民族性関連ジョーク 1〜101

<<前 表紙 次>>


民族ジョークの前提

アメリカ人=独善的
ポーランド人=馬鹿
スコットランド人=ケチ
イタリア人=スケベ、臆病、情熱的
ドイツ人=権威主義
フランス人=好色、グルメ
イギリス人=紳士、堅苦しい、食事まずい
日本人=カメラ、金持ち、女は淫乱
ギリシャ人=絶倫
インディアン=女は不感症
アイルランド人=ゴルフ好き、執念深い
ロシア人=酒好き


1

学びたいのならロンドンへ行け
食べたいのならパリへ行け
着たいのならミラノへ行け
聴きたいのならウィーンへ行け
叫びたいのならワルシャワへ行け
死にたいのならモスクワへ行け


<類似ジョーク>

食べたいのなら上海へ行け
おしゃれしたいのなら香港へ行け
稼ぎたいのなら東京へ行け
叫びたいのならソウルへ行け
死にたいのなら平壌へ行け


2

愛を語るならフランス語。
文学を語るなら英語。
宗教を語るならドイツ語。
農業を語るならロシア語


3

頼んだビールにハエが入っていたのを見て、
フランス人は怒って店を出た。
イギリス人はウェイターに取り替えさせた。
ドイツ人はハエを除いて飲んだ。
ロシア人はそのまま飲んだ。


4

「最高の生活は、どんなものだい?」
「アメリカで給料をもらい、イギリスの邸宅に住み、中国人の
コックを雇い、日本人を妻にすることさ」
「じゃあ、最低の生活は?」
「中国で給料をもらい、日本の住宅に住み、イギリス人のコッ
クを雇い、アメリカ人を妻にすることさ」


<類似ジョーク>

この世の天国とは      
日本女性を妻に娶り
イギリス風の家に住み
中国料理を食べながら
アメリカ人の給料をもらう

この世の地獄とは
アメリカ女を妻に持ち
日本のウサギ小屋に住み
イギリス料理を食べながら
中国人の給料をもらう


<改変ジョーク>

この世の天国とは
コックはフランス人
警官はイギリス人
技師はドイツ人
銀行家はスイス人
恋人はイタリア人

地獄とは
コックはイギリス人
警官はドイツ人
技師はフランス人
恋人はスイス人
銀行家はイタリア人


5

最強の軍隊は

アメリカ人の将軍
ドイツ人の将校
日本人の下士官と兵


<類似ジョーク>

最悪の軍隊

中国人の将軍
日本人の参謀
ロシア人の将校
イタリア人の兵


<類似ジョーク>

東アジア最強の軍隊:
台湾の将軍、モンゴルの将校、日本の下士官、中国の兵
東アジア最弱の軍隊:
日本の将軍、韓国の将校、中国の下士官、北韓の兵
軍ですらない:全員が韓国人


東アジア最強の軍隊:
モンゴルの陸軍、日本の海軍、台湾の空軍、
北韓の工作員+中国の傭兵

東アジア最弱の軍隊:
台湾の陸軍、モンゴルの海軍、中国の空軍、
日本の工作員+北韓の傭兵
軍ですらない:全員が韓国人


6

独人と露人と波人が神様の前に召された。
神様「一つずつ願い事をいってごらん?
    私にできることなら何でもかなえてあげよう。 」
独人「イワンどもを皆殺しにして下さい! 」
露人「ボッシュ達がこの地球上から一掃されますように! 」
波人「いっぱいのコーヒーを。 」
神様「(波人に向かって)本当にそれで良いのかね? 」
波人「ええ、先のお二人の願い事をかなえてくださるのなら。」


7

自国民に無いモノは何?
日本人「余裕」
韓国人「自制心」
英国人「完全な私有地」
米国人「命の保証」
東欧諸国の人「脱出経路」
ソ連人「人権」


8

イギリス人のジャーナリストがインタビューをした。
「失礼ですが、食肉の不足について
 貴方のご意見をお聞かせ願えますか?」

イスラエル人「失礼って何ですか?」
ポーランド人「食肉って何ですか?」
アメリカ人 「不足って何ですか?」
中国人   「意見って何ですか?」


9

酔っ払うと、
フランス人はやたらダンスをしたがる。
ドイツ人はむやみに歌いたがる。
イギリス人はしきりに食べたがる。
イタリア人はやみくもに自慢したがる。
ロシア人はめっぽうしたがる。
そして、アメリカ人はひたすら演説をしたがる。


10

ロシアン「わが国は治安が悪化し
      銃が自由に手に入るようになってしまった」
一同「大変だね。」
チャイニーズ「わが国も貧富の差が出てきて
        を自由に使う奴が増えたよ」
一同「困ったもんだ」
ジャパニーズ「わが国は不景気でも銃は自由には使われません。」
一同「すばらしい!」
アメリカン「わが国は景気も良くて、
       しかも、自由に銃も手に入るぜ!」
一同「???」
タリバン「わが国は貧しいが、
      銃が手に入るほど自由だ!」
一同「、、、、。」


11

「グランドキャニオンはどうして出来たんだ?」
「アイルランド人がゴルフボール捜したんだろ」


12

イタリアの戦車のギアには
ロー・セカンド・サード・トップの4つがある
これでバックの速度を調節する。


13

豪華客船が沈没して、多国籍の人々が、救命ボートに、乗りました
しかし定員オーバーで、男の人たちに降りてもらわないと
沈んでしまいます
そこで、人々は
アメリカ人に対しては、
「あなたはここでヒーローになれる」
と言いました、アメリカ人は、ガッツポーズをして海に飛び込みました
次にイギリス人に対して
「あなたは紳士だ」
と言いました、イギリス人は、うなずいて海に飛び込みました
ドイツ人に対しては
「あなたは、飛び込まなくてはならない、それがルールだ」
と言いました、ドイツ人は納得して海に飛び込みました
日本人に対しては
「あなた、飛び込まなくていいんですか?
 ほかの男の人は、みんな飛び込みましたよ」
と言われました、すると日本人は、左右を見渡すと
慌てて海に飛び込みました
中国人に対しては
「海に美味しそうな魚がいっぱい泳いでますよ」
と言いました、中国人は、上着を脱いで網代わりにして
海に飛び込みました
韓国人に対して言おうとした時、ある一人がそれを止めました
「何故止めるのですか?」
「やめておけ、後で服が濡れたと謝罪と賠償を要求される」



<改変ジョーク>

船が沈み、救命ボートは定員オーバー。
誰かが飛び降りなければならないなか、
船員はそれぞれの外国人乗客に言った。
アメリカ人に「自己犠牲の精神を期待して」
イギリス人に「あなたを紳士と見込んで」
ドイツ人に「船長の命令です」
日本人に「みんな飛び降りますよ」

<改変ジョーク>

船が沈み、救命ボートは定員オーバー。
誰かが飛び降りなければならないが、
どう言えば乗客は納得して飛び降りてくれるか?

アメリカ人は「君たちには保険がかけられている」というと飛び込む。
イギリス人は「紳士なら飛び込むべきだ」というと飛び込む。
ドイツ人は「船長の命令です」というと飛び込む。
イタリア人は「飛び込むな」というと飛び込む。
あるいは、「海に女がいる」というと飛び込む。
ポリネシア人に海を見せると、勝手に飛び込む。
そして日本人は「みんな飛び降りてるよ」というと飛び込む。

<改変ジョーク>

W杯選手&審判団
(イングランド,フランス,メキシコ&アメリカ初の国際A級審判)と
マスコミを乗せた関釜フェリーが玄界灘で沈没。
皆慌てて救命ボートに飛び乗ったが定員オーバー

一等航海士「残念だが4名程定員オーバーのようです。
        勇気のある方、私に続いて下さい。
        みさえー愛してるぞぉ!!」(ドボーーン)
イングランド監督「女王陛下萬歳!」(ドボーーン)
フランス審判「自由フランス萬歳!ジダン頼んだぞ!!」(ドボーーン)

マスコミ各社慌ててTVカメラの電源入れこの模様を撮影&中継。

アメリカ審判、どこからともなく拳銃を取り出すとメキシコ人審判に向けて
ズギューーン!!
「アラモを忘れるな!!!」


<改変ジョーク>

ハワイアン航空での出来事

太平洋上空でエンジントラブル発生!
なんとかホノルル空港までもたせたい!
荷物は捨てたがまだ重い。
ついにスチュアーデスは男性乗客にパラシュートを渡し飛
び降りさせることに・・・

@イギリス人・・・・「騎士道精神に乗っ取り飛び降りてください」

Aアメリカ人・・・・「フロンティア精神でスカイダイビングで楽しんで下さい」

B中国人・・・・・・「ドルをやるから飛び降りて下さい」

Cイタリア人・・・・「私の為に飛び降りて下さい」

Dフランス人・・・・「博愛精神で乗客を助けると思って飛び降りて下さい」

みんな喜んで高度3000Mから飛び降りた。

最後に「日本人の方、みなさん飛び降りてますから飛び降りてください!」
と機内アナウンスすると、パラシュートも持たずに
男女全員が飛び降りていった。

無事ホノルル空港に着陸できたとさ。


<類似ジョーク>

ある高層デパートで火災が起こり、様々な国の人が取り残された。
飛び降りるためのトランポリンを用意したが、皆尻込みして飛び降りない。
何と言えば飛び降りさせることが出来るか。

イギリス人には「紳士たる者、この程度のことで恐れてはならない」
アメリカ人には「君たちには十分な保険がかかっている。
          万一のことがあっても家族が路頭に迷うことはない」
フランス人には「君がそこで死んだら家族は悲しむぞ。
          恋人のことはどうするんだ」
ドイツ人には「このトランポリンはその高さから君たちが飛び降りても
         大丈夫であるということが一流の物理学者によって
         証明されている」
日本人には「他の日本人はみんな飛び降りたぞ」
中国人には「そこで死んだら、もう美味い物が食えなくなるぞ。
         それでもいいのか」


14

課題「世界で一番速く走れる選手を用意してください」

日本「最新のトレーニング技術を駆使しよう」

北朝鮮「我が国以外全て滅ぼせばいい」

韓国「一番速い選手を韓国人認定すればいい」

アメリカ「世界で最高の施設と技術を用意し
     それでもだめなら最高の選手にグリーンカードを発行し
     それでもだめなら競技のルールを変え
     それでもだめなら選手を持つ国は大量破壊兵器を
     備蓄している疑いがある」

旧東ドイツ「このビタミン剤を飲みなさい。」

イラク「試合で負けたら拷問する」


15

向こうからやってくる東洋人を睨みつけると
目をそらして距離を取るのが日本人
ニヤニヤ笑いながら擦り寄ってくるのが中国人
殴りかかってくるのが韓国人


16

暴力的中国人のイメージ=チャイニーズマフィア
暴力的日本人のイメージ=ヤクザ、帝国軍人
暴力的韓国人のイメージ=コンビニ経営者


17

自分の国の悪口を言うのが日本人
日本人の悪口を言うのが韓国人
日本人と韓国人の悪口を言うのが中国人


18

Q.長さ1kmもあるのに、知能指数が80しかないものなあに?

A.聖パトリック祭のお祭りの行列


19

ある白人の男がポーランド系の移民の多いバーに入った。
そして、バーテンに言った。
「よう、ポーランド移民についてのとっておきのジョークを仕入れたんだ。
聞きたいかい」
バーテンはすごんで言った。
「よく聞け若いの。俺はポーランド移民だ。それから、
 お前の両隣、そいつらも そうだ。それから向こうのテーブルに
 座ってる奴、入り口の近くでお前を にらんでる奴、
 そいつらはみんなポーランド移民だ」
男は、周りの雰囲気を察して言った。
「オーケイわかった。みんなわかるようにゆっくり喋ってやるからな」


20

Q.闘鶏にアイルランド人が来ているって事はどうしてわかるか?
A.あひるを試合に出す

Q.ポーランド人がいることは?
A.そのあひるに賭ける

Q.イタリア人がいることは?
A.そのあひるが勝つ


21

ブッシュ大統領の100人の部下の中にたった一人イスラム過激派が
いるが、大統領はそれが誰か知らない。
シラク大統領の100人の愛妾の中にたった一人エイズ感染者が
いるが、大統領はそれが誰か知らない。
小泉首相の100人の部下の中にたった一人不況脱出策を知る者が
いるが、首相はそれが誰か知らない。


22

アメリカのレストランにて食事中の場面;アメリカ人のカップルが
彼 「ねぇ、ハニー(おまえ)! ちょっと蜂蜜とってくれないか?」
彼女「ええ、いいわ。はいどうぞ!」

それを見ていた別のアメリカ人のカップル、
彼 「おっ、ハニーにハニー(蜂蜜)か!なかなかシャレているねぇ。
   ボクたちもやってみようか。」
  「ねぇ、シュガー(おまえ)! ちょっと砂糖とってくれないか?」
彼女「ええ、いいわ。はいどうぞ!」

それを見ていたポーランド人のカップル、
彼 「ハニーにハニー(蜂蜜)、シュガーにシュガー(砂糖)か!
   いいねぇ。オレたちもやるか。
   おい、ピッグ! ちょっとポークとってくれ。」
彼女「ええ〜? ンもう〜!!(怒 」


23

第二次世界大戦が終わった。
世界最強の商人は世界最強の兵士になった。
世界最強の兵士は世界最強の商人になった。


24

あるユダヤ人商人が臨終の床にあって言った。
「愛する我が妻は居るか。」
「ええ、ここに居るわ。」
「愛する息子は居るのか。」
「ここに居るよ、父さん。」
「・・・娘は。」
「ここに居るわ。お父さん。」
その瞬間、老いた商人はがばりと起きあがって叫んだ。
「なんだって!?それじゃ一体誰が店番をやってるんだ!」


25

「パパ、どうしてアメリカの紙幣は緑色なの?」
「ユダヤ人が熟す前に刈り取ってしまうからさ」


26

ユダヤ人のジレンマ:ハムの無料セール

<解説>
ユダヤ人は豚を食べませんが、タダは好き。


27

ユダヤのヘロデ王が、自分の息子達を次々に殺したことを聞いた
ローマのオクタビアヌス帝が一言。
「私ならヘロデの息子になるより、ヘロデの飼い豚になりたいな」


28

神様が世界中歩き回って、「十戒」を売ろうとしていた。
最初に会ったのがフランス人
神「十戒はいらんかね。なかなかいいこと書いてあるぞ」
フランス人「なんて書いてあるんだ?」
神「汝、姦淫するなかれ」
フランス人「そんなものいらないわい」

次に会ったのがドイツ人に、神様「いらんか、十戒?」
ドイツ人「なにが買いてあるんだ?」
神「汝、殺すなかれ」
ドイツ人「いらん。逝け」

日本人にも会った神様、
「十戒欲しくないっすか?神は一人だーと書いてあるんすが」
日本人「? よけいなお世話だ」
で、世界中走り回って、誰にも相手にされなかった神様が、
最後に会ったのがユダヤ人。
疲れ果てた神様「どーだ、十戒、もってけ」
ユダヤ人「それいくら?」
神様「タダでやるわい」
ユダヤ人「なら、二枚くれ」


<解説>
十戒は二枚の岩に書かれてた。


29

カトリック、プロテスタント、ユダヤ教徒の三人の若い軍人が
ポーカー賭博の疑いで軍法会議にかけられた。

カ「マリア様に誓って賭け事などやってません!」
プ「マルチン=ルターに誓ってポーカーなどやっておりません!」
ユ「ええと…裁判官様。私一人でポーカーできるはずがありませんです」


30

ユダ公で一杯のバスが崖から落ち、乗客は全て死んだ。
その様子を見ていた男Aとその友人Bの会話

A(泣いている)
B「お前何泣いてんだよ、
  バス一杯のユダ公が死んだんだぜ。フツー笑うとこだろ」
A「いや・・・俺は見たんだ」
B「何を」
A「バスの席に一つ空きがあったんだよ」


31

ドイツ人女性と日本人男性のカップルがフランスの酒場にいた。
それをフランス人男女の集団が見て、
そのうちの一人がからかってやろうと考えた。

仏男「やあ!君たちはどこの国から来たんだい?」
日男「どこの国から来たように見えますか?」
仏男「うんっと・・・君はベトナム、そちらのお嬢さんはイタリア人かな?」
日男「(文句を言いたげな独女をおさえて)
    私にはあなたがたがポーランド人に見えますね。」
仏人たち「(それぞれ怒りを表明する) 」
日男「あなたがたは私たちをわざと越人と伊人のカップルに
   仕立て上げた。ならば私があなたがたを波人だとしても
   構わないでしょうに。 」
仏女「(そのカップルがフランス語を解さないだろうとたかをくくって)
   あら、日本人とドイツ人の組み合わせなんて最低!!」


32

Q.枢軸国のドイツ、イタリア、日本。
  この国の捕虜が一人ずつ集められて、まとめて尋問にかけられた。
  最後までしゃべらなかったのは?

A.イタリア人。猿ぐつわをかませられていたから


33

なにかめぼしい物件はないかとアメリカにやってきた日本の商社マンが、
ニューヨークでソロスと会食をした。
商社マンはさっそく、金ならいくらでもある、あんた何かいい売り物は
ないか、とブロークンな英語でアドバイスを求めてきた。
静かな昼食の雰囲気を壊されて、不機嫌になったソロスは、
そのカネ、カネと叫ぶ日本人を哀れんで言った。
「こう言っちゃなんだが、カネなんぞより、はるかに大切なものが
 たくさんあるってことをあんたに教えてあげよう」
「オーケー」日本の商社マンは言った。「ハウ・マッチ?」


34

ヨーロッパの騎士が言った。
「私の名誉のためならば、自分の命など惜しくもない。」

日本の武士が言った。
「私の主君のためならば、自分の命など惜しくもない。」

中国の兵士が言った。
「私の命のためならば、他人の命など惜しくもない。」


35

イギリス人、フランス人、ドイツ人、イタリア人が集まって、
自分の国の食文化について話し始めた。

イタリア人「やっぱり我々の料理は最高だね」
フランス人「いや、我々の方が上だ」
ドイツ人「そんな事だから、戦争が弱くなるんだ。
      ビールとソーセージで十分だ」
フランス人「まずい食事しか出来ないひがみか」
ドイツ人「ワインにうつつを抜かして、
      瞬く間に降伏した連中に言われてもな」
フランス人「何を!」
ドイツ人「やるのか? 受けて立つぞ?」
イタリア人「まぁ、どちらともイギリスよりはマシなんじゃないの?」
イギリス人「いや、我々の食文化も偉大だ」
仏・独・伊「?」
イギリス人「まずい食事を何とかするために、
       料理を求めて植民地を作った」
仏・独・伊「それで?」
イギリス人「いつの間にか、七つの海を支配してしまっていたのだよ」


<類似ジョーク>

あるドイツ人が言った
「フランス人とイタリア人が戦争に弱いのは、
 戦場まで豪華な食事を運ばなきゃいけないからだ。
 その点、俺たちはジャガイモだけ、
 イギリス人はフィッシュ&チップスだけ、
 アメリカ人はハンバーガーだけ食ってればいいから戦争に強いんだ」


36

とあるユダヤ人が営む食堂へお客がやってきた。
ウェイターがメニューを差しだそうとするとお客は手で制しながら

「まずは前菜にコールスローサラダを持ってきてくれ。それから
牛タンのシチューと白身魚のムニエル、デザートはアンズの砂糖漬けだ」

ウェイターは感心して
「お客さん、うちのメニューをよくご存じですねぇ」

「そんなものはテーブルクロスを見ればわかるよ」


<解説>
ユダヤ人の営む食堂は汚いとされている

37

『ヨーロッパの首脳が乗った飛行機がエンジントラブルをおこした。
“みなさん、いらない荷物を捨ててください”という機長の放送で、
みんな捨てられるものは全部捨てた。けれど飛行機の高度は
まだまだ落ちていく。
捨てるものはもうない…。するとドイツの首相が立ちあがり、
“ドイツの栄光のために!”
と叫ぶと、パラシュートをつけて飛び降りた。
しかしまだ飛行機の高度は落ちてい
く。
次にフランスの首相が立ちあがり、
“フランスの名誉のために!”
と叫んで、パラシュートをつけて飛び降りた。でもまだ飛行機の高度は落ちていく。
ついにイギリスの首相が立ちあがると、
“イギリスの未来のために!”
と叫んで、アイルランドの首相を突き落とした。』


<類似ジョーク>

二次大戦のOB会の為、各国の元兵士が1機の飛行機で移動していた。
エンジントラブルが発生したため。余計な荷物を放棄したが、
高度はどんどん下がっていく。

機長が「このままでは墜落します」と客(OB)に告げると、真っ先に
「天皇陛下、万歳!!」と叫んで日本人が飛び降りた
まだ高度が下がって行く。
「女王陛下、万歳!!」英国人が飛び降りた。
「フランス万歳!!」フランス人が飛び降りた。
高度はどんどん下がって行く。
「ハイル・ヒトラー!!」
そう叫んだドイツ人は隣りのユダヤ人を蹴落とした。


<類似ジョーク>

イギリス人、フランス人、メキシコ人、テキサス人の4人の男が
小型飛行機に乗っていたとき、スピーカーからパイロットが怒鳴る
のが聞こえた。「飛行機が故障だ。近くの飛行場まで跳び続ける
には、君たちのうち3人がドアから外にとびおりる
しかない。そうすれば、残りの一人だけは助かる」

4人はドアを開けて下界を見下ろした。イギリス人が深呼吸をして、
「神よ、我らが女王をまもりたまえ!」、と叫び、飛行機の
外へ飛び降りていった。これに感銘を受けたフランス人は、
「フランス万歳!」、と叫ぶと、やはり飛び降りていった。これには
テキサス人もまったく感じ入ってしまった。そこで彼は、
「アラモを忘れるな!」、と叫び、メキシコ人を飛行機の外に叩き出した。


38

飲んべぇが3人、いつものように酒場で飲んでいました。
アイルランド人がぽつりと言いました。
「実は、俺はもうすぐ病気で死んでしまうんだ。俺が死んだら、
俺の墓石にこの銘柄のウイスキーをグラス一杯かけてくないか?」
イギリス人はこう答えました。
「ああ、もちろんだとも。毎年命日には必ずかけてやるよ」
スコットランド人が言いました。
「俺もかけてやるよ。・・・ただ、腎臓を一回通してからでいいかな?」


39

ある酒場に日本人・アメリカ人・ブラジル人の政治家が
集まって話をしていた。
日本「あそこに橋が見えるでしょう?」
アメリカ「立派な橋ですね」
日本「実はここだけの話、建設費の10%を懐に入れましてね」
一同、ニヤニヤ
アメリカ「あそこにビルが見えるでしょう?」
ブラジル「高いビルですね」
アメリカ「私は30%を懐に入れましたよ」
一同、爆笑
ブラジル「あそこにダムが見えるでしょう?」
日本・アメリカ「いいえ?」
ブラジル「100%懐に入れました」


40

レストランで、出てきたビールの中に蝿の死骸が入っていた場合…

イギリス人はビールに手をつけず、何も言わずに金を払って店を出る。
その店には二度と行かない。
アメリカ人は給仕を呼んで事情を説明して新しいのと代えてもらい、
一杯分の金を払う。
フランス人は店長を呼びつけて散々に文句を言い、
新しいのと代えさせる。金は払わない。
ドイツ人はしばし考えてからアルコールには
殺菌作用があったはずだと思い至り、蝿を取り除いて飲む。
中国人は「これは珍味だ!」と大喜びし、そのまま飲む。


41

アメリカ人とフランス人の会話。

米:セックスにはいろんな体位があるよな?
仏:まったくだ。よし、順に体位を挙げていこう。
米:まず、正常位だろ?次に…。
仏:ちょ、ちょっと待てよ。なんだ?正常位って?


42

電球一個の取り替えに何人のポーランド人が必要か?
五人。
一人がテーブルの上に立って電球を天井のソケットに合わせる。
あとの四人がテーブルを持ち上げてグルグル回す。

イギリス人だったら?
1人。
イギリス人は椅子に座って、紅茶を飲む。外国人の召使が取り替える

韓国人だったら?
14億5千万人。
韓国全人口(訳5千万人)が中国(12億6000万人)と
北朝鮮(2000万人)を巻き込みつつ 日本(1億2000万人)に
切れた電球についての謝罪と賠償を要求する。

ギリシャ人だったら?
3人。
1人は電球が切れたから、明かりがなくなったという。
1人は明かりがなくなったから、電球が切れたという。
最後の1人は、電球と明かりが変化したのは同時だという

イタリア人だったら?
2人。
とりあえずナンパのために男は家を出、彼のマーマが電球を取り替える。

アラブ人だったら?
1人。
これも神の意思といって、とりあえず明日、明るくなってからにする

大阪人だったら?
2人。
「なにくらくなってんねん!」と暗闇の中でどつき漫才をする


43

Q.もっとも頭の悪いロシア人がポーランドに移住するとどうなる?

A.両国の平均IQが上昇する


44

テキサスとアラスカの男達は
どちらが強いか、たくましいかを誇りあっている

アラスカに旅行しに来たテキサスの男
アラスカの酒場にはいると、男達に言われたもんだ

「ここじゃウイスキー1瓶を一気に開け、グリズリーと格闘し、
 女を無理やりファックしなきゃ、一人前の男とは言わねえぜ」

頭に来たテキサス人。その場で一息でウイスキーを開け、
グリズリーを探しに山へ行ってしまった

翌日男は傷だらけで酒場に姿を現した。
「さあ!オレと格闘する女ってのは、どこだ!?」


45

テキサスのドライバーは世界一フレンドリーなんだ
なんでかって? みんな酔っ払ってるからさ


46

テキサス人がアラスカに来て言った。
テ「州の大きさでも、まだまだ負けねえよ」
ア「なんだって?こないだ母親がテキサスに旅行に行ったが、
帰ってきたときは閉所恐怖症で死にかかってたぞ」


47

天にいる五人のユダヤ人が、
人間にとって最も重要なものは何かと語り合った。

「何よりも重要なのは知恵です」
まずモーゼが、自分の頭に手をあててそう言った。

「いや、本当に大事なのはハートでしょう」
自分の胸に手をあててそう反論したのはイエス。

「そんなこと言う奴はブルジョワだ!人民にとっては胃袋こそが重要だ!」
マルクスが、自分の腹を叩きながら激しく抗議した。

「いや、もっと下の方なんじゃないかな……」
フロイトは、股間を指して苦笑しながらつぶやいた。

最後にアインシュタインが現れて言った。
「皆さんが挙げたのはそれぞれ大事ですよね。
しかし全ては相対的問題です」


48

ポーランド人が鶏小屋に忍び込んだ
人気を察した飼い主が銃を構えて呼びかけた

「おい!そこに誰かいるのか?」
「誰もいません旦那様、おらたち鶏だけでがす」


49

物乞いが、レストランの前に来るとこんな張り紙が
<お代は貴方の孫にツケます。どうぞ気兼ねなくお召し上がり下さい>

「しめた!オラはまだ子供すらいねえ!こんなうまい話はねえ」

乞食は散々飲み、食った。そして席を立とうとすると
「100ドルになります、お客様」
「なにいってるだ!代金はオラの孫じゃなかったのか?」

「そうです、お客様。ただ貴方のおじいさまの分を
 お支払いいただきたいので」

50

アメリカの航空機メーカーが旅客機の部品を海外から調達することにした。
ポーランド、日本、イスラエルが名乗りを上げた。価格は
ポーランドが三千ドル、日本が六千ドル、イスラエルが九千ドルだった。
早速現地に担当者が飛んだ。
ポーランドでは
「材料費が千ドル、工賃が千ドル、その他ga千ドル」だった。
日本では
「材料費が二千ドル、工賃が二千ドル、その他が二千ドル」だった。
イスラエルに着くと、見本が置いてあった。
それはポーランド製のとそっくりだった。
「なんでこれが九千ドルもするのかね」
「あたしの取り分が三千ドル、あんたの取り分が三千ドル、
 ポーランドの阿呆に三千ドルですよ」


51

あるとき列車にフランス人と日本人とパキスタン人とアフガニスタン人の
4人が一緒に 乗っていました。
フランス人がワインを列車の窓からを捨てました。
「どうしてそんな事をするんだい?」フランス人に 対してたずねました。
するとフランス人は
「ワインはフランスにはたくさん有るからね」と答えました。
次に日本人が時計を 列車の窓から捨てました。
「どうしてそんな事をするんだい?」日本人に対してたずねました。
すると日本人は
「日本には時計はたくさん 有るからね」と答えました。
次にアフガニスタン人が麻薬を列車の窓から捨てました。
「どうしてそんな事をするんだい?」
アフガニスタン人に対してたずねました。するとアフガニスタン人は
「アフガニスタンには麻薬はたくさん有るからね」と答えました。
パキスタン人はアフガニスタン人を列車の窓から捨てました。


<類似ジョーク>

英国人、キューバ人、日本人、パキスタン人が列車に乗っていた。

キューバ人は『こんなものうちの国ではありふれている』と、
高級葉巻を窓の外に投げ捨て、
日本人は同様にニコン製カメラを投げ捨て、
次に英国人が『こんなものありふれている』と、
パキスタン人を窓から投げ捨てた。


ルイジジョーク

ある寒い日、ワルシャワの川辺の近くで、アメリカ人とロシア人
とポーランド人が、酒を飲んだ。
酔って気が大きくなったアメリカ人は、着ていたコートを脱いで
「こんな古いものはいらない」と言って川に捨てた。
それを見たロシア人も、「こんな古いものはいらない」と言って
帽子を川に投げ捨てた。
そしてそれを見たポーランド人も、「こんな古いものはいらない」
と言って、ロシア人を川に放り込んだ。


52

 草むしりをいろんな民族にさせてみると・・・ 
イタリア人は休憩しいしいろくに草もむしらず時間が来たので帰宅する。
イギリス人は仕事はするがとっかるまでのコーヒータイムが長い。
アメリカ人は草刈り機がくるまで休憩。
フランス人はとりあえず芸術的な草むしりを追求。
ドイツ人は面積から必要な仕事量を割り出し、計画的に草をむしり雑草
の根一つ残さず刈り取ってしまう。
日本人はドイツ人と同じ方法で草を刈ってしまうが、刈り取った後に
会社まで作ってしまう。


53

真のアジア人とは

中国人のように清潔好きで、韓国人のように温厚で、
日本人のように信心深く、フィリピン人のように知的なことである。


54

ここはモスクワの街角。
例によっていつものように、パン屋の前には行列がズラリと並んでいる。
それを見た外国の使節団が一言。

中国人「物を買うのに列に並ぶなんて、
     ロシア人はなんて律儀なのだろう」
日本人「物を買うのに列に並ぶなんて、
     よほど有名なパン屋さんなのだろう」
韓国人「物を買うのに列に並ばせるなんて、
     謝罪の要求が殺到するだろう」
北朝鮮人「列に並びさえすれば物を買えるなんて、
       なんて素晴らしいんだろう」


55

ブラジル人(別に何人でもいい)とアメリカ人が飛行機に乗り合わせた。
エアポケットに入ったとたん4つあるエンジンの一つが停止した。
アナウンス「乗客のみなさま、ご安心を。エンジンは故障いたしましたが
        墜落の危険はありません。ただし到着時間が1時間遅れる
        のをご承知下さい。」
 しばらくして2つ目が停止した。
「墜落の危険はありませんが、到着時間が2時間遅れます。」
 そして3つ目が停止した。
「墜落の危険はありませんが、到着時間が3時間遅れます。」
アメリカ人「おいおい、どうなるんだよ!この飛行機は。
       後一つでオワリじゃないか。」
ブラジル人「ああ、困ったよ。4つとも止まったら4時間も遅れてしまう。」


56

イスラエルで祭りがあった。
王様は古今東西の珍味を用意した。
そして国民はそれぞれ皮袋いっぱいのぶどう酒を持ち寄り、
一つの大きな樽に入れることになった。
祭りが始まり、ぶどう酒を飲むため各人は大きな盃を持って列に並んだ。
そして最初の一人が樽をのぞきこむと・・・・全部水だった!


57

無人島に男二人、女一人が漂着した。
その三人がフランス人なら仲良く3P。
その三人がイギリス人なら女をほったらかしにして男二人でチョメチョメ。
その三人が日本人なら本社に携帯で連絡して指示を仰ぐ。


<類似ジョーク>

亜米利加人なら二人とセックス
仏蘭西人なら一人と付き合い一人と密通
露西亜人ならモスクワからの指示を待つ

<類似ジョーク>

イタリア人なら女性をめぐって殺し合いが起きる。
フランス人なら、一人が夫に、もう一人が愛人になって丸く納まる。
イギリス人なら何も起こらない(紹介してくれる人が居ないので
そもそも、お互いに口をきかない)
日本人なら、女性をほっといてゴルフを始める。


58

ある新聞への投書。
「貴紙のコラムでスコットランド人をケチだとするジョークを載せるのは、
 スコットランド人全体に対する誹謗中傷であるのでやめてもらいたい。
 もしこの警告にもかかわらず、
 スコットランド人ジョークを載せるのであれば
 我々スコットランド人は、以後貴紙を借りて読む事をやめる事にする」


<改変ジョーク>

ある新聞への投書。
「貴紙のコラムでアイルランド人をアホだとするジョークを載せるのは、
 アイルランド人全体に対する誹謗中傷であるのでやめてもらいたい。
 もしこの警告にもかかわらず、
 アイルランド人ジョークを載せるのであれば
 我々アイルランド人は、以後貴紙を読んで聞かせてもらうのをやめる」


59

アル中のスコットランド人が尻のポケットにウィスキーの瓶を入れて
車道を千鳥足。 当然のごとく、車にはねられ道端までとばされた。
幸い命に別状はなかったものの尻のあたりが、
なにやらぬれている模様。 その男、手で触ってみて、
「ああ神様、どうかこれが血でありますように」


60

銀行家と電気屋と政治家の三人が、知能テストを受けていた。
その問題の一つに「入るよりも出る方は多い場合に生じる問題とは?」
というのがあった。
銀行家は「貸越」と答え、電気技師は「過負荷」と答えたが、
政治家は「それがなぜ問題なのでしょうか」と書き込んだ。


<類似ジョーク>

ロックフェラーとエジソンとルーズベルトが知能テストを受けた。
「入るよりも出るほうが多い場合に生じる問題は?」という問いがあった。
「貸越しに決まっている」とロックフェラーは答えた。
エジソンは「過負荷だろう」と答えた。
ルーズベルトはしばし考え込んだ後、「それがなぜ問題なのだ?」


61

今日、開店したアジアのマッサージ・サウナは素晴らしい。
サウナで汗を流したあと、手馴れた手つきの女性たちが客の体を
ごしごしこする。すると、見る間に垢がとれて、大きなボール玉に
なるのだ。きっと何ポンドもあるのではないか.
肌はややひりひりするが、血は出ない.
そして翌日、大勢のユダヤ人が
このマッサージ・サウナに弟子入りを志願した.


62

面接官「ダメダメ、貴方はダメですよ」
希望者「どうしてですか!成績優秀、性格穏和、
     容姿も家柄も問題なしと自負していますが」
面接官「名前がダメです。お帰り下さいシャイロックさん」


63

イエスは罪を犯した女に石を投げる人々に向かってこういった。
「この中で、今まで一度も、心の中ですら
 姦淫の罪を犯したことのない者のみ石を投げるがよい」

人々がもし、アメリカ人だったら:
「私は誇りを持って武器を取る!」と石をぶつける。
ついでに心の中というプライベートな
問題に踏み込もうとしたイエスを告訴する。

フランス人だったら:
心の中の姦淫という罪なき甘美を責めるイエスに
猛烈に石を投げ始める。

ドイツ人だったら:
辺りが一瞬、しーんと静まり返る。
そして「でも法律だから。」という誰かの独り言に目を覚まし、
やっぱり石を投げる。

イギリス人だったら:
一同、こりゃ一本取られたとばかりにファーッファッファと大笑いする。
そして石を投げる。

イタリア人だったら:
絶妙なとんちで騎士のごとく女を救い、
そのハートをつかもうとしたイエスの手練手管に感心する。
そもそも、最初から何が罪だったのかよくわかっていない。


64

とあるユダヤ学生がラビになる試験を受けた。
最後の問題がどうしても判らず
「神のみぞ知る」
と書いて提出した。

数日後

「神は合格したが、貴方は落ちました」と言う通知が届いた。


65

中国商人1人は日本商人10人をあしらう。
インド商人1人は中国商人10人を あしらう。
しかし、そんなインド商人が10人集まってもアラブ商人1人に
手玉に取られる。
そして、アラブ商人10人が集まっても日本企業に牛耳られてしまう。

66

中国残留孤児が日本に帰り、日本の街を見た。
彼は、入り口がガラス張りの建物をのぞいてみる。
そこには機械が整然と並び、それぞれの機械の前の
椅子に座った人が、じっと機械を見て操作している。
「なんて勤勉な労働者たちなんだろう」
彼は感心して、そのパチンコ屋の前から立ち去った。


67

アメリカ人「日本は男尊女卑なんだろ?」
日本人「そんなことはないさ」
アメリカ人「嘘だよ、日本じゃ夫は王様みたいな扱いだって聞いたぜ」
日本人「ああ、もちろん日本じゃ夫は王様だよ」
アメリカ人「ほら見ろ」
日本人「ただし、日本は立憲君主制だけどね」


68

日本人「イギリスのプリンス・オブ・ウェールズを撃沈したのは我が国だ」
イギリス人「我が国のスピットファイアはドイツから我が国の空を護った」
ドイツ人「我が国の戦車にかかれば、アメリカの戦車など粘土細工だ」
アメリカ人「我が国の生産力が連合国側を勝利に導いた」

それを聞いたイタリア人
「我が国こそ、連合国側の勝利に最も貢献した国だ」


69

グルーチョ・マルクスの好きな本三冊。
「イギリス料理の深奥」
「ドイツ・ジョーク集」
「イタリアの英雄伝説」

…共通点は「どれも薄いところ」


<類似ジョーク1>

「世界一薄い本」
  世界一薄いレシピ=イギリス
  世界一薄いジョーク集=ドイツ
  世界一薄い謝罪文例=フランス


<類似ジョーク2>

ある日の新聞に次のような広告が載った。
「以下の本を高額で買取します。
ドイツジョーク全集
イタリア英雄戦記
イギリスグルメ紀行」
「ポーランド人の英知
史実・日本の残酷な君主
モンゴル海軍の栄光
ソビエト連邦の芸術作品」
「アメリカ紳士列伝」
ユダヤ人の職業倫理
フランス人の貞操
「偉大なカナダの政治家」
「南米の偉大な実業家」
「メキシコ・シティーの空」
「無音時代のインド映画」
「ホームフィールド・アドバンテージ 著:元エクアドル監督」
「独自文化の国ベルギー」
「スイスの国際貢献」
「戦闘国家コスタリカ」
「美味しい飲茶inコロンボ」
「東西ベトナム戦争全史」
「アイスランドの森に生きる人」
「ルクセンブルクのワールドカップ名選手」
「オランダの謝罪例文集」
「スペイン人の静かなる祈り」
「近代科学・韓国人の貢献」
「日本を意識しない韓国人」


70

独逸人:我が国の戦闘機技術は最高水準です
英国人:それを撃退した我々の戦闘機は世界一だ

ソ連人:落とした数なら我が国が一番だ。戦中でも戦後でもな。


71

好きなモノを叫んで飛び込むとそれでいっぱいになるという
魔法のプールがありました。

あるアメリカ人は”Beer!”叫んで飛び込みました。
そうするとプールはビールでいっぱいになりました。

あるフランス人は”Vin!”と叫んで飛び込みました。
そうするとプールはワインでいっぱいになりました。

ある日本人は”日本酒!”と叫んで飛び込みました。
そうするとプールは日本酒でいっぱいになりました。

あるベルギー人があれこれ考えようやく決まり
走り出しました。が、石につまずいてしまい、
”Merde(Shit)!”と叫びながらプールに飛び込みました。


72

中国人は恩には恩、仇には仇で返す。
韓国人は恩にも仇、仇にも仇で返す。
日本人は恩にも恩、仇にも恩で返す。


73

日独伊三国同盟秘話
三カ国は、世界をどの様に分割するかでもめていた。
ドイツ代表「ヨーロッパ、いや西半分は我々が貰う」
日本代表「当然東半分は我々だろうな」
両者が、境界線をめぐっていがみ合いを続けるのを見て、
イタリア代表はあくびをしながら言った。
「何でもいいよ。俺達は女の方を貰うからさ、
残った男はあんたらが好きに分配してくれよ」


74

大国であるが故に、イングランド人は、アイルランド人を馬鹿にし、
大国であるが故に、フランス人は、ベルギー人を鼻で笑い、
大国であるが故に、ドイツ人は、ポーランド人をコケにする。
大国であるのだが、ロシア人は、ロシア人をネタにしてしまう。


75

オランダ人は隣国のベルギー人をネタにしたジョークで
馬鹿にするのが大好き。 でも最近、五年後には両国間
で戦争が勃発すると言ううわさが流れている。

なぜか。

そのころには奴らも俺たちのジョークを理解する。


76

ロシア人「我々がウォッカに溺れるのは、
      嫌な現実から逃れるためなのさ」
アメリカ人「しかし、君の女房が家出から戻ったとき、
       君は朝まで飲み明かしていたじゃないか」
ロシア人「かかぁが戻ってきたから、飲まずにはいられなかったのさ」


77

ある男が池でおぼれていた。その池の畔(ほとり)には
一本のロープがあった。

イングランド人が通りかかった。
彼はロープを使って男を助けてやった。

スコットランド人が通りかかった。
彼はロープを持ってにやにや笑い、
「助けてやったらいくらくれる?」と言った。

アイルランド人が通りかかった。
彼は「いま、助けてやるぞ!」と言って、
ロープを丸ごと池に放り投げてしまいました。


78

ある日どの国の将軍が一番優れているかという談義があった。
フランス人は、
「ナポレオンこそ最高の将軍である」と言った。
日本人は神妙な顔をして頷いた。

ドイツ人は、
「いや、ヒトラー元帥こそ、最大の指導者であった」と言った。
日本人は神妙な顔をして頷いた。

ロシア人は、
「いや、我が国の将軍こそが最強である」と言った。
日本人は神妙な顔をして頷いた。

フランス人が日本人に訊ねた。
「ロシアの最強の将軍とは誰か?」
「え? 冬将軍じゃないの?」


79

ロシア人と日本人とイギリス人で食事に行きました。
食後、
ロシア人は割り勘にするといくらか考えました
日本人は3人分払うといくらか考えました
イギリス人はおごってくれた人になんと礼を言うか考えました。


80

月に一人の男がすんでいた。男は長いこと一人で住んでいたので
人類が月に向かっているとわかった時はうれしかった。
最初にやってきたのはロシア人だった。
男が喜んでロシア人に会いに行くと
ロシア人はいきなりレーニン全集を取り出して「これを読め」といった。
男はロシア人が好きになれなかった。
次にやってきたのはアメリカ人だった。
陽気そうなアメリカ人を見たとき、
男は今度は大丈夫だろうと思い会いに行った。
するとアメリカ人はいきなりコーラを1ケース取り出して
「これを飲め」といった。
男は人類が嫌いになり、今も月の裏側で一人で住んでいるんだとさ。


81

香港の若者は東京の街にあこがれる。
東京の若者はNYの街にあこがれる。
NYの若者はパリの街にあこがれる。
パリの若者は自分の街が世界で一番だと思っている。


82

ある大金持ちがブルーの馬を見つけてきたら、
莫大な賞金を出そうといった。それを
聞いた各国の代表はどういう行動をとるか?

イギリス人
青い馬がいそうな未開のところに行くべく旅行の準備をはじめる。

ドイツ人 
そんな馬が本当にいるのか博物館や図書館へいって調べる。

フランス人
ペンキ屋に駆け込んで青いペンキを購入する

スペイン人
賞金をもらった気になって盛んに前祝いをはじめる。

日本人
努力に努力を重ねて品種改良のうえ、青い馬をつくろうとする。 


83

30年前の国際モーターショーでは

車のスタイルを念入りにチェックするのがアメリカ人。
乗りごごちをチェックするのがイギリス人。
エンジン周りをチェックするのがドイツ人。
モデルのおねーちゃんを食い入るようにチェックするのがイタリア人。
じゃ、日本人は?
穴があくほど価格の数字を見つめる。


84

イタリア人の幸福は、女を口説くのに成功したとき。
イギリス人の幸福は、うまいブラックジョークが決まったとき。
ドイツ人の幸せは、計画通りに物事がうまくいったとき。
スペイン人の幸せは、旨い物を食ってのんびりシエスタしているとき。
ソ連人の幸せは、部屋に踏み込んできた秘密警察が
人違いに気づいて帰っていったとき。


85

餌をもらおうとしている犬の前にイングランド人が来た
犬は怖がった、なぜならばイングランド人がクールで
恐ろしいことを知っているからだ

次にスコットランド人が犬の前にやってきた。
犬は決してついて行こうとはしなかった。なぜならば
スコットランド人がケチなのを知っているからだ。

最後にアイルランド人が犬の前にやってきた。
犬はこういった
「俺の後についてきな」


86

[ フランス人である理由 ]

早口でしゃべるとゲイっぽい
何年でもワールドカップ初優勝の喜びをひきずれる
カタツムリでもカエルでも昆虫でも食べられる
もし戦争があればすぐ降伏できる
自国の核実験は他国でできる
年取って不細工になっても美しい有名映画スターでいられる
トイレのことで困ることはない。通りのどこでもがトイレ
フランス語がしゃべれるだけで愛の達人と思われる


[ 英国人である理由 ]

2つのワールドウォーと1つのワールドカップ
ビールがぬるい
クリケットのルールで得意になれる
メジャーなスポーツで敗退しても気にしない
ユニオンジャックの下着
過去に生き、今でも世界の中心であると錯覚できる


[ イタリア人である理由 ]

パスタの異様な形について知識がある
毛皮を着ることに抵抗がない
軍の歴史には輝かしいものがある。ただしA.D.400年まで
室内でもサングラスを着用できる
政治的に安定している
でも国を仕切っているのはシシリアの殺人者


[ アメリカ人である理由 ]

詐欺師でも大統領になれる
十分なお金があれば何にでも選出される
バドワイザーでもビールと呼べる
毎年国民の休日を新しく制定できる
いつでもどこでも、世界で一番の大国と勝手に思える
ワールドカップに誰も興奮しない


[ カナダ人である理由 ]

アメリカ人でなくてよかったと思える
アメリカにうまく侵入し、首都を完全に燃やせる唯一の国
1年のうち12ヶ月戸外でアイスホッケーができる
アメリカにうまく侵入し、首都を完全に燃やせる唯一の国
灰色熊を殺して家に皮を飾れる
アメリカにうまく侵入し、首都を完全に燃やせる唯一の国
カヌーで100マイル旅しても水がきれい
アメリカにうまく侵入し、首都を完全に燃やせる唯一の国


[ スペイン人である理由 ]

変なピチピチの服を着て、牛の前で命を危険にさらせば女にモテる


87

大戦中、枢軸国の車両技術者が情報交換をかねて親睦を深めていた。
酒を酌み交わし、口も滑らかになってくる。
伊国の技師も独国の技師も、論を交わし相槌を打つ。
日本の技師は一緒に来た通訳に全て訳させて、
一言一言ウムウムとうなずく

しかし、
酒が進むにつれ、嫌味の応酬になってきた。
空気を察した通訳は、良い事だけ日本技師に伝える。

独技師「あなたの国の戦車は、前進一段・後進五段の変速機らしいね。」
伊技師「あなたの国の戦車は故障が多くてよく壊れるらしいね。」

程よく酒が進み、いい気分の日技師、
なんとなく不穏な空気をやっと感じ取る。
伊国・独国 双方を褒め称えるべく、拙いながら大声をだす。


「そしてわが国の戦車は、それらの技術を全て見事に取り入れました。」


88

アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、
無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。
これではボールペンを持って行っても役に立たない。NASAの科学者
たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費を
かけて研究を重ねた。 その結果ついに、無重力でも上下逆にしても
水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、どんな状況下でもどんな表面
にでも書けるボールペンを開発した!!


一方ロシアは鉛筆を使った。


89

「一生懸命働いて手に入れた100万円と、
株で一夜にして手に入れた100万円、どちらが価値あるものか?」

アジア人
「汗水たらして手に入れたものが一番尊いものだ」
ヨーロッパ人
「どんな手段で手に入れようが100万は100万だ」
アメリカ人
「君たちはコストパフォーマンスという言葉を知らないのか」


90

全世界で暴走族が一斉検挙された。少年たちは言い訳がましく・・・

アメリカでは「父がイージーライダーだったので・・つい・・」

フランスでは「父がマン島レースに出たライダーだったので・・つい・・」

ジャパンでは「父が特攻隊員だったので・・つい・・???」

コリアでは「父が日本の真似をするので・・つい・・」


91

アメリカ人に先祖を聞くと「開拓者です」
イギリス人に先祖を聞くと「貴族です」
ドイツ人に先祖を聞くと「アーリア人です」
韓国人に先祖を聞くと「日本人です」
日本人に先祖を聞くと「黄猿人です」


92

最近のニュース。

イギリスの考古学者は、地下200メートルの遺跡から、
古い銅とケーブルを発掘した。イギリスの科学者達は、
2000年前に、彼らの祖先は電話を使っていたと結論付けた。

フランスの考古学者は、地下300メートルまで掘り、
同じような素材を発掘した。フランスの科学者達は、
3000年前に、祖先がハイテクな遠隔通話システムを
使用していたと結論付けた。

エジプトの考古学者は、ギザのピラミットの下の砂漠を
500メートル掘ったが、何も見つからなかった。エジプトの
科学者達は、5000年前に、彼らの祖先はすでに
携帯電話を使っていたと結論付けた。


<改変ジョーク>

シリア人とヘブライ人の会話

シリア人は錆びた鉄線を握り締めて見せびらかした。
「これは世界最古の電話線だ。我々の先祖は電話をはじめて使ったのだ」
ヘブライ人はひとつため息をつき、こう返した。
「こないだうちの庭を掘ってみたけど、何も出てこなかったよ」
「それ見たことか」
「当たり前だ。無線を発明したのは私の祖父だからだ」


93

英国人、フランス人、日本人の動物学の権威が、
アフリカのサバンナで3ヶ月にわたってアフリカ象の生態を研究した。
帰国後それぞれが、その成果をもとに本を書いた。
英国人は『アフリカ象の生態』、フランス人は『アフリカ象のセックス』、
そして日本人は『アフリカ象から見た日本人』という本だった。


94

イエス・キリストは奇跡により水をワインに変えた

フランス人はそれを見て
「この様に速成されたものはワインと呼べない」
イタリヤ人はそれを見て
「次は石をおいしいピザにしてくれ」
ロシア人はそれを見て
「おまえが本当に神の子なら、水をウオッカにしてみろ」


95

世界的な音楽コンクールにおいて
開始1時間前にドイツ人と日本人が来る。
30分前、ユダヤ人がやって来る。
10分前、アングロサクソンが現れる。
開始時刻丁度にスラブ系が間に合う。
5分遅刻して、フランス人がすべりこむ。
15分遅くイタリア人が出現。
30分以上たってからスペイン人がようやく現れる。
ポルトガル人がいつ来るのか誰も知らない。


96

イギリスでは、「法で禁止されてなければやってもよい」

ドイツでは、「法で許可されていなければやってはいけない」

フランスでは、「法で禁止されていてもやってよい」

ソビエトでは、「法で許可されていてもやってはいけない」


97

チーズ倉庫を前にフランス人が、スウェーデン人,インド人,
朝鮮人の3人に自慢げに言った。
「わが国のチーズの強烈な臭いに耐えれるのは、
 チーズを知り尽くしたフランス人しかいない」
発酵ニシンの本場スウェーデン人が鼻でせせら笑って倉庫に入ったが、
すぐに耐え切れずに飛び出した。
汚物に慣れたインド人も自信満々で倉庫に入ったが、
やはりすぐに飛び出した。
それを見たキムチ人種、朝鮮人がおそるおそる倉庫に入った。

…しばらくして、チーズが倉庫から飛び出してきた。


98

イギリス人は歩きながら考える
フランス人は考え終わると走り出す
スペイン人は走り終わってから考える
ドイツ人はみんなが走り始めると走り出す
イタリヤ人は情熱で走り出す
ロシア人はウオッカのために走り出す
目的地に一番につくのは
走るために走る日本人


99

 中国人、シンガポール人、インド人の3人が、
自分の国の指導者を自分の国の
名所にたとえるとどうなるかたずねられた。
 中国人は言った。
「わが国の指導者をたとえるなら、万里の長城だ!
新しさはないが、長い歴史があり何より堅固だ」
 シンガポール人は言った。
「わが国の指導者をたとえるなら、シンガポールの高層ビル群だ!
国家を建設し、おかげで国民は上へ上へと高水準になった」
 インド人は言った。
「わが国の指導者をたとえるなら、ヒマラヤ山脈だ!
長い間そびえ立ってきたが、何もしていない」


100

ロシア人はウォトカのためなら、どんな事でもできる。
唯一できないのことは、そのウォトカを飲まない事だ。


<<前 表紙 次>>