とらぶるしゅーてぃんぐ Home Sitemap Back Next

SetupダメWindowsがSetupできない  Setup時に起きた代表的なトラブル

ハードウエアウイザードで止まる
セットアップの為のコピー終了後、再起動ができない
EMS・IOSロードエラーなるエラーが出て止まる
G/Aが正常に動作しない
Setupして見たが画面がグチャグチャになる
「0で除算できません」と表示される
システム空間をDriverで作ったが、再起動後エラーで止まる
「512KB長でFormatしてください」と表示し、Setup終了
Setupと入力したが真っ黒表示のままだ
Setup中にリセットがかかる
Setup中に固まる


またWindows(95・98共に)はFileコピー終了後であれば、再起動時Bootlog.txtファイルを作成しながら起動してきます。 これはトラブル「Windows保護エラーなどで起動できない」で説明しているように、Bootlog.txtを見れば起動できない理由が明確になるかもしれません。 参考にしてみて下さい。




ハードウエアウイザードで止まる
Config.sys に Files = 30 以外に余計なディバイスドライバーがあると、そのディバイスが邪魔をして、止まる可能性があります。 修復セットアップで、前回止まった所をスキップすれば可能だと思いますが、ハードウエアウイザードを起動すると、同じ所で止まる可能性があります。 CAB方式であればCD-ROMのドライバーも使用しないので、止まる可能性が低い訳です。 それでもダメなら周辺機器が、悪さをしている可能性あり。 すべて外す。
なお、システム空間ドライバーは問題外で、実行(システム空間作成)後、自爆するプログラムであるため、このドライバーは問題外です。

セットアップの為のコピー終了後、再起動ができない
「どのように起動ができないのか」で変わります。 16MB以上のメモリを搭載していてScsi Boot、またはG/Aのメモリアドレスが 0F000000〜 0FFFFFFのシステム空間を使用しているのであれば、下記の 2つ項目に該当しますが、セットアップ中に、ディスプレイアダプタの選択画面が表示されて「その他のディスプレイアダプタ」以外を選択した。 これに関しては「セットアップ途中で」で述べたように、この選択画面が表示される(ハードウエアウイザードで認識しないG/Aの)場合は、「その他のディスプレイアダプタ」を選択して下さい。 9821スタンダードディスプレイアダプタを選択した場合は、必ずエラーで止まります。 これは、9821シリーズで標準になったPEGC(640*480 256色)にアクセスしようとし、無かった為にエラーを表示して進めなくなるようです。

いろんなCバス製品を使用している場合は、そのボードが邪魔をして(IRQ・I/Oアドレス・メモリアドレスなどが競合して)起動できない場合があります。 例えば、Scsiボードをノーマル・ハイレゾの両用で設定している方は、ノーマルモードのみで、設定してみて下さい。 私もこれで、セットアップできないことがありました。 またScsiやSound BlasterのようにDMAを使用するボードが競合し、起動できない場合があります。 私は今までの経験上、Scsiをセットアップ時に認識させ、後から(セットアップ終了後)Sound BlasterやLANなどのボードを認識させるようにしています。 こちらが参考になるかと

上記のハードウェアウィザードで説明したように、Config.sys・Autoexec.batに余計なコマンドのロード(ディバイス登録)があると、再起動後に止まる可能性があります。(多くの場合、CD-ROMのドライバーの可能性あり) CD-ROMなどのドライバーがある場合はRem、または削除して下さい。(CD-ROMのドライバーはRAM文で無効化されていますが、ScsiのAspiのドライバーは無効化されいない場合があります)

またFileコピー終了後であれば、再起動時にBootlog.txtファイルを作成しながらWindowsが起動してきます。 これはトラブル「Windows保護エラーなどで起動できない」を参考にしてみて下さい


EMS・IOSロードエラーなるエラーが出て止まる
このエラーが表示されるのは、16MB以上のメモリを搭載していてScsi Boot、または15〜16MBのメモリアドレスを使用するG/Aを使用している状況だと思います。 このエラーはシステム空間がない為にエラーを表示しています。 システム空間を確保して下さい。 作り方については、こちら またシステム空間を作ってない場合は、同じトラブルとしてWindows保護エラーを表示する時があります。

Scsi Bootの場合このエラーが表示され、リセット後、Fileが消えている場合があります。 これはシステム空間がない(存在しない)ために、外部のDMAが正常に動作しなかったためです。 消え方はさまざまで、Windowsフォルダ(ディレクトリ)がごっそりと、2・3のFileのみ、HDDが丸ごとなどなどさまざまです。 Scsi Bootの場合はシステム空間を必ず確保しましょう。


G/Aが正常に動作しない
このような状況でしょうか。 16MB以上のメモリを搭載した状態で、Windowsが起動しても動かないものや、「カチ(G/Aが動作した音)」の後、変な色を表示して固まってしまう。 これはシステム空間がない(存在しない)ために外部のDMAが正常に動作しなかったためです。 0F000000〜0FFFFFFの領域のメモリアドレスを使用するCバス系のG/Aは、システム空間を確保しないと同じような症状が起こります。
詳しくは、グラフィック・アクセラレータボードをご覧ください

Setupして見たが画面がグチャグチャになる
Windows98をセットアップした時に、G/Aが動作しなかった為に起こるトラブルです。 基本的にWindows98は、VGA(640*480)のディスプレイ規格(PEGC)で作られているので、Normal(640*400)では、正常に表示されません 。 その症状はDOS(クリーン)からのセットアップ、アップグレードセットアップ共に解決策があります。 詳しくは、Windows98 G/Aについてをご覧ください。 Windows98セットアップ時には、状況により灰色表示になる場合もあります。

Windows95の場合ですが、Fileコピー終了後の再起動時、「カチ(G/Aが動作した音)」の後、何も表示されない真っ黒表示や変な色、グチャグチャ表示になる場合があります。 IRQ・リソースなどに問題がない状態で、このような表示になってしまう場合はシステム空間がないと起こります。 システム空間を確保して下さい。


「0で除算できません」と表示される
486系のCPUの方は、Windows98セットアップ時に、そのように表示されると思います。 DOS(クリーンインストール)からのセットアップであれば、このままセットアップは行えません。 どれかのFileを、PC/AT互換機用のバイナリーFileに書き換えることで、CPUが486DX2 66MHz以下でも、セットアップが可能になる方法があるみたいですが、未だ対策方法は見つかっていません。 しかし、CPUを486DX4 100MHzからPentium OverDriveに替えることで、このトラブルが解消されました。(エラーが出ない) 多分、CPUの誤認識だと思われます。 486系以上のCPUを使用するか、アップグレードセットアップを行うしかありません。 こちらが参考になるかと

システム空間をDriverで作ったが、再起動後エラーで止まる
Windowsセットアップ時にConfig.sysが書き換えられた為です。 システム空間を作るドライバーは、メモリマネージャーより前にロード(Deviceで登録)しなければ正常に動作しません。 Config.sysの編集が必要です。 こちらが参考になるかと

それ以前の問題として、そのドライバーが正常に動作していない場合もあります。 そのドライバーとHimem.sysをロード(Device で登録)して、MS-DOSのコマンド Mem(メモリ内をのぞけるツールなど)を実行してみて下さい。 そこで搭載メモリより1MBの容量が減っていれば、正常に動作しています。 しかし、搭載メモリと同容量でしたら、そのドライバーが自分の機種に適合していないか、使えないことになります。


「512KB長でFormatしてください」と表示し、Setup終了
HDDのセクター長が、256KB長でFormat(初期化)されています。 Windows95からは、512KB長でFormatしたHDDでなければ、セットアップできません。 こちらが参考になるかと


Setupと入力したが真っ黒表示のままだ
グラフィック・チェンジャーのタイプが、エンハンスドグラフィックチェンジャー(EGC)タイプ以降でないと、Microsoft Windows(98x1シリーズ用)は何も表示されません。(真っ黒表示) たぶん機種のグラフィック・チェンジャーのタイプは、GRCGと言うタイプのものです。 そのタイプのものは、何も表示しないままセットアップは進みますが、はっきり言って不可能です。 他の機種でセットアップしたHDDを使用してWindows起動しましたが、何も表示されませんでした。 エンハンスドグラフィックチェンジャーがEGCの機種を、ご利用下さい。

Setup中にリセットがかかる
16MB以上のメモリを搭載した場合、システム空間がないと、セットアップ中にリセットがかかる場合があります。 私も何度かシステム空間ドライバーの登録を忘れ、いきなりリセットがかかった経験があります。 システム空間を作れば、リセットがかからないと思います。 作り方については、こちら

Setup中に固まる
16MB以上のメモリを搭載した場合、システム空間がないと、セットアップ中に固まる(反応が無くなる)ことがあります。 システム空間を作っていないようであれば確保。

またもう一つのトラブルとして、ハードウェアウイザードで止まると同じように、Config.sysにFiles = 30以外に余計なディバイスドライバーがあると、そのディバイスが邪魔をして、固まる場合があります。 CAB方式を試して見ては!

さらにCPUの熱暴走により固まることもあり。

さらにまたまたScsiボードの設定をバスマスタやSMIT転送にして置くと、固まることがあるようです。(Scsi Bootもしかり) Scsiボードが原因であれば、転送速度をDMAまで落としてセットアップすることをお勧めします。 セットアップ終了後、バスマスタやSMIT転送に戻す。

固まる原因はさまざまで、何をやっても固まるようであれば、最後の手段として拡張機器をすべて外し、セットアップすることをお勧めします。 セットアップ終了後、1つずつ確認をしながら行うことにより、原因がわかるかもしれません。 また、こちらも参考になるかと

Counter

 とらぶるしゅーてぃんぐ Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.