2001年8月のゲストブックです。

マチルダ - 01/08/31 23:33:10

コメント:
こんにちは! ROSAさん かずさん アドバイスありがとうございます。 さっそく本屋さんへ探しに行ってきます。 老人力?それなら私は負けていませんよ。だんだん人生がラクーになってくるようです。ズーズーしくなってくるのでしょうか?(わたしのことです)  パソコン1年生の私がROSAさんのホームページにコメントしているのですから バラが大好きなんです。おおめに見てください。 父がバラ好きで、庭に50株くらいバラを栽培していました。 一番記憶に残っているのがサーモンピンクのクライミングローズ そのバラがなんだろう? ずーと気になっていたのですが、 最近ニュードーンではなかったか?と思いニュードーンを買いました。まだ花が少し咲いただけなので?です。50年位前のことなのでニュードーンでなくてドーンだったのでしょうか。なんてふと思ったりしてます。インターネットの楽しさを与えてくださったROSAさんに感謝です。

yukichan - 01/08/31 17:03:37

コメント:
やっほーーっ カタログ(京成)の 届きました
速攻だったでしょ みるだけで うるうるしちゃうよね ろここもウーメロもいましたーーん
やのりんさんとこで アドバイスかきこ ありがとうございました
かずさん しぶいでしょ(笑) これは 尊敬している方が 私の掲示板に すばらしくきれいな ザナンさまの画像を貼ってくださったので 絶対ほしいって思ったしだいです 日本では 育ちにくいという説あるみたいなのですが 現にあーやって 美しく咲かせていらっしゃる方もおられるし まずは 百聞は一見にしかずならぬ育ててみてから 自分で判断したいなぁーーんて 初心者のくせに大胆な発言(笑) 
しかし バラばっかりの カタログの机の上を 今日突然訪ねてきた母にみられ いい加減 あんまりバラ増やすのやめなさいと 釘をさされました 私は 真っ先に このRosaholicさんの バラコレクションの数々をよっぽど みせようかとも思いましたが 戦う気力なく 右から左に流して聞いておきました(笑)

Rosaholic - 01/08/31 16:56:11

コメント:
ここの一番下の本のことですね。私も持っています。表紙の写真を見ないとピンと来ないのが情けないです。

かず - 01/08/31 15:26:10

コメント:
訂正します。ER、ORの栽培カレンダーは         はじめてのバラづくり 財団法人 日本ばら会 著 美堂出版      です。最近、老人力のついてきたことを実感しております。

Rosaholic - 01/08/31 12:39:33

コメント:
かずさん、具体的に参考書を上げていただきありがとうございます。どこかに書いてあったことは覚えていても、それがどの本なのか、あるいはwebで読んだだけなのか覚えていないことが多いです。
明日は、雨も上がるようなので15日振りの定期散布をする予定です。いよいよローテーションでダコニールの登場ですが、濃度が問題です。当初の予定では2000倍。かずさんは3000倍というのを聞いて、薬害を出したくないし、効果は(ピカコー添加で)きっちり2週間欲しいので間を取って2500倍にしようかなと考えています。

かず - 01/08/31 09:51:25

コメント:
雨が続きますね。秋の長雨でしょうか?そろそろ庭の様子が気になり、今朝は雨の中庭をチェックしましたが、まだ黒点の発生はないようです。安心。安心。      natunoさん、モザイクの写真探してくださったんですね。ありがとうございます。ロサさんもおっしゃるように、農業試験場の情報はなかなか面白いのですが、農業だけに、趣味で栽培している人には、なかなかピッタ!とくる情報がないのですよね。カクテルが暴れてますか!ぼくも、暴れて困るよ〜というぐらいに早くなって欲しいです。       yukichanさん、渋いですね。ザ・ナンはちょっと気になっていたんですが、ER1年生としては、安全策をとって有名品種を選びました。困ったことがあったら、先輩達の情報がすぐに手に入るからね。横入り結構。どんどん入ってくださいね。       マチルダさん、ぼくもER,ORの参考書をいろいろ探しています。基本的なものでは、日本ばら会の「NHK趣味の園芸 人気品種と育て方 バラ」がER、ORそれぞれの栽培カレンダーが入ってます。村田晴夫さんの「バラの咲く庭づくり」も参考にしてます。この本を見ながら、この冬にくるERを何処にどう仕立てようかと考えてます。楽しみ楽しみ。

Rosaholic - 01/08/30 17:52:57

コメント:
マチルダさん、アイスバーグは香りがあるという話を聞いた時は、自分の鼻では匂わない種類の香りの成分なのかそれともハズレの系統の株なのかとがっかりしてたので、私のも香りがあると分かり、うれしかったです。近くを通った時に、香りが漂ってきて、周りを見渡すとアイスバーグが咲いていて、匂いをかいでみたというわけです。
ERやORの剪定は難しいというか、あまり情報がないので困りますよね。繰り返し咲く品種はモダンローズ並で良いと思いますが、余り繰り返し咲き性が強くない品種は必要ないと思っています。枝が伸び過ぎて困る場合は、別にこの時期を選んで切る必用はなく、いつでも切ればよいのだと思いますが、今剪定する目的は、開花時期を揃えるというのがありますよね。私の場合は10月中旬にいっせいに咲かせるために「剪定後の1.5ヶ月花の無い状態で過ごす」という代償が嫌なのです。だから、四季咲きの品種も花がら摘みをする程度で、あとはせっかくの機会ととらえて、いつも余り真剣にやっていない整枝とブラインドの切り戻しなどをやります。
コレ!というER/ORの栽培書が思い浮かびません。お勧めの本をご存知の方は教えて下さい。最近の栽培書にはER/ORの月々の手入れも併記されているのもありますから、参考にされるのも良いと思います。David AustinやPeter BealesやGraham S. Thomasの本は参考になることも多くて良いのですが、日本の気候に合わないので「本の通りにやる」わけにはいかないようです。
ブルーバユーは私もかなり気になっています。割とグレーっぽい感じで赤みが他の「ブルーなんとか」に比べて少ないのでクールな感じがします。売っているところに行ったら買うけど、わざわざ通販ですぐに手に入れたい品種ではないFLの中のひとつです。

マチルダ - 01/08/30 15:32:12

コメント:
こんにちは! そうですね。アイスバーグ早速庭に出て嗅いで見ましたら、かすかに香りがしました。 成長するにつれ香りが深くなるのかな。 良かった。FLの剪定とERの剪定は終わりましたが、ORはいつ剪定したらいいでしょうか?HTは9月5日前後にするつもりです。ORは今のところ、 ジャクリーヌデュプレ パフビューティのみです。 ER ORの育てる参考書で何かお勧めの本があったら教えてください。ウーメロ カタログ見ました。可愛いですね ブルーバユーはどうでしょうか?チョット気になっているのです。

Rosaholic - 01/08/29 08:37:05

コメント:
yukichan、500円分の切手を同封し、〒276-0046 八千代市大和田新田755 京成バラ園芸株式会社 花き園芸部通信販売課あてでカタログ希望と書いておけば、送ってもらえるとおもいます。

yukichan - 01/08/28 23:16:13

コメント:
京成カタログの 取り寄せ方 ご存知でしたらおしえてくだしゃい
またまた 誘惑されちゃぃそう 広島バラ園さん
しぶいとこ ついてますか?!(笑) メジャーなものは もしかして 我が田舎県でも手に入るチャンスがありかなとか いろんなバラ園へ今後訪れる機会がある場合 直接目で見て買えるチャンスありかもと思いあきらめました
 

Rosaholic - 01/08/28 22:14:48

コメント:
↓すみません、早とちり。広島バラ園のリストは9月下旬と書いてありました。

Rosaholic - 01/08/28 22:10:50

コメント:
yukichan、結構しぶいとこ頼みましたね。しかも3本に抑えるなんて、...見習わなければなりません。今、広島バラ園に注文する品種を絞りに絞っている最中です。ここもオールドありますよー、なんて言うと誘惑の魔手が...。HPからリストがダウンロードできるのが嬉しいです。もう2001秋-2002春のリストできたかな?

yukichan - 01/08/28 20:29:18

コメント:
かきこありがとうございました
RofRの ER今日 注文書送付しました
本当は ORでもほしいのわんさ あったのだけど まだまだ 持っているバラの数も少なく なるべく四季咲きという点に 固執してしまったら… ほしいと思うORはみんな 一季だったので…
ちなみに注文したERは ・ザ ナン ・ザ リーヴ ・バターカップです
ほんとは もっと注文したかったけど まだあと ほかのところでも HT FL CL 修景などなど注文したいし… この3本でということになりました

Rosaholic - 01/08/28 14:51:17

コメント:
natunoさん、下のサイト教えていただきどうもありがとうございます。島根県に限らず、各農業試験場のサイトは見栄えはそれほどでもなくても、情報の質(信頼性)は高いものが多く重宝しますね。

yukichan、やっぱり自分の判断で自分のばらで試しても、他の人の栽培環境や株の違いで同じにならない場合が怖いですよね。一応、一般論ですが書いてみました。あと、目的も色々みたいですから、良い花を咲かせたいというのから、場所がないから最低限の大きさで育てたいとか、難しいものです。また、株の年数でも強さや花の付き方が変わるのもあるし、苗の当たりはずれもあるし、難しい難しい!
マチルダさんが少し前に、日本ばら園のアイスバーグは香りが無いとおっしゃっていましたが、何と、私のアイスバーグ(日本ばら園より購入)は去年まで香りは無いと思っていましたが、今年の花では香りがあります。株が成長して本来(香りがあるのが本来?)の特徴が出てきたのかも知れません。とか、そう言えばグラミスキャッスルも今年のは香りが出てきた感じです。あの香りがミルラかどうかは?なのですが変わった香りです。

yukichan - 01/08/27 22:28:06

コメント:
すいません 何度も またまた質問です
確か Rosaholicさんとこに ナニワイバラが と思い 調べたら やはり育てていらっしゃいましたので…
YAHOOの掲示板の方の質問で もうしわけないのですが もしよろしかったら アドバイスお願いします
私ではよくわからないので
ここです

yukichan - 01/08/27 22:18:42

コメント:
さすがRosaholicさんです 的確なアドバイス
ありがとうございます
そうなのですね ウーメロちゃんは 京成で扱ってるんですね 早速 カタログ取り寄せよう
ありがとうございました
ようやく ERはかたまりつつあります 明日送付します

natuno - 01/08/27 22:00:51
ホームページアドレス:http://www5.plala.or.jp/natuno/

コメント:
先ほどのアドレス、行けませんでした。もう1度… http://www2.pref.shimane.jp/nousi/home/database/mokuji.htm

natuno - 01/08/27 21:58:53
ホームページアドレス:http://www5.plala.or.jp/natuno/

コメント:
こんばんわ。お久しぶりです。お友達に病害虫の検索サイトを教えて頂きました。もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんがモザイク病の写真も出ています。(でもバラの個所では残念ながらモザイク病の写真はありませんでした)ご参考までにアドレスをお知らせします。……http://www2.pref.shimane.jp/nousi/home/database/mokuji.htm     私の所でも黒点病が出始めました。台風でざんばら髪状態のカクテル、…ちょっともう面倒見きれないキモチでいます。…枝も固くて冬の誘引も本当に大変です(弱音…)。では。

Rosaholic - 01/08/27 21:28:46

コメント:
yukichan、遅くなりました。どちらも買えるのは、私の知る限り京成バラ園芸だけのようです。ロココは古いのでタンタウ社とのライセンスも無い(切れた?)ようで、他でも扱えると思うのですがウーメロは新らしいしメイヤン社とのライセンスがあるのは国内では京成だけなので、他では難しいと思います。お勧めになっていませんが、他を知りませんのでごめんなさい。

yukichan - 01/08/26 09:54:29

コメント:
グラハムトーマス が なぜか クララハムになっちゃってました ごめんなさい 今日 もう一度 絞込みをする予定です このまんまんじゃ ほしいものが多すぎるから… ちなみに ロココとか ウーメロ扱ってる業者さんで おすすめありますか?

Rosaholic - 01/08/26 07:53:01

コメント:
サザンさん、こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

かずさん、ERが見分けが付かないと言うより、私がよく知らないだけ、という要素が大きいと思います。HTでも、真っ赤、黄色、ピンクなど単色の物は品種が多すぎて分からないのが普通で、特徴がある品種でも似たようなのはありますから、一般論で言えばHTのほうが数が多すぎる分、見分け付かないと思います。ただし、自分で欲しいと思ってばら園やweb上で写真を多く見ていると分かる確率が少し上がってくるんだと思っています。私の場合では、置き場所の関係から、ERも良いのですがもっと欲しいHTが多くて、ERは多くは買えそうにないので関心が行かないという事情もあります。

yukichanもあと1週間で何か発注をかけるのでしょうか?誰かが頼んだ品種というのは気になるものです。だって名前のあがってこない品種は調べようという気にはなかなかなれないですから。

yukichan - 01/08/25 15:32:46

コメント:
Rosaholicさん こんにちは かずさんに 補足
こんにちは かずさん かってに 話に割り込ましていただいて…
1700円シリーズは 全部で8種類です  先日の サザンお師匠様とのやり取りで あせったわたしは 例のところにお電話して リストをとりよせました
アブラハムダービー、ウィンチェスターキャシードラル、LDブレスウェイト、ガートルードジュキエル、クララハムトーマス、セントセシリア、 ヘリテイジ、メアリーローズの 8種類がそのシリーズで あとは 2200 2500が主流でした 

かず - 01/08/24 21:57:09

コメント:
こんばんは。1700円シリーズは、ウィンチェスター城以外すべて注文しました。安物買いの何とやらにならなきゃいいけど・・・。セント・セシリアは、アイボリーのカップ咲きで、樹高1mなので鉢で十分楽しめます。ミルラの香りが強いそうです。ERの区別がつかないという話ですが、HTでも花の写真だけ見て品種がわかるのは少ないですよ。皆さんどうですか?       ダコニール3000倍の効果については、結果が出たら(2w後?)お知らせしますね。バロックは20日前後が有効期限のようですね。ロサさんのとこはどうですか?   ゆうたさん、ぼくもアイリス・オーヤマの液肥散布器は、木酢散布にも使ってます。シャワーのみなのも同じですね。値段は、500mlの液肥付で3000円ぐらいでした。使ってみて楽チンなんですが、ただ、シャワーの勢いがあんまりなくて後ろのほうに水が届かない感じなんですが、ゆうたさんのはシャワーに勢いありますか?

サザン - 01/08/24 19:52:55

コメント:
私のほうもリンク完了しました。 文面など もし訂正箇所などあれば教えてくださいませ。 慌ててやったので後日少し手直しするかもしれません。 では 今後ともよろしくお願いいたします♪

Rosaholic - 01/08/24 17:57:54

コメント:
サザンさん、早速のリンクのOKありがとうございます。リンク完了しました。

サザン - 01/08/24 15:53:17

コメント:
☆ゆうたさん 了解しました。(笑) 「スプレックス」の件はまた聞かせてください。 というのは現在10リットルの百V散布器を使っていますが、噴霧量が少なくてちょっとイライラ気味なのです。 エンジン式にしたいな と考えていたところなので。 時間を節約したいのです。 ☆ロサさん  リンクのご了解ありがとうございます! ロサさんのほうからリンクしていただくこと、もちろん光栄です♪  それからスコア水和剤は、まだお勧めではないです。 何度か使ってみないことには・・・ ただ、ほとんどの薬剤とも混合可能なことなど・・・使いやすいかな?と思っています。 名前は忘れましたが、バラ、菊の専門薬というのもありました。 残念なことに「うどんこ病」に効くということです。  

ゆうた - 01/08/24 13:37:18

コメント:
サザンさん、100倍固定式ってのは、10倍希釈液が1000倍でまかれるってことですよ。
500ccのボトルに、20ccの原液と480ccの水をいれておけば、2500倍での散水が可能です。(あってるかな?)
濃い薬剤同士で混ぜ合わせると危険な物については、単用でしか使用できませんが、薬剤散布にも使えるかもしれませんよ。(霧状にはかけられないので、あっというまに無くなってしまうし、土壌での薬液濃度を考慮しないといけませんが^_^;)
実は、ホソオビアシブトクチバとイラガに頭にきていたので、スミソンを入れてぶっかけてみようとしたのですが、思いとどまりました(笑)

>Janeともうひとつ何だったかな???σ(^◇^;)
ぷりんすで〜す。
えーと、この件は、詳しく掲示板でお話ししていると、反対派に命を狙われそうですので、また今度メールしますね(笑)

ところで、Rosaholicさんのお話にもありますが、みなさんERの品種って区別つきますか?
実物を見たことがあれば多少は分かるのでしょうが、www.davidaustinroses.comの写真だけだと、ジェーンオースチン、チャリティ、ティージングジョージア、全く区別が付かないのですが。(僕だけかな?^_^;)

Rosaholic - 01/08/24 13:07:13

コメント:
かずさんの\1700シリーズってもしかしたらシリーズ全部ですか?←今、手元にリストがないもので。どれも良い品種で人気も高いですね。セント・セシリアってどんなんでしたっけ?ERは実物を見る機会が少なく、私には区別が難しいです。特にアプリコットから薄いピンクや薄い黄色が混ざったり混ざらなかったりするのは特徴をつかみきれてないので、難しいです。ダコニールは3000倍って、そんなに薄くしても効果はまだ有る感じですか?規定濃度では葉焼けして使えず、薄めたら効果が無いなんてなると困ってしまいますから、確認したいと思いました。あるいは、「寒天で充分予防効果が出ていて、ダコニール自体が不用のようだ」という方が私にとっては望ましい方向ですが、サザンさんの黒点病の苦労話もありますので、私もまだ「ピカコーで充分予防効果が出ていて...」とはまだ結論が出せない状況です。特に黒点病への予防効果が充分に確認できているとは言いがたい現状です。だから、定期散布では予防剤を使い続けています。

サザンさんの目標は私のよりもはるかに高いので、同じように「減農薬」と言っても私のは、「ほんの少し」が前に付きそうです。そうは言っても一応昨年実績よりも濃度は1.5倍程度薄くしていますので、「年間散布回数50回だったのを49回にしました」よりは、ましな取り組みだと思っています。昨年実績というのが多過ぎるかも知れないのですが、ISO14001と同じ考えで継続して減らしていく方向は確実なのです。サザンさんのお宅で3時間強-40Lですか。私の所では今1時間強-12Lで2週間に1回です。12Lというのは、噴霧器が4Lの物を使っていて3回という計算です。12L調合するのに+30分位かかりますので、散布後の洗浄などを入れると2時間はまるまるかかってしまいます。去年までは4L×2回分で済んでいたので平日の朝でも何とかなっていましたが、今はもう休日でないと無理です。でも、ピカコーのおかげで毎週散布から2週間に1回に減らそうと思いたったことですし、これまでに周期を長くしたことで病害虫の影響が増えたとも思えないので、この秋の様子を見て今後の取り組みを考えようと思っています。特にピカコーのみのばらの様子が許容範囲内なら、ピカコーのみの対象を広げるとか...どんどん省力化していかないと花を楽しむ余裕が生まれません。

ゆうたさんの「とても楽ちん」というの、良く分かります。私は、自動水やりに頼りきりになる前は、水道水を直接撒くことに抵抗を感じて、木酢液を混ぜて如雨露で潅水していました。未だに習慣が抜けず、ホースで水やりをするのに抵抗を感じてしまう自己矛盾しています。それでも、時間がなく、どうしようもなくなってお盆休み中でしたがホースで水やりをしてみると、何て便利なんだ!と「とても楽ちん」でした。もう、水やりだけのために、木酢液を混ぜるためだけに如雨露で水やりする気にはなれなくなってしまいました。という状況なので、更に液肥の時も...となると、すごいことです。私はしばらくは、「如雨露→ホース」のありがたみを味わってから検討しようかなと思っています。雨水利用は、如雨露潅水が前提だったので、全部がうまく行く方法を少し考えてみます。

サザンさん、私はこれまで欲張って、ウドン粉にも黒点にも効くのをと思って予防剤を探していましたが、おっしゃるように黒点に限ればマンネブダイセンMを初め、色々ダイセン系の良いのがあるようです。マンネブダイセンは葉が汚れるので嫌いなのですが、ジマンダイセンなどはマンガン・亜鉛欠乏にも葉面からの補給となって良い、なんて面もあって、マンゼブの入った薬品とかも、それからお勧め?のスコアも散布時の希釈倍率なども参考にしながら検討してみたいと思います。
リンクの件ですが、もちろんOKですし、むしろよろしくお願いします。こちらからも相互リンクはらせていただいてもよろしいでしょうか?

サザン - 01/08/24 12:13:09

コメント:
>ゆうたさんの「スプレックス」を読んで一瞬・・・ 薬剤の散布に使えないか?考えてしまった(ーー;) 固定式だから無理ですね!?(笑) 黒点大魔王に愛されていないから羨ましい〜!!! サザンは、黒点大魔王に好かれて困っています。 しかし、バラ栽培の醍醐味が味わえなくて気の毒です!←負け惜しみ(爆) やのりんさんの掲示板のレスです。しっかり覚えていますよ!Janeともうひとつ何だったかな???σ(^◇^;) >ロサさん マネージ乳剤は見つからなかったです。 例の日本農業システムさんへスコア水和剤を注文しました。抗生物質も試してみようかと考えています。 注文はしてないですが、他に良さそうなものがいくつか・・・ サニパー、ダイファ−水和剤、バルノックス水和剤、デランフロアブル剤です。予防薬です。 ☆ロサさんのサイトにリンクさせていただいてもよろしいですか? メンバ−は似たひとばかりでしょうが・・・

ゆうた - 01/08/24 11:27:20
ホームページアドレス:http://You0816.tripod.co.jp/

コメント:
こんにちは、ゆうたです。
黒点病の話題の最中に、別の話題を振ってしまうようで、ごめんなさい。
以前、かずさんが「ホースガンの部分にペットボトル容器に入った液肥を・・・」という話題を書かれていたのですが、とうとう買いました♪
買ったのは、サ○タの種の通販で商品名「スプレックス」です。
値段は、5400円だったかな?今年は、バラを買う予定がないので思い切って奮発してしまいました^_^;
100倍固定散水型なので、1000倍でまきたい場合には、10倍希釈液をボトル(500cc)の中に入れておきます。(500cc×100倍で、50リットルの潅水が可能です。)
取り付けかたは、一般のホースガンと同じ物を使用しているので、ワンタッチです。
また、散水タイプ(ストレート、シャワー、霧ってやつね)は1種類だけで、「シャワー」タイプのみ。

今朝、はじめて使ってみたのですが、通常の潅水と全く変わらず、とても楽ちんです♪
これで、休日に液肥の追肥のために早起きしなくて済みそうです。
ただ、本当に100倍希釈で動いているのかどうか不安なので、「薄目の液肥を数多く」の基本通りに潅水しようと思います。
日常的に木酢液の葉面散布も出来るので、減農薬へ挑戦しようという気持ちにもなってきました。(ちょっとだけ)

あ、僕はサカタの回し者じゃないですよ(笑)

サザン - 01/08/24 08:27:00

コメント:
今年は予防散布らしきことをあまりやってません。 減農薬を目標にしたものだから黒点病が発生した場所への周辺散布中心でやってきたんです。 7月くらいから散布しなかったところから 次から次と 黒点病が発生しだしたんです。だから何かが媒介しているのかな?(笑)と考えたわけです。 必要なのはこれらの黒点病に罹っている株への治療薬です。 ロ−テーションを組んで散布したいと考えています。 予防散布の重要性も感じています。 こちらのほうは効果があまりわからないので減農薬の対象にしましたが、黒点病に対しては必要です。 CLサラバンドが2株あります。 1株はア−チに巻いてあり 意図しなくてもときどき薬剤がかかります。 もう一株は東庭の離れた場所に植えてあり完全無農薬です。こちらのほうは黒点病でボロボロです。 ただ全体の株を予防散布しだすと時間がかかり過ぎるんですよね! 3時間以上かかり、薬液は30リットル以上必要になります。 たぶん40リットルくらい??? できれば避けたい!!!(笑)もうちょっと涼しくなればいいのだが・・・(ーー;)

かず - 01/08/24 07:39:09

コメント:
おはようございます。旅行で家を空けているうちに、ハダニがミニバラに蔓延してしまいました。ということは、寒天の散布も効果があったんだなぁ。と思ってます。もっとこまめに毎日とか散布してれば、撃退も可能だったかも知れません。虫の活動も活発になったので、スミチオン、バロック、ダコニールを散布しました。ダコニールは3000倍で薬害は出てません。 1700円シリーズは、アブラハム、LD、ガートルード・ジェキル、グラハム、セント・セシリア、ヘリテージ、メアリー・ローズを頼みました。場所の確保を考えなきゃね。

Rosaholic - 01/08/23 22:44:43

コメント:
サザンさん、確認したいのですが、治療薬をローテイションで使うということのようですが、予防剤の方はいかが計画/実施されていますか?
考え方が違っていると議論が噛み合いませんから、私の考え方をまず言いますと、基本は予防剤の定期散布でしのいで、それでも発生してしまった場合に治療剤の集中散布---この場合は定期散布ではなくて部分散布で「かけむらを無くすために」3日置きに3回、などの集中と呼ぶ散布。こういう原則の上で呼ぶ「治療剤散布」にはローテーションは考慮されていません。あくまで予想に反して黒点が広がった場合ですから、「葉からぼたぼた流れ落ちる程度」に多めに1種類を散布します。但し、3回同じ薬を撒くことは耐性菌を出してしまうリスクと隣りあわせなので治療の部分散布でも治療剤のローテイションも有りかなあ、とは思いますが、これがサザンさんのやろうとされている方法ですか?私は治療剤の散布は予防散布がうまくいってれば不要のはずだと思っているので、今は予防の方に特に気を使っています。ラッキーにも今シーズンまだサプロールを使っていません。
定期散布には予防剤を使い(治療効果が書いてあるのもありますが)、葉の表面の有害菌をやっつけて、それでも発病したら、浸透性の強い(葉の中の深い所まで入っていけて菌をやっつける!)殺菌剤を別途散布して直そうと方針を固めています。怪しげな場合には定期散布の時に治療薬も混ぜておきます。こうすれば相当な被害を防げると期待しています。

サザン - 01/08/23 20:05:03

コメント:
マネージ乳剤は治療用として使えますか! こちらでも販売していれば買います。 スコア水和剤も使ってみます。 種類が多いほどロ−テーションが楽です。 黒点病 全体としてはまだ許容範囲ですが、 株によっては許容範囲を超えたものもあります。 黒点病のクライマ−の下にある木バラは一夜にして黒点まみれになります! なんせバラ園みたいに広々としたゆとりある配置ではないですから(笑) ちょっと思案しなければいけないです!

Rosaholic - 01/08/23 16:57:20

コメント:
サザンさん、そろそろの時期ですね。使用実績有りなのはサプロールとラリーだけなのですが、ストロビーやフルピカも予防剤だけではなく治療用にも効くようです。単独で治療用に後の2種を試したことがまだないので、効果のほどは?です。残念ながらスコア水和剤は聞いたこともなかったです。あと、最近大きめのホームセンターでマネージ乳剤が売られていて買ったのですが、予防剤のローテーションには使えそうになく、むしろ治療用に取ってあります。これも未使用につき効果は分かりません。予防剤との併用で治療剤を使う時には、サプロール+オーソサイドが特効薬だという話を聞いたことがあります。特に悪い組み合わせとも思えないので、試してみる価値はあると思います。

サザン - 01/08/23 12:05:19

コメント:
こんにちは♪ いよいよ秋の黒点病との運動会が始まります。 治療薬が戦力不足なので探しています。 何か良いものをご存知ないですか? ちなみにスコア水和剤をご使用になったことはないですか?

Rosaholic - 01/08/23 08:30:48

コメント:
yukichanお久し振りです。注文の時期?ですが、8月末日という申し込み締め切りがRofRの扱う輸入苗の場合にはあるのです。確か日本ばら園扱いの輸入苗も、何時だったかは覚えてないのですが「締め切り」があったはずです。品種リストなどに書かれていると思います。届くのは、RofRの場合12月以降ですから、普通の大苗の植付け時期となります。国内生産の苗は、年明けでも大苗の注文を受ける所が多いと思いますが、「年内に春苗の締め切り」があったりして混乱するかも...。もっとも遅くても大丈夫というのは事務的な締め切りに対してだけでして、人気品種は早い者勝ちで欠品になる恐れもあります。特に有名雑誌などで紹介されたりすると、わっと注文が殺到するらしく、品切れになるらしいです。欲しい品種が決まっているなら、カタログやリストを予約しておいて届き次第中発注するのが確実な方法だと思います。まあ、普通はカタログをゆっくりながめながらアレも欲しいコレも欲しいと思い悩むのが楽しいので、次のシーズンに!と思うのも方法だと思います。でも、その間にあれこれ見たりして目移りして「欲しい!!!」品種がどんどん変わったりすると訳分からん状態になります。もっとも、ただ単に「欲しい!!!」品種がどんどん増え続ける場合は庭のスペースの問題がすぐ大問題になってきます→私の場合。一応これでも最近では欲しい順番付けをしています。ベスト10に入っていない品種は衝動買いをしないように頑張っています。

マチルダさんの所も台風の被害がなかったようで良かったですね。エヴリンもマサコも香りのばらで場所さえあれば欲しいです。でも自分の欲しい品種ベスト10には入ってないので、我慢しています。挿し木の解説などで、HTは向かないように書かれているのを見ますが、私のように鉢で栽培していて置く場所が無くて株を余り大きくしたくない場合は「うまく成功さえすれば」お勧めだと思っています。鉢替えも頻繁にせず、小さめの鉢のままでもシュートばんばんは出ませんが、そこそこの大きさに制限されて扱い易いです。ウチのこの実験の代表選手はホワイトクリスマスですが、挿して4年目ですが、5号鉢に入れていて、高さ80cm位です。親木のように枝数も多くないので花数は少ないですが、花がしょぼくなることはなく、親と同じ周期で咲いてくれています。これは鉢を大きくしない場合どうなるかの実験で、他にもスムースプリンス(HT)、アブラハムダービー(ER)、マダムイサックペレイル(B)で試しています。挿し木の成功し易いかどうかは品種によるところが大きいようですね。私は残念ながら余り成功率高くないですが、つるばらや、シュラブ系は成功する確率高くて、HTは低い感触があります。

マチルダ - 01/08/22 22:46:16

コメント:
こんにちは!台風11号の被害もなく一安心。 RofR発注しました。 エブリン、 マサコ・イグランティーヌ、のみにしました。後は、園芸店で見て楽しみに買おうかな! 車で30分くらいのところにバラの苗をたくさん扱っている園芸点があるのですがオールドとイングリッシュは4000円ですが鉢植えでよい苗なのでそこへ行くのも楽しみ。今年春に友だちからいただき挿し木したバラも新芽が出てきて根付いた用です。バレリーナ スパニッシュビューティー 後は名前がわからないオールドローズ 接木はしたことがないのですが挿し木でも3年で大苗になる品種もありますね。ローゼンライゲン 聖火 サラバンド ゴールドバニー ピーターフランケンフェルトなどがわが庭の挿し木育ちで、よく育っています。

yukichan - 01/08/22 21:59:20

コメント:
●通販の買い方●
お久しぶりです いつも一日一回はお邪魔して読んではいたのですが かきこは 久々です
この時期くらいに 注文いれるのが 妥当なんですか??
春に一度しか 通販を経験していないので
秋の買い方が わかりません
サザンお師匠様が 注文なさったときくと あせっちゃいます(笑)

Rosaholic - 01/08/21 19:04:51

コメント:
かずさん、あれほど?言ったのに、行ってしまったのですねメアリーローズガーデン!!!... でも、コーヒーはおいしかったと思います。\1700シリーズって多数ってことですか?ヘリテージ最後まで迷ってあきらめました。ジュード・ジ・オブスキュアも良いですね。実はメアリーロズガーデンでセプタード・アイルを見て欲しくなってたりする今日この頃です: でも注文しなかった。本当に置き場所を何とかしないと増やせないのですが、駐車場の上に平らな屋根を付けて手すりも付けて、階段で登っていけるようにして、そこにばらを増やしたいというアイデアを考えたのですが、家族から却下されてしまい、やはり残るは空いている壁面へのトレリス立てとハンギングポット取りつけ作戦しかなさそうです。この冬、6号から7号鉢に入っている1m以下の高さのばらは、ココへ集結させて空いたスペースに... それとも逆に1m以下にしかならない品種に限定して買うことにするとか、でも1年半後のつくば組の町田への復帰のスペースも現状では相当厳しい問題で先送りになっていたりするのです。

かず - 01/08/21 18:12:24

コメント:
バラクラとメアリーローズガーデンに行ってきました。バラクラは、流石、別世界を作っていましたね。バラはほとんど咲いていませんでしたが、ブーゲンビリアやおおでまり?ルドベキアが綺麗でした。家族も大満足のようでした。一方メアリーローズガーデンはというと・・・まず、大きな木がなく、外の風景が丸見えなのが、興を削いでますね。ただの庭を見せるのではなく、バラクラのような非日常的な別空間を創造出来ないと客は来ないのでは?ただ、あの芝生のスロープは開放感があって好きだな。それから、あの手がきの名札もダメだなぁ。センスがないね。 RofRには、1700円シリーズとグラミス・キャッスル、シャルロット、ジュード・ジ・オブスキュアを注文しました。楽しみ楽しみ。

Rosaholic - 01/08/21 09:32:09

コメント:
マチルダさん、椿も種類が多いようですが、私は品種名などほとんど分かりません。私もサザンカを1本は地植え、1本はプランター植えにしているのですが、年末年始にいっぱい咲いてくれるので、「ばらのスペースのために処分」できずにいます。でも、ばらが陰にならないように夏には随分切り詰めています。
RofRの注文は輸入苗に関しては今月中ですのでリストが届き次第欲しい品種は注文されたほうがよろしいかと思います。私はどうせ秋から大苗が出回る頃になると「見つけたら買ってしまう病」が出る恐れが大なので、通販は最低限にしようと思い、ドレスデンドール(Min)とシャリファアスマ(ER)だけを発注しました。イングリッシュローズもどうしても欲しくなればDOITもあるし、ましてモダンローズはどの品種をいつどこから買うかという複雑な問題が送料との兼ね合いもあってごちゃごちゃです。
それにしても台風11号は勢力が衰えていないとのことで、今後の影響が心配です。風が嫌です。一応の風対策はしてあるのですが、あれから枝も伸びたし、台風の風の前ではどうなることやら

マチルダ - 01/08/20 20:53:56

コメント:
こんにちは! 今日は朝から台風対策です。 バラの先端の重そうな枝をカットしました。 花や蕾がついているけどエーイ!少し軽くなったバラたちを見て、被害が少ないようにと願いました。 かずさんROSAさん有難う。 RofR さっそくリストを電話で送っていただくように願いしました。 無料なのがうれしいです。 30年くらい庭を手入れしているのですが最近は、椿とバラが主役です。 椿とバラがあれば1年中花が絶えません。 でも今までに植えたいろんな木が大きくなって草花もたくさんあるので 庭にいる時間はかなりなもんです。 それに仕事もあるのですがバラや椿の美しさにずいぶん栄養をいただいています。台風が無事通りすぎますように!

Rosaholic - 01/08/19 08:02:30

コメント:
サザンさん注文済ですか。私もほとんど絞ったのですが、まだ発注できないでいます(タモラも良いですね...)。先にRofRの発注をして、それから他の所のをどうするか考えようと思います。昨日は一応予定通りリオサンバを杉山バラ園EL ROSAで伊豆からの帰りに買ってきました。

マチルダさん、やっぱりマチルダは良さそうですね。買おうと思っているのですが、どこでいつ買うかを決めかねています。カトリーヌもきれいですし、良いですね。でも、この色では似ているケーリーグラントにしようと思っています。輸入苗でなければ、まだ注文は余裕ありますので、もうちょっと品種選びの楽しい時間を過ごしたいと思っています。

かずさんのおっしゃるように安い品種は、欲しいリストの下のほうに載っていても値段のせいで上位に繰り上がってきて品種選びをまた難しくさせますね。HTですか。私もここからスタートしているので欲しい品種はとても多いです。でもサイズの関係であきらめているのもあります。横張りならないで1m位なのが良いのですが。3次元というのは、壁にトレリスを立てて、そこにハンギングプランターを吊すので、土地面積に対して高さ方向に倍、あるいは無理して3倍まで自由度を持たせることができると、えらそうに聞こえる割りには全然大したことはやってなくて、サフィニアなどのディスプレイでは普通にやられている方法です。既にミニのハンギングでは2段まで実際にやっています。こんな感じです。縦にそろえて吊すと(写真では4列あります)、自動水やりのノズルの数をけちることができます。上側のポットだけノズルを挿しておけば、上のポットからあふれた水が下のポットに供給されるのです。他にも何かいいアイデアあったら教えて下さい。

かず - 01/08/16 16:06:53

コメント:
ロサさん、3次元栽培ですか?どんなんだろう?ワクワク。 1700円と言う値段は、採算が取れたからか、取れるだろうということで設定されたんだと思います。発表以来沢山売れたので、この品種に関しての開発費は回収した。または、沢山売れることを見越し大量に栽培したので単価が下がった。何れかまたは両方の理由かも知れません。何れにせよ、有名品種がお手頃価格なので、欲しくなりますね。       サザンさん、大きな庭をお持ちでうらやましいです。うちは、総量規制があるのと、既に改良園の青薔薇2種を注文済みなので、あと幾つ騙せるかな?(笑)    マチルダさんRofRの1700円ERは、有名品種、売れ筋だと思いますよ。ぼくは、ERがまだ少ないので、1700円のを幾つかピックアップするつもりです。他にもブルボンやチャイナで欲しいものもあるし、忘れてはいけないのは、HT。うーん悩むなぁ。楽しみ、楽しみ。

マチルダ - 01/08/16 11:53:21

コメント:
こんにちは!サザンさんの選んだ苗をどんな花かな?とカタログやローズギャラリーを見て参考に楽しんでいます。ハニーブーケ淡い杏色が素敵そうですね。私は、まだまだ迷っています。手をなるべくかけないで育てたい気持ちなので名前が有名で人気の高そうな苗を探しています。 たぶん病害虫に強くて育てやすいかなと思っているんです。  我が家の優等生(手がかからない)は、カトリーヌドヌーブ マチルダ ピーターフランケンフェルト です。

サザン - 01/08/16 11:14:51

コメント:
お盆休みの間にと考えていたので今日注文しました。 明細は、RofRへ-----シャリファアスマ、タモラ、フェア・ビアンカ、ペルディ−タ、ア・シュロップシャイア・ラッド、プロスペリティ、レーヌ・デ・ヴィオレット -----京成バラ園へ------モンジャルダン エマ メゾン(つるは買わないと思っていたのに ひと目惚れ)、ハ二−ブ−ケ、ファビュラス(FLが好きなんです この2種はFLです)。 合計10種になっているでしょう!(笑) しかし、アンティ−クさんへも注文したから・・・・ 京阪園芸にも誘惑されるかも!!!???

Rosaholic - 01/08/16 07:34:22

コメント:
サザンさんも相当慎重に品種選びされていますね。シャリファアスマは入っていますか?RofRではリストだけを葉書で請求して取り寄せ、写真はイギリスよりDavid Austinの所とPeter Bealesの所から無料で送ってもらいました。←各サイトからfree catalogue申し込めます。全部ほとんどタダでもらっちゃっています。特にPeter Bealesは、直に買うことも出来るようで、ビデオ2巻を考慮中です。品種としては、決定なのがドレスデンドール(M)とシャリファアスマ(ER)で、あとひとつ位と思っています。

かずさん、\1700は確かに魅力的な値段です。古い品種だからなのかと思えば、古くても高いのもあって、値段の根拠が不明です。庭に地植えできるスペースが有るというのはうらやましいです。私も始めは「まず鉢で育ててみて、地植えが良さそうな品種は地植えにしよう」と思っていたのですが、気が付くと地植えどころか、鉢を置くスペースも無くなってきて、子供はトンネルだー、と言ってくぐり抜ける枝と枝の交差も大人にとっては、肥料撒き、潅水、薬剤散布の時の障害になっています。京成バラ園芸の発表新品種が少なかったのがせめてもの救いです。そろそろ本気で壁面にトレリスでも立てて、そこにハンギングプランターを吊して背の低いフロリバンダやハイブリッドティーを移して3次元的に空間利用促進計画を具体化する時期に来たようです。

かず - 01/08/15 11:18:47

コメント:
東京は「お盆休み」で電車や道路が空いてます。みなさんのところは、どうでしょうか?ロサさん。やっぱり、増やすのは難しい状況ですか?100以上だとそうだろうなぁ。うちでは、まだ庭にスペースがあるので、庭植えにします。あと、薔薇だけでなく鉢全体の数に規制がかかっているので、ラベンダー、クレマチス、ブルーベリーなどを庭に下ろしたりしてスペースを確保すれば何とかなります。あたらしい薔薇を選ぶのは楽しいですね。RofRのイングリッシュローズ、アブラハム・ダービーとか、皆さんがお勧めする超メジャーな品種が安いですね。欲しくなりました。よく検討しなくっちゃ。楽しみ、楽しみ。

サザン - 01/08/15 08:32:52

コメント:
おはようございます♪ かずさんに教えていただいたサイトで見てきました。 考えていた色と違うので止めにしました。 ダ−クレディ−、フォ−ルスタッフ、プリンス、キアンチ、フイッシヤーマンズフレンドのような深い色ではないようです。 シェ−クスピア2001、イングランドロ−ズ、ミスアリスなど 取り合いになりそうな品種は、発売延期になっのでノンビリ選びます。 でも輸入品種の締め切りは今月末だし・・・そうもいかないか。

Rosaholic - 01/08/15 07:40:54

コメント:
サザンさん、私もこの冬に向けての注文は非常に慎重になっています。出来る限り数は少なくということで。でも方針すら立たず、欲しい品種を書き出して眺めてみるところから始めようかと思います。カタログやリストは忘れていた欲しい品種も思い出させてくれるのでとってもありがたくもあり、悲しくも(くやしくも)あり、という感じです。お探しのノーブルアントニーはかずさんが教えてくれましたね。私はイングリッシュローズあまり詳しくないので、どこかのナーサリーのサイトかhelpmefind.comくらいしか浮かんできません。

かずさんノーブルアントニーのサイトありがとうございました。この秋から冬の大苗の時期の禁止令に背く行為はどう取り組むつもりなのでしょうか?私も近い状況なので、興味があります。私の場合、カタログをわざと家族の前で見ていて、「あー、コレ前から欲しかったんだよねー」とか、独り言を叫んでいます。

ナツノさん、昨日はダコニールだけが悪いように書きましたが、一般的に27℃以上の散布自体、葉焼けの危険性があるようです。それで早朝とか夕方と言われているようです。でも最低気温が27℃だったりすると、風がなくても早朝でも散布しないほうが良いのかも知れません。フルピカフロアブルはクミアイ化学の製品なので、ホームセンターには無いかもしれないです。私はJAで買いました。ちなみに250cc入りで\4960+taxでした。

ナツノ - 01/08/14 20:43:09

コメント:
こんばんわ ダコニールの件、有難うございます。実は7月以降もポールネイロンに黒点病が出たもので何度かダコニールを1000倍で散布しました。結果は…葉焼けです。黒点病か葉焼けなのか判らない事態になりました。次回は濃度を薄くしたいと思います。フルピカフロアブルの名前、はじめて聞きました。ホームセンターでどんな物か探して見ようと思います♪

かず - 01/08/14 12:32:08

コメント:
ロサさん、朝霞の花火が屋上から良く見えるんですが、花火を見に上がったときに、増えていることに気づかれました。なんだか知らないけど、最近増えてるんです。(笑)     マチルダさんは関西の人ですか。花フェスタはERがすべて揃っているらしいですね。いいなぁ。ER好きには、聖地のような場所?。   ナツノさん、寒天やピカコーは、強力な展着剤の役目を果たすので、通常濃度より薄い濃度で効き目があります。省農薬には持ってこいです。ただ、使い方のレシピがあまり無いので、自己責任で試すしかないです。   サザンさん、ノーブル アントニーは花フェスタのデータベースにあります。http://www.rd.mmtr.or.jp/~hanafes/enrdb/NobleAntony.htm

サザン - 01/08/14 09:03:38

コメント:
おはようございます♪ なかなか書き込みが活発ですね。 RofRと京成バラ園のカタログが届きました。 今選別中です。今年は10種しか増やさないつもりが、もう少し増えるかもしれないです。自分が抑えられないバラ中毒症状です。(ーー;) 京成バラ園で気になる品種が2種。 RofRでは送料が無料になるので10種←W・シェイクスピア2000など、必ず買うつもりだった3品種が日本国内での販売延期になったことだし、ここを減らそうかと・・・   ロ−ズ・アンティークさんにも既に3種注文済みです。   ERのノ−ブル・アント二− どのようなバラかご存知ないですか? 検索かけても良いところが引っかからないのです。   フルピカフロアブルはロサとんの使用感などお聞きしてから熟慮いたします。  

Rosaholic - 01/08/14 06:31:10

コメント:
かずさん、ついに出ましたか、増殖禁止令。規則は、違反が明るみに出てからおとがめがあるもの。剪定してすかすかになった時に大苗が入り込んで、その大きな変化に数の増加を気付かれるとしたら、その時が一貫の終わりということでしょうか?!それまでは自殺行為かもしれません。なんて。

マチルダさん、ばらのシーズンは手入れが忙しくて遠くへ行けない気持ち、よく分かります。私の場合、せっかくウチのが咲いているので、ようく満喫してからでないと、などと貧乏根性丸出しです。で、結局近場しか行けず、要するに計画性の無さに反省するピーク時なのです。事前の決心と準備が必要だと思います。

ナツノさん、ダコニールの濃度ですが、ご存じのように取説には1000倍となっていますが、暑い時期にはこの濃度では濃すぎるようで、葉焼けします。で、薄めて使うのですが、どこまで薄めて効果か有るかというのは難しい問題です。基本的には使用実績しかないのでしょうが、2000倍は良い線かもしれません。殺菌剤としての本来の効果のほどは実験してみるしかないようですけど。
かずさんは寒天、私はピカコーという違いはあっても、葉への薬剤の付着を高める効果+菌を葉の表面に膜を作ってブロックするという目的で混ぜています。ですから、通常濃度では葉焼けの危険性がより高いので、薄めて使う(でも効果は変わらない)のがレシピになります。これに気温の要素で薄くしなければならないので、どの程度の濃度が最適なのかこれもやってみないとはっきりしません。私は今シーズン始めてピカコーを混ぜ始めてみていますが、濃度の高めからアプローチしたために(このくらいなら葉焼けしないだろうと思いました)随分葉焼けを起こさせてしまいました。ピカコー80倍+ダコニール1500倍は、全く濃度が高すぎて葉焼けの被害が甚大でした。始めはピカコーなしで5/29に散布したダコニール1500倍では葉焼けしなかったので6/23にこの濃度のまま更にピカコー80倍も混ぜて、葉焼けをやってしまいました。始めはこれが濃度のせいだと気付かず、過燐酸石灰の量が多すぎたのかと思っていたので、また7/15に同じ組み合わせでまた葉焼けを起こして気付いたときは本当にトホホでした。農薬きらい派の方からは、「ばらを守るつもりの散布でばらを痛めつけているなんて!」とののしられそうです。今年の失敗データを今後に生かしていきます。暑い時期はダコニール使わないというのもローテーション用の別の殺菌剤が確保できれば取り得る手だてなので、そういう意味からも私は値段は高かったですがフルピカフロアブルを導入してみました。

ナツノ - 01/08/13 23:25:38

コメント:
書き終わって送信したら名前が「こんばんわ」になっていました。ナツノです。相変わらずおっちょこちょいです。すみません。マチルダさんこんばんわ。私は京成ばら園へは車で2時間で行けます。でも花フェスタへはいつか行ってみたいです。…バラクラへも…と思っています。京成ばら園はHTとFR中心です。今年も7月に行きましたが、花数も多くきれいでした。なにより病気がほとんどありません。不思議な気すらします。さすが…という方が良いのでしょうネ!ERは小さな丘に植わっています。鉢植えが主の私には、ERも地植えにするとこんなに大きくゆったり咲くのかと羨ましい限りです。

こんばんわ - 01/08/13 23:11:08

コメント:
かずさんrosaさん、こんばんわ ラレーヌビクトリア、やはり秋は咲きませんか。 私の家でも去年は秋に咲きませんでした。(1999冬購入) しかし今年は7月辺りからシュートが元気良く伸び出しました。私の背を遥かに越え、2階に届きそうな勢いです。(実際チョット困っています…)   それからダコニールは2000倍でも良いのですネ。効き目は通常濃度と変わらない…という事ですか。今度試してみます。参考になりました、有難うございます。

マチルダ - 01/08/13 23:04:33

コメント:
こんにちは!少しずつ黒点病が出始めてきました。5月の消毒以来してないので当然なんですが、グラハムトーマスとアイスバーグに少しでてます。重症にならないように、 病葉をとっています。ひどくなってきたら消毒をします。手遅れですよね。 バラクラの件ですが、こじんまりまとまり庭としてはセンスよく造られていると思います。 バラ以外の草花は、いい感じなんですが、オールドローズは去年見た限りでは、木が小さくてあまり勢いがないように思いました。 今年はもっと良くなっているかもしれないですね。 愛知県に住んでいるので京成ばら園も神代植物園も行ったことがないのです。 バラの花の最盛期は、バラの手入れに忙しくて遠方へはなかなか行きにくいですね。 思い切って一度京成ばら園へ行ってみたいと思っています。今ジャクリーヌデュプレと デインテーペスが暑さに負けずに咲いてきれいです。

かず - 01/08/13 15:28:15

コメント:
La Reine Victoriaについて情報ありがとうございます。ちょっと病気に弱い子みたいですね。いろいろ検討して決めたいと思います。すいません、サプロールは粘着くんと混ぜて、かっぱん病のときでした。訂正します。うちも週末は大雨だったので、庭の方がそろそろ心配です。そういえば、ローズオブローゼスから注文リストが来てますね。(京成バラ園からは、まだですが、そのうち来るだろう。)屋上の薔薇増殖に禁止令が出たので、地植えに出来るものを地植えにして数が増えてないように見せかけながら(笑)、新たな薔薇をお迎えしようと思ってます。

Rosaholic - 01/08/13 07:24:34

コメント:
かずさん、寒天の詳しい情報をありがとうございました。それと、やはりダコニールの薬害。私の場合は不注意で通常濃度で使った時は大変な目にあいました。それに懲りて薄めてみたのですが、まだ葉の先に出ました。ダコニール自体を暑い時期に使うのをやめるか、もっと薄くして使うかとにかく対策が必要ですね。気になったのは、サプロールをお使いとのこと。黒点が出始めたのでしょうか?ウチのほうでもおととい当りから恵の雨が降りだし、これからが気を付けなければならない時期かなと思っているものですから。
さて、ラレイネヴィクトリアですが、去年の印象では黒点にかかりやすいと思います。幸いにも今年は出ていません。株が大きくなって強くなったのか、雨が少ないせいか、原因は特定できませんが。あとウドン粉も出やすいです。春に出ました。ロサムンディほど重傷ではなく、今では跡形もないです。葉が薄いので仕方の無いことかも知れません。あと、繰り返し咲き性については、「夏以降は咲きません」です。春に早めに一斉に咲き、その後返り咲きますが、シュートが伸び出す頃、花は付かなくなります。まだ2シーズンでの結果ですが、株が成熟するに従って一番花以降の花付きも良くなることを期待しています。秋にも咲くようでしたら、またお知らせします。

かず - 01/08/12 21:02:34

コメント:
追加です。できたしんてん(寒天)液は2リットルのペットボトルで保存してます。しんてん液を薬剤に混ぜる場合は、25倍で使用します。殺虫剤として使用する場合は10倍に薄めます。ハダニに対する効果は未だ?です。

かず - 01/08/12 20:47:06

コメント:
マチルダさん、ありがとうございます。バラクラは規模が小さくて見劣りしますか?花フェスタは行ったこと無いのですが、京成バラ園や神代植物園より見劣りするかな?ただ、オールド・ローズは充実していると思うんだけど。          ロサさん。バロックに寒天を混ぜたことはありませんが、サプロール、ダコニールは2000倍で散布してます。ダコニールは2000倍でも濃すぎたようです。新芽に薬害が出ました。今度は、3000倍にしてみます。効き目は、通常濃度と変わりないと感じてます。寒天は固形のものではなく、粉末のものを使用してます。それ以外は、小山バラ会のやり方と同じです。1袋4gに水500ccが寒天の作り方なので、その3倍に希釈、つまり、1袋を1500ccの水で溶かし火にかけます。その後、保存の為に、木酢を2%だから30cc加えます。あと、寒天の成分を見るとナトリウムと食物繊維だけですので、カルシウムの供給は期待できません。ラ・レーヌ・ビクトリアお持ちですね。耐病性などどうでしょうか?今気になってます。

Rosaholic - 01/08/12 08:14:04

コメント:
マチルダさん、バラクラと花フェスタの情報ありがとうございました。昨日、ローズオヴローゼズのリストと京成バラ園芸のカタログが届き、大苗選びの時期が来たんだなあと思って早速目を通していると、一度欲しいと思いながらも買いそびれている品種も多く、居ても立ってもいられず、近所の村田ばら園に行きました。ご無沙汰していたのですが村田(兄)さんは私のことを覚えていて下さいました。お目当ての品種は無かったのですが、第2候補のばらは、思っていたより大きくなると伺い結局パス。その他、色々見せていただき、大粒の雨が降りだすまで居ました。この雨もすぐにあがってしまって、ウチの雨水たまる君の水位は上がったように見えませんでした。もっとまとまった雨が降って欲しいものです。あの程度の雨では、葉が繁っている株の株元の土は葉が傘の役目をするので乾いたままです。

Rosaholic - 01/08/12 08:10:32

コメント:
かずさん、寒天とバロック等の薬剤を混ぜて散布して見たことあります?ピカコーの場合には、他の薬剤と併用すると、薬剤の濃度を下げられる(そのままだと薬害がでるので)のと、効果が長く持続するらしいので、寒天とピカコーの効いている機構が同じなら同じように使えると思うのですが。私の場合、ピカコー+木酢1000倍のみ(ピカコー20倍、ワイルドローズ用、雨の当るベランダ)、もどきの次の日にピカコー+木酢1000倍のみ(ピカコー20倍、雨の当らないベランダ)、ピカコー+木酢1000倍と薬剤(ピカコー80倍、庭)の3パターンで今シーズン様子を見る予定です。
寒天とピカコーが効果が同じで副次的な葉面からのカルシウム供給も期待できる(ピカコーも海草が原料)とすると、あとは、値段と入手と前処理のことが気になります。寒天って、乾物で入手したあと、水で煮て使うのですか?かずさんは、どうやって用意されて何倍位で使われています?私はピカコー20kg買ってしまったので無くなるまではピカコーで行こうと思いますが、無くなった時点で、またピカコーを買うか寒天に乗り換えるかという先の問題もあって、興味を持っています。

マチルダ - 01/08/11 22:13:53

コメント:
こんにちは!ROSAさんグラミス城の感想参考になりました。 次はどの苗を購入しようか考えるのって本当に楽しいですね。 本の説明、講評だけでは納得できないことってありますよね。 グラハムトーマスは、カナダで見てビックリ!  高さ2.5メートル幅3メートルくらい 花が数え切れないほど見事でした。私のグラハムトーマスもじうえなので2メートルくらいになってきました。 かずさん バラクラ去年行きました。 6月23日に行きましたがまだ少し早いくらいでした。まだ木も小さくて、 花フェスタ公園へ毎年行っているのでどーも見劣りがして、 まあ規模もまったく違いますが それから花フェスタ公園は秋には行かないほうがよろしいかと思います。 我が家の薔薇より花が少ないくらいでした。( 去年のことですがね。)春はそれは見事ですよ。遠方からでも満足していただけると思いますよ。私は車で2時間くらいなのでとてもありがたいです。

かず - 01/08/11 19:26:58

コメント:
こんばんは。蓼科方面にいくなら、バラクラへまず行きたいですね。バラクラへ行った方いらしゃいますか? 粉粧楼にハダニ発見!バロックの効き目も20日ぐらいか?それとも、これには、満遍なく散布しなかった?粉粧楼には、寒天散布で対応してます。

Rosaholic - 01/08/11 06:55:49

コメント:
ねこにわさん、あるにはあっても普通に売られているサマースノーは、つるですよね。ねこにわさんがもらったサマースノーがフロリバンダだと良いですね。私のダービー氏(親)は今3番花を咲かせています。ダービー君(子)は、2番花の後、今は3番花のつぼみがあります。グラミス城はウチでも咲いています。そうなんです、真っ白じゃなくて夏はピンク系が出るのか真珠色っぽくなって味わい深くなっています。きれいですね。

ねこにわ - 01/08/11 02:04:13

コメント:
rosaholicさん、サマースノーの件、ありがとうござい ました(=^_^=) フロリバンダがあるんですね。つるの ほうはほぼ一期咲きだけど、フロリバンダは1年中咲く のかな。それならフロリバンダの方がいいなぁ。うち のは両方ともまだフロリバンダくらいしか成長してま せん。ウドンコにものすごく弱いし、チュウレンジバ チも大好きですが、鉢を植え替えベランダにもってき てからかなり持ち直しました。これを教訓にしょぼい ものはベランダで育ててます。う〜ん、全部ベランダ にもってきたくなってくる...(汗) アブちゃん、ま た蕾がつきだしました。さすがイングリッシュローズ です♪ 地植にしたい衝動にかられます(^^;) で もツルバラみたいに大きくなっちゃうんですよねぇ。 うちのグラミスは杉山バラ園の新苗ですが、香りはあ まり感じないかな。でも次々とよく咲きます。今咲い てるのは中心がベージュというか薄いアプリコットの ような色で咲いてて、不思議ですがかわいいです。

Rosaholic - 01/08/10 16:48:12

コメント:
サザンさん、ウチではGloire de Dijonを壁に誘引してあって下には、他のばらを置くスペースがないので、助かっているだけかも知れませんね。ウチの近所では相変わらず雨は降らないので、黒点病は無いですが、取水制限などが困ります。早くまとまった雨が欲しいです。殺菌剤でクミアイ化学から出た「フルピカフロアブル」というのを買ってみました。250mgで\5000以上もするので随分迷っていたのですが...、やっぱり新薬は高いですね。でもこれでローテーションに随分余裕が出てきました。黒点病にも準備万端という感じです。ちなみにこれはウドン粉、黒点病などの予防用です。

サザン - 01/08/09 23:04:59

コメント:
>その時の調査では、Sombreiulに樹性は似ているけど、繰り返し咲き性が劣る、 カタログでは「早く開花し、シ−ズン中よく咲き続ける」とあります。 劣るんですか! >去年は黒点やられまくり+せっかくのつぼみがボールになること多発でしたが、今年は雨が少ないので、悪さが直ったのかどうだか実感はないですが、湿気でボール、黒点なりやすいというのは、複数の本で共通して言われています。 クライマ−の黒点病はこりごりです!(笑) 上から胞子をばら撒くので下にある木バラが上のほうから発病するんです。 下から上だと一雨ごとに1〜2節くらいづつですが、上から下のほうへは広がるのがとても早いです! ということで止めました! ありがとうございますM(__)M      マチルダさんの候補の中ではエブリンとグラミスがお勧めです。 ただ、グラミスはうどん粉には弱いようです。 しかし、花はひっきりなしに咲きます。

Rosaholic - 01/08/09 22:25:10

コメント:
マチルダさん、ますますイングリッシュローズですね。グラミスキャッスルは私のは香りないのですが、繰り返し咲き性はとても良く、ウワサ通りという感じです。ハンギングプランターでの生育状況ですから、地植えにするともっと良いかも知れません。アイスバーグの香り、そういう区分ができるとは!!教えていただきありがとうございます。私のは残念ながら日本ばら園のです。でも処分品で買ったピースが強いフルーツ香で、同じ品種でも系統の違いや、樹性さえも強弱違うようですね。良くない樹から取った芽を接いだ苗は良くないらしいですから。育てる環境、施肥料などももちろん影響するでしょうし、結論めいたものに到達するのがとても難しいと感じます。

Rosaholic - 01/08/09 22:14:15

コメント:
サザンさん、私のGloire de Dijonは、昨年2月に大苗を植えたもの(10号プラ鉢植え、この冬は植え替えしなかった)で、まだ本領発揮していないと思います。一番長い枝で去年の途中シュートが3m位になったでしょうか、横に誘引して、折り返したので、長さははっきりと覚えていません。春は今年は随分花数増えましたが、繰り返し咲き性が余り良くありません。今3番花が5,6個付いていると思います。2番花は本当に少なかったです。これを買おうと思った時にやはり比較したのがSombreuilでした。結局両方買ってしまいましたが。その時の調査では、Sombreiulに樹性は似ているけど、繰り返し咲き性が劣る、白でないのが良いならばGloire de Dijonという判断基準だったと記憶しています。また、花の形は、Gloire de Dijonは、一番外側の花弁が剣弁になったり、ロゼットっぽくなることもあって、好きです。つぼみが濃いピンクで、花との対比も美しいです。花は中心が黄色/アプリコットっぽくなり、グラディエイションがきれいです。去年は黒点やられまくり+せっかくのつぼみがボールになること多発でしたが、今年は雨が少ないので、悪さが直ったのかどうだか実感はないですが、湿気でボール、黒点なりやすいというのは、複数の本で共通して言われています。去年は正にうなづきながらこういう記述を見ていました。香りは似ている気がしますが、方や町田、方やつくばということで、かぎ比べができていませんので、どちらがどうというのは、よくわかりません。今Sombreuilは花がありません。
以上つたない情報ですが、ご参考になれば幸いです。黒点病に強い 品種を望まれるなら、止めたほうが良いかも知れません。

マチルダ - 01/08/09 22:11:29

コメント:
こんにちは!秋の苗購入 どれにしようかな?楽しみに毎日考えています。現在の候補は、シャルロット グラミスキャッスル マサコ・イグランティーノ エブリン バレンシア クイーンマザー ヨハンシュトラウスなどです。 今年初めて、ハークネス社のFLラマーを育てているのですがきのいきおいがあまりよくなくて、花はとても美しいのですが、 ハークネス社のシリーズも迷っています。 育てた経験のある方 この候補者の評価をお願いします。  それからアイスバーグのことですが、 京成ばら園で購入したのは、香りがあり、日本ばら園のは、香りがありませんでしたよ。

サザン - 01/08/09 21:05:47

コメント:
こんばんは♪ 発注する大苗の品種選定の時期になりました。 クライマ−はもう増やさないと思っていたのに グロワール・ド・ディジョンが気になっています。 お持ちでしたよね!まだはっきり特徴がわかりませんか?

Rosaholic - 01/08/07 21:31:10

コメント:
かずさん、メアリーローズガーデンは、早目に行ったほうが良いかもしれません、何て言うと怒られるかも知れないので、かわりに一応URLなどを載せておきますが、このサイト自身もあまり情報量はありません。あとこのサイトからリンクされている地図も地元の地理に明るくないと、どの辺だか分からないし、たどりつくには最低1回電話で確認が必要だと思います。
http://www.mary-rose-garden.com/
リピーターは割合が低いと思います。ローズガーデンなんて名前付けないで、もっと別なのにすれば良かったと思いますが。

かず - 01/08/07 19:50:06

コメント:
休暇中でしたか、良い旅行になりましたか?メアリーローズガーデンは多分、ロンドン、リージェントパークのQueen Mary's Rose Gardenから名前を取っているのでしょうね。各地にバラ園だのイングリッシュガーデンだの出来てますが、一昔前のテーマパークのように廃れる前に見に行きたいな。

Rosaholic - 01/08/07 16:26:44

コメント:
週末から昨日まで、家族旅行に行ってましたので、レスが出来ませんでした。
8/5月曜日には長野県佐久市にあるメアリーローズガーデンに行ってきました。入園料\1000で中学生以下は大人同伴の場合無料、フリードリンク付き(陶器製のカップは持ち帰れる)でした。英国風ガーデンということで、ばらのコーナーもあるけどあくまでも一部。ばらは、名前から予想したようにERかORがほとんどでした。もちろんメアリーローズもあったのですが、メアリーローズ・ガーデンじゃなくてメアリー・ローズガーデンなんだろうなあと思いました。リトルアーティストなどのミニのスタンダードが他にはありましたが、HTやFLは無かったです。品種を書いた看板は全部の品種に付いている訳ではなく、少しがっかり。植えてあった品種名は記憶を辿ってみます。ERは、メアリーローズ、セプタードアイル、アシュロプシャイアーラッド、シャリファアスマ(咲いてなかった)、ティージングジョージア、コンスタンススプライ(咲いてなかった)、ORは、ルイズオディエ(咲いていました)、ファンタンラトゥール、エルモサ、...これ以上思い出せません。看板は無かったですが、ハマナシ(ロサルゴサ)も咲いていました。あと、ウインチェスターキャシードラルのような白と、ワイズポーシャのような濃いピンクの花が咲いていました。
ばらを目当てに、わざわざ訪れるとがっかりすると思います。イギリス風ガーデニングを自分の庭に取り入れたい方には参考になる部分が多いかも知れません。ERの種類と数では塩沢湖タリアセンのイングリッシュローズガーデンの方が遥かに上です(この辺では)。こちらはイングリッシュ・ローズガーデンではなく、イングリッシュローズ・ガーデン。
苗の販売所もあるメアリーローズガーデンでは、ばら苗も少しありました。つるピース、焔の波、イースターパレードやサカタのタネ系のミニが数種でした。イングリッシュローズの苗はありませんでした。ばらの季節は6月中旬ということで、軽井沢よりはいくぶん気温が高く感じたのですが、やはりここも高原気候なのでしょう。

Rosaholic - 01/08/07 11:55:17

コメント:
かずさんのご指摘にもありますが、でんぷん以外にも農薬登録されている安全な物質はあります。木酢液などは有害物質を含むので農薬登録できないという逆説的な側面も面白いと思います。粘着くんは、「売れないから置かない」ホームセンターもあると聞きます。農薬メーカー側も、農薬と言っても安全なモノもあるよというイメージアップとしては良くても商売的に成り立たないのでは困りますよね。

Rosaholic - 01/08/07 11:54:18

コメント:
ねこにわさん、遅くなりました。つるサマースノーの枝変わりで、サマースノー(FL)があります。おっしゃる通り「つる...」の方が遥かに有名だと思います。

Rosaholic - 01/08/07 11:54:51

コメント:
農薬/無農薬は、農薬の定義が法律用語としてなのか、いわゆる化学薬品としての意味合いで使うのかによっても変わりますし、非農薬の中の有害化学物質に対する考え方と取り扱いも色々あるようなので、あまり建設的な議論になりにくい(お互いの立場をけなし合っても、良い花が咲くわけじゃないので)と思います。ただし、今、例えば病害虫などで相談を受けたら、今実践している私の方法を、一例としてお勧めします。もっと良い方法はあるのでしょうが、現状では実績だけが拠り所です。使う「何か」が農薬なのかそうでないのかは、私にとっては余り重要ではありません。その効果が人に勧められるほど明らかな「何か」があるのなら是非教えていただきたいし、試してみたいと思っています。はっきりした効果は疑問だけど、悪くなさそうな「何か」も自分の仮説に合致してれば使ってみたい、やってみたいと思っていますので、まちだのこさん、サザンさん、いいのがあれば教えて下さい。私の場合だと、コーヒーかすや、お茶の出がらしやバナナの皮を乾燥して粉にしたものを撒く、というのが有りますが、堆肥作りを断念して替わりにやっているだけで特に目新しくは無いです。でも、それなりのウリもあります。欠点は、面倒だということ。乾燥、粉砕、ばら撒き、結構手間かかります。

Rosaholic - 01/08/07 11:55:05

コメント:
natunoさん、今日中くらいにはリンク完了したいと思っています、まだやってないんです。
よかれと思うことは全てやる!この方針は大賛成です。できないことも多いですが、そこは「出来る範囲で」という注釈付きで。半導体産業の中でシリコンがここまで育って現在の地位を築いたのは、よかれと思うことを全てやったからだと聞いています。つまり、因果関係を一々解明していたら研究開発が遅くなるという教訓のようですが、園芸でも因果関係がはっきりしている事象の方が少なく、また、それを解明するのが困難だと思います。自分なりの仮説を持って色んな人の実験?例なんかを知って、自分の仮説に合うことだけを取り入れる/試してみるしかないかなと思っています。

natuno - 01/08/06 06:33:55
ホームページアドレス:http://www5.plala.or.jp/natuno/

コメント:
おはようございます。皆様のお話を読んでいて思いましたが、ばらを育てるのに良かれと思う事はするべきではないかと…それは『農薬』か『無農薬か』にかかわらず…ということです。どちらに軍配が上がると言うわけもなく、ただばらが好きで育てているわけですので、何かを『決める』という事自体が無理なのだと思います。時には迷いつつ…ばらにも、自分の精神にも一番良い物を求めながら育てたいと思います。私も思考錯誤して、迷った時や困った時はここへ来て色々勉強させてもらっています。。。。♪♪時々農薬、時々無農薬(?!)の私です♪参考になる事はどんどん取り入れたいと思います。

かず - 01/08/05 16:09:33

コメント:
東京は涼しい!偶にはこんな日もいいよね。 まちだのこさん、はじめまして。かず@練馬です。無農薬栽培のアドバイスありがとうございます。ただ、僕の過去の失敗は、無農薬でバラをボロボロにしてしまったのですよ。夏以降は黒点とハダニでボロボロ。秋の花は貧弱で鑑賞に堪えられるものではありませんでした。やり方が悪かったのかもしれませんが、バラも本来の花を咲かせられずに辛かったろうと思います。ただ、簡単、手抜きで出来るなら無農薬をあたまっから否定しているわけでは、ありません。 無農薬のコツとかあれば、どんどん教えて欲しいです。ただ、バラを育てることがストレスになっては、本末転倒ですよね。コダワリながら楽しくバラを愛でていきたいと思います。これからも、どんどんお節介焼いてくださいね。「男性は生育をコントロールする」そうですね。コントロールしたいですよ。(笑)物事は理論的に考えたいですね。症例から原因を突き止め対処する。というのが好きです。 サザンさん。ぼくも無農薬派の中には、過去の自分のように、ボロボロの状態にして困っているひとがいるのではないかと思ってます。また、無農薬といって、木酢、ニームオイルなど他の薬品を使っていては、五十歩百歩のような気がしています。農薬もその代替品も使わないような栽培が理想でしょうね。 ロサさん、新薬は高い!粘着くんはただのでんぷんでなんで100ml、780円もするのでしょうか?でも、薬として認められるまでに、テストなどでコストがかかっているんでしょうね。安全に使用するためのコストなので仕方が無いのでしょう。

ねこにわ - 01/08/05 02:33:49

コメント:
こんちわ。あいかわらずバラ中毒患者がゾクゾクと集 合してますね〜♪ 農薬のこととか参考になります。 私はといえば、単なるグータラだめロザリアンもど き...欲しいものは優秀な庭師(爆) 農薬蒔くのがめ んどくさくて、せっせと割り箸で虫取りしてますが、 このめんどくささと農薬を散布するめんどくささ、い い勝負なのでは...と、最近気づきはじめました.. (汗) でもこの間、バラの花や葉に住む緑の蜘蛛 が、チュウレンジバチを抱えて食べていたのを見て、 やった〜♪ どんどん残酷になっていく自分...。蜘蛛 も巣をはられるとあんまり感じよくないのよねぇ。う 〜む。  さて、質問です。春に近所のバラおばさん からつるサマースノーの挿し木苗をいただきました。 そしてついこのあいだ、またサマースノーの挿し木を いただきました...。「前にもらったんですけど、いい んですかぁ?」と聞くと、前のはツルで、今度のは普 通...らしい? サマースノーってつる以外の種類ある のでしょうか?? 私のもってる本にはツルのしか のってなくて。もらえるものは貰う主義なので (爆)、もらってしまいましたが...教えてくださー い。

サザン - 01/08/04 14:53:20

コメント:
丁寧な解説ありがとうございます!やはり相当手をかけて世話されているんですね!バラも幸せでしょう♪ ただ、週末ガ−デナ−の方だとかそれぞれに栽培環境が違いますからその中でベストを尽くせればいいと思います。 幸い私はバラの世話をしやすい環境なのでありがたいです。 何よりも趣味ですから楽しめることが一番です! 環境を整えるという話は、農薬使用の方、無農薬の方両方から大事だという言葉があります。本当に土作りは大事だと思います。 今後も無農薬栽培の立場からいろいろお話、お願いしますね!

まちだのこ - 01/08/04 13:27:18

コメント:
RoseHolicさん、みなさまお返事ありがとうございました。 RoseHolicさんも町田市民だなんてちょっと嬉しいです。気候条件なども似ているわけですし。よろしくお願いいたします。 無農薬栽培について(続き) みなさん、要求水準の高い薔薇栽培(花の数とか、花の形状とか)をしてらっしゃるところへ、素人がのこのこ出てきて、えらそうにいったみたいで恐縮してます。少し説明を補わせていただきます。 薔薇の鉢は屋根なしで、赤煉瓦を敷いてあるところに置いてます。南向きですが、庭木に遮られて、冬は日当たりがもう一つなので、1週間ごとに、鉢をお日様を求めて移動さしてます。鉢のまわりはきれいに掃除してます。 固形ボカシ(骨粉入り)は置き肥にしてます。夏場も結構元気に蕾をつけるので(あくまでも私の基準からみてですが)花が終ったあと次の蕾をつけるまでに、少し置き肥してます。 年一回土替します。これは必須だと思います。 木酢液使用については、たまに土に潅水するのは結構いいような気がしました。ただ適正濃度がよくわからないので、きまぐれ程度です。 夏の水やりが、ちょっと遅れて新芽の先がたれるような状態にすると病気にかかりやすくなるようなので、気をつけてます。ダニにやられた葉は、葉裏を指で押すようにこすってそのままにしておきます。(少しは光合成してくれるのではと期待して)。葉は落ちることもなく一応葉として働いているようですが。このやり方は自分でもいいかげんだなあと思ってます。 ゾウムシに卵を産み付けられた蕾は切り取って処分しますが、まだたくさんあるからいいかと。黒点病は梅雨時分、主に下葉に出ますが、みつけたらちぎっていれば梅雨あけとともに治まる感じで、壊滅的にはなりません。 鉢土の表面におまじないのようにくんたんをひいていますが、黒点病に効果があるのかないのかわかりません。 あぶらむしもテデトールです。これはあんまり数が多くなると駄目かもしれませんね。でも30鉢ぐらいですと すぐにチェックできます。 嫌いなのはうどんこですが、早期にふきとるぐらいで対応してます。葉が見苦しいくなるけれど薔薇自体にそれほど被害は与えないと本で読んだものですから。(これには諸説あるようですが、私のところでは過ぎてしまえばとくに被害は残らなかったようです。) 運がよかったのか、あまり重篤な薔薇の病気を経験したことがないので、少々熱があっても元気ならまあ様子をみようと思ってる間に回復するこどもをみてる感じです。 枯れる殆どの場合は苗を買ってきて植えてすぐです。(いままで3本ありました。) でもRoseholcさんように、多種多様の薔薇を育てていらっしゃる方達からみると私の育てている薔薇はポピュラーなものばかりで育て易いのかもしれませんね。一番好きな薔薇はヘリテイジとルイ−ズオ−ディエであるというところからもお分かり頂けると思いますが。 でも初心者は、種類も少なく目も行き届くわけですから、農薬なしでもなんとか、なるのではと考えてるんですけれど。 これはちょっとうがち過ぎ考察ですが、薔薇の生命力を信じて、いい環境を整えてやり、結果はほどほどでも元気ならいいやと待つスタンスというのは、女性にはなじみ易いのかも。(私の場合、子育てでは駄目ですが) どちらかというと、男性は、生育をコントロールするほうが、やりやすいと思われるのかもしれませんね。 無駄口失礼しました。ではでは

サザン - 01/08/04 10:24:08

コメント:
>まちだのこさん、はじめまして♪ > もうひとつはこのサイトでは皆さん農薬の使用があたりまえになっているようだからです。 決して非難の意味ではないんですけど。やはり無農薬派に遠慮されてるんでしょうか、あんまり農薬を用いるサイトはみかけないようですね。-----  これは完全に誤解です! ある程度の数のバラ栽培をしている方の中では、農薬を使用している方のほうが圧倒的に多いです! 決して自慢になることではないので無農薬の方たちのように大きい声をあげないだけですよ!(笑)------ >私の不勉強でしたらごめんなさい。 私は30鉢ぐらいなら完全無農薬でなんとかなるもんなんだなあと思ってたもんですから、余計驚きました。 -----私も無農薬とまではいかないですが、減農薬に取り組んでいるので質問させてください。 鉢栽培ですか? その場合、屋根つきで栽培されているんですか?----- >単なる薬嫌いで、無農薬を意識してたわけでは無いのですが、年々薔薇に体力がついて、花も毎年増えてきます。薬を用いた時ほどではないのかも知れませんが、少々病気になってもとてもたくましいです。 -----バラに限らず植物は生育するにつれてその環境に慣れてきます。これは農薬使用の場合でも同じですよ! コンテストなどに出品されている方(特に上級者)の畑をご覧になったことがありますか? よく知りもしないで「農薬漬け」「水ぶくれ」だのと安易に批判している方も拝見しますが、素晴らしいものですよ! 私は13年間バラ栽培をやっていますが、減農薬に取り組むととても難しい! が、ある程度なんとかなることも実感しています。 そして無農薬で栽培している方たちのどれだけの方が成功しているのか?とても興味があります。 私の実感では、無農薬栽培はとても手間がかかります。 ちゃんと手間をかけて栽培している方がどれだけいるのか? 疑問に感じています。 ”単に何もしないだけ”という方のほうの割合のほうがはるかに多いようにも感じています。 バラはそれでも育ってくれますからね。 GAMIさんのサイトで勉強されている方たちは、しっかり取り組んでいる方が多いと思います!  でも、こんな話題はバラのサイトだけみたいなんですよ?(笑) バラのサイトでは、梶さんの影響を受けた方が多いんですよね。 クリスマスロ−ズにも凝った方がいて クリスマスロ−ズのサイトの方から農薬使用を薦められて必死に断っているのが面白かったです。 でも、「病気だと分かっているのに何もしないより 農薬を使用したほうが植物のためではないですか!」という言葉がとても印象的でした。 私はもっと勉強し技術を磨いて・・・農薬使用、無農薬両方の立場を公平にコメントできるようになりたい と思っています。-----

natuno - 01/08/04 10:05:37
ホームページアドレス:http://www5.plala.or.jp/natuno/

コメント:
おはようございます。リンクの件、もちろんオッケーです。どうぞ宜しくお願い致します。

Rosaholic - 01/08/04 06:40:44

コメント:
まちだのこさん、はじめまして。無農薬で成功されているとのこと。うらやましいです。樹の持つ強さを引き出してあげれば相当行けそうだと考える裏付けになる非常に心強い例だと思って参考にさせていただきたいのですが、特に変わったことはされていない様子。ポイントは土作りと樹が大きくなるまで待つ、でしょうか?これはどちらも重要だと思います。特に後者。今年、実生を育てて見て、とてもウドン粉にかかりやすいのでびっくりしたのです。実は、私も密かに無農薬では無理だと信じてたひとりです。でもやり方を工夫すれば、農薬づけから一気に無農薬へシフトするのは無理だとしても、少しずつ近づけるのではないかと思って色々試行錯誤しているところです。少しずつの中には、同じ農薬を使うにしても、人体などへの毒性が低く、選択性の高い新薬を導入するというのも含まれます。私の場合、減農薬を目指していますが、その根拠となる大きな理由は「環境と自分への負荷の低減」のためだからです。あと2Fのベランダ(雨はかかる)を使っての本当の無農薬コーナーもあるんですよ。今年から試験的に始めています。今の所うまく行っています。
町田市在住の方ですか?私もです。

Rosaholic - 01/08/04 06:39:56

コメント:
かずさん、バロックの残効は、やはりウワサ通りということですね。心強いです。耐バロックハダニが出る前に新薬の開発が望まれます。製薬会社も大変そうですね。最近の農薬登録の規制も相当厳しいものになってきました。ユーザとしては、もちろん望ましい方向です。値段が高くなければ言うこと無しなんですが、新薬は高いですね。

Rosaholic - 01/08/04 06:35:37

コメント:
サザンさん、写真是非見せて下さい。色々な写真を見てみないとなかなか「これがそうなんだ!」という実感が湧かないものですから。

Rosaholic - 01/08/04 06:34:34

コメント:
ゆうたさん、モザイク病の話、RAにあったのですね、さすがです。←さすがRA、さすがどこにどんな情報があるかを知ってる(教えていただいてる)ゆうたさん。

Rosaholic - 01/08/04 06:34:34

コメント:
ナツノさん、リンクこちらこそよろしくお願いします。こちらからもリンクさせていただいてよろしいでしょうか?

まちだのこ - 01/08/04 01:56:06

コメント:
Rosaholicさんこんばんわ。いつもGAMIさんのサイトと、OZさんのサイトをチェックして寝る習慣なのですが、偶然このサイトをみて、びっくりしました。 ひとつはRosaholicさんの薔薇への熱意に感激したからです。教えられることも多く、それでこのサイトにも定期的にお邪魔するようになりました。 もうひとつはこのサイトでは皆さん農薬の使用があたりまえになっているようだからです。 決して非難の意味ではないんですけど。やはり無農薬派に遠慮されてるんでしょうか、あんまり農薬を用いるサイトはみかけないようですね。私の不勉強でしたらごめんなさい。 私は30鉢ぐらいなら完全無農薬でなんとかなるもんなんだなあと思ってたもんですから、余計驚きました。 以前庭師さんが来たときに植物にはボカシが一番といわれて、赤玉土と腐葉土と骨粉入りボカシのみで薔薇を育て始め4年ぐらいたちます。単なる薬嫌いで、無農薬を意識してたわけでは無いのですが、 年々薔薇に体力がついて、花も毎年増えてきます。薬を用いた時ほどではないのかも知れませんが、少々病気になってもとてもたくましいです。 それぞれの薔薇の個性がだんだんわかってきて対応もだんだんうまくなります。庭に出てたっぷり水をやりながら、危ない葉は取り去りますが、楽しい時間です。仕事の時は夕方の水やりになりますが、なんとか大丈夫そうです。春の病虫害には心配させられますが(ぼろぼろにはなりません。)過ぎてみるとまた夏元気に3番花4番花など咲かせてくれてます。ある意味では春より病気がなくて元気です。 やはり人間も動植物も健康な体であれば苦難に耐えやすいのかなあと、無農薬で育てていらっやる先輩達の言葉が 腑に落ちます。 掲示板に無農薬栽培を初めから拒否されておられる方がいらっしゃるようなので、結構楽ですよとお節介いいたくて書き込みしました。もっとも薔薇に体力がつくのを気長に1年または数年待ってやるのは嫌な人も多いのかも知れませんが。 これからもお邪魔すると思いますがよろしくお願いします。

サザン - 01/08/03 19:22:58

コメント:
かずさん、本当にそう思います! いろいろな症状をみて・・これは何だろう?の連続です! 確かに絵描き虫に似ています。 が、あれは透かしてみると虫がいますよ〜。       早朝水遣りをしたときに大丈夫だったのに、 昼見たら葉焼けを起こしていた株がありました。 それも上部のほとんどに・・・ 起きるときはとても早いみたいです。 今まで大丈夫だったのに・・どうしてだろう!? 寒冷紗がつけてある株は全て被害がないので有効だと思いますよ。  

かず - 01/08/03 17:22:58

コメント:
モザイク病かぁ。なんか、知らない病気がいろいろ現れて、自分の無知さ加減が再認識されますね。     ゆうたさん。はじめまして。情報ありがとうございます。見てきました。いろいろな模様が現れるんですね。3つめのサイトの一番最初の画像、絵描き虫のようですね。もしかして、絵描き虫かと思っていたのも、よく観察するとモザイクなのかな?      サザンさん。バラも90%がウィルスにおかされている?では、僕のバラたちもあのような模様を見せるときがくるのでしょうか?それとも日本の苗は大丈夫?もっと注意深く観察すると、モザイク発見できたりして。ARSのもうひとつのrose mosaicのレポートには、ウィルスの効果について書いてあります。それによると、花数は1−2割少なく、ステムの長さも1割短くという程度の効果のようです。家庭園芸の範囲では、あんまり気にしないで良いみたいですね。コンテストに出すとかなら大変でしょうが。    ロサさん。もう3週間ぐらいになりますがバロック効いてますよ。あの灼熱の屋上でハダニの活動は止まったようです。ミニバラも綺麗な葉を見せてます。驚き!これは、お勧めできますね。   natunoさん。重ねてお願いします。

サザン - 01/08/03 15:31:44

コメント:
ゆうたさん、私も見ていました。(笑) どうしていきなりモザイク病になるんだろう?と思っていました。だって相談者の書いていることでは「一株の中に2種類の葉っぱの色違いがあるように」読み取れます。「一枚の葉っぱに濃いところと薄いところがある」という意味だったのかな? 結局モザイク病だったんだろうか? 肝心なことが書いてないのでわからない!(・・;) 読解力不足です!(×_×;)シュン  写真見てきました! うちにもあります。2週間ほど前に症状がありましたが、 今日は、もうないです。ユリなどは90%くらいがウィルスに侵されていると聞いたことがあります。でも弱ったとき以外は症状がでないんです。花の後などの弱ったユリの株を観察すると症状がわかるときがあります。 たぶんバラも同じような気がします?毎年、花後にあのような症状になるものがあります。でも、花つきや生育は悪くないんですよ。 特別弱ったときに激しい症状になって現れるのではないかな? >natunoさんの写真もぜひお願いします! 私の株でも症状が現れたとき、必ず写真を撮ります。

ゆうた - 01/08/03 13:13:10

コメント:
こんちは♪
モザイク病についての話題が、RAの相談室で紹介されてますよ。
英語のサイトが紹介されているのですが、写真付きのものもあるので安心です。
RAの相談室は、もうじきサーバーの管理会社が替わるはずなので、直リンクしている人は、ご注意を。

natuno - 01/08/03 10:33:29
ホームページアドレス:http://WWW5.plala.or.jp/natuno/

コメント:
こんにちわ かずさんサザンさん、モザイク病の写真は HPのお知り合いの方に見せていただいたので お借りできるか聞いて見ますネ。 rosaさん、突然で申し訳無いですが、よろしければ リンクをお願いしてもよろしいでしょうか。 rosaさんのゲストブックに来られるみなさんのお話、読んでいてとても参考になりますので ぜひ私のHPでもご紹介したいと思いました。もちろんrosaさんのバラのデータベースも貴重な物と思います。 どうぞ宜しくお願い致します。 natuno

Rosaholic - 01/08/02 15:27:09

コメント:
ナツノさん、秋のバラ展などコンテストを狙うなら、つぼみは取った方が良いと思いますよ、と言ってもどの程度りっぱな花になるのか経験がありませんが。あと、やはり地植えでないとコンテストに出せるようなりっぱな花は厳しいようですね。私は基本的に鉢なので、そういうりっぱな花は咲きません。数で満足できれば良しとしています。

サザンさん、モザイク病や灰色かび病は切り花栽培の温室でよく出る病気らしいですが、露地では出にくいようですね。私も話だけで見たことはありません。

かずさん、バロック使用済みでしたか、なるほど。バロックの残効性は、宣伝通り長い実感はありますか?私自身では、実証する前に次の散布で別のダニ剤を撒いてしまうので、実感はないのですが、ダニが出て無いので良しとしています。

かず - 01/08/02 12:34:41

コメント:
東京は涼しいです。     ロサさん。屋上は灼熱地獄ですからハダニの天下ですが、実は2−3週間前にバロックを使ってしまったのです。無計画に思い付きで行動するので、結局何が有効なのか解らないことも多いです。(笑)         サザンさん。うちでは庭植えは大丈夫ですが屋上では葉焼け多いです。ので、葦簾、寒冷さで対処してます。どのくらい効果あるかな?       natunoさん。モザイク病、興味あります。洋書でモザイク病の写真みたことありますが、日本じゃ見ないなぁって思ってました。ぜひ拝見したいです。

サザン - 01/08/01 20:20:20

コメント:
こんばんは♪ ロサさん、紫外線による葉やけだといつまでも黄変しないようです。 黒点病によるものとは、見た目も少し違います。 もう1点は、上葉を中心に生じ、日当たりが強いところに生じています。 黒点病、薬害、その他の原因によるものは黄変落葉までいたるみたいです。黒点病といえば、こちらは17日以来雨が降っていませんが、広がっています。すでに感染していたものなのか?別の要因があるのか?ちょっと悩んでいます。 natukoさん、はじめまして♪ モザイク病の写真、拝見できますか?とても興味があります。 ランでいうバイラス病、草花のウィルス病ですね? バラにも影響があるのかな?と考えています。 というのは、かなりの植物はウイルスに感染していると考えています。でも、発病しないんですよね!普通は!

natuno - 01/08/01 14:40:50
ホームページアドレス:http://www5.plala.or.jp/natuno/

コメント:
なるほどです。大変心強い話です…なにがと言いますと、今コメントをrosaさんにお送りして、その後rosaさんの所のコメントを遡って読んでいました。夏のつぼみを摘むかどうかのrosaさんのコメント、見つけました。そうですね…バラを育てていると、こうした方がああした方がという意見を色々聞きますので、心が揺れる事も多々あります。(以前の農薬を使うか無農薬で育てるか…の話もそうでしたが)夏のつぼみは去年は咲かせていたのです。(自分自身喜んで…♪)しかし夏のつぼみを咲かせると苗が弱るし、秋に良い花を咲かせる為にも我慢して…という話を聞き、心が揺らいでいたわけです。自然体で行きたいですネ。自分の育てるばらですものね。自分で考えてみます。どうも有り難うございました♪♪

natuno - 01/08/01 14:25:20
ホームページアドレス:http://www5.plala.or.jp/natuno/

コメント:
rosaさんこんにちわ。 サザンさんの写真私も見せて頂きました。うちと同じ症状です。7月に薬を頻繁にまいた時は薬害のような状態になりました。(自己判断ですが…)はじめ黒点病が悪化したのかと思いましたが、やはり黄色くならないので薬害ではないかと…。今現在もサザンさんと同じ状態の葉がありますが、「???」と思っていました。なるほど…日焼けという事もあるのですね。それから私のHPへ訪ねて来て下さるかたに、「モザイク病」という葉の写真を見せて頂きました。ウィルス性のものだそうです。下葉から細かい◆状の斑点が出来、枯れていく物とのことです。…どちらにしましても、この暑さですから苗もつらいとおもいます。 さて、質問なのですが、rosaさんは、夏に出来たつぼみは摘み取りますか?咲いたとしても春や秋のような花にはなりませんよね?小さく花びらの数も少ないと思います。秋に良い花を付けさせる為ニ今は苗を育てる…ために、夏のつぼみは摘むべきか迷っています。最近少し涼しい日が続いた為か、つぼみがあちこちで上がってきて困っています。

Rosaholic - 01/08/01 06:33:00

コメント:
サザンさん、写真をありがとうございました。でも、ぱっと見には区別ができにくいですね。黄変しない葉は、日焼けのみの黒斑ということで、少し様子を見て黄変するようなら黒点病かハダニ対策が必要と言うことですね。

私のホームページへ | PowderRoomのページへ | メイン | 今すぐ登録