どうにゅうまえに Home Sitemap Back Next

Displayグラフィックアクセラレータ  システム空間作成しないと ....

EPSON拡張グラフィックモジュール
EPSON機 486NAV/NAU/NAS/FR/FS/FE/SR/SE/HA/HG/HXには、拡張グラフィックモジュールが搭載されています。 これはVAG(640*480)の16色モードを表示する機能があります。 しかし、EPSON版 Windows3.1でないと、この拡張グラフィック(VGA)モードは使用できません。(EPSON版 Windows95にも、この機能を使用するドライバーは入っていません)
AU・SRは、EPSON版 Windows3.1のドライバー(Crtlv4v.drv)を使用して、640*480(VGA)表示が可能になりました。 しかしHシリーズは、このドライバーを使用できません。 機種自体が独自の仕様である為、ドライバーが違います。(専用のもの Crtlv4n.drv) このEPSON版 Windows3.1 VGAドライバー(Crtlv4v.drv)のInfファイルを作成しました。 実験室にて公開中

EPSON PC*KB、または専用
Canopus Power Window PCxKBシリーズをお持ちの方は、そのボードが使用可能です。 自宅のHXは、PCPKB4を使用しています。 市販のCバス製品のG/Aを使用するよりは遥かに高速です。 「Canopusで作られているドライバーの性能が良い」と言う話もありますが? このPCxKBボードは、16MB以上のメモリを搭載しても、正常に動作します。(言わばシステム空間が無くても正常動作) ただし、ボードと機種により、最大メモリ搭載量に制限があります。 そのボードのドライバーをインストールした状態で、システムのプロパティ → ディバイスマネージャー → コンピュータ → メモリの順番で見ていくと、多分一番下にあると思われる Power Window PCxKBのメモリアドレスの手前までが、そのボード・機種の搭載メモリの最大値です。 しかし、これは486機のことで、586シリーズになると、このメモリ制限はありません。
ドライバーは、SEIKO EPSONのホームページ(正確にはI Love EPSON)からダウンロードが可能。 最新のVersion 4.0 (1999/3月現在)
このドライバーはEPSON版 Windows95付属のドライバーよりもかなり高性能で高速です。(ディスプレイユーティリティ+Direct DRAW対応版)
またこのドライバーを使用しようした、Windows98のセットアップ方法も開発しました。 Canopusは凄いにゃ!

このPCxKBシリーズですが、Windows95については問題なく、動作するでしょう。 しかし、Windows98では問題あり。 通常(Windows95の場合)、付属のSetupコマンド(ダウンロードしたもの)で、ドライバーをインストールしますが、Windows98ではこの方法は使用できません。 Setupを実行すると「正常にインストール出来ました」と表示されるものの、再起動しても640*480にはならず、標準(裏技)の640*400で起動します。 これはドライバーが、正常にインストールされていない為です。 ドライバーの更新で再インストール(ドライバーのみ)することで、動作を確認しました。 簡単に言うと、最初はSetupで必要なドライバー類を入れて、後からディバイスマネージャー(システムのプロパティ)のPCxKBの項目で、ドライバーを更新すれば動くようになります。

Melco(WAP-EP・WAB-EP)・Canopus(T64EL)も、各社メーカーからドライバーのダウンロードが可能。 これに関しては扱ってことがないのでコメントなし。

486M/R・586M/Rシリーズの内臓G/A(シーラスロジック製のCL-GD5428・CL-GD5429)と、NoteATシリーズ・486ME(トライデント製のTGUI9660)のドライバーは、EPSON版 Windows95にしかドライバーはありません。 しかし、EPSON(正確にはI Love EPSON)からダウンロードできるWindows95アップデータモジュール(修正モジュール)に、このドライバーがあるので、Infファイル、またはSystem.iniを編集すれば可能だと思われます。(このFileしか使わないので動くかな? 推論であったりもする)

EPSON仕様のグラフィックアクセラレータ
ボード名グラフィック
チップ
バスタイプ最大搭載
メモリ制限
動作チェック
PCSKB3 S3 92832BIT
ローカルバス
制限なしNo Test
PCHKB4 CバスNo Test
PCPKB4 S3 928Hシリーズ
専用
ローカルバス
63.6MB問題なく動作
PCSKB4 S3 928G・Pシリーズ
専用
ローカルバス
現物はあるが
機種がない
No Test
PCSKB5 S3 96432BIT
ローカルバス
制限なし
(486機は55.6MB)
No Test
PCPKB5 S3 964Hシリーズ
専用
ローカルバス
63.6MBNo Test
Melco製
WAB-EP
CL-GD543455.6MBNo Test
Melco製
WAP-EP
CL-GD543432BIT
ローカルバス
55.6MBNo Test
Canopus製
T64EL
S3 Trio6432BIT
ローカルバス
制限なし
(486機は31.6MB)
問題なく動作
PCLKB2 Lスロット
(Cバス仕様)
No Test
PCLSV1 Lスロット
(Cバス仕様)
No Test
PCLSV2 Lスロット
(Cバス仕様)
No Test
486M/R
シリーズ
CL-GD5428本体内蔵No Test
586M/R
シリーズ
CL-GD5429本体内蔵制限なしNo Test
Note AT
シリーズ
TGUI9660本体内蔵No Test
486ME TGUI9660本体内蔵No Test
表記
→ 不明
本体内蔵 → 本体の標準搭載
ローカルバス → EPSON専用 ローカルバス
制限なし → 制限なしであっても各機種による最大搭載メモリが制限
No Test → 扱ったことがないのでNo Tes

EPSON仕様G/Aについて情報をお持ちの方、
穴埋めに参加して下さい。

その他のG/A(Cバス)
市販のCバス製品で、システム空間の0F00000〜 0FFFFFFの領域のメモリアドレスを要求するものは、システム空間を作らないと正常に動作しません。 システム空間の作り方は、「メモリについて」をご覧ください。
注意
しかし、システム空間を作っても、正常に動作しない場合があります。 その場合は、搭載メモリを14.6MB以下にしてWindowsを起動して下さい。 これで正常に表示しないようであれば、G/A自体が壊れている可能性があります。 他のマシーンで試してみるしかありません。

さらに、中には安定しないものがあります。(Windows自体が不安定になる) 特に、Scsi Boot、またはPentium OverDriveを併用していると、いきなり画面が落ち(VGAモードからNormalモードになること)「保護エラーが起きました****:****番地です」などと言われたり、固まる(マウスを動かしても何にも反応がない)ことがある。 こうなるとリセットするしか方法がありません。 さらに災厄の場合、起動時に「Windows保護エラーです」などと言われ、起動すらできなくなる可能性があります。 その場合、ドライバーのアップデートをすることにより、トラブルが解消される場合があります。 なるべくG/Aは、Windows標準で付いているドライバーよりも、最新のドライバーを使用した方がいいでしょう。 不具合が解消されている場合があります。

上記のようにいろんなトラブルに見回れます
なるべく自分の機種に相性のいいものを使用しよう。

動作確認済みその他のG/A(Cバス)
ボード名要求する
メモリアドレス
動作チェック
Melco製
WAB-S
E0000-E7FFF まあまあ安定(周辺機器により変化)
Windows95・98でHX・HG・SRで動作確認
I/O Data製
GA-1024
F00000-F0FFFF もともとエラーの多いいボード
使わない方が無難
テストする気なし
システム空間必要
NEC純正
PC-9801-96
F00000-F0FFFF
F20000-F2FFFF
F40000-F4FFFF
F60000-F6FFFF
の内どれか
純正ボードだけあって安定
システム空間必要
Windows95・98でHXで動作確認
Canopus製
Power Window
801i
売れちゃいました
たしかシステム空間必要
I/O Data製
GA-DRV2/98
F00000-F3FFFF システム空間必要
Windows95でHXで動作確認
I/O Data製
GA-98NB
F00000-F1FFFF システム空間必要
Windows95でHXで動作を確認
Melco製
WAP-2000
F00000-F1FFFF
E0000-E7FFF
のどちらか
E-BANKモード(E0000-E7FFF)で動作を確認
しかし遅い
Windows95・98でSRで動作確認
緑電子製
GAB-982
F00000-F1FFFF
F20000-F3FFFF
F40000-F5FFFF
F60000-F7FFFF
F80000-F9FFFF
E0000-E7FFF
の内どれか
E-BANKモード(E0000-E7FFF)で動作を確認
(メモリアドレスのみの変更が可能)
SRとの相性はよく、早い(HDBENCHはボロ)
Windows95・98でSRで動作確認
Creative Labs
SB16.GA/98
F00000-F1FFFF SBとの複合ボード
基本的にはI/O Data製 GA-98NB
システム空間必要
Windows95・98でHXで動作確認

上記の表は、OA販売センターでの導入実験により、動作テストを行ったボードです。 市販のG/A(Cバス)には要求するメモリアドレスを見て分かるように、システム空間のメモリアドレス(0F00000〜 0FFFFFFの領域)を使用しているものが多くあります。 このようなボードでは、システム空間がないと正常に動きません。

その他のボードの動作確認は、こちら

640*400モード
640*400の16色 Normalモードで使用したい方は、Msdisp.inf (ディスプレイアダプター定義ファイル) の中に 「PC-9800 Standard 16 color Graphics (EGC)」というドライバーがあります。(Windows95の場合) この定義を使用すれば、起動時に「ディスプレイアダプタが不正です」などと言われることがありませんが、このままでは使用できないので編集が必要です。
編集のしかたがわからない方は、WEBサイトのVectorにあるフリーソフト「640×400 ドット再利用計画 〜 98 の 640×400 で Win95 〜」を使用するといいでしょう。(たぶん今でもあると思います)
このモードで使用する場合、VGA以上の画像度がないと、Softインストール時にVGAチェックで引っ掛かり、インストールできないSoftで出てきます。 また256色も同様。 ご注意を!

この640*400のNormalモードは、MS-DOS標準の画面であり、ディスプレイの周波数を替えて表示することもありませんし、G/Aが何度も落ちても、ディスプレイを傷める心配はありません。 しかし、画面が狭い .... 昔はこれで使っていたが、今は使う気すらない。

Counter

 どうにゅうまえに Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.