日本ブレイク工業への道

金曜日、日本ブレイク工業のホームページを見ていた。
住所を見ると、神奈川県だ。
土曜日は用事で横浜に行く。これはチャンスだ。
神がぼくの行くべき道を指し示しているんだ。聖地巡礼だ。
僕は住所を手帳に書き写した。


市営地下鉄のキャラクター、はまりん

土曜日、イベントも終わり、横浜駅から市営地下鉄に乗る。
伊勢佐木長者駅で降り、6番出口で地上に出る。


この右手に見えるビルの中に聖地がっ!

外に出ると公園が道沿いにある。
この公園の中をまっすぐいくと右手にファミリーマートが見える。

そのファミリーマートのあるビルが日本ブレイク工業の入ったビルだ。僕は一戸建てのもっとでかいところを想像していて、迷ったのだが、何度確認しても、このビルだ。
機材とかどうしてるんだろ・・。


うっかり、おさいせんを入れそうになる。

郵便受けを見てみる。確かに「日本ブレイク工業」という文字が見える。どうやら13階にあるらしい。


キレイな概観。普通の家っぽい。


でも、ブレイクしてるのだ。

僕はエレベーターを使って、13階まで登った。降りて右を見ると、「日本ブレイク工業」と書かれたドアがあった。
いたって普通のマンションだ。別に玄関もドロだらけ(妄想)じゃない。

僕は興奮を抑えて、その写真を撮ろうと身構える。そこに、突然、おばさんがエレベーターから降りてくる。

うおっ。怪しい人と思われてしまうっ。いえ、僕は敵ではないんです。むしろ味方、味方なんですっ。
と心の中で思いつつ、口笛を吹いてその場をなんとかごまかす。
よしっ、撮影再開だ。
また数枚写真を撮る。


これは飾りだ。きっと。

玄関のブザーにはられた「セールスお断り」の表示が非常に庶民的だ。多分、敵の組織から身を守るためのカモフラージュなのだろう。

いや、もしかしてこのマンション、この部屋自体がフェイクなんじゃないか?

僕の想像さえも見事にブレイクしてしまった、日本ブレイク工業。
今回の聖地巡礼は実りあるものだった。

↑トップ