Windows 再インストールの概要


この説明は概要ですので、詳しくはパソコンに添付されている取扱説明書を必ずお読み下さい。

戻る


手順

ドライバの収集
起動ディスク作成
重要ファイルのバックアップ
ハードディスクのフォーマット
Windows再インストール
環境の設定


1.ドライバの収集

始めにWindowsを再インストールする時にはドライバを集めておきましょう。

ドライバとは、周辺機器(サウンドカード、プリンタ、etc)を制御するソフトウェアのことです。
基本的なドライバ類はWindowsのCD-ROMの中にも用意されていますが、
周辺機器の性能を十分に引き出したいのであればドライバを入れておかなければなりません。
(と言うより、ドライバを入れてないとほとんど役立たず)

周辺機器を購入際に、付属としてドライバの入ったCDなりFDなりが入っているので、
それらを用意しておいてください。
最新のドライバはメーカーのWebサイトにも置いてあると思うので
そこでダウンロードしておくのでもかまいません。


2.起動ディスクの作成

Windowsをインストールするのに必要な「起動ディスク」を作成します。
(Windows2000、WindowsXPでは必要ありません)
Windows98では2枚の起動ディスクが必要になるので、フォーマットしたFDを2枚用意してください。

「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」→「アプリケーションの追加と削除」の順に開き、
「起動ディスク」タブをクリック。「ディスクを作成」をクリック。
(98SEでCD-ROMが必要になるかもしれません)

起動ディスクはこれで作成されます。
このFDは絶対必要になるので必ず作成しましょう。
(忘れたりデータが壊れたりしていたら友達のPCでも借りて作りましょう)



3.重要ファイルのバックアップ

各自何を指して重要とするかはそれぞれなので、各自で重要だと思うものを、
FD・MO・CDR等のメディアにバックアップしてください。
アクセサリから「バックアップ」を使うのも便利かも・・・。

インターネット関連とメールでバックアップをしておいたほうがいいものを下に記しておきます。

Windows98、IE5.xでは
アドレス張(Outlook Express)
「Windows」→「Application Data」→「Microsoft」→「Address Book」をコピー

メールデータ(Outlook Express)
「Windows」→「Application Data」→「Microsoft」→「Outlook Express」をコピー
もし、上記にない場合はC:\WINDOWS\Application Data\Identitiesにある場合もあります。

アカウント(Outlook Express)
Outlook Expressを起動後、「ツール」→「アカウント」→「インターネット アカウント」から
メールタブをクリックし「エクスポート」をクリックしてください。

お気に入りのリンク(Internet Explorer)
「Windows」→「Favorites」
すべてのファイルをコピーしてください。

WindowsXPでは C:\Documents and Settings\ユーザー名 にお気に入りのリンクや
その他の設定ファイルなどが入っているようです。


4.ハードディスクのフォーマット

ファイルのバックアップが済んだら次はハードディスクをフォーマットします。

ハードディスクをフォーマットすると同時にディスクのパーティションを分ける事もできます。
パーティションとは1つのHDDにおいての領域の事です。
メーカーのPCであれば、マイコンピュータを覗くと「Windows(C)」、「(D)ドライブ」と分かれていると思います。
このように2つないしは、それ以上の数にHDD領域を区分する事ができます。
ただし、パーティションを変更するには1つのHDDをまるまるフォーマットし直さなければならないので、
領域の確保は慎重におこなってください。


パーティションを設定する手順 (Windows98)

作成した起動ディスクでパソコンを起動したら「FDISK」と入力してください。

  1. 「大容量ディスクのサポートを使用可能にしますか?」というのに「Y」を入力して「enter」を押してください。
  2. 「ドライブの削除」を選択し「基本MS-DOS領域を削除」を選択してください。(Cドライブが削除されると思います)
  3. 「MS-DOSドライブを作成」を選択し「基本MS-DOS領域を作成」を選択してください。ここで、パーティションを分ける事が出来ます(基本MS-DOS領域を最大サイズにすればハードディスク丸ごとMS-DOS領域になります)。基本領域を割り当てたら、拡張MS-DOS領域に残りのサイズを全て割り当ててください。アクティブにしたい領域に「1(c)」を入力してください。
  4. 以上の設定をしたら起動ディスクから再起動してください。

フォーマットの手順 (Windows98)

パーティション設定を変更せず、フォーマットだけならば上の手順をとばしてください。
作成した起動ディスクでパソコンを起動してください。
領域をフォーマットをします。「format c:」と入力すれば「Cドライブ」がフォーマットされます。
パーティションを2つ以上に分けた場合も同様に「format d:」「format e:」と入力しフォーマットしてください。



5.Windowsの再インストール

(Windows98)
起動ディスクで起動したときに「set up with cd-rom」を選択すると
CD-ROMからデータを呼び出してくれます。
プロダクトIDを入力し必要事項を入力してください。
ここで必要でないもの(例:ダイヤルUPなどのアプリケーション)は
インストールしない方がHDDが有効につかえます。

(WindowsXP)
WindowsXPではWindowsXPのCD-ROMが起動ディスクとなります。
WindowsXPのCD-ROMを入れてパソコンを起動するとOSのインストールまたは修復ができます。
パーティションの設定やフォーマットも画面に指示が出てくるので、指示に従っていくだけで可能です。
パーティションの設定やフォーマット後、Windowsのインストールが始まります。


6.環境の設定

現時点では周辺機器のパフォーマンスを最大に引き出す事はできないので、
まずは用意しておいたドライバをインストールしてください。
次に、アプリケーションソフトをインストールし、
バックアップしておいたファイル等を上書きしていきます。
また、各種アプリケーションの設定はデフォルトに戻っているので自分の好きなように設定しなおしてください。



戻る