Windows98 Home Sitemap Back Next

SetupPC-9801-96 Boardを使用してSetup  PC-9801-96ボードを利用してのセットアップ

PC-9801-96ボードを利用してのセットアップは簡単です。 NEC純正と言うこともあり、PEGC対応で、自動的にVGA表示に切り替わります。 やることと言えば、16MB以上のメモリを搭載しているならば、システム空間を作ることぐらいである。
用意するもの
NEC PC-9801-96Borad (G/A)
PentiumクラスのCPU
注意
Setupを実行して「0で除算が出来ません」と表示され、止まってしまった方は、CPUに486系のものを使用していると思います。 詳しくはこちら

以上のことに気をつければ、DOS(さら)からのクリーンインストールであれ、アップグレードセットアップあれ、さして問題はありません。




Setup640*400でUPG Setup  640*400のG/AなしでUPG Setup

グラフィック・アクセラレータの項目で述べたように、Windows95のDisplay Driverを使用してセットアップする方法です。 基本的にWindows95からのアップグレードセットアップになります。 CPUに486DX66MHz以上・メモリ 16MB以上(8MBでも可能らしい)・EGC搭載の規格の機種であれば導入が可能と思われます。 では、説明に。

下記のWindows95のディスプレイアダプタは「その他のディスプレイアダプタ」で行いました。 各自使用するディスプレイアダプタをインストールしても可能です。

用意するもの
Windows95をセットアップした状態のもの
Windows95のディスプレイドライバーのFile
(egcn4.drv ・ grab98.3gr)
  1. きれいな(何もソフトをインストールしていない)Windows95をセットアップする 。 Softがインストールしてあっても可能ですが、なるべくミスインストール防止の為に、きれいな状態のWindows95で行うことを推薦します。 Softをインストール済みで行うと、引継ぎに時間がかかります。
    奇麗な状態のものを推薦します

  2. \windows(95をインストールしたフォルダ)\system から egcn4.drv・grab98.3gr を、ルートディレクトリ(A、またはATセットアップの方はCドライブ(各自任意))にDispフォルダ(ロングファイル名でなければ、名前は何でもよい)を作り、上記2個のFileをコピーしておく。(FDにコピーしても可)
    簡単に言うと、\windows(95をインストールしたフォルダ)\system からegcn4.drv・grab98.3grを後で使うので保存して置く。

  3. これでセットアップの準備は完了です。

  4. CD-ROMを挿入すると、AutoRun機能が働き、「アップグレードセットアップします」 を表示されます。(CAB方式の方はSetupを実行) そのまま、指示道理に行なって下さい。

    注意
    CPUが486系だとセットアップ画面が表示されてすぐにエラー(0除算と)表示される場合があります。(486系CPUでは、ほとんど表示されるはず) これはCPUの誤認識だと思われます。 486CPUからPentium OverDriveに変えることで、このエラーは出なくなりました。 そこは「無視」を2回クリックして下さい。 これで問題なくセットアップが可能になります。 このエラー表示について、詳細はこちら

  5. セットアップの為のFileコピーが終わるまで、何もすることがないので待ちます。 しかし、ここからが本番です。

  6. 再起動時システム空間を作るドライバーを使用している方はConfig.sysが書き換えられているので編集が必要です。 手動で再起動して、各自Config.sys編集して下さい。 手動で再起動しなかった場合は、リセットがかからず、そのままセットアップが始まってしまう場合があります。(1パーテションの場合)

  7. セットアップの為のコピーが終わると再起動がかかります。 ここで、G/Aを使用していて、再起動後に正常に画面が表示されれば最後まで問題なく進むでしょう。(そんなG/AはPC-9801-96・EPSON VGAドライバーぐらいしか知らない。 おっとGo in the G/Aセットアップ方法があった) しかしG/Aを使用していない、または正常に動作しなかった場合は、画面がグチャグチャになります。 これはセットアップ画面がPEGCの規格(640*480 256色)で作られているので、Normalの640*400では表示できません。 このままでもセットアップは進んでいますが、何をしているかわかりません。 正常にセットアップが終了しても、Windows98が動いているのが見えません。

  8. ここで 2. でコピーしたファイルが必要になります。 アクセスランプの様子を見て慎重にリセット。 変な所でリセットしてしまうと起動できなくなく場合があります。 くれぐれも慎重に!
    前回セットアップをしたさいに、再起動時にグチャグチャ表示になってしまった方は、再起動前に 9.の作業を先に行えば、グチャグチャにはなりません。(一部グチャグチャ表示のままの機種もあるようです)

  9. ファンクシュン8(F8)を押したままWindows98を起動し、コマンドプロンプットのみを選択し、起動。 2. でコピーしたファイル(egcn4.drv・grab98.3gr)を \windows(98をインストールしたフォルダ(ディレクトリ))\system に上書きコピーし、リセット。

  10. これで画面がグチャグチャにならずに640*400の画面でセットアップが進むはず。 すべてのセットアップが終了後、使用するG/A・各自使用する周辺機器のドライバー などをインストールすれば完了です。

上記の方法を使用すれば、Windows95のドライバーを使用して640*400の画面でセットアップが可能です。 若干セットアップ画面が小さいので左の項目が表示されない部分がありますが問題はありません。

上にも書いてありますが、Fileコピー終了後の再起動時、大体はグチャグチャ表示なってしまうので、先に9.の作業を行った方がいいでしょう。 説明の都合上、わかりやすいように、このような順番になっています。 セットアップ中のリセットは大変危険です。

注意
上記のの項目に、16MB以上メモリを搭載した状態でのScsi Boot、0F00000〜0FFFFFFのメモリアドレスを使用するG/Aの説明はあまりありません。 Windows95のセットアップ前にを参考にして下さい。
また、無印とSecond Editionについては若干ですが仕様に違いがあります。 無印・Second Editionの違いについてをご覧ください

Counter

 Windows98 Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.