2002年10月のゲストブックです。

Rosaholic - 02/10/29 13:52:51

コメント:
ear66732さん、こちらでは、はじめまして。いいばらをお持ちですね。ウチもつるばらのためのスペースがあればどちらも欲しい品種です。MACは相当大きくなりそうですが、ZDは、それほどでもないなんて感じでしたらお知らせ下さい。

ear66732 - 02/10/28 21:30:31
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Ivory/4695

コメント:
はじめまして。yahooの掲示板から飛んできました。 おかげさまで、皆さんが話題にしているバラがどのような 花なのか知ることができました。セレスティアル、本当に 可憐ですね。今年初めてバラを購入し、わからないことだらけなので、勉強させていただこうと思っています。 ちなみに、私が購入したのは、キャリエール夫人と、ゼフィリーヌ・ドルーアンです。 追伸) 私のHPは、ただの親ばかページです。

Rosaholic - 02/10/24 09:52:30

コメント:
shuji5175さん、新しい品種の花が咲くというのは良いものですね。わくわくします。さて、お尋ねの花後の処理の件ですが、shuji5175さんの目的によって異なるというのが結論です。まず、「ばっさり切る」というのは何が目的なのか良く分からない(剪定にしては早過ぎです)のですが、考えられる目的別に書いてみますと、
 (1)コンテスト出品や人に差し上げるためにステムを長く切るという方法。これがばっさり切るというのに相当するのでしょうか?花の見栄えとかバランスが目的ですから、樹が葉を一度に失うダメージは確かにあります。成熟した株でなら許されると思います。
 (2)花だけを切り、3枚葉も残す方法。できるだけ休眠までの間に光合成によって幹に栄養を蓄積させようとする目的です。2番花は(咲いても咲かなくても)期待しない場合が多く、私はこれが基本かと思います。
 (3)5枚葉を1枚付けて切る方法。普通の花がら切りの方法です。これの目的は、次の花をきれいに咲かせようという目的です。shuji5175さんがその後に書かれているように秋の2番花を咲かせようというケースがこれに相当すると思いますが、冬にも2番花の良いのが咲くのであればこの方法が(2)より良いということになります。開花周期の早い品種やミニやティーは(3)が良い場合があります。もちろんshuji5175さんのご指摘の様に冬の気温との関係が大きいですから、ご自分のお住まいの環境で良い花が望めそうであれば(3)が良いと思います。(2)では葉をできるだけ残すと言ったのに(3)では反するではないかと思われるかも知れませんが、(3)を選択可能な場合では、花後にも芽が伸びて新たな葉が展開するので大丈夫ということになるのです。ですから、その場合には施肥のパターンもそれに合わせることが必用になります。

shuji5175 - 02/10/23 23:25:47

コメント:
イタミローズガーデンで購入した「ドリー・パートン」が2輪咲きました。ドフト・ボルケとオクラホマを両親にもつだけに大きいし、よく香る。感動的です。しかし花の後の処理がどうしてよいやら戸惑います。栽培書にあるようにばっさり切っていいのでしょうか。どうもそう思えないのです。わたしの住む大阪は半暖地に分類されるようです。たしかに東京より温暖です。12月になってもマリーゴールドやサルビアの花が咲いてますし、年末になっても花をつけているバラもあります。

Rosaholic - 02/10/22 12:33:47

コメント:
たまちゃんさん、はじめまして。青いばらは、合成というか、フォトショップを使って、赤を青に変えた「絵」です。写真というと「真実を写す」をイメージされるといけないので絵と呼びました。元のばらは熱情という真っ赤なばらです。凡例ということで遊んでみただけなのですが...

たまちゃん - 02/10/22 09:48:19
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/6696/

コメント:
 こんにちは! 素敵なバラの数々を拝見しました。 私、初めて見ました、青いバラ! これ、合成写真じゃないですよね? すごい、美しいわ〜! いつかどこかで聞いたことがあります。青い花を人工的に作るっていうのは、ものすごく難しいのだと……。貴重な写真をありがとうございました。  私も新しくHPを作りました。ダイエットおたくの私が作ったHPにも遊びに来てくださいね。

Rosaholic - 02/10/21 09:38:55

コメント:
shuji5175さん、色々心配な苗を抱えておられるようですが、全て快方に向かうと良いですね。
栽培書の弊害指摘みたいですが、「秋は剪定して芽が伸び始めたら後は肥料はやらない」という記述は実は気になっています。確かに一面では正しいのですが、反面正しくないからです。何かというと、栽培書に書かれていないことの多い「目的」なのです。「秋花」の為には窒素を抜く、そのためにつぼみが見えたら施肥中止は納得できます。でも、「花のため」であって「樹のため」ではないという点です。調子が悪くて芽だしをさせて、冬の休眠までに一枚でも多く葉を展開させて養分を幹に充実させる為には、やはり窒素の継続的な補給は必要だと考えます。ですから、秋花をきれいに咲かせるだけの体力の無い株は、つぼみを取って、施肥を続けるべきだと思います。但し、気温が低いと いくら施しても効かくなりますので、液肥などが良いかと思います。
shuji5175さんの所の株は、そんなに弱っている状態でないと良いですが。

shuji5175 - 02/10/20 00:41:59

コメント:
きょう、(有)グリーン・バレーからクリムソン・グローリーの大苗が届きました。深いポット鉢に入れられて到着。やわらかい赤い芽が出てました。そのうち一つが折れていたのはがっかりしました。植付けは仕事で時間が取れないので困ってます。  厳しい夏を越えた、粉粧楼が元気がありません、夏も開花したので疲れたのでしょうか。葉の緑も薄く新芽もあまり出ません。根の療養のために肥料も与えずにいたせいかも知れません。また、マダム・シャルル・ソバージュは芽が伸びて来ましたが、伸び悩んでいる様子。多くのバラが枯れて行った中のの生き残りとして元気になって欲しいものです。  日本ばら園からのパスカリは成長がダイナミックです。鉛筆ほどの苗ですがいくつか枝が伸びその一つにはつぼみがつきその重さでしだれてます。また、コレージア(フリージア)も開花し香りを楽しめました。しかし枝の展開が思わしくなく、同園のいう「休眠中」なのでしょうか。動きがないのが心配です。

Rosaholic - 02/10/17 09:53:45

コメント:
shuji5175さん、イタミローズガーデンは行った事がないのですが、カタログではいくつかの品種に目星を付けています。私も仕事が休めれば近くの茨城フラワーパークに行きたいと思って、何とか予定を調整中です。うまく行けば明日の午前中は...

shuji5175 - 02/10/17 02:25:05
電子メールアドレス:cfv39030@nyc.odn.ne.jp

コメント:
 16日仕事が休みなのでイタミローズガーデンにいきました。阪急新伊丹駅前にはバラのアーチや花壇があり花々が盛りをむかえてました。途中の街路もバラの植え込みが続き楽しい道のりです。今は去年の春苗えを鉢にしたものを売っていました。「ドリー・パートン」を買いました。ことしはカタログ販売をしていないものです。  保有品種は多いようですがカタログ販売の対象が毎年変わるのでどれほどあるのか、分からないですね。  観賞のためのバラ園ではないとはいえ、アーチやとポールとかのメンテナンスはしたほうがいいのではといらぬ心配をしてしまいました。「ドンファン」のアーチは美しかったです。

Rosaholic - 02/10/16 07:42:36

コメント:
shuji5175さん、こんにちは。しりとりトピではお世話になっています。ガンシュについては、最近、また面白い話を仕入れました。某ベテランの方から聞いたのですが、昔の日本ばら会の会報には、納豆をまぶすのが良いと書かれていたとのことでした。これなんかも菌を菌で制するシナリオと反しません。あと、GAMIさんが指摘されていた「化成肥料使用=ガンシュ多発」の関係については、化成肥料を撒く時に根元を傷つけてしまい、そこからガンシュになることが多いという説明されていました。なるほどという視点です。化学肥料使用によって何らかの塩が蓄積してそれが対ガンシュ菌の生育にふさわしくないのでガンシュが大いばりで繁殖するのかなあ位に想像していました。ネット以外での情報収集もまだまだ奥が深そうなので色々楽しみです。今後ともよろしくお願いします。

shuji5175 - 02/10/16 00:41:15
電子メールアドレス:cfv39030@nyc.odn.ne.jp

コメント:
↓すいませんアドレスの打ち込み途中で送信してしまいました。しかも二度も!中身のない一つは削除していただけますか。たいへん失礼しました。

shuji5175 - 02/10/16 00:35:44
電子メールアドレス:cfv

コメント:
 はじめまして。楽しく拝見しました。モダンタイムスはイタミローズガーデンでも扱っています。昨年のカタログに春苗限定で販売されていました。ことしのカタログにはありません。  ガンシュ病については「青いバラ」(最相葉月・小学館)に紹介された浜田バラ園(神奈川県)の「ビール療法」はいかがなものでしょう。瘤にビールをかけると劣化し取れてしまうというのです。ビール酵母の作用によるものなのでしょうか。

Rosaholic - 02/10/15 09:47:24

コメント:
広告に釣られて、京成バラ園芸の大苗入荷ということで、ローカルノーブランド苗の物色も兼ねて色々ホームセンター巡りをしました。ローカル情報としては、最も京成の苗の種類を多く入荷させていたのが大正堂ガーデンセンター(R16沿い)で、次がビーバートザン五月台店、そしてSXLホームセンター鶴川店の順番でした。マリポサにもありましたが、お値段の点からパス。ドイトは未入荷でした。まだユニディー若葉台店とケーオーデイツー唐木田店はチェックしていません。昔は10月中旬の大苗入荷が待ちきれず、入荷と共に2本は買っていたのですが、何だか欲しい品種があるにはあるのですが、どうしても欲しい品種が入荷してなくて、寂しい思いでした。本当は充実した大苗を手に入れるには12月頃に入荷する苗を購入したいのですが、ホームセンターではそういう訳にもいかず、通販頼もうかなあと思ったり、いやいや置き場所が...と考え直したり、複雑です。と言いつつもロイヤル・プリンセスがカタログ値段よりも安かったので、連れて帰ってしまいました。7号鉢に早速植えつけました。

Rosaholic - 02/10/11 10:04:48

コメント:
先週末に、京成バラ園芸のカタログが届きました。もちろん、\500切手を送って頼んだものです。何と、河津バガテル公園専売かと勝手に信じ込んでいたメイヤンの伊豆の踊子が新品種として販売リストに載っているではないですか!!500株限定とか、そういう言葉に釣られた私が「思う壺」だっただけなのでしょうね。あんまりじっくり眺めると注文書に記入したい衝動にかられるのでキケンです。広島バラ園もついついカタログにチェックマークなどを入れ、振込み用紙兼注文書が手元にあったら(封筒に入れて別に取ってある)注文してしまいそうな勢いが昨日の夜にはありました。夜はアブナイ。頼む積もりの無かった品種までもがチェック付いていて。厳選しなければ。
ローズオヴローゼズは秋の分の絞めきりが過ぎましたが、我慢できず、春の分で良いからと注文書を送り、送金してしまいました。タモラとアンブリッジローズとメアリーマグダリンを頼みましたが、ワーウイックキャッスルも入れれば良かったかと思ったりしています。当初買うぞと決めていたピーチブロッサムが落ちてしまいました。

Rosaholic - 02/10/11 07:11:32

コメント:
tabidaisukiさん、神代植物園が近いのですか?私も車で行くなら35分という距離です。お探しのばらが咲いていると良いですね。その時に、樹性(横張りか直立か)や香りなども確かめると、また色々迷うことになるかも知れません。楽しい悩みでしょうけど。

tabidaisuki - 02/10/09 13:51:59

コメント:
黒ばらの件、どうもありがとうございました。 これからも楽しみに読ませていただきます。 神代植物園があまり遠くないところにありますので、 さっそくいってみます。

Rosaholic - 02/10/09 06:02:55

コメント:
hirotamaさん、もし差し支えなければ、何故木酢の希釈濃度として50倍を選んだのか、その拠り所となる本などありましたら教えていただけないでしょうか?木酢と一口に言っても色々なグレード、濃度(いわゆる水増しによる粗悪品もあるなんて話も聞いたことがあります)があるようなので、粗悪品(=有機酸の濃度が薄い)は高濃度で使用しても薬害が出ないなんてことも考えられなくも無いので。

hirotama - 02/10/08 16:24:24
電子メールアドレス:hirotama@oct.zaq.ne.jp

コメント:
Rosaholicさん、こんにちは。 木酢が濃すぎたのですね。 来たばかりの苗にいきなり濃い木酢では薬害が出るのは当然ですね。 反省です。 今度からは濃度を気を付けます。 いろいろすみませんでした。 ありがとうございます!!

Rosaholic - 02/10/08 13:36:47

コメント:
tabidaisukiさん、はじめまして。黒ばらですか。ニグレット、プレジデントLサンゴール、黒真珠、バルカロールなどHTだけでもまだまだありますが、黒を求めるのであれば、お問い合わせの2種の中ではパパメイアンです。どちらも花持ちは余り良くない、その分香りは濃厚なモダンダマスクの香りです。パパメイアン、ミスターリンカーンと同じ交配親の品種にオクラホマがあります。こちらも黒ばらに入る品種です。黒というより濃い紫っぽい感じになります。ミスターリンカーンは黒ばらに入らないと思うのですが、というくらいの赤です。あとは好き嫌いの問題でしょうか?
PS: 黒ばらと言っても黒っぽい赤ですので、あまり真っ黒をイメージすると裏切られると思いますので、できれば実物をご覧になる機会があればそれがベストだと思います。あと、夏はどうしても赤になってしまいます。

tabidaisuki - 02/10/08 12:12:09
電子メールアドレス:tabidaisuki@aol.com

コメント:
はじめまして。tabidaisukiといいます。 ばら初心者なんですが、このホームページ、いつも楽しく拝見させていただいております。 今年、初めて、ばらを育てまして、今、庭には、 ブーンバーナーとブルーシャトーとエナハークネスを 育てています。 皆様のメッセージを読んでいると、あのばらも、このばらもと思ってしまうんですが、なにぶん庭があまり広くないので、あと、3種類くらいばらを植えるのが限界なんです。 黒ばらを一つ植えたいのですが、パパメイアンとミスターリンカーンのどちらがおすすめでしょうか。以前、この掲示板で少し話題にでていましたが、もう少し、パパメイアン派とミスターリンカーン派の両方のコメントがいただければと思っているのですが。。。(いきなり質問してしまって、すみません。) ミスターリンカーンは、花がすぐ開いてしまうという話を聞いたこともあるのですが、耐病性に優れているらしいですね。色は、どちらも同じくらい黒いのでしょうか。 よかったら、どなたか教えてください。 これからも、この掲示板参考にさせていただきます。 すでにお気に入りに入れさせていただいています。

Rosaholic - 02/10/08 10:48:50

コメント:
hirotamaさんの「木酢液50倍」というのは「これまでも」そうだったのでしょうか?徐々に慣らせば20倍でも薬害が出ないという話もあるにはありますが、この濃度自身が濃過ぎる、あるいはこの濃度でニームとかアグリクールとかの混合可能かどうか疑問が残ります。記憶が正しければ、ニームオイル等と木酢液を混合する時の木酢液の希釈は500倍以上とあったような気がします。私の場合は潅水時は500倍にすることもありますが、散布時は1000倍で使っています。500倍より濃いとミミズが死ぬという話もあるので、私はこれ以上の濃い木酢液を試していません(除く、ガンシュ根元への原液注入)。

hirotama - 02/10/07 23:35:05

コメント:
名前を入れ忘れていました、失礼しました!

- 02/10/07 23:32:56

コメント:
Rosaholicさん、サザンさんこんばんは。 いろいろありがとうございます♪ 倍率ですが、木酢50倍(よもぎ酢の時は規定量の200倍)、ニーム500倍、アグリクール1000倍、キトサン1000倍です。 一週間おきくらいに水を入れた噴霧器にそれらを入れ、なるべくよく振りながら夕方、日が当たらなくなったら撒いてます。 葉の裏は黒くなっていませんし、散布した次の日に一気に点々と黒くなったので黒点病ではないと思われます。 初めて薬害が出た時、途中で振るのを忘れていてどうかなと思っていたら、まだうちに来たばかりの若苗がやられました、茎にまで出てひどかったです。(その時は今より少し濃い目でした) それがきっかけか解らないのですが、それからは薄めに撒いても、撒いたあと水をかけても、次の日には出てしまうのです。 弱ってしまったからかもしれませんが。 その苗よりあとから来た苗も気をつけながら撒いても少し出ます。 どうやら来たばかりの苗ばかりがやられるようです。 一応、葉が点々と黒くなりながらも蕾を少し付けています。 次はニームをはずして撒いてみます! それとニームを使う時は溶けにくいのでお湯を少し使えばいいのですね♪ 今度からはそうしてみます。 ありがとうございます!!

Rosaholic - 02/10/07 17:46:30

コメント:
サザンさんには完璧に私の状況を見破られてしまいました!hirotamaさん、すみませんでした。中途半端なレスでした。私が言わなければならなかった事は全てサザンさんが代弁してくださいました。細かな状況をお知らせください。自分の今年やった薬害のデータを見返す必要があります(気温とか、希釈倍率とか、他の混合物等=すみません、これをやっている時間がちょっとないのが言い訳で...)。

サザン - 02/10/07 10:25:42
ホームページアドレス:http://www.ttn.ne.jp/~tys-s/

コメント:
hirotamaさん、はじめまして♪ ロサさんお忙しいようなので私のほうから最初にお返事させていただきますね。  薬害を起こしているものの特定ですが、お使いになっているものの中で推理すると99%の確率で二-ムオイルだと思います。 私も似た薬害がでたことが何度もあります。  もうちょっと情報が欲しいのですが、、、 (1)希釈倍率は何倍でお使いか?    (2)お湯を使っているか? (3)何と混合しているか? (4)ご自分で二-ムがよく溶けていると感じるか? (5)散布時間はいつか? (6)その他 できるだけ具体的にお書きいただけるとありがたいです。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−− 二-ムはとても扱いにくい薬です。 油でできたものは、二-ムに限らず扱いにくい傾向があるようですが。 これは気孔を塞ぎやすいからだと思います。 で、薬害をどのように防ぐかですが。。。 これは殺菌力がすぐれているが、殺虫能力ではアグリク-ルのほうが勝っています。  だから最近の私の考え方、主が殺虫目的のときにはアグリを使って二-ムを使わない。  黒点やうどんこ対策などで使用したいときには、(1)500倍くらいの低濃度にする。*300倍で使用しても大丈夫なときは大丈夫なので・・・ここが難しいところです(^^ゞ (2)必ずお湯を半分使って溶けやすくする。 (3)アグリクールを加えると溶けやすくなるという情報がありました。 完全ではないですが、確かに溶けやすいようです。 で、アグリ2000倍+二-ム500倍というレシピで試したところ薬害なし。 殺虫能力もアップすると思います。 (5)気孔を塞いだあとの高温や強光で薬害が発生すると考えられるから散布時間は、夕方がベストで早朝がベタ−。 日中は最悪だと思います。 まだ他にもあったかな???

Rosaholic - 02/10/07 09:54:42

コメント:
hirotamaさん、はじめまして。薬害については、人によっては(株によっては?)出たり出なかったりするようです。特に樹齢にもよるようです。樹齢が高いと病気にもかかりにくくなるようです。私の経験では、アグリクールとニーム(虫追祭)を、少し薄め同士を混ぜたものを散布した時が最も薬害がひどく出ました。但し、茎にもでたという経験はなく(見落としていただけかもしれない...ですが)、文面からピンと来るのは黒点病の症状が広がっているのではないかと言う想像です。書かれている散布剤では黒点病に対して予防力も期待できるほどではない(むしろ予防効果無しと私は思っています)のと、発生したときに食い止める、いわゆる治療効果も無いので気になりました。ウチでは最近まで黒点病がひどく広がってしまった株があったので、過剰に反応しているだけかも知れません。無農薬にこだわらないのであれば、サプロールまたはラリーの散布をお勧めします。

hirotama - 02/10/05 13:46:48
電子メールアドレス:hirotama@oct.zaq.ne.jp

コメント:
こんにちは、はじめまして。 HISAKOさんにこちらのHPをご紹介頂きご相談に参りました。 木酢(よもぎ酢なんかも)、キトサン、アグリクール、ニームオイルを撒いているのですが、薬害が出て困っています。 葉が黒く点々となって(茎にも出ます)、まるまったり、落ちたりします。 若苗やうちに来たばかりの苗が主です。(出ないのもあります) 薄めに撒いたり、撒いたあと水を少しかけたりしているのですが、出てしまいます。 太陽に当たると日に日に濃くなってしまいます。 薬害が出た苗は撒くのを控えた方がいいのでしょうか? 茎にも出てしまうので心配です。 まだまだ初心者なので解らない事が多いです。 よろしくお願い致します。

Rosaholic - 02/10/04 18:00:48

コメント:
かけいさん、はじめまして。そして、お褒めのお言葉ありがとうございます。PowderRoomのぴったり1000番地なんですね。今後もこの調子でやっていこうと思っていますので、またお立ちよりいただければ嬉しく思います。

かけい - 02/10/04 17:19:23
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/PowderRoom/1000/

コメント:
こんにちは('-')
Yahoo!Geocitiesコミュニティリーダー(CL)のkakeichanと申します。
私達(CL)は、クールなサイトを探してGeocitiesをサーフィンしています。
ここは、素晴らしいサイトですね。これからも頑張ってくださいませ。
挨拶程度で申し訳ないですが、今後のご発展をお祈りいたします★
ではでは....Y

Rosaholic - 02/10/02 18:01:42

コメント:
サザンさん、ご心配ありがとうございます。つくばの方でも盆栽のみ取りこみましたが、町田の方は既にどうすることもできませんでした。今朝電話してみましたが、いくつか鉢が倒れているという状況を聞くのみで、起しといてねと頼むに留まりました。つるばらのシュートなど色々心配なのですが、私以外の家族で台風前後の違いに気付くとなるとそれはよほど重症の場合に限られるのです。今週末が怖いです。

サザン - 02/10/02 08:50:57

コメント:
台風ニュ-スで川崎に上陸と報道していたから、 ロサさんのバラ 大丈夫か!?と心配になりました。 町田市は川崎に近いですよね?確か・・・ 台風が来ても離れた場所にいるから手がうてず歯がゆいことと思います。 被害が最小限に治まってくれることを祈ってます!

Rosaholic - 02/10/01 20:15:41

コメント:
台風21号の雨と風がとても強くなってきました。ベランダから取り敢えず盆栽3鉢のみ取り込みましたが、なんだか実家の方が心配です。特につるばらのシュート。きっと折れるでしょうね、仕方ないですがなるべく被害が少ないと良いですが、皆さんのお庭も被害が最小限でありますように。

私のホームページへ | PowderRoomのページへ | メイン | 今すぐ登録