なぜPC静音化?


 私も皆さんと同じように、CPUやビデオカードをオーバークロック(OC)しています。 CPUやビデオカードをオーバークロックすると、クロックに比例して、 また、付加電圧を上げると電圧の2乗に比例して、消費電力が増え発熱します。 更に高いクロックを目指すのであれば室温以下の温度まで冷却しなければなりません。

 そのため、これらの部分は、リテール状態以上に冷却することになります。 リーテール品でついている冷却装置はそこそこ静かにできていますが、 冷却性能は定格で使用するためにしか設計されていません。 そこで、冷却装置を交換するわけです。 更に冷却効率を上げるためにケースにたくさんのファンをつけます。

 しかし交換した冷却装置は概してうるさいものです。 これらの冷却装置のファンは高回転ファンを使い、リテール以上の冷却性能を得ようとしています。 また、ケースにたくさんの高回転ファンを取り付けるため、どんどんうるさくなります。 よっぽどメーカー製のPCのほうが、これら自作機よりも静かになります。 かつて私のPCもかなりの音を発しており、PCのそばでは眠れない、テレビの音は聞こえない、 といった状態でした。

 あるとき家族から苦情が出てPCの静音化の実行に至りました。 PCの静音化は、はじめてみると結構奥が深いものです。 また、静音化と冷却は相反するもので、オーバークロックとの両立を考えると難しいものになります。

 そこで私なりに、PCの静音化とオーバークロックの両立化を図ってみました。 結果、けたたましい騒音を発したPCと静音化したPCのオーバークロック耐性は変化ありませんでした。 ケースのつくりによっては、静音化したPCの方が冷却効率がよくなったものもあります。

 何も難しいことはしてません。気合と根性があればできることばかりです。 お金をかければ静かで速いマシンができるでしょうが、いかに安く、静かに、速いマシンを組むか といったことを追求しています。 また、ここではPC自体の能力を落とすような消極的な静音化ではなく、 いかにOCとの両立を図るかといった、積極的なPCの静音化を目指します。 このホームページがオーバークロッカーの皆さんのPC静音化の参考になれば幸いです。


Mail  TOP