こわざのへや Home Sitemap Back Next

DosWindows95でScanregを使う  Windows95でも使用可能である

Windows98のScanreg.exeは、レジストリの最適化プログラム(Windowsレジストリ チェッカー)です。 レジストリのバックアップや復元・再構築などが行え、Windows95でも使用できるかが疑問ではあったが、16BITアプリケーションであることから、使用してみた。 使えます! それもかなり便利に!

長い間 Windowsを使用していると、レジストリのFile(USER.DAT・SYSTEM.DAT)が肥大化します。 Windowsはレジストリの内容を見ながら動いているので、このFileが大きくなればなるほど動作が遅くなります。 しかしレジストリをダイエットさせるツールなどは、私の知る限りないと思います。(FreeSoftなどもありますが、恐くて使えない) だがWindows98の登場により、Scanreg /Fixで再構築することで、レジストリをダイエットできると言うことは証明済み。 「しかしWindows95で動くか?」
さすがにWindowsが壊れるのがいやなので、レジストリのコピー(バックアップ)を取ってから行いましたが、ちゃんとダイエットできました。 それも、2つのFile(USER.DAT・SYSTEM.DAT)を合わせて、USER.DAT分ぐらいのFileバイト数が減少。(各自の環境により違いはありますが) 気持ち速くなったような気がします!
しかし問題がない訳でもない。 起動時にWindows98と同様にHimem.sysを読見込むのに時間がかかる場合があります。(たぶん、レジストリをチェックしている為?) 簡単に言うと、「起動時に3秒ぐらい余計に時間がかかってしまう」と言うこと。(2回(偶数回)再構築をしたら、これがなくなることがある) そして、このScanregでレジストリの修復(再構築)をしてからは、今まで保護エラーがたまに出ていたFileが、何の音沙汰もなく、快適そのも。 私が使用しているWindows95はOSR1で、レジストリにBugがあると言う話を聞いたことがあるが、Scanreg /Fixで修復(再構築)することで直ってしまうのかなぁ?....

用意するもの
Windows98のScanreg.exe
ブランクFD
(複数のOS Boot環境のできる方は、なくても可能)
  1. Windows98をSetupしたフォルダ内(\Windows)に\Commandフォルダがあります。 このフォルダ内には、MS-DOS用のコマンドFileが多くあります。(ほとんどDOSコマンド)

  2. そのフォルダ内に、Scanreg.exeと言うFileがあるので、コピーする。

  3. コピーしたFileを、Windows95で使用しますが、混乱すると困るので、Windows95のルート(\)にコピーしましょう。

  4. このFileはWindows98用である為、レジストリが破壊される可能性があります。(そのようなことが起こったことは一度もないが ....)

  5. Scanregを実行する前に、レジストリのバックアップを取りましょう。 「USER.DAT・SYSTEM.DAT」の2つです。 各自任意に行って下さい。 レジストリが壊れたら、このバックアップを取ったものを戻せば、修復が可能でしょう。

  6. これで、Windows95の環境で、Scanregを使用できる環境が整いました。

  7. このFile自体はMS-DOS用である為、Windows起動後のCommand.comを起動して使用するモード(Windows DOS窓)では使用したことがありませんが、通常はMS-DOSのモード(Windows起動前)で使用するものと思います。

  8. リセットし、ファンクション8(F8)を押し、BootMenuを起動します。 1.2.3.とBoot Menuが順番にありますが、98x1の場合「コマンドプロンプットのみ」、PC/AT互換機の場合「Command prompt only」で起動します。

  9. これで起動すると、MS-DOSモードですが、DOSの知識などは必要ありません。 「Scanreg /fix」と入力することで、あとは自動でレジストリの再構築を行ってくれます。

  10. マシンパワー・導入しているSoftによって各自時間がかかる場合もありますが、「固まったと思い」、リセットはせずに、気長待ちましょう。
私はこの方法で、保護エラーなどで、以前はすねていたFileが、ご機嫌よく動いてくれていたりします。

Scanreg.exeには下記のオプションがあります。 レジストリのバックアップFileの保存場所は\Windows(Windowsをインストールしたフォンダ)\SysbckupのRb***.CABになります。(***は数字、File名は000から+1づつ加算されていくようです) デフォルトの設定では、5個分のバックアップを保存します。 保存されるFileは USER.DAT・SYSTEM.DAT・win.ini・system.ini の4つです。

Scanreg.exeオプション
?使い方を表示
Backup現在のレジストリとそれに関連した
システム設定のバックアップを取る
Restore保存してあるレジストリの復元する
Fixレジストリの修復(再構築)をする
Comment="<コメント>"バックアップのCAB Fileにコメントを追加
Scanregと入力すれば、レジストリのバックアップや復元が簡単に行えます

注意
Scanreg.exeをWindows95で使用して被害が及んでも一切責任は負えません。 自己判断で行ってください。

Counter

 こわざのへや Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.