どうにゅうまえに Home Sitemap Back Next

DosATドライブアサイン   OS仕様の違いに注意

最近はPC/AT互換機を使用する機会が多く、ドライブの勘違いを起こしやすいので、私はATドライブアサインの仕様で使用しています。 OSにより違いがあるので注意が必要。
ATドライブアサイン

Windows95Windows98
複数の
ドライブ
作成不可能
(Cドライブ固定)
作成可能
特長 OS仕様上のBugにより、
BackUpを戻しても元に戻らない
(起動ができない)
起動Menuが表示されるまで
若干(2・3秒)時間がかかる場合がある
作り方 DOSからのSetup時に、
Setup /ATと入力
システムの転送時(Sys.exe)で、
Sys C: /ATと入力
(ドライブは各自任意)
上記のような特長があります
通常Windows95では複数のATドライブアサインを作成できませんが、DRVASN95と言うFreeSoftを使用することで、複数ドライブの作成が可能になります。 詳しくはこちら




PnPプラグ&プレイ   ディスクトップ機では、この機能は意味ない

基本的にEPSON機は、プラグ&プレイ(以下PnP)機能はありません。 Microsoft版 Windows95・98(98x1版)だからないのではなく、EPSON版 Windows95もPnP非対応です。 これはEPSON機自体がPnP非対応の為、PnP機器を使用しても、PnPは動作しません。 ハードウェアウィザードを使用して認識させるか、手動でドライバーをインストールして下さい。

※ ただしNoteのPCMCIAスロットについては、PnPは可能です。(AUにて確認済み)




SoundPCM音源搭載機種   やはり、音がないのは寂しい?

586・486M/Rシリーズ(MR・MSなどの、一部の機種は非搭載)、またはNoteAT・AVシリーズになると、PCM音源が搭載されています。 しかしMicrosoft版 Windows95・98(98x1版)には、このPCM音源のドライバーはありません。 音は出ないので諦めて下さい。
どうしても音を出したいのであれば、EPSON版 Windows95のドライバーを使用すれば可能なようです。 私はPCM音源を搭載した機種を持っていないので未確認。(WEBサイトでは動作報告あり(Windows98のみですが)) また、このEPSONの内臓PCM音源は、サウンドブラスター系ではあるものの、SB16とは別物で、PC/AT互換機で言うところのサウンドブラスターPro上位互換に相当するそうです。




PcmciaPCMCIA  Windows98では何かとやっかい?

NoteのPCMCIA Card スロットルについては、上記のPnP(プラグ&プレイ)で述べたようにPnPが可能です。 しかしWindows95では、Card自体が動けば問題なく動きますが、Windows98については、以前はまったく使えない状況でしたが進展がありました。 EPSON Windows95のPCMCIAドライバーをインストールしてみましたが動作せず。 あきらめず、Windows98のドライバーを再インストールした所、前回(セットアップした時)はIRQが12でしたが、今回はIRQ5になり、一部のPCMCIAの動作を確認しました。 しかし、IRQの3/5/10/12は変更可能で、よく使われるIRQである為、他のPCMCIAがIRQ5を固定で使用する場合、そのPCMCIAは使用できなくなります。(まー5番固定のものなどめったにない) そこで余っているIRQに変更して見ようと思います。 6番が余っているので、このIRQならいけるかな?(6番もよく使うか?) 

数は少ないですが、動作確認について実験室「動作確認 拡張ボード (PCMCIA)」へどうぞ。




programWindows Soft   ほとんど動く

基本的に動かなかったWindows Soft、今までなし
多少問題はあるもののSoftが原因?
上記のようなエラーを表示し、起動できない、あるいは止まってしまう場合は、だいたいがSoft側のトラブルのようで、EPSON機だから動かないと言うことはありません。
WindowsのSoftとSoftの相性で起動できないこともありますから、この辺りは経験が必要になります。
どうしても動かない場合は、Microsoftなどからダウンロードできる、「アップデータモジュール」を使用すると、動くかもしれません。

またInternet Explorer 3.02をインストールせずに、Windows95に付属のInternet Explorer(正確なVersionは不明、多分2.0系)のままで、Softをインストールした時に、動かないやインストールできないSoftがいくつかありました。 これはInternet Explorerの原因で、3.02をインストールすることで、正常に動くようになりました。 エラー表示は、User.exeで起こっていましたが、ここに書き込まれている情報(レジストリ?)が、旧VersionのInternet Explorerでは、ダメな(正常に動作しない)ようです。 このことから、上位のInternet Explorerを導入することをお勧めします。 3系自体は2000年問題から見捨てられたようで、4.01 SP2以降のものをお勧めします。

更にまたまた、2000年を迎えました。 動かないSoftやエラーを吐き出すSoftなどもあるそうです。(そんな目にあったことはないが) Windows98 Second Edition以前に発売されたOS(95・98(無印))などは2000年問題の対策がされていません。 2000パッチが必要になります。 Microsoftなどからダウンロードが可能です。
Windows95の2000年パッチですが、動かないSoftが動くと言う現象があります。

数は少ないですが、動作確認について実験室「Windows Soft動作確認」へどうぞ。

Counter

 どうにゅうまえに Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.