市ヶ谷フィッシュセンター


都会のオアシス??かなあ。JR中央線、総武線に乗っていると市ヶ谷付近でお堀を利用してつくったような、一見あやしげな釣堀がありませんか??実はけっこう楽しいんです。ちょうど桜の見えるお花見日和に釣り糸をたらしてのんびりとしてきました。

今回は特別にT'zくんこと市ヶ谷の釣師(N大4年釣堀歴?年、常連)の貴重なコメント(Q&A形式にしました)もいただいております♪
これで、あなたも釣堀名人?

フィッシュセンターの看板 釣堀風景
うわさのフィッシュセンター、う〜んあやしい。 お天気の休日は混んでいます。

Q 休日は混んでいそう。何時ころに行けばいい?レジャー費用はおいくら?

A
 大体10時30分〜11時くらいに現地についていると、イイポイントが選べるかもしれません[^^;;;;
(おそらく一般の人は昼過ぎからじわじわと増えてくるような傾向が・・・・)
そうそう〜費用ですが、1時間でえさ、竿込みで750円(確か・・)です。
して、貸し竿は「長いモノと」「短いモノ」の2種類が選択できますが、
はじめての方は、短い方の竿のほうが扱いやすいと思います。(釣師談)


最初は1時間以上で入場して、延長は30分単位でできます。出るときに精算すれば、ばっちりでした。

エサを練る 釣る気まんまん こんなかんじで釣る。
エサはネリエサ。手がねばねばするな〜 こんな感じで釣り糸を垂らす

Q 場所はどこらへんに陣取ればいいの?


A
 釣堀でのポイント(釣る場所)ですが〜まず釣堀に入ると、
「初心者対象」という池がありますが〜あそこはなにげに「池の水深が浅い」という
だけで以外と釣れないので(爆!)迷わず一般の大きい池を選択しませう♪
ほいでもって秘密のポイントは、「初心者用池のすぐ前の一般の池」で土手側
の「角地」もしくは「エアーがブクブク」している少し手前かその周辺です。[^^;;;;
ポイント選びは実は簡単で〜とにかく「日の当る暖かい場所」を選べばOKだと思います
基本的に「南側の奥の方の池」は「市ヶ谷駅の土手」が影になってしまっているので
あまりオススメではありません〜♪(釣師談)


となりのおじさんにウキの錘も修正してもらいました。おじさんいわく釣堀の脇(ヘリ)寄りにコイはうろうろする習性があるみたい。

なかなか釣れないもでとすが ウキと小さいコイ 釣堀の風景
なかなか釣れないな〜がまんが肝心。ウキに小さいコイが↑(真中写真)

Q エサのつけ方等、釣のアドバイスをお願いします。

A
 餌はとにかく針が隠れる程度で〜できるだけ「小さく」針につけてください
(↑これがキモでやんす♪)あと竿は軽く利き腕の方で、片手で持ち、
「浮き」が「ぴくぴくぴく〜」となったら軽く手首であわせ(竿をテコの原理で
ほんのちょっと上に上げます〜♪)
後は適当に紅茶でも飲んで〜「のほほ〜ん」としていればやがて「きゃつ」は
忘れたころに「ぱくっ」やってきます。(爆爆!)
最後にお魚さんに焦りを感づかれたらあなたの負けです[^^;;;;;(爆爆!)
針は「返し」がない「スレ針」ですのですぐはずれますよ〜♪(釣師談)


女性3人で行ったので釣れたらそこらへんのおじさんに声かけて、HELPしたら懇切丁寧にめんどうみてくれました。ハハハ。おまけにおじさん手作りのうどん粉で作ったという秘密のエサまでもらって釣ました。そしたらかかるかかる。でも、すぐ逃げられました。ヒキのタイミングが難しかったです。糸を引っ張らないで竿で引き上げないとかかった魚が逃げちゃいます。

アミにコイが 釣上げたもでさん コイのアップ
釣れた!!アミにコイが!? 釣上げたもでさん。 コイが入っています。

2時間半いて、3人で収穫は4匹。ずっとアミに入れておきます。持ち帰りしなくていいので魚もそのままとなりのおじさんにまかせてしまいました。(おきっぱなしでいいっていうので・・・)この日は昼間、名人の釣大会があったらしく昼間はお腹いっぱいでかかりにくかったコイたちも夕方になったらぱくぱくひっかかっていました。夕方くらいはよくかかるみたいです。

↓はおまけ。市ヶ谷から飯田橋に向かって外濠公園を歩いていくと桜が綺麗でした〜〜

桜1 桜2 桜3

以上、このページの写真および、情報は2001・4月現在のものです。
又個人的に体験した情報なので微妙に違ってたら、ごめんなさい。

あの街、この都市のトップへ戻る