2002年5月のゲストブック

Rosaholic - 02/05/31 16:18:27
ホームページアドレス:http://nursery-garden.com/page002.html

コメント:
すねっちさん、はじめまして。ベイビーローズですか?Yahoo Japanで検索してみたら

ベイビーローズとは童仙房ナーセリ−&ガーデンが出荷するデンマークで生産されたミニチュアローズの総称です。

とのことですから、これが、すねっちさんのご質問のモノでしたら間違い無くバラです。デンマークと来ればポールセンですが、和名 山野草...となると別なモノの可能性もありますね。ヴェルサーチの香水の名前にもあるようです。

すねっち - 02/05/31 14:28:06
電子メールアドレス:CBL32863@nifty.com

コメント:
質問です ベイビーローズはバラ科ではないのでしょうか? 和名 山野草 らしいです。。 先日イランでバラ水 買ってきました。10mlくらいで 5ドル。。超安いわりにいい香りです (^ー^)

Rosaholic - 02/05/27 09:16:36

コメント:
paddyさん、はじめまして。クイーンエリザベスが一押しです。

paddy - 02/05/26 22:52:16

コメント:
初めてバラを育ててみようと思っています。  初心者でも育てやすい種類を教えてください。  ちなみに好きな色は、白とピンクです。

paddy - 02/05/26 22:49:05
電子メールアドレス:kyd03140@ybb.ne.jp

コメント:
 こんばんは。  はじめまして。  これから、初めてバラにチャレンジしようと 思っています。  初心者でも育てやすい種類を是非教えてください。  ちなみに、好きな色は白とピンクです。

Rosaholic - 02/05/20 09:48:26

コメント:
かずさん、日曜日に行かれたようで、土曜日が雨だったせもあって、さぞ混雑していたのでしょうね。金曜日でさえも、確実園とか京成バラ園芸とかで苗をかかえてレジを待つ行列ができていたほどでしたから。
高木絢子さん、石井強さんとNHKの趣味の園芸の人が撮影してたので、ライトの当たっている後ろをウロウロしてみたのですが、昨日の放送を見る限り、残念ながら写っていませんでした。

かず - 02/05/19 19:28:32

コメント:
今日、19日に西武どうむ、行ってきました。やっぱり、今年も人が多くてゆっくりバラを見てられませんね。なんか、くたびれたバラが多くて・・・・グレイスなんて酷い状態でした。  売店では五色姫バラがありましたね。 本当にニームは高かったですね。結局、バラは買わず、バイオゴールドを買って帰りました。

Rosaholic - 02/05/18 06:57:48

コメント:
かずさん、ニームオイル1Lで1万円と聞き、止めました。バラガの様子は、日記に書きました。土曜日は正解かも。雨上がりの日曜日は行っても人の陰で見たいものが見られない恐れ大です。昨日でもコンテストのコーナでは、通路になっておりますので立ち止まらないで下さいと会場係のバイトの人はいつも叫んでいました。

かず - 02/05/16 23:27:29

コメント:
ロサさんこんばんは。    帰りは、結構空いてましたよ。でも、疲れてしまった。 明日は、バラガですね。僕たちは、多分、土曜日に行きます。あおばら、香りのバラなど楽しみです。あとお土産。 ニームオイルなども売っていたらしいのでそれも目当てです。

Rosaholic - 02/05/16 13:20:31

コメント:
亜沙美の父さん、雨の予報は気が滅入りますね。ウチにはステファニー・ド・モナコありますが、中心があんなに白くはなりません。エスメラルダは持ってないですが実物は何度も見ています。同じく中心が白いということはありません。私の中ではアレはシークレットで決まり!

明日から西武ドームで第4回国際バラとガーデニングショーですね。例年通り明日、休暇を取って行きます。

亜沙美の父 - 02/05/16 10:51:31
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/4169/index.html
電子メールアドレス:asaminochichi@yahoo.co.jp

コメント:
Rosaholicさん、教えていただいたサイト見ました。うーん、微妙です。もう少し観察を続けてみます。 我が家では、楽しみにしていた安曇野、ローラアシュレイ、モーツァルトが咲き始めたのですが、週末まで雨のようで残念です・・・

Rosaholic - 02/05/16 09:43:14

コメント:
去年との比較において差が出ている要因は、米糠を大幅に増やしたことだけではなく、尿素の葉面散布も考慮すべきだと思います。という前提と、今年は3-4月が異常に暖かかったことも影響しているはずですが、非常に早い時期からベイサルシュートが伸びています。例年3月下旬とかに出てきてベイサルシュートかと期待させておいて実は出開きだったというパターンは今年は逆に少なかったです。そういう株では既にシュートピンチは1回終えました。また、そんなに早くなくてもこれまでにベイサルシュートが出た株は多くて、嬉しい限りです。
以上、米糠+尿素+温暖気候の効果だと思っていますが、米糠だけの効果ではどのくらいかは分離できません。はっきりしていると思っているのは、尿素の効果です。葉の大きさと濃さが際立って違うと思います。極端に言うと、みんな葉っぱがロイヤルハイネスになったみたいに黒々して大きくなっています。特にコロラマの葉の大きさは異常とも思える程大きいのがあります。尿素の効果と信じていましたが、これも米糠の効果なのでしょうか?さて、結局、葉面散布の効果と分離できないので、私は「米糠+尿素」をしばらく継続してみます。

サザン - 02/05/16 08:16:50

コメント:
おはようございます♪ ロサさん、米糠を早い時期から与えた件ですが、結果はまだわかりませんか? 私のほうも半分以上開花したタイミングでその株群にだけ米糠&ボカシを少々加えて与えています。 ただ一斉に与えるものより面倒なのでまだ与えていないものもたくさんありますが。

Rosaholic - 02/05/15 13:20:44
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/6560/kirokuindex.html

コメント:
亜沙美の父さん、こんにちは。謎の芽がタカネイバラだと良いですね。すみません、差し上げておきながら、自分ではタカネイバラのタネは蒔いたことがなく、発芽率などが分かっていないというお粗末な状況です。jyakey2000さんのサイトですがハマナシの発芽から育っていく様子が紹介されています。フレームの日付の上の方からクリックして見て行って下さい。ご参考まで。

亜沙美の父 - 02/05/15 11:36:03
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/4169/index.html
電子メールアドレス:asaminochichi@yahoo.co.jp

コメント:
Rosaholicさん、やのりんさんの掲示板ではありがとうございました。アルテス75は考えていませんでした。 以前カウプレでいただいた、タカネイバラの実を蒔いておいたポリポット、しばらく前から芽が出てきています。ただ、バラの発芽を見たことがないので、これがタカネイバラの芽なのか、他の雑草なのかの区別がつきません・・・どこか、写真の載っているサイトをご存知ないでしょうか?

Rosaholic - 02/05/14 08:28:28

コメント:
サザンさん、もどきの全体散布はフラストレーションが溜まらないので良いですね。普通の殺菌剤や殺虫剤を花にかからないように散布するのは気分的に良くないです。どうしても霧状のは漂ってかかってしまいますので。
栽培日記の方を拝見してきました。見たことあるような無いような??分かりません。サビ病を疑っておられるようですね。大川先生の本「バラの生産技術と流通」(ついに買ってしまいました)によると、ボツボツは「夏胞子世代は赤味がかったオレンジ色の突起」と書かれていますので、サザンさんの言われる「黄色」と同じ物かどうか私には分かりません。もしさび病でしたらマンネブダイセンM、ジマンダイセン、バイレトンなどが効くようです。
あと、ニームに関しても興味を持ちつつ様子伺いをしています。薬害系が良く分からず、自分で試す所まで来ていませんが、先日、ニームの粉を分けていただいたので、鉢土に撒いた時に何か効果が見られるかどうか一部の鉢で始めました。でも、何が効果として出るか見極めにくいかも知れないなと思っています。単なる害虫の忌避効果なら判別が難しいと思うので。

サザン - 02/05/13 18:27:44

コメント:
ロサさん、こんばんは♪  オープンガーデンを催されているようで、近くならばお邪魔したいです! 我が家でも昨日、オープンガーデンらしきことをやりました(^^ゞ  「もどき」も散布されているようですね! 限界がありますが(多少ボトが発生します)、散布しないよりはずっと結果が良いのではと感じています。 ところで最近我が家で発生した病気の写真を載せました。 病名をご存知ないですか!?ここです→http://www.ttn.ne.jp/~tys-s/saibaikan1.htm

Rosaholic - 02/05/13 09:52:02

コメント:
かずさん、昨日はわざわざお出かけいただきありがとうございました。帰り道、渋滞はひどかったのではないかと心配していました。
いかに「手抜き」するかは大事な課題だと思います。今シーズンは、窒素の与え方について、尿素の葉面散布を試しています。著しい効果が見えています。葉の大きさと色がはっきり違います。燐酸とカリ補給も葉面散布剤の良いのがないか探している所です。これがうまくいくと、定期薬剤散布の時に必要栄養を随分補給でき、手で色んな物をぱらぱら撒いて行く手間が省けると大助かりなのです。

kazu - 02/05/13 08:47:07

コメント:
昨日は、ありがとうございました。バラは丁度見頃だったようで大変美しかったです。短い時間でしたが楽しく有意義な時間を持てました。最近、増えるバラに管理が追いつかないと悩んでいましたが、単身赴任でもあれだけ見事に咲かせられるので工夫の仕方では、まだまだ、「手抜き」できるんじゃないか?と考えています。硫酸マグネシウム早速今朝撒いてみました。あと、水遣り用の液肥混入器にも入れておくつもりです。

Rosaholic - 02/05/09 08:30:05

コメント:
かずさん、こんにちは。ウドン粉病は、去年よりひどい気がしています。去年は、定期散布の開始が遅かったので反省として今年は早目から始めたのですが、このありさまです。一番大きな問題は、発見がタイムリーでないことにあると思っています。平日株を見られないので、土日だけの見回りでは、見落とす確立が高いです。病気にしても虫にしてもそうだと思いますが、今年いっぱいはどうしようもありません。今週末は、部分散布になるか、全面散布になるかは分かりませんが、もどきを散布してみます。雨での痛みは止むなしとしているので、薬剤のシミが汚く出るという状況のみ避けられれば結構使えると思います。と言っても、あまりにひどい蔓延状態だったら、薬剤散布しますので、状況を見てからになります。

かず - 02/05/08 15:50:32

コメント:
ロサさん、バラは順調そうですね。ブルームーンは47個咲き終わったのですか?うちのブルームーン(木)は蕾10個ぐらかな?うらやましいです。  今年は、出だしから「うどんこ」まみれで、途中持ち直したかと思いましたが、最近また蔓延させてしまいました。去年は罹らなかった、パパメイアンやブルームーンまでもうどん粉がでてます。いろいろ原因はあるのですが、やっぱり冬の消毒と若い木が多いことが主因かな?  バラゾウムシは、フェリシテペルペチュなど小花の蕾に出ています。高いところの蕾もやられているので、来年のことを考えてニームオイルを導入しようかと思ってます。あと、小さな青虫の食害もあります。殺虫剤をまいてないのである程度は仕方ないと思ってます。

Rosaholic - 02/05/07 13:03:17

コメント:
かずさんは、京成バラ園へ行かれたのですか。まだ2分咲きですか?ウチの方は、品種にもよりますが、そろそろピークを迎える頃になりました。きのうもつるブルームーンの花がらを42個切りました。早かったカクテルやアルティッシモもそろそろ散り始めています。虫ですが、今年はクロケシツブチョッキリの数がとても少ないです。捕獲したのはこれまでに、無農薬2Fベランダ地区の野茨付近で2匹のみです。定期散布している庭では、虫の被害は未だ出ていません。ウドン粉病は品種によりかかっています。殺菌剤のみの部分散布で今月は行けると良いなと思っています。

かず - 02/05/07 12:36:55

コメント:
ロサさん、こんにちは。子供の日に、京成バラ園に行ってきました。アンクルウォルターなどのツルバラや一部のオールド・ローズ、HTも少し咲いてました。園の話では2分咲きだそうです。ここで、ドクトル・ジャーメイン(咲いていた)、バーネット・ダブルホワイト(蕾)、ダチェス・ドゥ・ブラバン(1−2厘咲き始めたところ)などの実物を見てきました。   よもぎ酢の効果か、気温が下がったからか虫の活動が一時期よりおとなしくなってます。ではまた。

私のホームページへ | PowderRoomのページへ | メイン | 今すぐ登録