2001年6月のゲストブックです。

かず - 01/06/30 23:19:24

コメント:
海外のサイトを捜してみたら・・・   http://www.dripirrigation.com/cgi-bin/SoftCart.exe/dripstor/prodpages/fert/a051.htm?L+drip1+ygek4109+993909984  がありました。これによると、100倍、500倍、2000倍、4000倍の溶液が出来ます。上記のURLで直接行けない場合は、YAHOOから drip irrigation Fertilizer Applicators をキーワードにして捜してください。さて、よく読んでみないと。

かず - 01/06/30 22:11:14

コメント:
こんばんは。確かに、東京の(ぼくも東京です)夏の暑さは薔薇達にとって過酷な環境ですね。鉢は屋上に置いてあるので一日中日が当たり夏は、寒冷さで保護してやらないといけません。でも、すべての鉢を保護してやることもできないので、頭が痛いです。    ゆうたさん>はじめまして。ぼくも自動水遣りですが、その点を考慮して、肥料やオルトランは、点滴のそばに置くようにしてます。まだ鉢が多くないので、周一回は手動水遣りしてますので大丈夫。   サザンさん>自動水遣りで液肥も自動で遣りたいですよね。ぼくも、いろいろ考えているのですが。その際の問題として、普通液肥は1000倍を週1回とかですよね?1000倍の液肥が作れたとして、週1回というのは水遣りとは、別のタイマーを使わないと無理ですよね。それとも薔薇の水耕栽培のように毎回水遣りと同時に液肥を混ぜるとしたらそのときの濃度はどのくらいでしょうか?アイリスオオヤマからホースガンの部分にペットボトル容器に入った液肥をつけると500倍に薄めて散布できる製品が出たのを知ってますか?ああ言うのをホースに取りつければ、薄めた液肥が簡単に出来るんですけどね。多分、海外の園芸ショップを捜すといいものが見つかるかも知れませんね。

サザン - 01/06/29 21:41:33

コメント:
こんばんは♪ ピカコーのレポ−ト 楽しみにしています。 薬害の有無、葉っぱへの美観上の影響なども よろしければお願いいたしますM(__)M 「もどき」も試されたんですね! 私は初めて試したんです。 劇的な効果はないですが うどんこの弱いところには効果が見られるようです。 ひどいところは指先で洗い流すようにこすりとると 効果があるようです。面倒ですが・・・ >かずさんは はじめましてでしたか どうぞよろしく! >ゆうたさんは なかなかいろんな情報をお持ちですね!(笑) 私も自動水遣り器を買ってまだとりつけ途中なんですが、、 肥料の点をどのようにするか考えていたんですよ。(笑) どうせ自動化するならば液肥を自動化でやるようにするか とも考えています。 100リットルの大きいタンクが売っているんです。 しかしポンプがいるし・・・ 投資が大きくなるかな? とも・・・

Rosaholic - 01/06/29 14:29:16

コメント:
ゆうたさん、あり得る話ですね。実は思い当たる事があります。それは、軒下のばら達です。雨が直接土に当たらないので、IB化成がいつまでも溶けずに残ってます。他の鉢のは既に溶けてなくなっています。私は、今のペースですと週一で液肥をあげていますが、晴天続きになると置き肥は、からからで効果無しになってしまいますね。できる限りレバートルフぼかしのような物をノズルの先に置くようにしてみたりもしましたが、全部の鉢でそれができている訳でもありません。これからは土日の2回は如雨露で潅水できるとも思いますが、肥料切れにならないように対策を考えてみます。貴重なご指摘ありがとうございました。「おふさ観音」これから見にいってみます。

Rosaholic - 01/06/29 14:18:23

コメント:
かずさん、ERの耐暑性がHTと比べてどうかというよりも、皆んなつらそうです。まだ株も古くないし、品種本来の特性が出てるのかどうかもまだ分かりませんが、それも含めて品種の差っていうのはありそうですよね。多かれ少なかれ、猛暑が来ると、かわいそうなくらい花が小さかったり、花びらの数が減ったり、色が薄くなったり、そもそも咲かなくなったりと、病気や害虫よりも強敵ですね。鉢植えは水が持たないので困ります。

ゆうた - 01/06/29 13:51:17

コメント:
こんにちは、お久しぶりです。 今まですっかり忘れていたんですが、自動潅水の欠点というか、失敗談が「おふさ観音」にあったんですが、御覧になりましたか?なんでも、点滴方式の潅水のため置き肥に水がかからず、晴天続きの昨年は肥料切れになってしまったそうです。余計なお世話かもしれませんが、今年は昨年とは違う環境ですので、とりあえずご注意下さい。

かず - 01/06/29 12:27:48
電子メールアドレス:kazs@jcom.home.ne.jp

コメント:
Rosaholicさん、もちろん誉め言葉ですよ>「花咲じいさん」。じいさんは不味かったですか?御気を悪くしたら謝ります。 急な暑さで、調子の悪い子が出て来ました。日陰に移して養生させてます。少し回復してきたかな?ERの日本の暑さに対する抵抗力はどんなものでしょうか?HTとかと違いはありますか?やっぱ品種の差が大きいんでしょうね。 サザンさん、はじめまして、これからお知り合いになれれば嬉しいです。

Rosaholic - 01/06/28 22:11:43

コメント:
サザンさん、はじめまして。やのりんさんやyukichanのBBS等では良くお見かけしていました。ピカコーは20kg入りが最小単位なのでこれまで手が出せずにいました。予防的な殺菌剤と同等の効果をクチクラ層の保護で出せるとか、害虫にとっては気門に作用して窒息死、とかが20倍程度の高濃度では保障されるようなので、まず、後者の観点から、ハダニの付いたロサカニナと黒いアブラムシの群がったネギで試してみました。私が直接観察したのは1日後でしたが、もともと動きの遅いアブラムシなので死んだけどピカコーのねばねばでくっついているのか効かなかったのかは判定できなかったのですが、さっき実家に電話したところ、ネギのアブラムシが激減したとのこと。これはメーカーのうたい文句通り!ということで、ロサカニナのハダニの様子がとても楽しみです。あさっての朝には確認して、効果の程を報告したいと思います。庭のばらには80倍で散布したので、即効性は確認できないかも知れません。少なくとも、ピカコーを混ぜることで殺菌剤、殺虫剤の規定濃度の1.5倍にでも落として同等の効果が得られるのであれば、これはぜひもっと減農薬できるかも知れないという判断ができると思いますので今、最も期待をかけています。今。実家の庭の方は平日は面倒見れないので仕方ないのですが、平日はベランダ@つくばのばらでGAMIさんの酸性水もどきVer.2を試すのを始めたところです。残効性が無いのがつらいですが、治療用ならうまくローテーションに組み入れて使えるかも知れないと思って試しにやっています。こちらもなんらかの結果が分かればお知らせしたいと思っています。

サザン - 01/06/28 21:27:01
ホームページアドレス:http://www.ttn.ne.jp/~tys-s/

コメント:
はじめまして!よく拝見させていただいています。 また、以前「とらべらー」という名前で書き込みさせていただいたことがありますが。 栽培日記のピカコーに飛び出てきました。 以前から関心があったんです。 使用されたんですよね? まだ評価はでないですか? どうなんだろう?と気持ちが急ぐんです! ぜひ、詳細を栽培日記に記してください! >かずさんは 私の知り合いの方ではないですか? 違っていたら「ごめんなさい」

Rosaholic - 01/06/28 07:59:02

コメント:
かずさん、お褒めいただき?ありがとうございます。
剪定は、スピード剪定術を会得していますので心配ないのですが、問題は鉢の土替え(植え替え)です。この冬は間に合いませんでした。植え替えしなかった状態のまま、様子を見るつもりでいますが、今年は11月位から冬の作業を始めようかなどと思っています。

かず - 01/06/27 23:52:06

コメント:
こんばんは。凄いですね!絶句。お名前の通り、バラキチガイですね!あなたはバラの花咲爺さんです。それだけあると、普通の栽培方法では、手が回らないでしょう?いろいろ工夫していないと冬の剪定とか間に合わないでしょうね。がんばってくださいね。ぼくも、庭と鉢で40ぐらい育ててますが、少しでも楽に栽培できないかと考えてます。そういう工夫も楽しいのですがね。

Rosaholic - 01/06/27 12:55:40

コメント:
かずさん、不繊布ですか。なるほど、でも肥料を撒いたり置き肥する時には外して、また被せるのでしょうかね。かなり面倒そうですね。鉢の数にもよるのでしょうけど、私の場合無理です。歩いて入っていけない(ほど枝が茂ってしまった)所にある鉢は、冬の剪定時までたどり着けないので、ちなみにこういうのは全てつるばらなのですが、レバートルフぼかしなどの投げやすい物ならまだしも、草木灰でも投げて与えていますので、まるで花咲かじいさんの気分です。油粕などもふわーっと上空散布のようです。もちろん株元を狙うのですが。かろうじて如雨露の先からでる水は鉢内に届きます、そういう栽培環境なので、中耕なども不可能です。そういう鉢が数個あると、もろくも完璧主義は崩れ去るので、後のどの鉢にも中耕はやっていません。やっているのは一部の鉢に住むフトミミズと、時々立て変える支柱の抜き差しくらいなものです。

かず - 01/06/26 23:28:47

コメント:
こんばんは。 ティッシュでマルチはちょっと、難しいですね。耐久性ないし。不繊布なんていいかもしれませんね。その園芸家のフェルトは不繊布だったんでは? 畑作で冬季には、保温用に不繊布マルチするようですよ。 結構いいアイデアかも知れませんね不繊布マルチ。

Rosaholic - 01/06/26 07:58:51

コメント:
かずさんの意見に賛成です。ティッシュペーパーでマルティングすると良いのでしょうが、見た目とか、飛散とかの別の問題もありそうですね。ピートモスも一旦乾くとカチカチになって水を弾くようなので、この辺の様子も実験結果を教えていただければと思います。ある有名ばら栽培家の方は、マルティングの代わりと思われる緑色のフェルトの様な布?を株の周りにひいていました。その方は自動水やりではないのですが、鉢栽培という点で示唆するものがあると思います。←どうしてそういうもの(物が何なのかも聞き忘れました)を何のために使うのか聞いておけば良かったと後悔しています。

かず - 01/06/26 06:01:46

コメント:
おはようございます。 点滴では半径5−6cmしか水が行き渡らないと言う感じですよね。うちは、薔薇だけでなく、ゆずやブルーベリーとかもあるのですが、鉢によって浸透する面積が違うようなのです。鉢によってということは、用土によってということだと思います。たとえば、ティッシュペーパーは水を良く吸いますよね。ティッシュのように、吸水性のよい用土にしてやれば、点滴の水は鉢ないに満遍なく行き渡るのではないでしょうか?そのためには、ピート多めの用土がいいのかな?と考えてます。実験のため、赤玉2、ピート2、牛糞2、バーミキュライト1、パーライト1の用土を作ってみましたが、今のとこ水の浸透はいいようです。これで、成長を見てみようと思ってます。

koko - 01/06/26 03:13:01
ホームページアドレス:http://mycanadanet.com/overtherainbow
電子メールアドレス:rainbow@mycanadanet.com

コメント:
ありがとうございました。 これでホットしました。ドンドンのびてくるシュートをフェンスにくくりつけては、あー、いつつぼみがつくんかなーとため息をついていたところでした。母なんて『きってしまったら?』なんて言いだすし。。。。。これで来年の楽しみがまたできました。これかっらもときどき顔をだしますね。

Rosaholic - 01/06/25 18:02:10

コメント:
kokoさん、やっぱりちゃんと聞いてから答えた方が良かったですね。品種名わかりますか?つるばらと言っても色々ありますからねえ。四季咲き性が強い品種は、シュートの先に花を咲かせるようですが、そうでないつるばらは今の時期から晩秋まで、花のことなど忘れているかのように生育に集中してビュンビュンとシュートを伸ばすと思います。大きくしたいということですから、風でせっかくのシュートがポキっと折れないように、どこでもいいですから支える工夫をされると良いと思います。支柱では手に負えないくらい伸びるときには、紐でもロープでも針金でも何でも使って、なにか構造物にしばりつけるなどをして、ブンブン揺れるのを防がないと大変です。ばら園に行かれるチャンスがあったら、シュートを束ねてくくりつけてる様子など見られると思いますので、参考にされると良いと思います。プロの技を盗むという訳です。枝の伸び具合に合わせてそれぞれの品種で対応が違うかも知れませんので、勉強になります。シュートは来年春には花芽がいっきに出て来る大事な枝になりますから、剪定してしまうと伸びが悪くなる分、来春の花の数も少なくなってしまって、もったいないです。
あと、株がある程度充実しないと花が咲かない品種もあるので、3年目くらいでやっと「おおっ」という数の花が咲くようになるのもあります。こういう品種は、基本的に剪定しない方が良いみたいです。

koko - 01/06/25 15:36:46
ホームページアドレス:http://mycanadanet.com/overtherainbow
電子メールアドレス:rainbow@mycanadanet.com

コメント:
凄-い早いお返事有難うございました。 大切な事かいていなかったんですが そのばらはつるばらなんです。 もちろん大きく、したいでーす。

Rosaholic - 01/06/25 09:34:30

コメント:
KOKOさん、はじめまして。ハイブリッドティーの場合には、蕾が付く前にピンチして繋ぐのがシュートの育て方の基本という風に書物には出ています。シュートの先の蕾も花の途切れた時期だったりすると咲かせたい気持ちになりますので、咲かせてしまうパターンもあるようです。どちらを選択すべきかは目的によって変えればよいのでは、と思います。主幹が花付き悪くなってきていて枝を更新させたいなら、花は咲かさないで、ピンチでつないで8月末から9月初め頃の剪定に持ちこめばうまくいくでしょうし、花を数多く楽しむためなら、あまりシュートピンチにこだわる必要もないでしょう。ただし、KOKOさんの場合のようにシュートが伸びているのに花がつかないのは、ハイブリッドティーだと思って買ったのだが、実はつるばらだった、とか、背が高くなる品種でぐんぐん伸びているだけ、という可能性もあります。シュートのピンチは背を高くしたくないためにやるのも有効ですから、ご自分のばらをどういう風にしたいのかで変わってくると思います。回答が的を得ていない恐れがありますので、品種名と、「どうしたい」をお知らせくだされば、良い方法をお知らせできるかも知れません。

Rosaholic - 01/06/25 09:34:13

コメント:
かずさん、はじめまして。難しい選択かも知れないですね。理想は、根のある所全体に水が行き渡ることですが、現実には、「水路」になった部分を水は通って、それから徐々に広がるのだと考えられます。1回にいっぱい与えなさい、というのは、なるべく多くの部分に水を染み渡らせるためだと理解できますし、点滴で徐々にというのも、どーっと水路のみを通さずにじわじわ水を染み渡らせるのに効果的だと思います。ただし、点滴ノズルから出る水の勢いでは鉢の場合ですが、ノズルの半径5,6cm分位しか水が行き渡ってないような状態だと思います小さい鉢の場合は鉢土の表面が水で覆われてから染み込んでいく感じになるのですが、大きい鉢では無理ですね。自動水やりの場合、一番気になっている点です。時間が許すなら、「如雨露で時間をかけてたっぷりと」あげたいものです。

KOKO - 01/06/25 03:30:31
ホームページアドレス:http://mycanadanet.com/overtherainbow
電子メールアドレス:rainbow@mycanadanet.com

コメント:
質問いいですか? ばらの新しいシュートが一杯でてきているんですが、蕾が全然ついていません。思い切ってシュートを剪定したほうがいいのでしょうか?教えて下さい。

かず - 01/06/22 17:33:27
電子メールアドレス:kazs@jcom.home.ne.jp

コメント:
はじめまして、かずと申します。 ぼくも、薔薇を地植えと鉢で育ててます。典型的な週末ガーデナーなので、水遣りは自動タイマー(ノンブランド?)です。ナショナルは使ったことがないですが、このタイマーと手動の潅水キットを使って自動潅水をしています。水遣りは、一遍にやるより、点滴みたいに時間をかけてやったほうがいいかもしれないという意見の方もいますが、どうお考えですか?ぼくは、面白いので独自に実験してみようかな?と思ってます。

Rosaholic - 01/06/22 08:02:18

コメント:
ねこにわさん、捕獲できて良かったですね。
まず、許しがたいのは幼虫です。カミキリムシの幼虫はテッポウムシとして恐れられています。被害を受けると枯れてしまうことも多いらしいです。コガネムシの親は花びらを食べたりもしますが、幼虫は根を食べますので、いっぱいタマゴを生まれると困ります。根がやられると生育が極端に悪くなります。
ようちゅうにようちゅうい、というオヤジギャグで締めておきましょう。

ねこにわ - 01/06/22 00:29:59

コメント:
無事捕獲しました!(=^_^=)v 朝、昨日と同じ枝に しょーこりもなくいたので、ポストからとりたての新 聞を広げて、ちょいちょいとつついて落とし、む ぎゅっと踏みつけの刑でした(汗) とりあえず ホッ。 お子様の気持ちもわかりますね〜。 親とし いぇは悩むところでしょうね(笑) 最近動物を虐待 するいやな事件が続き、激怒していますが、自分の やってることは...?(汗) ほんと勝手なものです。  でもあの手の事件はほんとにムナクソ悪い! もっと 強いものに向かって行けってんだ〜! さて、カミキ リムシやコガネムシですが、あやつらはバラにどんな 悪さをするんですか? よく分かってないやつ...。  カミキリの幼虫が幹を食い荒らすっていうのは知って るんですけどね。 それだけは避けたいものです。

Rosaholic - 01/06/21 21:58:58

コメント:
↓Yahooの掲示板を見ないでコメントしました。
もう遅いかも知れませんが、つるばらには補虫網が
とても役に立ちます。手が届く高さなら、体長半分の所で剪定の刑、という荒業もありますが、さすがに甲虫相手では荒業もダメそうですので、やはり正統技の補虫網でしょうかね。

Rosaholic - 01/06/21 11:37:41

コメント:
ねこにわさん、皮手袋で捕獲というのはいかがでしょうか。ウチでは、その他に子供の補虫網で取ったりして、子供の虫かごの中で餓死させようとする親のもくろみに反して子供達は切り取った花がらを捕獲した甲虫達(コガネムシも含む)にエサとして与えています。まあ時間の問題だから良しとしていますが、問題なのは、可哀想だから逃がしてやりたくなったりすることです。子供の情操教育とばらの被害とのハザマで悩みます。
その時は逃がして、後で捕殺。コレしかないでしょうね。子供は花がらと一緒になったゴミの中身には興味を示しません。

ねこにわ - 01/06/20 22:51:47

コメント:
Rosaさん、ありがとうございました〜。 またコルデ スでしたか。 コルデスのページ、見てみます。 ほ んと、なかなか打ち止めにならなくて困ったものです (爆)  今日ゴマダラカミキリを発見したものの、 捕まえられずドキドキしています....どうしよう〜〜 (;>_<;)

Rosaholic - 01/06/20 08:01:39

コメント:
ねこにわさん、なかなか打ち止めになりませんね。
さて、クイーンマザーですが、コルデスの平咲きパールピンクのフロリバンダですね。京成のカタログには載っています。

ねこにわ - 01/06/20 01:28:52
電子メールアドレス:nekoniwa@moon.co.jp

コメント:
こんばんわ。今日ボロスーパーで、廃棄処分間近の大 苗を買いました。 クイーンマザーという名のフロリ バンダです。 健気に咲いてた花があんまりかわい かったので...。 京成のタグがついてたのですが、 ネットで検索してもあまりひっかかりません。 うち の本にものってなかったし。 去年イギリスのクイー ンマザーが100才になられたらしいから、その記念に名 前ついたのかな? 何かご存じだったら教えてくださ 〜い♪

yukichan - 01/06/18 20:33:24

コメント:
黒点対策アドバイスありがとうございます、コス。 土曜日 サプロールを まいたので早速明日 もう一度撒き集中方法をためしてみます、コス。 下葉は ちゃんと集めて破棄してますし 一応マルチングとして ピートモスもカバーはとしていますがひどいです とにかくいまは 新しく出た シュート等の被害を食い止めたいと思っています

Rosaholic - 01/06/18 09:29:54

コメント:
yukichan大正解でーす。さて、そちらではもう黒点病が出てるんですか?私の所では、今の所防除散布がうまくいっているのかほとんど出ていません。見つけたらちぎり取る対応で十分です。さて、サプロールですが、黒点病治療薬ですが、これを予防用に使い続けると効果が落ちる恐れがあると思いますので、出てしまったーという時に3日おきに集中3回とかっていう使い方が良いと思います。普段の予防散布にはダコニールなど別の予防剤を。サプロール集中散布で効かなくなったら、同じEBI剤だとラリーがお勧めです。ラリーには水和剤もありますので殺虫剤などの乳剤と混ぜて使う時に有機溶剤の濃度が高くならなくて便利です。

yukichan - 01/06/15 21:42:25

コメント:
rosaholicさーーん
その節は おさがわせをつくるもととなり ごめんなさーーい ナンとか沈静化したようで…

扉の薔薇 すぐ と いうか じっと見てて
わかりました まずピンクの子に目がいき ん これって
ルイーズちゃんって 思ったら その後 めっちゃ
特徴的な おみこし はっぴが似合いそうな子がいて…
それで ここの図鑑で ルイーズちゃんをみて 黄色の子も知りました ふむふむ 納得
すてきですね 3競演 とっても 華やか

黒点でまくりで サプロールの撒き方がわるいのかなぁ あーー がっかり でも こう雨続きだと いつまきゃいいのです


Rosaholic - 01/06/14 10:25:21

コメント:
natunoさんの言われた内容を機会に、自分の考えをまとめてみました。

「農薬を撒くのは悪いこと」と自覚はしていても止めるわけにはいかない。この状態は、ばらに薬剤散布は当然だと思っていた始めの頃から少しずつニュアンが変わってきました。まず、一番始めはやはり必用悪だと思っていました。言い訳を色々考えて自分で納得していました。でも言い訳をいくら並べても悪いことを正当化することはできません。例えば近所のワカモノは毎朝エンジンのアイドリングを30分位やっていて彼の方が環境影響度は高いのだと主張しても、関係ないじゃん...ということです。
GAMIさんのサイトを訪れた際に、自分が悪だと思いながら使っていた薬品の毒性や性質について如何に無知だったかということを思い知らされました。そして、今使っている薬剤がどの程度危険なのか毒性があるのかということも知らないで「農薬=悪」という思考はいかに一元的であったかと気付きました。だから、同時に「無農薬=善」にも疑問を抱くようになりました。ここで言う悪の定義は環境への負荷と考えれば良いと思いますが、善(容認できるレベル)から悪(容認できないレベル)まで段階と内容の違いがあるはずだということに気付きました。
一気に善のレベルに移行できれば良いですが、それよりもまず自分が今どのレベルにあるのかを知る所から始めないと、いかに善に近づくようにすべきかという指針も計画も立たないですから。また、その過程を通して何が善で何が悪なのかをもう一度自分の尺度で定義し直すこともできるようになるはずだし、実感として、この定義は自分の中で変化してきました。
少しずつですが知識と経験を増やすことで、やれることがだんだんはっきり見えてきつつある、というのが現状です。特に知識は割に早く吸収することができますから、調査などで随分多くのことが分かりました。「無農薬=善」を否定する大きな理由は「農薬でない代替品」を使って農薬と同等の効果を期待する時に、代替品が天然物であっても、化学工業的に製造された化学物質で農薬の成分とおなじモノ・濃度を含めば、無農薬という定義自体が崩れていきます。中身が分からないで使う代替品は、効能を知らずに使う薬品と同じ位、キケンで無神経だということに気付かず、むしろ「天然物だから安心」と信じてしまうと、今後より安全な方向へ行こうという路線を閉ざしかねないと思います。「農薬=悪」というのも否定される事例が増えているし、人体への影響も小さくなっています。
どの程度危ない薬品を散布しているのか自覚した上で、更に安全性の高い選択比の高い薬剤の開発を望みつつ(農薬メーカーの努力に期待しています)、なるべく環境ホルモンの恐れがある薬剤等を代替していくとか、できない場合には使用頻度を落として行くとか、できることはあるはずです。

今、農薬がらみで最も気にしているのは土壌残留性とそれによる土壌中微生物への影響です。まだまだ不勉強です。分からないことだらけですが、時に感情的になってしまうと、ゴキブリにかけてるスプレーとウドン粉予防に使っている農薬とどっちがキケンだと言うつもり?と開き直ってしまいます。これは初めにも書いたように、より悪い例を出して自分の行動を正当化しようとしているだけで、冷静に考えると、自分が(多かれ少なかれ)悪いことをしている事実は変わらないのです。気をつけないと、意味の無い議論に巻きこまれる事になってしまいます。

natuno - 01/06/13 21:48:56
ホームページアドレス:http://www5.plala.or.jp/natuno/

コメント:
そうですよね。無農薬で育てている人はそれなりの努力をされていると思います。私は農薬使用と言う事に少し引け目(?!)を感じていなかったといえばウソになります…。益虫まで殺してしまうし、近くにいる他の生物にも影響を及ぼすし…しかし、それでは自分は無農薬野菜だけ食べているのか?洗剤を使わないのか?車の排気ガスを出さないよう車に乗らないのか…?☆☆人間が生きる為にはある程度の自然界の犠牲(と言って良いのでしょうか?)を伴わなくてはなりません。では農薬は…?自分の楽しみの為に使うのであれば、確かに最低限に抑えるべきかもしれないですね。ロサさんは減農薬を試みておられると言う事…、私もとりあえずは毎日虫取りは欠かしていません。早々にお返事ありがとうございました。

Rosaholic - 01/06/13 20:27:45

コメント:
natunoさん、こんばんわ。無農薬という響きの良さに対して、農薬を使うんだ!という主張は分が悪いのは確かなことだと思います。ただし、農薬=悪のように単純に考えることは私にはできません。私の栽培方法、条件では、望むような花を咲かせるためには無農薬は無理だと思います。減らすことは可能かも知れないと思って、今年度からは木酢液を混ぜて減農薬を試みています。今のところ、成功しているように思えますので、継続していきたいと思っています。無農薬の方法があったとしても、効果が農薬に比べて大幅に劣るとしたら、私の場合はその方法は採用できません。もっとばらにかけられる時間があれば、可能なのかも知れませんが、今は特にダメです。

natuno - 01/06/13 20:05:19
ホームページアドレス:http://www5.plala.or.jp/natuno/

コメント:
こんばんわ 新しいお客様もふえていて、ロサさんのお人柄かなと思います。昨年は友人二人が日本ばら園から苗を買ったり、肥料を取り寄せましたが、今年は聞いていません…。某ばら園から取り寄せた苗が今年2本とも枯れました。(同じ時期に友人同士で同じ種類の苗を買いました)苗がだめになった場合は、それぞれのばら園によって反応はまちまちです。こちらはお金を払っているのですが強い態度には出にくいのが心情で…。その他のお客に対する対応も含めて何人かの友人の話を比べつつ、良心的なばら園を選んで行くしかないかなと思います。また、ばら仲間の中では、無農薬に徹しているかたも数人おられます。ロサさんは無農薬でばらを育てる事に関してどうお思いですか?もちろん個人の主義ですので尊重し合う事が大切ですが、私自身は農薬を使っています。

Rosaholic - 01/06/12 14:31:20

コメント:
森さん、はじめまして。ウチは2回程経験しましたが、子供の出産という出来事は、家族の生活パターンに大きく影響しますよね。でも、夢と言えるかどうかわかりませんが、私はやりたいことををあきらめないで出来ることからやってきました。無理をすると家族の中に波紋を呼ぶので、自粛しています(つもり)。ぜひご自分のホームページ作りがんばってください。私も、2000秋から今春に撮りだめた写真を少しずつデータベースの方にアップしていきますので、ご覧いただけたらと思っています。今後ともよろしくお願いします。

森 明子 - 01/06/12 13:16:53
電子メールアドレス:romsoir@gw7.gateway.ne.jp

コメント:
私も2年前から、60株程育てています。その最中に3番目の子供が生まれ、バラの手入れが思うようにいかず、やっぱり、今年もうどん粉病にかかった株が、4,5株、スリップすにも手をやいています。このホームページをみて、あと、1,2年後には、自分のホームページを作成してみたい。と思っています。

Rosaholic - 01/06/12 08:13:19

コメント:
シナモンシュガーさん、一冊の本、一箇所の情報は、時に普遍的でない場合もあります。ですから、自分なりに解釈して(理解できない部分は鵜呑みにするしかないですが)自分流の栽培を確立していくしかないのかも知れないと思って、私もいろんな方のいろんな情報を参考にさせていただいています。これからもよろしくお願いします。
私の経験上、黒点病は予防がとても大事で、定期散布に頼っています。今年はまだ発生がほとんどないですが、ダコニール、イオウフロアブル、ストロビー(これはウドン粉予防兼治療剤ですが)のローテーションでここまで来ました。そろそろストロビーの代わりにオーソサイドをローテーションに入れてみようかと思っています。治療は、EBI剤が効きます。サプロールとかラリーを使っています。治療の場合は少し集中的に3日毎などに散布が必要らしいので、ちょっと大変になってしまいます。あくまで予防で防除したいものです。

sinnamonsuggar - 01/06/11 23:23:09

コメント:
Rosaholicさん みなさん いろいろご心配をお掛けしてごめんなさい。  今日、仕事から帰宅したら、ばらの本と2001年版のカタログが届いていました。お騒がせしてしまったことをおわびします。もし今度のことで嫌な思いをした方がいらしたら本当にごめんなさい。   そもそも私がこんなにバラが大好きになったのは 日本ばら園さんのホームページを見たのがきっかけでした。何株か持っていたばらがちっとも大きくならず、黒点病はひどいし でもご近所のバラはあんなにきれいに咲くのに、と、わらにもすがる思いでインターネットで検索したのです。日本ばら園さんのホームページは私にとっては衝撃的でした。今まで読んでいた本とはずいぶん違っていましたから。すぐカタログを注文したのですが(届くまでに3ヶ月位)読んでみて こりゃあ苗はよっぽど時間がかかるぞ。と、思いまして、とりあえず今もっているばらを元気にしてあげよう。これからちょうどよい季節になるから。と、いうわけで インターネット教室に申し込んだ次第でした。待っている間みなさんの所にも実は何度もお邪魔しました。やのりんさんやゆうたさん、もちろんRosaholicさん、Yukichanさんにも。うらやましい、うらやましい、と思いながら。  今日から届いた本を見ながら一生懸命勉強します。少しでもみなさんに近づけるように。  今回のことは本当に良い経験をさせて頂いたと思っております。それは通販のあり方という問題と共にインターネットのあり方というか広さというか・・・ 私、バラもネットも超初心者なので、正直こんなに沢山の方の意見が聞けたなんて,しかもいつも勝手にお邪魔して楽しませて頂いていた方たちをこんなに感じることが出来て幸せでした。本当にありがとうございました。又、わからないこと等があった時にはよろしくお願いします。

Rosaholic - 01/06/11 21:54:17

コメント:
ISPAHANさん、はじめまして。ISPAHANさんは、私が迷った挙句に書くのを止めたこと(生産者側からの観点)を詳しく書いて下さり、方手落ちかなと思っていた私としては、つかえものがすっきり取れた感じを持っています。まず、企業努力による低価格化については、カラーカタログを出さないなど、ウエブにもカタログにも記載されていることだし、評価できると思います。それから、生産者側の事情もなるほどと理解ができます。とても分かりやすい具体的な解説をありがとうございました。勉強になります。
私が一番初めに申し上げたかったのは、消費者からの問い合わせに答えられない様な経営をする企業に対して不信感をいだく(=改善を望む)意見は多いですよ、ということと、不信感をいだいたなら弱者としての消費者は当然たどるであろう手順を書いたまでです。
よい苗をより安く(ガンシュに対しても安心できる)という技術的な努力と、消費者の要望を知ろうとし、これに答えようとする努力は、企業にとって車の両輪のようであり、どちらもとても重要なことだと私は思うので、どちらかが欠けていて嫌な思いをしたくないというだけです。
前者の観点から技術管理のお粗末なせいなのか悪いウワサがはびこって久しい某大手のバラ苗業者も有名ですが...
最終的には消費者の好き嫌いで決まるので、「どっちもどっち」とも言えるでしょう、なんて言うと、あそこと同じに扱うなんてとんでもない!と、どちらからも叱られそうですのでもう止めときます。とらべらさんも、やのりんさんも、ゆうたさんも、さんたさんもご意見をくださりありがとうございました。

Rosaholic - 01/06/11 21:53:55

コメント:
adamoさんはじめまして。遅くなりましたが、私自身で、スタンダード仕立てのを育てていないので背丈が伸びるかどうかは分からず、ご質問に私自身では答えられません。そんなに伸びない気がするのですが、幹が太くなるという成長モードがあるので、背丈がどの程度かは知識がありません。どなたかご経験のある方、ご意見くだされば幸いです。育て方の特徴も、台芽が出たらかき取るとか、丈夫な支柱を立てて強風から守るっていう、超有名な話しか知りません。肥料も、多くする必要は無いと思いますが、こればかりは品種の差が大きいですから、樹の(台木じゃなくて品種の方ですよ)芽の伸び具合や花の様子などで加減するしかないと思います。花数が少ないのは多肥で対策になる場合もありますが、これまでの長年のことがどのように木の底力として影響しているかは分からないです。答えになっていませんが、せっかくのチャンスですから、ご自分の責任でやってみて、何かスタンダードならではの違いの発見がありましたら、私にも教えていただきたいと思います。

さんた - 01/06/11 19:24:18

コメント:
Rosaholicさま、そしてみなさま、はじめまして。 いつもROMってました。  さて、話題の日本ばら園さんですが、みなさんそん なに嫌な思いをさせられているの〜?  私は通販1回、問い合わせをファックスや手紙で何 度かやりとりしたことがあるんですけど、1日くらい で返信があった時もありましたよ。ただしメールは確 かにだめです。インターネットばら教室もそういえば 申し込んで数カ月…。このへん私もギモン感じてはい るんですけど。  ただ苗とかピートモスは確かに見たことないくらい ばら栽培への愛情とかこだわりを感じました。届いた 時には感激しましたよ。挿し木苗が一番!ていう信念 にもギモンはあるんですが、自分で育てて判断すれば いいかな、と。  よくもわるくも職人さんてかんじの印象を持ってま すが、あくどいという印象はないです。連絡待ちの方 は再連絡してみればそれなりの対応が返ってくるん じゃないでしょうか?実は私もそう信じて再問い合わ せ中です。

ゆうた - 01/06/11 11:31:52

コメント:
こんにちは、ゆうたです。
Rosaholicさん、議論の場を提供してくださりありがとうございます^_^;

今の社会では消費者は、様々な情報を頼りに取引業者を選択するようになってきています。
そして、通販という特異(?)な販売形態にはそれなりにトラブルもつきまといますよね。
となれば、消費者としては、自分が満足できる生産者を選ぶための情報を欲しがるわけです。
基本的に商売は、「信用第一」だと思いますし、通販は対面販売とは違い、業者任せになる部分が多いので、なおさら「信用」を重んじて欲しいですね。
お金を振り込んだのに全く連絡が無かったり、問い合わせに対する返答が無いのでは、信用しようがありません。
内容証明の件については、金銭にかかわる件で再三の問い合わせを出しているにもかかわらずの結果なので妥当(というか当然)のことなんじゃないかな。
極端な話、一緒にしちゃいけないかもしれないけど、ネットオークションとかだったら、「詐欺にあった」と言い出す人もいるかもしれませんよ。なんてったって、振込先の人物と一切連絡が取れないんだから^_^;


やのりん - 01/06/11 00:01:53
ホームページアドレス:http://www.enjoy.ne.jp/~yanorin/
電子メールアドレス:yanorin@okym.enjoy.ne.jp

コメント:
Rosaholicさん、こんばんわぁ。
初の黒点を目にしてビビっている初心者やのりんです。(^^ゞ
日本バラ園の話題がホットなんですね。僕は何回か行ったこともあり、中立よりは好意的ですが・・・・・
ISPAHANさんwrote
>取り引き規約にある通り、黙って解約すれば良いのです。
FAX送っても連絡が取れない人はどうやって解約するんでしょう?? メールでの連絡は不確実で好まないようですが、そもそもメールが不調ならメールでの栽培指導などするべきではないのではないですか?

>2年待たされたならそれはそれで、ここ迄育てて頂きありがとう、ぐらいの気持ちを持つべきです。
そんな気持ちを持つ人は百人に一人くらいでしょう。 二年待つくらいなら注文しない人はたくさんいるし、待たせるなら待たせるで連絡を入れるのが真っ当な商売人です。少なくとも「この品種は現在お待ちいただく確率が高い」くらいはサイトに書いておくべきです。
以上、率直な初心者(かつ一消費者)の意見です。
なお、僕のところの日本バラ園産の苗の成長に関してはいろいろですが、特に不満はありません。近いから通販も利用しないし。:-)

とらべらー - 01/06/10 09:27:53

コメント:
通りすがりを引き返して もう少し補足します。 我々消費者は、どこが高いか安いか どこの品物が良いか悪いかと情報交換をする 自由があります。 そこがネットの便利さだと考えています。 日常生活の中にもありますよね! 生産者や販売者がその中に入るべきでないとは 言いません。 しかし、自分の発言が営業のためでなくても そのように疑われるのは、 一面仕方がないことです。 利益を得ているのだから。 むしろ、利益を得ている側は消費者のシビアな声を ありがたく感じ(無料でマ−ケティングしているようなもの)、改善に努力することが正しい選択ではないでしょうか! ネットの流れに乗って成長した日本バラ園さんも 歯車が逆にまわりだした場合の恐さを知るべきです。 ISPAHANさんがそこのファンであるならば助言をしてあげてこそ親切だと感じます。

とらべらー - 01/06/10 05:52:21

コメント:
通りすがりのものです。 日本バラ園さんのことで 議論になっているようですね? おいらも一消費者として 消費者の立場の方たちのコメントを読んで いちいち納得!!! あまり問題があるような発言には感じません! むしろ遠慮されているようにも思います。 この程度の発言も許されないならば インタ−ネットなんて有害でしかありません! ISPAHANさんの発言を読んでいると とても素人だとは思えない? 生産者でしか知りえない情報がいたるところに・・・ これ以上の詮索はやめましょう! おいらの直感があたっていたら とても恐いことです!

ISPAHAN - 01/06/09 23:19:03

コメント:
匿名ですいませんが、挿し木に苗について気になる点 とやはりあったかと言う感じの、日本ばら園について すこし、、、、、、 日本ばら園さんの価格が安いのは、努力しているから であって、挿し木苗だからでは有りません、親木から 良い枝がとれるのは初春と秋のみ、この時期以外では 親木に傷みを生じます。30cm程の親枝からは4-5本の挿 枝しか取れません、活着率は7割程でしょうか、品種 によってはまったく付かない物も有り、1期咲きバラ なら2ヵ月程期間を要する事も普通です。またアルバ ローズ等は、冬挿しでなければ難しい物も多いです。 継芽ならば10-15個程の芽が取れ、9割以上が活着しま す、また芽継ぎ苗は、2ヵ月も有れば出荷され花を付 けますが、挿し木では厳格な管理下に置いて、ようや く生きて行くためのルートシステムが出来上がる頃で す。日本ばら園のバラは最も早い物でこのあたりから 出荷されていると思いますが、よほど管理が悪くなけ れば、枯れる事はないはずです。もしかれれば自分の 失敗です、(但しチャイナ、ダマスク等の混じりのな い/少ないガリカ等は、夏期に休眠を呈するので、こ の時期に購入された方は、この後の苗の成長に不満を 訴える方も有るかもしれませが)以上により、在庫の ない品で、順番待ち状態なら、最高24ヵ月位待たさ れる事も不思議ではないと思います。注文時に在庫の ある物だけを発送し、バックオーダーは必要無い、あ るいは代替品を書き添える等が必要と思います。御不 満際たる点、出荷がいつ頃になるかは、これは、自然 相手なので、誰もわかりません、返事のしようがない ですよね、私も購入者の一人ですので、投稿内容に理 解は出来ますが、バラはあくまで生き物です、愛情を もって育てられているのですから、その栽培者に対し て内容証明、消費者相談センター云々などと言う思考 は言葉のあやとしても理解しかねます、取り引き規約 にある通り、黙って解約すれば良いのです。2年待た されたならそれはそれで、ここ迄育てて頂きありがと う、ぐらいの気持ちを持つべきです。価格について も、前述の他、挿木活着率を上げるためには、雨を避 け湿度が保てる屋根が必要で苗は小さいながらも場所 がいらないわけでは有りません。問屋を通しで、売れ なければ破棄される事を前提に作られている苗に対し て、いかに直販とはいえ、あの値段で勝負されている 事は凄いと思います、簡単に月100本売っていくら儲か るか計算すれば分かる通り、誰でも出来る事では有り ません、驚異です。(だから肥料やバラ教室も始めた のでしょう)、他社の苗は癌腫の恐れがあるについて ですが、これは残念ながら事実で、台木業者から出荷 される段階で小さなコブが有るのはあたりまえで、こ の当たり前の環境の中にある無病苗を選び、根 頭がん しゅ病の拮抗菌製剤処理後(バクテローズ薬漬け)、 定埴しています、しかしながらこの程度では恐れは消 えないですよね、むしろそれを黙って売る業者の方が 恐くも有り、挿し木苗を扱う物がその事実を売りにす るのはちっとも悪くないと思います、ちなみに日本ば ら園は、挿し木で作った台木を使って一部のハイブ リットティー/スタンダード仕立てを作っていたと思 います。ごく大輪花などOWN-ROOTでは花形が作れない 品種が幾つかあるためか、もしくは、発根が非常に困 難な品種にあててたと思います。アメリカでOWN-ROOT を売りにする業者が多いのは、アメリカの上半分は冬 期に凍結するからで、地上部が凍害に合っても地下茎 で生き残れるバラの需要があるのです。-20度以上に 耐えられるバラは、オールドローズ位です。 補足ですが、ハイブリットパーペチュアルやハイブ リットティーでは、イノバラ台木でなくては、サイズ が出ない物があり、また復色(黄/オレンジ等)のバ ラをイノバラに継ぐと綺麗に発色しません、マネッ ティの台木がベストです、また温帯でセンチュウの被 害が甚大な土地では強健な台木バラを使わなくては育 たず枯れてしまう現代ばらがあります。再度日本ばら 園ですが、3年程前、面白いばら屋がある、宗教のよ うだと思い、5時間程掛けて岡山に行きましたが、園 主はイメージ通り経験に裏打ちされた自信/信念が表 に出てる感じ、ただし近付き難いと言う程でなく、話 せば意外にフランクな岡山弁が返って来る、対照的な のは、奥様で物腰が低く、いつも頭を下げて謝られて おり、実は3ヵ月程前に注文した自分のばらが、どこ かにある(あるいはまだない?)はずだったのです が、(困惑する奥様を想像すると)それは今、どれで すか?とはとても聞けませんでした、そんなに心配し なくても良いと思います。

adamo - 01/06/09 09:47:40

コメント:
 はじめまして。 バラを始めてからまだ間がない初心者ですが、いつも貴サイトを覗いて参考にさせて頂いております。 この頃はやっと皆さんのやりとりにも付いていけるようになりました。 さて、隣家の庭と僕の家の間にアンネフランクの思い出と思われる(隣家の主人に尋ねてもただバラと言うだけ)スタンダード仕立ての一株があります。 もう14,5年は育てていると言うか、その侭にしているというか、折角の名花の一番花も僅かな花で寂しく終ってしまいました。 主人にその事を話しましたら、その場のいきさつで調子に乗って管理を僕が引き受ける事になってしまいました。 余計な事を言ったおかげで責任は重大なんです(笑)  そこで質問なんですが、台木の高さが塀際でもないのに1.8mの所からの接ぎ木で、花をつける高さは更に30cm以上ですので観賞するにも手入れにもやや高さが気になります。 スタンダード仕立ては初めてなものでお聞きしたいのですが、台木も年数を経て伸びてくるのですか? 高さは諦めるとしても、来年見事な花を咲かせるために特に注意すべき点がありましたらご指導ください。 あつかましいお願いで申し訳ありません。 よろしくお願いいたします。

cinnamonsuggar - 01/06/08 23:38:39
電子メールアドレス:f.cooky@jcome.home.ne.jp

コメント:
Yukichanさん Rosaholicさん どうもありがとうございました。なんだかとってもうれしかった。お二人の意見が聞けて気持ちが軽くなったというか・・・ 実はYukichanの掲示板のお仲間に入れて頂いた時から、いつか機会があったらこのこと聞いてみたいと思ってて、でもお二人も心配していらっしゃるとうり 沢山の方が見る掲示板で特定の名前を出していいものかと私もそう思っていたのでなかなかどう切り出していいのかわからなくて、そうしたらあの質問が来たものだから,今だ!と、思ってつい・・・ごめんなさい。やっぱり、あの場所では避けたほうがよかったのかもしれませんね。 とりあえず、Rosaholicさんが教えてくださったとうり、今度は、手紙出してみるつもりです。返信用のはがき入れて。〈内容証明は付けないつもり〉それでだめならもう諦めます。他のばら園だってあるんだから別にこだわらないわ。と、思うことにします。 本当にありがとうございました。

Rosaholic - 01/06/08 17:21:21

コメント:
Yukichan、こちらに飛んできていただくのは全然OKですよ。
例えば、挿し木苗なんて、接木苗に比べたら技術も場所も要らない(ちょっと誇張)し、更に根が少ないので、初期に枯れる可能性が高いというリスクがあるので、安くて当たり前で、むしろ、そういう苗にあの値段は高すぎるのではないか?という見方があります。でも、一方で、とにかく欲しい品種があの値段で手に入ることを重視して喜ぶ人もいます(芽接ぎ苗や切り接ぎ苗はあの値段では普通は買えませんから)。期限が不明なまま待たされるってことを好む人はまずいないと思いますが、××のためだったら長くても待って良い、という、そういう××が人によって違うでしょうがある!っていうのも理解できます。結論を言うと、単に好き嫌いということに帰着しますので、議論をする気はありません。
「あそこのああいうやり方は嫌いだ」という消費者が少なからずいる企業というのは、ままありますが、そういう意見に耳を貸さず、改善の兆しを見せず独自路線を突っ走るっていうのは好きになれません。嫌いならそこから商品やサービスを買わなければいいだけです。待てる人だけ注文すれば良いのでしょう。
しかし、他社の苗は癌腫の恐れがあるが当社のは無いなどど、(1)当社は管理が良いのだ、(2)癌腫は枯れる、とでも言いたいかのような誤解を与える記述をウエブサイトやカタログに書くのはどうかと思います。堂々と、挿し木では台木を使わないので癌腫はできないのだ!挿し木苗を扱っているのはウチだけだ!と言えば良いのにね。アメリカでは特にオールドガーデンローズの分野ではown-rootを売りにしているnurseryは多いのです。アメリカではノイバラは気候と土質の関係から使いにくいためか、接ぎ木(grafted)苗の台木はドクターヒューイとか色々使うみたいですし、挿し木の方が「台木と欲しい品種との不親和性」の問題も無いので優るということなのか、事情の違いは良く知りませんが、一般論としてつるばら、ミニ、など挿し木繁殖に向く品種群があることは日本もアメリカも変わらないはずです。
挿し木でもいいけど、もっと根がいっぱいになるまで育ててから出荷してくれないと、「水やりで失敗して枯らしてしまう」のであれば、結局、他社から買うのと同じになるのですが。マッチ棒のような苗では、初心者は相当リスク高いと思うのです。

で、私の立場は?何回か苗を買ったし、肥料その他も買いました。色々勉強させていただく良い機会になったと思っています。これから先も注文することがあるかも知れません。

yukichan - 01/06/08 14:28:06

コメント:
そうですね
たしかに 皆が 目にするであろう
サイトでの 個人(団体!?)批判にとりかねない
と いうことにも なりますもんね
いいことは かけても 悪い点(本音の部分)はなかなか
文にするには 勇気のいるものです
が しかし 実際 バラに対して 思い入れをもって たのしんでいる おなじ 仲間な方々が
みすみす いやな思いをすると それもまた 歯がゆい思いで…
むずかしい もんだいです
わたしとしては ここの 掲示板での  rosaholicさんの 発言(思い)を
是非 質問されていた方に 読んでいただきたい
と いうのが本音です
あちらから こちらに 飛んでいただくよう 案内することは まずいことでしょうか!???

Rosaholic - 01/06/08 11:08:39

コメント:
実は、書き込もうかと思ったのですが、止めました。賛否両論あることで有名な業者さんなので、微妙です。言えることは正論しかありません。消費者の立場を守るためにすべきことを良識の順序立てて実行するということでしょう。催促あるいは確認の依頼→同じ内容を内容証明で郵送→消費者相談センターへの連絡→...
こんなことは常識だという批判もあるだろうし、そういう内容をあちらの掲示板を使って載せるのをためらいました。
自分のサイトならまだ良いでしょう。
個人的な感想としては、顧客満足という経営方針のかけらも見られない運営方針は理解できません。お待ちいただける方だけ注文して下さい、というのも結構ですが、待つのは構わないけど、いつ頃になるのか問い合わせても返事がもらえないとか、今回のような問題は特に始めての取り引きの場合には非常に不安感、不信感が募ります。対応ができないなら、その旨自分のサイトで詫びるべきだと思います(例えば、ただいまメールの返信に時間がかかっていて大変ご迷惑をおかけしております、等)。

苗が小さいとか、挿し木苗だから生育に時間がかかるとか、反面、根頭癌腫病がないのは挿し木苗(ノイバラを台木に使わない)だから当たり前とか、値段が安いのは挿し木or接ぎ挿しだからとか、そういう話ならヤフーでできる話題ですけどね。

yukichan - 01/06/08 09:44:44

コメント:
↓ 直接かきこして いただけたら(ヤフー掲示版に)
  という意味です


yukichan - 01/06/08 09:42:35

コメント:
またまた おねがい
日本バラ園さんのことで知ってる情報
ヤフーのほうのトビで 質問きてるので
よかったら 情報おねがいします
わたしは まだ 通販チェルシーちゃんの 1回しか
経験のない 超初心者なので…


Rosaholic - 01/06/06 13:07:01

コメント:
ねこにわさん、一応セバスチャンクナイプはモダンシュラブということになっているようなので、イングリッシュローズとかに樹性は似ているのかも知れません。フロリバンダと言っても大きくなるプリンセスミチコなどもありますので、大きさは分類から想像できませんね。でも、大きくしたくないなら、強剪定という手があります---樹が嫌がらなければ...。

ねこにわ - 01/06/06 07:08:41

コメント:
セバスチャン・クナイプ、フロリバンダだとうれしい なぁ。あんまし大きくなるのはもう置く場所がありま へん(涙) タグに書いてあった色が“クリームベー ジュ”で、買ってしまいました(^^;) 育ててる方 の写真みると素敵な花です...うちのは来年まで花は見 れないかな〜。

Rosaholic - 01/06/06 07:08:07

コメント:
Yukichan、Las VegasもMonicaも裏が黄色なので、朱色というキーワードからだと、Lady Roseが有望ではないでしょうか?なんて、色々変わりますが、まだ、これだ!って感じがしませんね。困ったものです。

yukichan - 01/06/05 15:06:36
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/4009/

コメント:
見に来てくださって ありがとう
すこし 薄いだけのようです
モニカのセンで 検索してみます


Rosaholic - 01/06/05 14:42:09

コメント:
Yukichanの名無しオレンジのばら、今日見たらモニカにも見えました。
写真って光の関係で色んな色になってしまってよく分からなくなって
しまいますね。
裏がクリーム白っぽい色だとしたらローラという線もありますが。
余計分からなくなり、困りますが、裏は少し薄いだけで白っぽい
感じが無ければローラは候補から消えます。

yukichan - 01/06/05 09:46:10
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/4009/

コメント:
裏の方が 薄い色でした
実際 画像の色味より もうちょい オレンジ(朱色) にちかいです 
いったいなんなんでしょうね ラスベガスちゃんだといいけど
今日 昨日より開いたので もう 一回撮ってアップしますね


Rosaholic - 01/06/04 15:35:48

コメント:
Yukichan、Tiffany良かったですね。一緒の名無しは、第1印象はLas Vegasですが、花弁の裏の色は、表と同じですか?

yukichan - 01/06/04 11:13:39
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/4009/

コメント:
あの 一番死んでた ティファニーちゃん 咲いたよぉぉぉぉ
  笑える 一緒にまきまきのこも マイサイトの画像掲示板に アップしたから 
またまた チェックしてください
(ということは ティファニーは 50円ということになる)(^○^)

Rosaholic - 01/06/04 09:28:21

コメント:
ねこにわさん、そう言えば「オールドローズ」というタグの付いたばらを見かけたことがありました。品種名だとは夢にも思わず、「ミニバラ」というのと同じレベルだと決め付けていました。
セバスチャンクナイプは、2、3年前に新品種として紹介された時には確かフロリバンダになっていた(京成のカタログ)と思うのですが、今はつる?シュラブ?樹の様子を実際見たことがないので、何ともこれ以上はわかりません。

ねこにわ - 01/06/03 07:56:26

コメント:
yanorinさん、ありがとう(^-^) どちらもすてき なページですね〜。またゆっくり見ようっと。そして 素敵なバラ! うまく育つといいな〜。ツルといって も2mくらいなら、ほっとしました(^^;)

やのりん - 01/06/02 12:17:44
ホームページアドレス:http://www.enjoy.ne.jp/~yanorin/
電子メールアドレス:yanorin@okym.enjoy.ne.jp

コメント:
ねこにわさん、みなさん、こんにちわぁ クナイプはこの春迷って止めたんですが、そのときいろいろ調べました。 育てている方は、
NANAKOさん
http://www19.freeweb.ne.jp/photo/nanakors/
YUKAさん
http://www5a.biglobe.ne.jp/~myu-chan/index.htm

うどん粉蔓延のRSKバラ園苗売場で元気でしたから強健そうです。 でも春一季と思っていた方が良いかも。

ねこにわ - 01/06/02 01:02:10

コメント:
yahoo掲示板で、詳しい解説ありがとうございました♪  さすがバラ博士、よっ!にくいね〜(^▽^) (や んややんや)  で、バラ博士に教えてもらいたいこ とが...。このあいだホームセンターで買った新苗のセ バスチャン・クナイプ、京成のアンティーク調とかか れたタグがついていました。しかしこのバラ、ネット で調べてもぜんぜん情報がないんです。一応コルデス だったかな?のページはみましたが、いまいち..。 Rosaholicさん、なにかご存じないですか?

Rosaholic - 01/06/01 17:22:40

コメント:
昨日、この春最後の「ばら苗荷物」が京阪園芸から届きました。レディーラック、マリアカラス、ガーデンパーティー、高雄、アンジェラ、ラヴァグルト、ヨーロピアーナが来たはずです。

Rosaholic - 01/06/01 17:15:41

コメント:
yukichan、ちゃんとかぎわけたことはないですが、同じような香りだったと思います。でも、同じ兄弟なのに、オクラホマ>パパメイアン>ミスターリンカーンと好みの順番が自分の中ではあります。オクラホマとパパメイアンは、ほとんど同じで、ミスターリンカーンが少し劣る、っていうのは、本当は3つの花を並べて、目隠しでもして比べれば良いのでしょうが、あくまで印象で言っています。ミスターリンカーンは花持ちがこの3つの中では一番良いので、開いてから時間が経った花を香って、香りの弱くなったときの印象が悪影響しているのかも知れません。オクラホマは花持ちが最も悪いので、香りの強い時しか花が無いという、それだけのことなのかも知れません。

yukichan - 01/06/01 15:38:14
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/4009/

コメント:
rosaholicさん
チェックありがとうございます
液肥 ラジャーです
うちの オクラホマちゃん レモンに似た柑橘系のかおりに芳香な薔薇らしいかおりが のってるのですが
そちらは どうですか?? 香り3兄弟♪も 同じ 香りですか??

Rosaholic - 01/06/01 10:05:06

コメント:
yukichanよかったですね。モダンダマスクの香りと言われている中でも、特にCrysler Imperial×Charles Mallerinの3兄弟、オクラホマ、パパメイアン、ミスターリンカーンの香りは大好きです。

私のホームページへ | PowderRoomのページへ | メイン | 今すぐ登録