Windows95 Home Sitemap Back Next

SetupSetup途中で   ここだけは気を付けて

使用しているハードウェアの検索で いいえ 「調べるディバイスを指定する」を選んだ方がいい場合があります。 今までの経験でLANボードを差したままセットアップした場合、正常にセットアップできたとしても正常に動作しないことがありました。 このディバイスを削除してもう一度ハードウェアウイザードで認識させれば動くようになりましたが。 原因は不明です。 またPC/AT互換機の話ですが、Dell(いつもOA販売センターで使っているのに今も型番を知らない)はオンボードでLANがありまして、このボードをハードウェアの検索でセットアップ時に認識させてしまうとIDEコントローラに!マークが付いて16BIT動作になってしまうことがありました。 このことから使用しているハードウェアの検索では「調べるディバイスを指定する」を選んだ方がいい場合があります。 私の場合はLAN・サウンド・ディスプレイアダプタなどを調べずに、後から認識させる方法をとっています。 IRQ・メモリアドレスは、各メーカーの製品によりさまざまで、Scsiボードのようにある特定の範囲内でのメモリアドレスと言うものはありません。 また使用するユーザにより、任意に変更されている場合があります。 このような設定の変更に、セットアップ時のハードウェアウィザードは対応できないのか、それともあほなのか?どうかはわかりませんが、うまくいかない場合があります。 「どうせうまくいかないんだったら、後から認識させればいいじゃん。 それが原因でセットアップできない時もあるんだし!」と言うことで、私の場合は後から認識させる方法を取っています。 要するに、セットアップ時のハードウェアウィザードでは最低限必要なもののみでセットアップを行うと言うことです。 これはPC/AT互換機用のOSR2.1でも同じような対策がなされているようです。 トラブル回避の為に、使用しているハードウェアの検索画面になると、LANとサウンドとCD-ROMのチェックボックスが(悪さをするので)表示されます。 同じようなことをしているようです。 やっぱあほなのか?
各自使用する環境が違う為、ここはセットアップの経験が必要になります。 基本的に1回でセットアップが成功すると思わない方がいいでしょう。
簡単に言うと、使用しているハードウェアの検索では、「いいえ」を選択し、最低限必要な周辺機器のみでセットアップした方がトラブルに会いにくいということです。

もう1つ気をつけなければならないことは、G/Aの選択です。 使用するG/Aのドライバーを、Windows95が標準でドライバーを持っていれば問題ないのですが、ドライバーを持っていない場合、またはハードウェアウィザードで認識しない場合 「コンピュータで使っているいくつかのデバイスを認識できませんでした。 以降の画面で正しいモデルを選んでください。 モデルがわからない場合は、自動的に選ばれているモデルをそのまま使ってください」 と、画面に表示されるので、ここで その他のディスプレイアダプタを選択しましょう。 その他のディスプレイアダプタ以外を選択した場合、再起動後に止まる・固まる・セットアップができない、などのトラブルが出る可能性があります。

また、 486NAV/NAU/NAS/FR/FS/FE/SR/SE/HA/HG/HXには拡張グラフィックモジュールが搭載されていますが、スタンダード ディスプレイ アダプタ(9821シリーズ)を選択しないで下さい。 上記の機種は拡張機能として640*480の表示が可能ですが、まったくの別物で選択しても動作しません。 それどころか、セットアップ途中(再起動時)に止まる・固まるなどのトラブルがでます。(PEGCにアクセスしようとして沈黙!)

G/Aが原因でトラブらないようにするには、「その他のディスプレイアダプタを選択」を選択するのがベストでしょう。

注意
「メモリについて」で述べたように、0F00000〜 0FFFFFFのシステム空間のメモリアドレスを使用するG/Aは再起動後、起動できない(変な色を表示して固まる)場合がありますので、カスタムセットアップで「その他のディスプレイアダプタ」を選択した方がスムーズに進む場合があります。 この場合はWindowsセットアップ終了後にG/Aを認識させることになります。 もし、心配なようでしたら認識させる前にレジストリのバックアップ(win.ini・system.iniを含む)を取り、認識させる方法を取ってください。 正常に動かないようであればレジストリのバックアップを戻すことで前の状態に戻ると思います




DosFileコピー終了後の再起動時   ここだけは気を付けて

「セットアップ前に」の対策で15〜 16MBをシステム空間にするドライバーを使用した方は、Windowsセットアップ時にConfig.sysが書き換えられてしまいます。 このドライバーはメモリマネージャー(Himem・Emm386)より前に書かなければ正常に動作しないので、各自編集をして下さい

システム空間ドライバー 使用例
Device = recmem.sys ← ここに移動、または記入します
Device = a:\Windows\himem.sys
Device = a:\Windows\emm386.exe RAM
Devicehigh = a:\Windows\kkcfunc.sys

Device = recmem.sys ← このようになってしまうので先頭に移動

もし対策を行った状態でConfig.sysを編集をしなかった場合は、再起動後にエラーが出て止まってしまします。 災厄の場合Scsi Bootだと、外部のDMAが正常に動作しなかった為にHDDの内容が消えてしまうことがあります

以前にセットアップした時に、HDDPackを使用していて「IDEコントローラに!マークが付く、またはHDDが認識しなかった」方は、この再起動前にEPSONのHomePageより(正確には I Love EPSONから)ダウンロードしたIDEコントローラのFile(esdi_506.pdr)を\Windows(95をインストールしたフォルダ)\system\iosubsysに上書きコピーしておけばHDDが認識して32BIT動作になるので、若干セットアップが早く終了します




SetupダメSetupがうまくいかない方   アドバイスになるかなぁ?

以上の項目に気をつければ、セットアップは可能でしょう。 しかし、以下のようなことが原因でセットアップができない方はトラブルシューティング「セットアップができない」をご覧ください。 各項目をクリックしていただければ移動できます。 同じようなトラブルであれば解決方法があるかもしれません。 参考にしてください。

またWindows(95・98共に)はFileコピー終了後であれば、Bootlog.txtと言うFileを作成しながらセットアップしています。 このFileは起動ドライブ内のルートディレクトリにあり、内容は起動時に読み込んだFileが記入してあります。 このFileを見ることにより、どこで止まってしまっているかの大体の位置が把握できます。 Bootlog.txtについてはこちらへどうぞ

どうしてもセットアップできない場合は、全ての周辺機器を取り外してセットアップし、1つずつ周辺機器の動作確認をしてください。 G/AなしのNormalモード(640*400)は安定していますよ。

ハードウエアウイザードで止まる
セットアップの為のコピー終了後、再起動ができない
EMS・IOSロードエラーなるエラーが出て止まる
G/Aが正常に動作しない
Setupして見たが画面がグチャグチャになる
システム空間をDriverで作ったが、再起動後エラーで止まる
「512KB長でFormatしてください」と表示し、Setup終了
Setupと入力したが真っ黒表示のままだ
Setup中にリセットがかかる
Setup中に固まる

次のPageに、私がWindows95をセットアップする時の例を掲載してみました。
そちらも参考になるかも。

Counter

 Windows95 Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.