DefaultFontChanger       ver 0.06 (DownLoad)  


1.このソフトウェアの概要

  このプログラムはゲームなどでフォント変更ができないアプリケーションに対して、
 デフォルトのフォントをシステムにインストールされているお好みのフォントに変更
 できる「かも」しれないツールです。

  変更元のフォントは「MS 明朝」「MS P明朝」「MS ゴシック」「MS Pゴシック」
 「MS Gothic」の5書体を対象としています。

  デフォルトフォントを「FA ぽぽる」に書き換えるものは、既に舟公木さん作の
 「実行ファイルをぽぽる化パッチ」というものがあるのですが、DOSプロンプトで
 コマンドを打つのが面倒なのと、書き換えるフォントが「FA ぽぽる」と限定されて
 いるため、GUIベースで書き換えるフォントを限定しないソフトを作ってみました。

***************************      ***************************

このプログラムは実行ファイルの書き換えを行う為、取り扱いには注意してください。
書き換えたアプリケーションが挙動不審になった場合直ちに書き換え前のファイルに
戻しましょう。

********************************************************************


2.実行方法

(1)  書き換えるアプリケーションの実行ファイルを探す
  殆どはアプリケーションをインストールしたフォルダにあるexeファイルですが
 アプリケーションによってはsystem.untやparasys.dllといったdllやsysファイルを
 書き換えることによって、フォントを変えることができるものもあります。


(2)  実行
  お好みのフォントを選択して、

  

 実行ファイル(またはデータファイル)をし、

 ボタンを押してください。


 正常に終了すると

  

 と表示されますが、書き換え対象のフォント名が参照ファイル中に見つからないと、

  

 と表示されます。(書き換えが行われていません)

  書き換えが成功してもアプリケーションの挙動がおかしくなったりする場合、
 変更するフォント名を短いものにすると安定するかもしれません。
 フォント名の長さはステータスバーの表示を参考にするとよいと思います。
 (下図の場合、書き換え対象のフォントがMS 明朝だと不安定になるかもしれませんが
  MS P明朝、MS ゴシック、MS Pゴシックだと成功する可能性が高いことを示しています)


(3)  元に戻す
 書き換え前のファイルは同じフォルダ内に「対象ファイル名+.org」という名前で
残しています。
 ボタンを押すと、この.orgファイルを元のファイル名に戻します。

 <例>
  

 対象が「c:\AdvSystem.exe」となっているこの状態で、ボタンを押すと
「c:\AdvSystem.exe」を削除し、「c:\AdvSystem.exe.org」を「c:\AdvSystem.exe」へ
リネームします。


(4) 英語のフォント名で書き換える
 短いフォント名では動くのに、長いフォント名ではうまく動かない場合、
ttfnameやTTEditなどで英語のフォント名を調べ、そのフォント名で書き換えること
によって、成功する場合もあるようです。
フォント名の横のボタンを押すとフリーワードで書き換えが出来るようになります。
元のフォント名コンボボックスを表示させたいときは、再度ボタンを押してください。



3.著作権と配布条件

 本ソフトはフリーソフトウェアです。
 この公開された版に対する著作権は、cappuccinoが保有しています。

 このソフトは、無償であり無保証です。
 運用結果については、一切責任を負いかねますのでご了承ください。

 当プログラムの使用に対する損害などは使用者が責任を負うものとし
 原作者および改変者には責任を負う義務はないものとします。
 但し、故意に使用者へ損害を及ぼすおそれのある改変をした者については
 その限りではありません。

 転載については実費を除いて無料で行われる事とします。
 草の根の無料なネットワークには転載を許可します。インターネット及びディスク
 本(だれか収録するというのか)は事前に作者にメールで確認願います。
 それ以外は要相談。


4.謝辞

 このソフトは、Boland社Delphi6 Personal版を使って作成しました。
 またフォント名のComboBoxに、かとちんさん作「フォント名コンボ/リストボックス」
 のコンポーネントを使わせてもらいました。
 このソフトとこのドキュメントは、舟公木さん作の「実行ファイルをぽぽる化パッチ」
 を参考にさせてもらいました。
 この場を借りて御礼申し上げます。


5.履歴

 v0.06 6,Jul,2003  Size:532,992 Bytes CRC32:2D97B3CE
 フリーワードによるフォント名の書き換えに対応
 書き換えるフォント名がMSゴシックなどと比較して長いかどうかステータスバーに表示した。
 Drag&Dropに対応 (デスクトップやスタートメニューのショートカットをDrag&DropしてもOK)

 v0.05 30,Apr,2003  Size:522,752 Bytes CRC32:52A25333
 ファイルサイズの大きいものを処理する際、不安定になることがあったので修正

 v0.04  30,Apr,2003  Size:521,216 Bytes  CRC32:820ABCB9
 プログレスバーを付けたら処理が重たくなってたので修正

 v0.03  29,Apr,2003  Size:520,704 Bytes  CRC32:AD52868D
 「元に戻す」機能を追加
 フォント名の置換ができなかった際、元ファイルに手を加えないようにした

 v0.02  11,Apr,2003  Size:494,592 Bytes  CRC32:D730F076
 OpenTypeを出せるようにしたらなぜか等幅が出なくなってたので修正

 v0.01  10,Apr,2003    
 とりあえず公開

Copyright(c) 2003 by cappuccino
E-mail: cappuccino3264@hotmail.com
Web: http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/5156/