こわざのへや Home Sitemap Back Next

起動Disk起動Diskを改造 PC/AT互換機編  1ランク上の起動Diskをめざす

こちらもWindows95・98共に、同時進行で解説

以下、
Windows98起動Diskを 98起動Disk
Windows95起動Diskを 95起動Disk
と記入します。
なぜか? PC/AT互換機用の起動Diskを改造する方法も紹介。 それはOA販売センターで、CD-ROM認識Diskを作っているのは、私だから!

従来の起動Diskに以下の内容がプラスされます
98起動Diskのように2枚にはならず、1枚で済む
従来の98起動Diskは2枚構成なので抜き差しが厄介
98x1用起動Diskのように、使用する各CD-ROMをMenu選択で起動
従来のものは、すべてのドライバーを読み込んでから起動するので遅い
Menu項目に好きなこと(コメント)が書ける
従来の98起動Diskでは、そんな機能はない
Menu項目にスペース(空白)なども使用可能
従来の98起動Diskでは、そんな機能はない
Menuに各自使用するCD-ROMの項目なども追加可能
RamDisk(RamDrive)を作らないで起動
そのぶん起動が速い
98起動Diskは起動に失敗することがあるがない
95起動Diskは98起動DiskのようにCD-ROMを認識して起動
98起動Diskと同等品になる

注意
98x1シリーズとの違いは、PC/AT互換機の場合、DisplayDriver・Fontをロードしなければ日本語にならないので、Fontとそのディバイスドライバー容量の関係で、98起動Diskは2枚構成になっているようです。 1枚に収めるには、HDDのFormatとCD-ROMを認識させることだけに使用するものとして考えて下さい。 また、DisplayDriver・Fontをロードしないで、英語環境仕様にすると、98x1シリーズ同様、いろいろ便利なツール群がFD内に入ります。 英語環境も合わせて作成方法を紹介します。 その点を注意した上で作成してください。

用意するもの
95起動Diskの場合98起動Diskの場合
PC/AT互換機用 95起動DiskPC/AT互換機用 98起動Disk 2枚組み
PC/AT互換機用 98起動Disk 2枚組み
ブランクFD 1枚ブランクFD 1or 2枚
TextEditer(File編集用) Windows上で作るのであれば不要
Filerなどあると便利 Windows上で作るのであれば不要
上記で示している起動Diskとは、
Windows95・Windows98共に「コントロールパネル・アプリケーションの追加と削除・起動ディスクの作成」で作れるもので結構です。 またセットアップ時に作成したものでも同じなのでどちらでも構いません。

1. まずは起動ディスクを用意したブランクFDにコピーする。 この作業はWindows98・95共に同じです。 このコピーしたFDをベースに、改造します。 オリジナルの起動Diskは、必要に応じて使用できるように、どこかに保存して置く。

2. そのコピーしたFD内で、あまり必要でないFileを削除します。 以下のFileは、ほとんど起動Mene(F8)のDOSプロンプトOnlyで起動すれば、使用できるFileばかり。 Windowsがセットアップしてある状態のみですが。(セットアップしていない状況なら、必要もないだろうし) どうしても必要なFileがある場合は、オリジナルの起動Diskを使用して下さい。(各自必要なものは削除しない)

あまり必要でないFile
95起動Diskの場合
File Name備考
Attrib.exe属性を替える File
Debug.exeDebug用 File
Ebd.sys?(0バイト File)
Edite.exeText Editer File
Regedit.exeレジストリEditer File
Uninstal.exeアンインストール用 File
Scandisk.ini?(Scandisk定義 File)
Chkdsk.exeディスクチェック用 File
できれば削除したくないがFDの容量の
関係で日本語版の方は削除
Windows98の方は、Ebd.cab Fileの内容をを削除する前にHDDにフォンダ(ディレクトリ)を作り展開、またはFDに展開して置く。(このFile内の内容がRamDiskに展開されるFile群です)
あまり必要でないFile
98起動Diskの場合
File Name備考
Ebd.cabWindows98のツール群CAB File
CABを展開したら不要
Extract.exeCAB File展開 File
CAB Fileなどを展開するなら残す
Ext.exe対話系CAB展開 File
Extract.exe
Findramd.exeRamDisk検索 File
Ebd.sys?(0バイトFile)
Ramdrive.sysRamDisk作成 File
Readme.txt説明 File
Setramd.batRamdisk作成バッチ File

あまり必要でないFile
Windows95・98英語環境起動Diskの場合
上のFile+以下のFileが削除可能
File Name備考
Ank16.fntFont File
Ank19.fntFont File
Kanji16.fntFont File
Biliing.sys日本語・英語切り替えドライバー
Jdisp.sys日本語表示ドライバー
Jfont.sys日本語FONTドライバー

3. Windows95の方は、98起動Diskから 2.であまり必要でないFileを削除したFDに、以下のCD-ROMのドライバーをコピーする。
CD-ROMのドライバー
Aspi2dos.sys
Aspi4dos.sys
Aspi8dos.sys
Aspi8u.sys
Aspicd.sys
Btcdrom.sys
Btdosm.sys
Flashpt.sys
Oakcdrom.sys
各自必要でないものはコピーしない
Mscdex.exeも同様に、CD-ROMを認識させるのに必要なので、Ebd.cab FileをExtract.exeで展開してコピーする(Mscdex.exeはPC-DOS6.2・7.0やWindows95内の\Windows\commandのものでも、可能だと思われます)

Windows98の方は、CABファイルを展開した中から 2.であまり必要でないFileを削除したFDに、以下のFileをコピーする。

CAB File内で必要なFile
Format.com
Sys.com
Mscdex.exe
Scandisk.exe
Chkdsk.exe
(FDの容量に余裕があればコピー)
各自必要でないものはコピーしない
4. これで起動Diskで必要なFileがFD内に入りました。 コマンドFileの準備万端です。 Config.sys・Autoexec.batへと進みます。

5. 98起動Diskは、RamDiskを作成し、ツールを展開しますが、これでは起動が遅いのと、RamDiskにFileを展開するのに失敗する時があるので、RamDiskを作らないで、起動します。 Config.sysを下記のように編集すると、98x1用の起動Disk同様のMenu画面を表示し、各CD-ROMの選択起動可能です。 従来(98起動Disk)のものは、すべてのCD-ROMドライバーを読み込んでから起動するので、起動が遅いです。 簡単に言うと、使用するCD-ROMだけを選択し、起動します。

Config.sys 設定例 Version 1.12
[menu]
menuitem = ide,Ide CD-ROM Support.
menuitem = imes,Imes CD-ROM Support.
menuitem = parallel,Parallel Zip Drive Support. (For Fujifilm 10Mega Zip)
menuitem = pcm_cd,Pcmcia CD-ROM & MO Support. (For Melco IFC-DC Scsi Card)
menuitem = pcm_ide,Pcmcia IDE CD-ROM Support. (For Melco CDN-D12EX Ide Card)
menuitem = scsi,Desktop Scsi CD-ROM & MO Support. (For My Cosutom Version)
menuitem = No,No CD-ROM
menudefault = No,10
menucolor = 7,0

[ide]
device = oakcdrom.sys /D:cd_101

[scsi]
device = btdosm.sys
device = flashpt.sys
device = aspi2dos.sys
device = aspi8dos.sys
device = aspi4dos.sys
device = aspi8u2.sys
device = rexcd.sys /D:cd_101

device = icmdisk.sys /D1

[pcmcia]
device = asp36530.sys
device = rexcd.sys /D:cd_101

[pcm_ide]
DEVICE = MELIDECL.SYS /M180 /I15 /POINTENABLE=CE00
DEVICE = MELIDECD.SYS /D:cd_101

[imes]
device = icdp300.sys /D:cd_101 /h

[parallel]
install = guest.exe

[No]


[COMMON]
files = 30
buffers = 10
stacks = 9,256
shell=command.com
device = himem.sys /testmem:off /Verbose
dos=high
devicehigh = biling.sys 
devicehigh = jfont.sys /msg=off 
devicehigh = jdisp.sys /hs=lc 
devicehigh = jkeyb.sys /106 jkeybrd.sys
lastdrive = z

 の付いている行は英語環境では記入の必要がありません。



解説
以下の解説は、私が独自に解析したものであり、間違いがある場合があります。 見つけたら教えてね!

[Menu]
このセクションはMenuバッチ

menuitem = [実行セクション名],[Menu表示文字列]
menuitemは、9項目しか設定できません。(Menu番号が9項目の為)
[実行セクション名],は、[実行セクション名]を実行すると言う意味です。(Menuの[実行セクション名]と下の[実行セクション名]は、同じでなければなりません)
[Menu表示文字列]は、Menuに表示される文字列を記入します。 Menu項目に表示できる文字数は1行で、Menu番号を含まない76文字まで。 それ以降は、記入があっても無効。(表示されません)
各自使用するCD-ROMをMenuに追加する場合は、ここに記入と、実行セクションを作成する必要があります。

menudefault = [デフォルトセクション実行名(カーソル位置)],[秒]
menudefault = [デフォルトセクション実行名(カーソル位置)] に書かれているものが、デフォルトのカーソル位置になります。
[秒]は、何秒後にデフォルトを実行するか。 私の場合は10秒後に設定。

menucolor=7,0
Menuの文字の色とカーソルの色を決める設定。 数字を替えることにより、表示色の変更が可能。

[COMMON]
このセクションは、Menu項目実行後に実行するエリア。 共通のものを書く時に使用します。 Displey・Font Fileのロード(ディバイス登録)は、このセクションで行って下さい。

注意
この方法であれば、RamDiskを作らないのでHimem.sysがなくても起動は可能です。 私はDOS(16BIT)アプリケーションの連携をとる為に使用しています。 また大容量のHDDの場合、Himem.sysがないと、Scandiskが実行できない場合があります。 ご注意を

devicehigh=jkeyb.sys /106 jkeybrd.sys
キーボード配列の設定。 /106の記入がない場合、キーボード選択画面が表示されますが、記入すると表示されません。
/106の設定は日本語キーボード配列の設定で、他の(他国)キーボードなどでは数値が違います。(英語の場合は101)

各実行セクション [〜] について
Menuで選択されたものを実行します。 使用するCD-ROMのドライバーなどを記入します。

6. このようにConfig.sysを編集してしまえば、PC/AT互換機でも98x1シリーズのように使用するCD-ROMの選択Menuが表示されます。 私の場合は、FDの都合上Scandiskを削除し、パラレル接続のIMES CD-ROMとZipドライブ、さらにPCMCIA経由のCD-ROM、またまたさらに従来のScsi CD-ROMの認識率が悪いので、カスタムVersionを追加しました。(最近はAspi FuckでMOやHDDを認識させることなども考えています) このようにFDの容量の問題を除けば、多くのCD-ROMの認識させられる起動Diskが作れます。 次は、Autoexec.batの設定例

Autoexec.bat 設定例 Version 1.12
@echo off
echo.
prompt $p$g
if "%config%"=="No" goto tool
if "%config%"=="parallel" goto end
if exist ide01 goto cd

cls
echo CD-ROM Not Contact or CD-ROM Nothing
echo.
goto end

:cd
mscdex /D:cd_101 /L:%cdrom% /k
goto end

:tool
echo FD in Utility Program.
echo Fdisk.exe Hdd Block Select
echo Format.com Hdd Format
echo Scandisk.exe Hdd Chaker
echo Chkdsk.exe Hdd Chaker
echo Sys.com System Transfer
echo.
echo Your Keytype
goto end

:end


解説
IF EXIST 〜 goto 〜
もし、〜 と言うものがあれば :〜 に移動すると言う意味です。 無かった場合は、下のEcho文を表示して終了するようになってます。

if "%config%"=="〜" goto 〜
もし、Config.sysのMenu項目で、〜を選択したら、〜に移動と言う意味。
ここではMenuでNoを選択したらendに移動。

7. このような設定にしておけば、Config.sysを見て分かるようにCD-ROM名をcd_101に統一してあるので、cd_101があればMscdex.exeを実行する設定になってます。

8. 上記のようにConfig.sys・Autoexec.batを編集すれば、95起動Diskでも98起動Disk同等になります。 これは「何でもこい!」のMenu設定であって、ましてやScsiやIMESのCD-ROMをお持ちでなければ、CD-ROMのドライバーやその項目のMenuは必要ありません。 各自必要なCD-ROMのドライバーさえあればいい訳であって、すべて98起動Diskと同じにする必要もありません。 各自使用するCD-ROMをMenuに加えてみてはいかがでしょう。 MO・PDなんかも認識できるものも簡単に作れます。

9. この起動Diskで起動すると、CD-ROMが認識するので、PC/AT互換機の場合は、このままセットアップも可能です。

ここまで読んで内容が分かるようであれば、英語環境で起動Diskを作ってしまうのも1つの手です。 私はキーボード配列のみ日本語配列にして、英語環境の起動Diskを作りました。 Fontなどのロードないぶん、起動は速く、色々なツールが入っています。

注意
上記の例はFAT16(OSR1)の例であって、FAT32(OSR2など)でDOS用Soft(16BITアプリケーション)などを使う場合、さらにディバイスをロード必要があります。 そしてWindows95・98では、VFAT(ロングファイル名)が使える為、それに対応したFilerでないと、ロングファイル名を使用したFileの移動・削除は避けて下さい。 8の3(ファイルの文字数)であれば問題はないと思いますが、Windowsに慣れるまでは、Windows95・98の領域で、VFATに対応していないDOS 16BITアプリケーションは、使用しない方が無難です。

Counter

 こわざのへや Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.