DIGITAL ARTIST CLUB GALLERY
Persistence Of Vision


※作品をクリックするとフルサイズで御覧になれます


Objects



ちょっと背伸びをしてメディアを使ってみました
英語のマニュアルをよく分からないながら
ながめ、試行錯誤で作ったが
なんとか後ろの方がぼやけて
奥行きが出たかなと言った感じ

使用ソフト

モデラー:Mondfarilo
レンダラー:POV-Ray3.1

Mirror

 

鏡本体はCSGで作成したが
実はMondfariloという
POV-Ray専用のCSGで作る
モデラーを使ってみた(フリーウェア)
しかしこれ、ずーっとベータ版で
なんと保存が出来ない…
Macでは一番POV-Rayと相性がいい
モデラーだと思うのだが…
早く完成させて下さい!!
(私が知る限り、もう一年以上 開発は
止まっているようです)

使用ソフト

モデラー:Mondfarilo
レンダラー:POV-Ray3.1


Ring



同じく、MegaPov作品
これ又コメントのしようが…
とにかく輪っかを作りたくて
この頃から次第にPOV-Ray
から遠ざかっていった気が…
というより、限界を感じはじめる

使用ソフト

モデラー:なし
レンダラー:MegaPov0.6


Egg




コメントしようもない程
意味のない作品 …
MegaPovの存在を知り
早速ダウンロードして
テクスチャエディタを使って
遊んでいたらできたので…
タイトルもマヌケ

使用ソフト

モデラー:なし
レンダラー:MegaPov0.6


4UP




デジカメで撮った写真を
4分割して色調補正。

使用ソフト:PhotoShop5.5


Table

この作品はPOV-RayのCSGだけで
作っています
始めは、スクリプトだけで
作っていくのに抵抗
(ただ面倒くさいだけ?)
があったが練習しないことには
どうしようもないということで…

今思うと始めの頃の作品は
テーマもないしある意味シュールかも

使用ソフト

モデラー:なし
レンダラー:POV-Ray3.1


Grass House



記念すべきPOV-Ray初作品!
もともと、フリーの六角大王で
作ってあった作品をDXFで吐き出して
POV-Rayでレンダリング

六角大王とPOV-Ray
どちらもフリーソフトなのに
こんなことができるなんて!
と感動したのを覚えています
しかし、感動し過ぎて
意味なく半透明にしてしまいました

使用ソフト

モデラー:六角大王5.5
レンダラー:POV-Ray3.1