パソコンの基本操作


チョット知っておいた方が便利なこと、これは知っておいた方が良いということを
ここでは解説しておきます。
まぁ、どうでもいいような事も書いてるかもしれないけどね♪
(Windows98での操作方法なので他のバージョンでは異なることもあります。)

戻る


 アプリケーションを複数起動していたときに、不意にあるアプリ―ションの応答が無くなり、そのまま固まってしまったという経験は有りませんか?この時に知っておくと便利なのが強制終了です。
 「Ctrl」キーと「Alt」キーと「Delete」キーを同時に押すことによって、固まってしまったアプリケーションを強制的に終了させられます。
 ただし、正規の手続きで終了させていないのでそのままパソコンを起動させ続けると他のアプリケーションソフトに影響することがあるので「パソコンの再起動」をしておいた方がよいです。


 ・新しいソフトをインストールする時はそのソフトによって手順が表示されるので、ユーザーはその指示にしたがってインストールを行ってください。
 ・ソフトのアンインストールする時はソフト側から「アンインストールを実行する」という項目があるならばその指示にしたがって実行してください。もし項目が無いのであれば、「スタートメニュー」 「設定」「コントロールパネル」 「アプリケーションの追加と削除」の順で「アプリケーションの追加と削除」というウィンドウを開けてください。(WindowsXPでは「スタートメニュー」 「コントロールパネル」 「アプリケーションの追加と削除」の順です。)
 削除したいものを一覧から選択し「追加と削除」を押せば削除終了。
(注: 初心者が良くやることですがインストールされているアプリケーションを手動で削除してしまうと思わぬところで関連ファイルが残ってしまったり、レジストリにファイル情報が残ってしまい消せなくなってします


 「 「Lhasa.exe」をクリックしてください」といった時、ファイルを探してみると「Lhasa」としか表示されていなく「.exe」はついていない。これは別のファイルかというとそうではなく、ただ拡張子を表示していなだけなのです。
 何の拡張子がついていないか分からない。そんなときは拡張子を表示させておくと便利です。
 どのフォルダのウィンドウでもいいので開けてください。メニューバーの「表示」を選択(WindowsXPでは「ツール」)→一覧の一番下にある「フォルダオプション」をクリック→「フォルダオプション」が開いたら 「表示」タブをクリック→詳細設定のファイルとフォルダの中から「登録されているファイルの拡張子は表示しない」のチェックを外してください。チェックを外したら 「OK」を押して終了です。
 拡張子の表示は各自の好みにあわせて下さい。


 皆さんの使っているパソコンの簡単なメンテナンス方法です。Windowsに入っているアプリケーションを使って少しだけパソコンの動作を快適にする事ができるので、1月に1回くらい行った方法がいいでしょう。
 「スタート」ボタンからメニューを開きプログラムからアクセサリシステムツールデフラグ を選択してください。デフラグのウィンドウが開くとドライブ(HDD)の選択を行ってください。よく使っているドライブ(Cドライブなど)を中心にデフラグをかけておくと良いでしょう。デフラグは前にかけた時からの日数と ドライブの容量によって終了時間が変ってきますが、けっこう時間がかかるので部屋で他のことでもしながらかけましょうね♪
 また、アクセサリシステムツールからスキャンディスク(エラーチェック)もたまにかけてやるのも良いでしょう。(Windows2000、WindowsXPにはスキャンディスクはありません。)


 キーボードだけで作業を行える方法です。基本的にはノートパソコンを使っているユーザー向けなのですが、デスクトップを使っている人でも覚えると便利だとおもいます。下に載せているものは比較的よく使うものです。
「Alt+F4」 アプリケーションを終了する/Windowsを終了する
「Alt+Tab」 使用中のアプリケーションを順に選択していく
「Ctrl+C」 コピーと同じはたらき
「Ctrl+X」  切り取りと同じはたらき
「Ctrl+V」  貼り付けと同じはたらき
「Ctrl+A」 全て選択
「Windows+E」 エクスプローラを起動する
「Windows+M」 開いている全てのウィンドウを最小化する
「Windows+F」 ファイルの検索を開きます


 アプリケーションを起動するときに皆さんはどうしていますか?フォルダを開いて「.exe」ファイルをクリックしていると思います。 しかし、デスクトップやスタートメニューにショートカットを作ってしまえばフォルダを開ける手間を省けます。
 デスクトップにショートカットを作成する方法は、ショートカットを作りたいアプリケーションにポインタをあわせて右クリックしてください。ショートカットメニューのなかに 「送る」という項目があるので、その中の「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックしてください (ショートカットメニューから「ショートカットの作成」から、ショートカットを作ってデスクトップに持ってくるのでもかまいません)。
 デスクトップ上にショートカットが作成されるので、そのアイコンをクリックするとアプリケーションが起動するようになります。
 スタートメニューにショートカットを作成する方法は、まず上記の方法によってショートカットを作成して下さい。作成したショートカットを「Windows」 フォルダの「スタートメニュー」フォルダの中に入れてください。スタートメニューの中にショートカットが加わります。
 また、「スタートメニュー」フォルダの中の「プログラム」フォルダの中にショートカットを入れると、スタートメニューのプログラムの中にショートカットが加わります。
(注 : 元のアプリケーション実行ファイルを移動をさせるとショートカットから開く事が出来なくなります。その時は新しいショートカットを作成するか、右クリックから 「プロパティ」を開いて関連付けを変更してください。


 新しいフロッピーディスク(以後FD)を購入したときや、いままで使っていたFDをすべて消して新しいファイルを保存するときにフォーマットは行います。
 手順はまず、フォーマットしたいFDをフロッピーディスクドライブにいれてください。次ぎにマイコンピュータを開き、「3.5インチ FD」を選択してください。右クリック、 またはメニューバーから「ファイル」をクリックし「フォーマット」をクリックしてください。フォーマットのウィンドウが出るのでフォーマットの種類から 「通常のフォーマット」を選択し「開始」ボタンをクリックしてください。
 フォーマットは1〜2分ほどで完了します。


 パソコンの情報を見るには、「スタート」−「プログラム」−「アクセサリ」−「システムツール」−「システム情報」を選択して下さい。 すると、OSの種類、IEのバージョン、メモリ、リソース、ハードディスクなどの情報を見ることができます。


戻る