Windows98 Home Sitemap Back Next

SetupGo in the G/A Setup  強引にG/Aを動かしてSetup

このセットアップ方法は、日々のWindowsの探究から見つけた方法です。 強引に使用しているG/Aを動かしてセットアップします。 動くG/Aと動かないG/Aがあることを、あらかじめご了承下さい。 強引にと言う言い方はあまり良くないので、シャレた名前(どうかな?)を付けてみました。 私が行なったテストで出た見解は、機種およびG/A限定と言うことになりました。 それもEPSON Power Windowシリーズが対象と言うことになります。

このEPSON Power Windowsシリーズには、
初期化プログラム(Pwinit.exe)がレジストリRUNで起動しています。

場所は
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\RunServices]
"PWINIT"="C:\\Program Files\\PCxKB\\PWINIT.EXE"
\Program Files\のところは各自任意になります。
VGA画面用に、改行してます。 ご注意を
このFileがあるので、G/Aが正常に動作するものと考えています。 他のCバス製品で試して見ましたが、再起動後、「カチ(G/Aが動作する音)」とVGA表示になりますが、先へは進まず、固まったままの状態になります。 どうやらG/Aの初期化に失敗しているようで、前回の画面が残っている場合がありました。 そのことから、初期化コマンドの付属したものでないと、この方法は使用できないと考えています。

うまく行けば、すべてのセットアップ画面でVGA表示が可能になります。 今までのセットアップでは、グチャグチャ画面防止の為に、Windows95のディスプレイドライバーを使用して来ましたが、この方法は必要ありません。(Selfモード起動時は必要になります) 革命的です。(そうでもないか?)

まずはテスト結果から見て下さい。 上からテストした順番になります。
セットアップ結果 (すべてアップグレードセットアップ)
機種G/AどのOS
から
Setup
開始
画像度
再起動
1回目
再起動
2回目
備考
HX EPSON
PCPKB4
95からSE 640*480
256色
問題なく動作
SR 緑電子
GAB-982
95から無印 640*480
256色
× 1度目はダメだが
2度目は動作
なぜ動いた?
HX EPSON
PCPKB4
無印からSE 640*480
256色
問題なく動作
HX I/O Data
GA-98NB
95から無印 640*480
256色
× × 1度目は固まり、
2度目もダメ
HX I/O Data
GA-DRV2/98
95から無印 640*480
256色
× No Test 1度目で固まり、
やる気なくなる
と言うよりひらめいた!
HX Melco
WAB-S
95から . Win95の時点で
動かず
HX EPSON
PCPKB4
95から無印 800*600
16BIT
ちょっと意地悪を
してみました!
セットアップ時の画像度はVGA(640*480 256色)で最後の場合だけ変更
表記
→ G/A動いた
× → G/A動かず(固まるなどの症状)
→ テストできず
No Test → テストしてない
95 → Windows95
無印 → Windows98(無印)
SE → Windows98 Second Edition
どのOSから → Setupを開始したOS
Setup開始画像度 → Setupを開始した画像度

この方法で一番決め手になったのが、GA-DRV2/98でのテストの時です。 1度目の再起動で「カチ!」と音がしてVGA表示になりましたが、固まって死亡。 「これは!」と言うことでひらめきました。 どうやらG/Aの初期化ができないようです。 上記でも述べたように、以前(Windows95)の画面が残っていることがあります。 これはGA-98NBの時もそうでした。 「何でPCPKB4は動くの??」と、思い当たる縁を考える。 妄想中 .....!

このドライバーは最初に述べたように、レジストリRUNで何か(Pwinit.exe)が実行されるG/Aであったこと。(これはレジストリの研究により、以前に確認済み) 名前からして初期化コマンドのように思えてしょうがない。 そこでFileのプロパティのバージョン情報で確認。 するとPower Window Initializeの文字を発見! やはりそのようである。

Pwinit.exe Version情報
「これですこれ!」
では説明に
基本的にはWindows95のアップグレードセットアップになります。 さらにFileコピー終了後の再起動時にG/Aを強引に動かします。 「強引に」と言うと表現は良くないですが、本当に強引です。 その方法をひらめいたことについては、私がOAで使用しているSR変事件です。 なぜか16MB以上のメモリを搭載して、システム空間ドライバーを使用しているのにも関わらず、システム空間のアドレスを使用するG/Aがひとつも動かない状況です。 「どうやってG/Aを動かすか?」が課題でして、自宅での実験中に面白い項目を発見しました。
通常System.iniの以下の項目は、このようになっています
[boot]セクション
display.drv=pnpdrvr.drv
それがなぜか?下記のように書き換わっており、
正常に動作していました
[boot]セクション
display=pws3.drv
(G/AはPCPKB4使用)
pnpdrvr.drvと記入があっても、結局はpws3.drv(PCPKB4のドライバー)を読み込む訳で同じです。 「しかし本当に大丈夫か?」 などと思いながらもSRで実験した結果、なんとか動くことを確認。 「あれあれ! これってEPSON Windows3.1 Driver Setupと似てない!」 そうなんです。 結局あのセットアップもSystem.iniにdisplay.drv=Crtlv4v.drvと書いてある為か、グチャグチャ表示にはなりません。 簡単に言うと応用編ではありますが、そう簡単にはいきません。
用意するもの
Windows95をセットアップした状態のもの
EPSONよりダウンロードした高速G/Aドライバー
NEC版はもちろんのこと、EPSON版にも、
必要なコマンド(Pwinit.exe)は入っていません
上記のものが使用できる機種ならびにG/A
Windows95のディスプレイドライバーのFile
(egcn4.drv ・ grab98.3gr)
Selfモード用
  1. きれいな(何もSoftをインストールしていない)Windows95をセットアップする。 Softがインストールしてあっても可能ですが、なるべくミスインストール防止の為に、きれいな状態のWindowsを推薦します。 Softがインストールしてある場合、引継ぎに時間がかかります。
    奇麗な状態のものを推薦

  2. Windowsをインストールしたフォルダ(Windows\system)、またはWindows95のCAB File(Win95_05.cab)からegcn4.drv・grab98.3gr も\dispディレクトリ(ロングファイルネームでなければ何でもよい)ディレクトリにコピーしておく。(FDでも可)
    簡単に言うとegcn4.drv・grab98.3grを後で使うのでどこかに保存して置く。

  3. この(Windows95)状態で、EPSON Power Windowシリーズの高速ドライバー(ダウンロードしたもの)をインストールして下さい。 ここでインストールして置くことにより、ドライバーおよび画面のプロパティで表示されるユーティリティが、Windows98に引き継がれます。

  4. システムのプロパティ・ディスプレイアダプタ・ドライバーの項目をご覧下さい。
    ドライバーのプロパティ

  5. 各自数は違うと思いますが、そのG/Aを動かす為のドライバーがいくつか表示されます。 その項目から、***.drv(***は各自任意のFile名)と言うFileを探して下さい。(上記のように、必ず1つあるはず) File名をメモしておきます。(pws3.drvなど)

  6. それではG/Aを強引に動かす為に、System.iniをこざいく(編集)しましょう。
    [boot]の項目のdisplay=の項目を探して下さい。
    通常こうなってます
    [boot]セクション
    display.drv=pnpdrvr.drv
    そこを
    display=pws3.drv ← ここは各自さっきメモッたものを記入
    ;
    display=pnpdrvr.drv
    と各自任意に編集して下さい
    ;とは、無効化すると言う意味です。 すべてのセットアップ終了後、衛生上よくないなどの理由から、戻す時の為に、この項目は残して置きます。 そして、display=の項目を新たに作成して下さい。

  7. 各自編集したsystem.iniを保存して、再起動してください。

    注意
    ここで先走って、再起動せずにセットアップを実行しないで下さい。 まずWindows95で正常にG/A動くと言うことが大切です。 95で動かない場合は、98でも多分動きません。 再起動しないでセットアップを実行した場合、Fileコピー終了後にG/Aが落ちない(Normalモードにならない)場合があります。(経験者は語る!) リセットすれば直りますが衛生的に良くありません。 再起動しましょう!

  8. 再起動後、「カチ!」とG/Aが動いたら、システムのプロパティを見て下さい。 !マークが付いている、またはG/Aが動かないなどの方は、ご利用できません。 違う方法をご利用下さい。
    問題なくG/Aが正常な動作(画面)であれば、次へと進みます。

    System.iniを編集後の再起動で、G/Aが動かないと、この方法を使用できません。

  9. 各自使用している画像度の問題ですが、私の行なったテストはほとんどVGA 256色で、最後のみ800*600 16BITの画像度で行ないましたが、1回目の再起動後にはVGA表示になりました。 画像度等の問題ないと思います。

  10. CD-ROM内のSetupを実行して下さい。 CAB方式の方は、コピーしたフォルダ内のSetupを実行。 Fileコピーが終了するまでは、すべて指示道理に行って下さい。

    注意
    CPUが486系だとセットアップ画面が表示されてすぐにエラー(0除算と)表示される場合があります。(486系CPUでは、ほとんど表示されるはず) これはCPUの誤認識だと思われます。 486CPUからPentium OverDriveに変えることで、このエラーは出なくなりました。 そこは「無視」を2回クリックして下さい。 これで問題なくセットアップが可能になります。 このエラー表示について、詳細はこちら

  11. 「は〜い!」 Fileコピーが終わりました。 いよいよ再起動です。
    初めての方は、すぐには再起動せずに、まずは 6.で変更したもの(display.drv=***.drv)が、変更されていないかを確認して下さい。(多分替わっていないと思いますが)
    Config.sysでシステム空間を作成している方は、Config.sysが変更されています。 各自編集して下さい。

  12. もしグチャグチャ表示が心配な場合は、再起動前に 2.でコピーしたWindows95のドライバーを、Windowsをインストールしたフォルダ(Windows\system)コピーしておくといいでしょう。 このセットアップの場合、G/Aを強引に動かしていますから、動かなかった場合の保険と考えて下さい。 各自使用するG/Aが違う為、動くG/Aかどうかはわかりません。

  13. では起動しましょう。 「カチ!」とG/Aが動作し、再度セットアップが始まったら、皆さんガッツポーズをしましょう。 これでWindows2000も突破か??(そんな簡単にはいかんか! NTベースだし)

  14. 「Windowsを起動しています...」の表示後、VGAに切り替わり、セットアップが続行されれば、この方法は成功です。 あとはすべてVGA表示でのセットアップ画面になります。
    残念ながら「カチ」の後、固まってしまった方は、このセットアップ方法は使用できません。 他の方法ならびに他のG/Aをご利用ください。
    またグチャグチャ画面になってしまった方は、そのままでもセットアップが進んでいます。 次の再起動ではG/Aが動く可能性もあります。 待つか、リセットするかは各自決めて下さい。

  15. すべてのセットアップが終了したら、システムのプロパティ・ディバイスマネージャをご覧ください。
    ディスプレイアダプタの項目
    多分上記のように!マークが付いていると思います。

    ドライバーの項目を見ると
    ドライバーの項目

    さらに、画面のプロパティの設定を見ると
    ディスプレイのプロパティの項目

    画面のプロパティの設定を少しでも変更すると、下記の表示がされます。
    画面のプロパティ×
    現時点では、一応256色が可能な状況です。 花見.bmpなどの256色表示以上でないと色落ちするFileを見て見ると分かります。 またWindows98には、×(閉じる)などのところにマウスを持ってくると、「閉じる」などのチップ表示(詳細な名前不明)が表示されます。 これも変な色になっています。

  16. この表示では衛生上よくありません。 と言うよりも使い物になりません。 そこでシステムのプロパティから、ディスプレイアダプタ・ドライバーの更新を行って下さい。 すると以下のように表示されます。
    検索方法画面
    このように特定の場所を選択

    各自使用しているG/Aを選択すると、下記のような表示がされると思います。
    更新の警告画面
    「はい」を選択します。 すると今度は「Fileはどこか?」と表示されます。 すべてのFileは、\Windows(Windowsをインストールしたフォルダ)\system内にあります。(Windows95の時にセットアップしたので(3.)) その場所を選択して下さい。 なぜかと言うとDirect X関連(正確にはDirect DRAWかな?)のドライバーは、Windows98のものの方が新しいので、書き換えられているから。 また下記のような問題も!

    注意
    このEPSON Power Windowシリーズのドライバーと言うものはWindows95用の為か、ディスプレイのプロパティから変更を行うと、うまく動きません。 システムのプロパティから、ディスプレイアダプタ・ドライバーの更新です。

  17. 再起動後、ディスプレイアダプタの項目に!、ならびにディスプレイのプロパティの項目が正常に表示されれば完了です。(もちろんVGA以上の画像度表示になっていること)

  18. リソースに「手動設定」が表示されてしまう方は、使用しているG/Aのメモリアドレスが違うはずです。(PCxKBシリーズ共通のドライバーの方)
    更新の警告画面
    ドライバーの更新でインストールすると、このメモリアドレスになってしまうので、衛生上良くありません。 自動設定を解除するなりして下さい。 私は自分でINF Fileを作成しました。

  19. この方法はWindows95の時(6.)で、system.iniを変更しています。 そのままでも問題はないと思いますが、前の状態に戻して置いた方が、衛生上良いでしょう。
    System.iniを元に戻す
    display=pws3.drv この定義を削除
    display=pnpdrvr.drv ;を削除
    と各自任意に編集

  20. またSelfモードは、このセットアップ方法でもグチャグチャ画面になってしまうので、12.のように作業を行なわなかった方、ならびに何度かこの方法でセットアップしたことがあり、前回は問題なくG/Aが動いた方は、Windows95のドライバーをWindowsをインストールしたフォルダ(Windows\system)に上書きコピーして置いて下さい。 これでSelfモードの対策も完了です。

このようにすればいっさいグチャグチャ画面を見ずに
VGA表示でのWindows98のセットアップが可能です。

私の実験では、PCPKB4のみの実験結果ですが、このEPSON Power Windowシリーズには、初期化コマンドがあるので問題ないと考えています。 PCSKB4のボードはありますが、使用できる機種がない状況です。 通常であれば3台の機種(HX・SR・AU)で動作チェックしますが、これ系のG/Aは持ってないです。(AUに関してはG/Aなしで使ってたりします)
当サイトでの動作確認は
機種G/A
HX PCPKB4
のみです
また上の実験結果を見てわかるように、緑電子製GAB-982は、2回目の再起動後、VGA表示になりました。 考えられる原因は、「エンハンスドグラフィックチェンジャー(EGC)と同じアドレスを使用しているから動いたのかな?」と思い、Melco製のWAB-S(これもEGCのアドレス)を使用して見ましたが、System.ini編集後の状態で、VGA表示にならなかったことから、テストができませんでした。 もしかすると、その他のG/Aでも動く可能性があるかも知れません。

EPSON Power Windowシリーズをお持ちの方、動作確認の情報を寄せて頂けると大変ありがたい次第です! また違う結果が得られた場合も、今後の為に情報などを寄せていただけると、ありがたい次第です。

注意
上記のの項目に、16MB以上メモリを搭載した状態でのScsi Boot、0F00000〜0FFFFFFのメモリアドレスを使用するG/Aの説明はあまりありません。 Windows95のセットアップ前にを参考にして下さい。
また、無印とSecond Editionについては若干ですが仕様に違いがあります。 無印・Second Editionの違いについてをご覧ください

Counter

 Windows98 Home Sitemap Back Next

a EPSON PC's Generation Ago.