Windows98 Home Sitemap Back Next

Setup用意するもの   必要なもの・あると便利なもの

EPSONマシーン(要 EGC搭載機種)

Micorsoft版 Windows98 OEM版・UPG版どちらでもかまいません。
OEM版を持っていないので、UPG版でしか動作チェックをおこなっていません。

UPG版を使用する場合
DOS(さら)の状態からセットアップするのであれば、アップグレードチェックのため、Windows95・Windows3.1のCD-ROM、または、Windows95・Windows3.1セットアップディスクの数枚(フロッピーでやったことがないのでわかりませんが、聞いた話によると5枚ぐらい要求されるようです)が必要になります。

ハードディスク(HDD)
DOS(さら)からのインストールするには、最低240MB以上
アップグレードセットアップを行う場合、最低300MB以上の容量が必要
FAT32にしたいならば、512MB以上の領域が必需
ソフトをインストールするのであれば、G(ギガ)クラスのHDDを推薦

CD-ROM
OS・SoftなどのほとんどはCD-ROMで配給されています。 必需かと。

グラフィック・アクセラレータ
Windows98は(Selfモードも)PEGC用(VGA 640*480の256色 ディスプレイモード)で作られている為、Normal(640*400)のモードでは、セットアップが不可能です。(ややこしいですが、セットアップ方法はあります) 正確にはアップグレードセットアップは可能だが、再起動後、使用しているG/Aが動作してくれれば問題はないが(ほとんど動作しません)、動作しなかった場合は画面がグチャグチャになり何をしているのか解りません。 これはG/Aが、NECアクセラレータBIOS(PEGC)に対応していない為です。 対応しているのであればVGA表示になり、正常に画面が表示されるはずです。 このPEGCに対応していないところがネックになり、EPSON機に導入が難しい訳です。 そこであるボード、または、あることをすれば、セットアップが可能になります。
詳しくは、グラフィック・アクセラレータについてをご覧ください。

16MB以上のメモリを搭載した場合、BIOS上でシステム空間を作り出せない機種
システム空間を作り出すドライバーが必需。

Windows95のディスプレイドライバー(egcn4.drv・grab98.3gr)
Selfモードの起動、ならびにあるセットアップでも必需
またDOS(さら)からのインストールであれば、Windows95のセットアップ時に使うディスプレイドライバーのFile(Mini1.cab内のegcn4.drv)が必要。

EPSON版 Windows95のアップデータモジュール(修正モジュール)
一部の機種では必ず必要になります。

無印版を使用する方
Service Pack 1および2000年パッチを用意することをお勧めします。 インストールするのとしないのでは、かなり体感速度に違いがあります。

あると便利な物
なるだけ多くのメモリ(Windows98は大量のメモリが必要)
なるだけ高速なCPU(Windows98はマシーンパワーを食う)
EPSON版 Windows3.1(基本的にはVGAドライバー(Crtlv4v.drv)のみ(機種限定)
周辺機器を使用するなら最新のドライバー(不具合などをなくす)
Txit Editer(Config.sys編集用)
MS-DOSの知識(重要)
Windowsに対するそれなりの知識(重要)
98x1シリーズに関するそれなりの知識(重要)




マイコンピュータ機種仕様について   Windows95とは違い、何かとうるさい

セットアップするには、CPUに486DX2 66MHz以上、メモリ 16MB以上とい仕様ですが、メモリに関しては14MBでも可能でした。(AUで確認) 8MBあれば可能だと言う話も聞いたことがありますが、さすがに時間がかかるのでやる気はありません。 CPUですが、EPSON機の場合は、486系CPUだとセットアップ時に「0で除算できません」と表示されて止まってしまう場合があります。
DOS(さら)からのエラー画面
0で除算できません

アップグレード時のエラー画面
W98setup

エラーが発生しました。 このまま続けるには、[無視]を
押して作業中のデータを新しいファイルに保存してください。 [閉じる]を押すと、
このアプリケーションは終了します。

閉じる    無視


アップグレード時のエラーで、
「閉じる」をクリックすると以下のようなエラーを表示します
エラー表示

アップグレードSetupであれば「無視」を2回クリックすれば、問題なくセットアップが続行できますが、DOSからセットアップでは、今のところセットアップがおこなえません。 CPUをDX4 100MHzからPentium OverDriveにかえることで、この「0除算」のエラーが表示されなくなったので、CPUの誤認識ではないかと思われます。(推論)
このCPUの誤認識ですが、何が誤認識しているのかは不明であったりします。

簡単に言うと、DOS(さら)からセットアップするのであれば、
上位のCPUが必要になります。

動作確認済み CPU
CPUOEMUPG備考
Pentium OverDrive 83MHz 共に問題なし
Pentium OverDrive 63MHz 共に問題なし
OverDrive 486DX4 100MHz ×UPG Setup
「無視」 2回クリックで回避
486DX4 75MHz
(AUの改造CPU 25*4動作らしい)
×UPG Setup
「無視」 2回クリックで回避
486DX2 66MHz ×UPG Setup
「無視」 2回クリックで回避
Cyrix 5x86 100GP SR瀕死で実験中止
表記
→ セットアップ可能
× → セットアップ不可能
OEM → DOS(さら)からクリーンセットアップ
UPG → アップグレードセットアップ
貧弱CPUしか持ってないので、上記以外のCPUではチェックをしてません。
Pentiumクラスの機種は問題ないと思いますが
AMDやCyrixのCPUはどうなんでしょうか?
Counter

 Windows98 Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.