vim とは? | vim 公式ページ | vim 画面集 | vim 5.6 リファレンスガイド 日本語版


vim
Intruduction to the professional color text editor "Vim" (English page)

 rand1.c
/*--------------------------
    make a random number
--------------------------*/
unsigned long
rand1( void )
{
 static unsigned long R = 0x12345678;

 R = ( R << 1 ) +               // shift 1 bit to left, and
  ( (                           // generate rightmost bit by
  ( ( R & 0x80000000L ) != 0 )  // XORing leftmost bit with
  ^ ~( ( R & 4L ) != 0 )        // bit 29 (bit 2 for Little Endian).
  ) & 1 );
 return R;
}

vim 概要

vim は vi improved の略で、UNIX 誕生以来 標準的テキストエディタとして何千万人(?)というユーザの支持を得てきた vi に「色づけ」や「スクリプト」などの様々な機能を追加した「改良版 vi」です。

vi の特徴ともいえる「少ないキー入力によるコマンド」や「必要最小限の正規表現によるパワフルな検索」を継承しつつ、ユーザが要望した機能が随時加えられ、成長していくエディタです。

vim を簡単に説明したテキストフィルを読む

What's vim?
Afrikaans, Bulgarian, Chinese (Mandarin), Chinese (Big5), Czech,
Dutch, English, Finnish, French, German,
Greek, Hungarian, Indonesian, Italian, Japanese, Korean,
Polish, Portuguese, Romanian, Russian, Slovak,
Spanish, Swedish, Turkish, Ukrainian, Welsh, and Yiddish.

vim はカラーエディタ

HTML のエディット例
index.html
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html> <span style="text-align: center"> go <a href="http://iii.jjj.kkk">iii.jjj.kkk</a> </span> <script language="JavaScript"> <!-- comment for old browsers //--------------- var i = 0 for ( i = 0; i < 10; i++ ) { window.document.write( "i=" + i + ", " ) } window.document.write( "<br>" ) //--> //--------------- </script> </html>

C 言語プログラムのエディット例
rand1.c
#include <stdio.h>

unsigned long rand1( void );

/*----------- main -----------*/
void main( void ) { int i; for ( i = 0; i < 10; i++ ) { printf( "0x%08x\n", rand1() ); } }
/*-------------------------- make a random number --------------------------*/
unsigned long rand1( void ) { static unsigned long R = 0x12345678; R = ( R << 1 ) + // shift 1 bit to left, and ( ( // generate rightmost bit by ( ( R & 0x80000000L ) != 0 ) // XORing leftmost bit with ^ ~( ( R & 4L ) != 0 ) // bit 29 (bit 2 for Little Endian). ) & 1 ); return R; }

この他にサポートされている言語を見るには vim 公式ページ の languages の項をご覧下さい。

上の図は画面のコピーではなく HTML で模擬的に書いたものなので、等幅に見えないかもしれませんが、実際の vim は等幅フォントで表示します。vim はフォントの変更が可能です。


vim はプラットフォームを選ばない

vim は多くのプラットフォームで使えます:

AmigaOS, AtariMiNT, BeOS, DOS, MacOS,
MachTen, OS/2, RiscOS, VMS, and Windows (95/98/NT4/NT5/2000)

各種 UNIX でも:

A/UX, AIX, BSDI, Convex, DYNIX/ptx, DG/UX, DEC Unix, FreeBSD,
HPUX, Irix, Linux [Debian, RedHat, Slackware, SuSE,...],
MacOSX, NetBSD, NEXTSTEP, OpenBSD, OSF, QNX, SCO, Sinix,
Solaris, SunOS, SUPER-UX, Ultrix, Unixware, Unisys.

どんな人向けか?

例えば、UNIX から PC に開発環境が移ったりして PC 上で使える vi を探している、というかたにはお薦めです。

また、C や HTML など各種言語用の「色づけ」設定ファイル(のひな形)が公開されているので、テキストエディタで各種プログラムやスクリプトを書く場合も便利です。
日本語ワープロとして使っている人もいます。

vim はオープンソースプログラム

主な UNIX や フリーの UNIX はもちろん、PC や Mac OS など各種 OS ですぐに使える実行形式プログラムのほか、ソースプログラムが公開されているので、自分なりに機能をアレンジし、コンパイルして使うこともできます。

vim は現在も改良が加えられ続けています。 メンテナンスは Bram Moolenaar 氏を中心としたチームが行なっていて、バグ報告、質疑応答、新たな提案などを随時行なえる Mailing List が用途別に用意されています。そこでは毎日活発なディスカッションが行なわれていて、Help 用の List だけでも月に 500〜600 通ほどのトラフィックがあります。(観測した期間: 2000 年 6〜11 月)

日本語版 vim

日本語用に特化された vim の実行形式プログラム, ソース, 差分などもいくつか公開されています。 日本語の Mailing List もあります。




上のページへ戻る

Last updated:
by 川上@松山