とらぶるしゅーてぃんぐ Home Sitemap Back Next

Dosメモリが認識しない(システム空間がない)  私もハマリました

Test 機種 HX・HG・SR Test OS 98・95

16MB以上のメモリを搭載している場合

  1. Scsi Boot

  2. CバスのG/Aのメモリアドレスが0F00000〜 0FFFFFFの領域を使用している
このどちらかにあてはまる場合、システム空間がないと正常に動作(認識)しません。

症状を正確いうと

  1. の場合
    EMSディバイスロードエラー・IOSロードエラーなるもの、Windows保護エラーなどのエラーが出てが起動できない

  2. の場合
    G/Aが正常に動作しない(変な色を表示して固まる)、または 1.と同じようになエラーが出る

これは、0F00000〜 0FFFFFFのメモリ領域(システム空間)が正常に認識しない為に、起動、または動作しません。

対策
すべて「メモリについて」に書いてあります。 そちらを参考に!




ばつCPUの熱暴走  保護エラーが頻繁に出るようであれば、可能性あり

CPUの熱暴走によりWindowsが不安定(保護エラー)、または起動できないことがあります。 さらに固まってしまうこともあります。
エラーが表示されて、詳細ボタンが表示される場合、詳細でどのFileでエラーが起きたかの確認ができます。
確認するよりも下に表示されているBOX表示内の字の部分を、全て左クリックで選択し、右クリックでコピーを選択。 そのコピーしたものを集めて1つのFileに保存し、統計をとるのもいいでしょう。 そのうちにどのFileが原因かわかります。 もしかするとSoftの原因かもしれません。(SoftとSoftの相性など)
熱暴走を起こすと、おもに以下のFileが暴走(エラーを表示)します
Kernel32.dll このFileが一番多いい
このFileが保護エラーであれば、
Windows中核Fileであるため即再起動
User.exe このFileもまれに熱暴走
16BITのレジストリみたいなの
Explorer.exe Windows98からはアクティブディスクトップが標準の為、
Explorerを開いただけでもエラー
Internat.exe 上記の Explorerと同様
Msgrv32.exe 起動時にエラーが表示されるようであれば熱暴走の可能性あり
Systry.exe 起動時にエラーが表示されるようであれば熱暴走の可能性あり
Taskmon.exe 起動時にエラーが表示されるようであれば熱暴走の可能性あり

上記のFileはWindows起動時から随時使用するFileである為、メモリに常駐しています。 頻繁に保護エラーなどが表示されるようであれば、CPUの熱暴走の可能性があります。 CPUに熱対策をおこなうことをおすすめします。

SoftでCPUを冷やす
有名な所ではCPUIDLE・WaterFallがあります。 どちらもHalt命令を使用してCPUアイドリング時にCPUを休ませるSoftです。 私は後者のWaterFallを使用してPentium OverDriveの熱暴走が、だいぶなくなりました。(さすがに、おもいっきり暑い日はダメですが!)
WaterFallはpentuim専用ですが、AMD K5を選択すれば3.3V系のCPUで使用可能になります。 486DX4 100MHz・DX2 50MHzで動作を確認しました。 しかし、Pentium OverDrive83(以下、PODPと記入)は、このモードは使用できません。 私が使用した限りでは、文字化けや、固まるなのど症状が出ていました。 そこでGeneral Processorモード(3.3V)で使用しています。 CPUのボルト設定ですが標準の2.0Vで使用した場合、PODPのファンが止まってしまうことがあります。 これではCPUの速度が2.5倍速にならず等速で動くのでPODPの効果がありません。 「最初は何で止まるのかな?」と思っていましたが、WaterFallがCPUに電源供給を少なくしたことによって、CPUファンが回らなくなったようです。 3.3Vにしてからは止まることもありません。 PODPの仕様書(PDF File)をIntelからダウンロードしましたが、英語のため、わからんです。 PODPのボルトは何ボルト(5V・3.3V)なの? CPUファンの部分もあるし?
CPUIDLEですが、こちらは詳しくは分かりませんが全CPU対応のようです。 私が使った時は文字化けしました。




ComputerPentium OverDrive  速いが、何かと問題あり

Test 機種 HX・HG Test OS 98・95

拡張ボードとの相性が悪いことがあるようです(音源・LAN・G/A・音源 など)
また対応していない製品があるようです(マニュアル・カタログなどを参考にしてください)

CPUの熱により暴走する傾向があるようです。
おもに、kernel32.dll がエラーを起こします(アップデートしてもダメでした)
ヒートシンクとFANが付いていますが、暑い日などは貧弱でCPUの熱を逃がしきれないようです。 中にはヒートシンクが適当に張り付いているものもあり、熱放射ができないものもあるそうです。 ヒートシンクごと取っ払って、冷却能力の高いヒートシンク+FANに替えてしまうのも1つの手です。

Counter

 とらぶるしゅーてぃんぐ Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.