Windows95 Home Sitemap Back Next

SetupWindows95 Setup(C_Data編)  私のWindows95 Setup方法

  1. まずはCAB方式でセットアップするので、CD-ROM内のWin95ディレクトリを内容をすべてHDD内にコピーします。(ディレクトリごとコピーしても構いませんし、好きな名前でも可。 わかりやすい名前がいいと思います) 私の場合はHDDの領域に分割し、Windows95・98・DOS&Dataと言う3ドライブ構成になっているので、CAB FileはすべてDOS&Data領域にコピーしてあります。 そのため内容をコピーすると言う作業は初回セットアップ時のみの作業になっています。


  2. Config.sysを作成します
    device = c:\uty\recmem.sys
    files = 30
    セットアップするには、これだけで十分

    余計なディバイスを書くとセットアップ途中で止まる可能性があります。 CAB方式であれば、CD-ROMのディバイスもいりません。 また私の使用している機種は、システム空間をBIOSで制御できない機種なので、システム空間ドライバーを導入します。

  3. Config.sysを作成したらリセットし、任意のWindows95をSetupするドライブ(起動ドライブ)から起動。
    CAB Fileをコピーしたディレクトリ内に入り、Setupを実行。
    するとセットアップが始まります。

  4. 同意・ディレクトリの選択などなど任意に行います。
    HDD内の調査が終わり、セットアップ方法を聞いてきます
    そこはもちろんカスタムセットアップを選択

  5. 続いて、プロダクトID・名前・会社名を入力

  6. コンピュータの調査(ハードウェアディバイスの検出)では
    「はい」・「いいえ」とありますが、「いいえ(調べるデバイスを指定する)」を選択します。
    選択画面になったら
    CD−ROM(解除しても問題ない)
    PCMCIA(ディスクトップ機では不要 Noteの場合は外さない)
    サウンド、MIDI、またはビデオキャプチャ
    (アドレス競合を避ける為、おもにSBのDMA)
    ディスプレイアダプタ(自分で選択するから)
    ネットワーク アダプタ
    (アドレス競合を避ける為と、うまく動かない時があるから)
    ポート(使わないので)
    以上の項目のチェックボックスを解除します

    調べるデバイスを限定しているので、通常のハードウェアウイザードとは違い、早く終わります。 時間がかかる原因は、ネットワークアダプタとディスプレイアダプタの検索に時間がかかるからです。

  7. 次に通信オプションが表示されます。
    要らないので「次へ」をクリック

  8. 次はインストールするFileの選択画面。
    なるだけスマートなWindowsを私は好むので、いらないFile(不要なSoft)はインストールしないように設定します。

  9. ネットワークの設定画面。
    現時点でネットワークを認識させると、私の経験から失敗することが多く、ネットワークにうまくつながらないことがあるので、ここは何もしないで「次へ」をクリック

  10. すると「コンピュータで使っているいくつかのデバイスが認識できませんでした。 以降〜 以下省略」が表示されます。 ここは「OK」をクリック

  11. ディスプレイアダプタの選択画面が表示されます。(ディスプレイの検索を解除したので)
    各自任意のものを選択。
    ディスプレイアダプタの不具合などで、セットアップできないなどのトラブルに見回れる方は、「その他のディスプレイアダプタ」を選択すればいいでしょう。


  12. コンピュータの設定は画面は
    パワーマネージメントはなしを選択(Noteの場合はありを選択)
    モニターはプラグ アンド プレイ モニター(VESA DDC)を選択。
    私は2台のディスプレイをつないでいるので。
    (EPSON機はあまりこの設定にしても意味がない。 PnP非対応)
    次へ

  13. 起動Diskの作成。
    前にセットアップしたものがあるので不要。 「いいえ」を選択

  14. これでセットアップの設定は終わりました。
    Fileコピーになります。「次へ」をクリック

  15. コピーが終わるまで、しばし休憩!

  16. 「まだかな まだかな!」

  17. コピーが終わりました。 「完了」をクリック
    で、再起動になります

  18. 私は、システム空間のドライバーを使用しているので、Config.sysの編集が必要です。
    以下のように編集します
    device=recmem.sys
    device=himem.sys
    device=emm386.exe RAM
    device=kkfunk.sys

    device=recmem.sys
    recmem.sysを先頭に移動します。

    これでシステム空間の対策ができました

  19. リセットし、起動。

  20. 「Windowsを起動しています」と表示。
    しばし待ちます。

  21. すると各自使用しているG/Aにより画面が切り替わります。(VGA表示になる)
    G/Aを使用していない、また「その他のディスプレイアダプタ」を選択した方は変わりません。 またディスプレイアダプタに!マークが付いている方(セットアップ終了後、各自確認)も変わりません。

  22. 「ハードウエアとPnP機器の設定をしています」と表示。
    待ちます。

  23. 「Windwos95セットアップ」が表示され、自動で設定してくれます。
    ここは日付と時刻・プリンタの設定をします。

  24. 「最終設定をしています」の後、Windowsのセットアップは完了です。 しかしながら各OSのVersionにより、最終設定の前に、再起動がかかる場合があります。 各自指示に従ってください。

  25. で、Windowsが起動したら、LAN・サウンド・Scsiの高速ドライバーなどの拡張機器をマニュアル(手動)で認識させます。

  26. 私の使用しているWindows95は初期出荷版のため、Bugなども多く、アップデータモジュールを入れないと、まともに動きません。 File上書き防止のため、通常使用するWindowsSoftをインストール後、アップデータモジュールを導入しています。

  27. このセットアップはCAB方式を使用していますので、かなりトラブル回避ができます。 セットアップ時に固まってしまうなどのトラブルも回避できる可能性があります。

  28. 私は以上のようなセットアップ方法でWindows95をセットアップしています。 さらに最近はSoftインストール後、Windows98のScanregを使用しています。 レジストリのダイエットができ、レジストリの再構築しているせいか?、エラーなどもかなり少なくなりました。

  29. 最後に2000年パッチを導入します。 これをインストールすることにより、かなりのエラーが解消されるようです。 また動かないSoftが動くこともあります。
以上、簡単ではありますが参考までに掲載してみました。
良きアドバイスなどなどあったら教えてね!
Counter

 Windows95 Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.