さいごに Home Sitemap Back Next

Setupそうろん  総論みたいなもの

結論から言ってしまえば EPSON98互換機で、Microsoft版 Windows95・98(98x1シリーズ用)でも動きます。 しかしながら、EPSON機の特殊機能(標準搭載内臓G/A・PCM音源など)は使えないと言うことになります。 ですがWindowsは、ドライバーさえあれば動いてしまうので、ドライバーを入手すれば問題なく動きます。 またメモリ管理法の違いから、体感でしかわかりませんが、EPSON版(95)の方が若干速いようです。 EPSON版のWindows95をお持ちの方であれば、無理をしてMicrosoft版(NEC用)を使う必要もありません。 この企画は、「EPSON版 Windows95がないから、Microsoft版(NEC用)を使えばいいじゃん」などと、軽い気持ちで始めましたが、試行錯誤なんとか動き、安定したWindowsが出来ました。 しかし、メモリを20MB搭載したとたん、HDDの内容が消えたり、Fileがなくなったり、保護エラーで起動出来なくなるなどのトラブルに見回れ、「どうやらメモリに問題あり!」と思っていましたが、やはりそうでした。 EPSON機で一番重要なことは、システム空間をBIOSで制御できない機種があると言うこと。 私はSR・Hシリーズなどを使用していますが、まさにこの機種は16MB以上のメモリを搭載した場合に、システム空間を確保しません。(BIOSで16MB以上のメモリを使用するの状態) このシステム空間でどつぼにはまり、長い間 撃沈しつずけていました。
そして月日は流れ、システム空間の解明により、安定したWindowsが出来上がりました。 そのころには、このHomePage型報告書も始まり、自宅は順調そのもの。 しかし、OA販売センターでは、すぐにコケまくり撃沈。 1番の原因はCPUでした。 Pentium OverDrive 63MHz版をOverClock 83MHzで動かしていたことが原因で、CPUの熱暴走により、何度もコケていたことが判明。 そこで自宅もHシリーズを使用しているので、同じトラブルが出て面白くない・他の機種での動作確認も含めてSRに変更してからは、順調(ちょっとトラブルあり)です。

またこのHomePageは、OA販売センターの社長 有山さんへの私が今までやって来た、EPSON(98互換機)にWindowsを導入する実験の報告書でもあることも、あらかじめご了承ください。

わからない点、不明な点、違うんじゃないのなどなど、私がわかる範囲でお応えします。 また、各自仕様環境の違いから、違ったトラブルなどが出る場合があります。 その時に起きたトラブル・対処方などを、教えてもらえるとうれしいな!

Mail e-mail : epsons@geocities.co.jp



マイコンピュータMyHome EPSON PC's  今までに自宅で使用したEPSON PC's
 順番は上から新しい順になります

中でもお気に入りは、G/Aなしで256色が表示可能な 386M
DOSで、この機能にアクセスして遊ぶことを計画中
しかし多忙な為、冬眠中であったりします
その他にOA販売センターで、SR・AUを使用中

486HX(現役)
CPUPentium OverDrive 63MHz
(63MHz版をOverClockで83MHz動作中)
or
Intel 486DX4 100MHz
Memory20MB(EP-SIMM 8MB 2枚を奇跡的Get!)
G/APCPKB4 (1MB) EPSONローカルバス
このHXが、私の実験機
OA販売センターの実験機をSRに変更した為、
自宅のHGをHXのマザーに変えました
CPUボードはHGの物を使用。 名前は486HXGかな?
メモリ増設用に親亀を探索中!(手に入るあてなし)
Pentium OverDriveは、Waterfallの導入により熱暴走が激減
ベンチマークですが、このクラスの機種にしては、まーまーでしょう
浮動小数点は他の機種より速いような気がしますが、どうでしょう?

HDBENCH Ver 2.560
使用機種 EPSON 486HX
Processor PODP83 83.3MHz [GenuineIntel family 15 model 3 step 2]
(PODP63をオーバークロック動作)
Display Power Driver PCPKB4(1MB)
Memory 18,880Kbyte
OS Windows 95 4.0 (Build: 950)
SCSI ICM C FLAT BT,IF-2767/2766 Ver.2.XX (BUS MASTER Mode)
Driver Ver.1.01
HDC スタンダード IDE ハード ディスク コントローラ (EPSON製)
Drive A,B GENERIC IDE DISK TYPE00 (Fujitsu製 M27BT 778MB)
不良セクタあり
Drive C,D GENERIC NEC FLOPPY DISK
Drive E IBM CDRM00203 Rev 8B08
解像度 640*480 65536色(16Bit)
ALL Text Scroll DD Read Write Memory Drive
2425 5237 5092 3567 1374 1285 40 1 1349 1461 4150 a:10MB

386M(冬眠)
CPU Cyrix Cx486SLC 16MHz
Memory 外部 8MB(Cバス)
備考 G/Aなしで256色表示可能(640*400)
EPSON機で初めてGVRAMを2枚使用し、256色表示可能なおもろい奴
「DOSで256色表示機能をいかして遊ぼうかなぁ」 と思ったが、
CPUアクセラレータをGet!(もらった) Cyrix Cx486SLC 16MHz
486機になったので、Windowsマシーンにしようとしたが、
GRCGのチェンジャーである為、Windows95が入らず、あがく(断念)
Cyrix Cx486SLCは、エコロジーVで計測すると 1.0倍が 1.6倍になる
体感は486になったおかげ、3倍ぐらいになったような気がする?(まーまーである)
Cx486SLCの為、これに合うコプロを探し中 ! (しかし、そんなのあるのかな?)
386Mの256色機能を使用したDOSゲームソフトもある


486HG(引退)
CPU Intel OverDrive 486DX4 100MHz
Memory 20MB(それ以前は12MB)
G/A PCPKB4 (1MB) EPSONローカルバス
備考 HXの64KBセカンドキャッシュ搭載
HomePageの基礎を作った機種である
G/AはPCPKB4でHXの部品になる
メモリもHXの部品になる
ベースクロックは 25MHz → 33MHzに変更済み
他の機種と違ってHシリーズはクセがあり、たいへんおもろい!
フロントベイを3.5インチ・5インチ・Note用HDDPackと言う構成に
しようとしたが、5インチFDがGS用だった為、あがく(失敗)
クロックオシレータを、25から50に変えたが、合うCPUがないと、あがく(失敗)


386GS(引退)
CPU Intel OverDrive 486DX2 50MHz
Memory 14MB
備考 アップグレードCPUボード搭載(486GR相当らしい)
486HGを購入するまでDOS・Windows3.1・Windows95でバリバリに動作
486アップグレードCPUボード(486GR相当)を搭載
3.5インチ・5インチドライブが両方あったので、FDコンバートマシーンとして重宝
386Mを入手した為、置く場所がなくなり悔やみながらも処分
処分してからわかったことだが、Pentiumクラスが搭載できるEPSON製
アップグレードCPUボードがあることが判明 無念 ....
しかしGSにも使えるのかにゃ それ?
今は、部品のみ (FDD・アップグレードCPUボード(クロックオシレータなし)など)
困ったことに、HGでFDコンバートができなくなり、処分を後悔 ....


286VE(引退)
CPU 286 12MHz
私が初めて買ったEPSON PC
初めて買ったパソコンとも言う
またの名をゲームパソコンとも言う
しかし今となっては.... ボロ!

Counter

 さいごに Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.