2000/09


K6-2+,K6-III+ 2000/09/26

 最近K6-2+とK6-III+が流通し始めたようですので、 CPU発熱量一覧に項目を追加しました。
製造プロセスが0.25μmから0.18μmになったことから、発熱量が減少しています。 しかし、CoppermineコアのCPUの方が低発熱です。 L2がオンダイになったことによるパフォーマンスアップが期待できます。 SocKet7の遺産を生かすにはいいCPUかもしれません。

24Vファン 2000/09/19

 先日、大須でCPUファン用に三菱電機製 MMF-06D24DL(6cm 24V 0.04A) を\600で購入しました。 これをCPUファンに12Vで装着しようと考えていましたが、12Vではファンは起動できませんでした。

12Vファンを5Vで駆動したら、低回転になるのと同じで、定格電圧である24V以下である12V使用できれば 低回転で静かなファンになり、M/Bの3ピンコネクターに接続して使うはずでした・・・
ファンを12V駆動できればいいのですが、動かすこともできませんので、使い道がありません(^^;;; 24Vファンで12Vで動いた例を知っていますが、購入の際は気をつけたほうがいいかもしれません。

Duron750 2000/09/06

 Duron750が発表されましたので、 CPU発熱量一覧 に項目を追加しました。 また、最近のロットのCPUは コア電圧が1.5V→1.6Vに変更されたようです。

ALPHAどうする? 2000/09/03

 最近OCサイトで話題になっているもので、 KANIE というメーカーのヒートシンクがあります。

銅製で、Brizzardのものとそっくりです。 FAN付きで、Socket用が¥3,980、 Slot用が¥5,900とALPHAの製品と同等の価格です。 各種レビューを見ていると、 性能のほうは銅製なだけあって、ALPHAのものよりも冷えるみたいです。

FANの情報がWebサイトに掲載されていませんが、FANのパーケージを見たところ、 厚さ20mmファンは 三菱製です。ここのファンはつくりもよく私もお気に入りで、いくつか所有しています。 ただ、12V時の電流値がわからないので、騒音の方は良くわかりません。

BBSを覗いたところ、現在は在庫切れのようですが、 今度ヒートシンクを購入するときは、ここの製品を買ってみようと思います。

CPU発熱量一覧を改良 2000/09/03

  CPU発熱量一覧を観覧しにくかったため、 フレーム化しました。

Socket A倍率固定 2000/09/03

 最近Socket AのCPUの倍率固定のうわさが流れていますが、どうも本当のようです。 AMDのCPUは倍率変更ができるため、オーバークロッカーに人気だったと思うのですが、 これではAMDのCPUはおもしろくありませんね。 intel系みたいにFSBが簡単に上げることができればいいのですが、 M/B側でリミッターみたいなものがかかっていて、簡単にFSBを上げることが 出来ないようです。 OCを考えている方は今のうちにCPUを購入しておいたほうがいいかもしれません。


Mail  TOP