田園に死す
1974年人力飛行機舎+ATG
制作・原作・脚本・監督寺山修司
撮影鈴木達夫
音楽J・A・シーザー


「過去に遡り、自分の母親を殺したら、現在の自分はどうなるのか?」
その答えを探るべく、少年時代の自分と出会う主人公。

水子流し、姥捨て、意思に反する婚姻と逢引、サーカスで働くフリークスたち、
祖先と話をさせるイタコ、墓場でのかくれんぼで隠れたまま老いてゆく幼なじみたち。
青森は恐山のふもとで繰り広げられる日本風土の愛すべき恥部と不条理の数々。
J・A・シーザーの音楽との相乗効果で、まさに寺山ワールド!
個人的には群を抜いてのお勧め作品。ま、好き嫌いはかなり出ると思うけど、この映画。

ちなみに寺山作品には、この他に
「チャイナ・ドール 上海娼婦異人館」
というのがありまして(クラウス・キンスキー主演、三輪明弘も出てます)、なんとあの
「O嬢の物語」の後日談、という設定なんですね。
こちらのほうは、もしかしたら
「田園・・・・」よりもはるかに不条理の世界かも(笑)。