訂正です。「マイ・レイコ」の名は菊雄夫人の名にちなみます。以上、お詫びして、訂正します。  作出者名についてですが、かつては「伊丹ばら園作」と表示していたそうですが、故寺西致知氏が作出者銘記を決めて現在にいたっています。  菊雄氏はもっぱら育種に専念し、弟さんが経営等を切り盛りしているようです。「(私の)兄貴だから、いえます が偏屈者ですよ。毎日バラばかり見ていて、職人といえばそれまでですが」。一度園内のトイレを利用したことがあります。育苗用のハウスを通りぬけると、寺西邸が右手に見える、前庭にも親木の鉢がずらりと並び、左手に仮設のトイレがあった。寺西家の私的なエリアですが、そこにも小さなビニールハウスがあり、育種はここで行われているという。「兄はバラと一緒に暮らしているんですよ。バラに何かあれば兄は家からとび出してきます」。弟さんそう答えていました。      

shuji5175 - 03/04/05 01:54:45

コメント:
 連続書き込みすみません。ドリーパートンは香りのバラです。オクラホマとドフト・ヴォルケを両親に持っているといいますから、香りの素晴らしさは推して知るべしかと思います。  ところで最近マザーズデイなどのポリアンサ系のばらが挿し木のポット鉢で「ミニバラ」として売られているのを見ましたが、これはかなり大きくなるのではないでしょうか。

shuji5175 - 03/04/05 01:42:57
電子メールアドレス:cfv39030@nyc.odn.ne.jp

コメント:
こんばんは。 イングリッシュローズ(シャリファ・アズマとイングリッシュ・ガーデン)の生育が思わしくないので、思い切って掘り出して見ました。すると白い細根がほとんどない状態でした。昨年9月ごろに植付け、3月ごろから少しずつ葉が展開し始めていたのですが。根が貧弱で生長が鈍っていたとは、がっかりです。アンブリッジ・ローズが狭いプラ鉢に強剪定で植えていたらシュートがたくさん出てきたので同じ方法で対処しました。大鉢(といっても8号)に植えたゴールデンセレブレーションも調べる必要がありそうです。 イングリット・バーグマンにも蕾を発見。HTのほうがつぼみが形成が早いような気がします。一方わが家のフロリバンダ(フリージアとラバーグルト)は、まだですね。

Rosaholic - 03/04/04 22:42:45

コメント:
shuji5175さん、羊のドリーはドリーパートン由来だったのですか。知りませんでした。ドリーパートンは、私の所の近くでは入手できないようですが、通販はチェックしてみるとコマツ、小倉あたりで扱っているのでしょうか?香りのばらですよね。花が咲いたら、香りの様子などまたお知らせくださいね。

shuji5175 - 03/04/04 01:33:07

コメント:
 こんばんは、最近わが家のバラたちも元気に育っています。赤紫の若葉がどんどん繁茂していっています。ただ、イングリッシュ・ローズの葉の展開は遅いですね。  ベランダは風はあたらないが日当たりは確保できるので成長が良いようです。ドリー・パートンに蕾を確認しました。第一号です。  ドリー・パートンはアメリカの女性カントリー歌手で、カントリー部門でグラミー賞を受賞しています。いわゆる「巨乳」の人として知られ、乳細胞から作られた最初のクローン羊「ドリー」の名は彼女に由来しています。  彼女は女優としてもいくつかの映画に出演。そのひとつに「テキサスの赤いバラ」というものがありますが、彼女の名の冠したバラも赤の大輪でした。

私のホームページへ | PowderRoomのページへ | メイン | 今すぐ登録