PHP講座
ピーエイチピーこうざ

PCinfo PCinfoトップページ Guest Book

目次

PHP開発環境の構築
基本事項あれこれ


PHP開発環境の構築

本講座ではPHPについて扱いますが、PHPの勉強を始めるには開発環境の構築が必要です。 しかし、環境構築を1から語るのは実にめんどいので他のサイトに丸投げします。サーセン。

PHPインストールマニュアル(PHPプロ!)

XAMPPのインストール(phpspot)

個人レベルでの利用、勉強目的であれば「XAMPPのインストール」をお勧めします。 Webアプリケーションを開発するために必要なものを一括でインストールすることが可能ですので 実に楽です。

ただ現場でPHPベースで開発を行っている人の中にはXAMPPを嫌う人もいますけどね。 彼ら曰く、個別インストールに比べてXAMPP特有の知識やバグ・不具合とお付き合いせねばならないのが めんどいらしいです。

この講座では当面、ApacheとPHP処理モジュールがあれば十分かな?

目次へ


基本事項あれこれ

環境構築が完了したら、早速動作確認といきましょう。

PHPのコードは○○○.phpの拡張子を持つファイルに記述します。そしてそのファイルはhtdocsフォルダ内に 格納せねばならないルールになっています。htdocsフォルダの位置はXAMPPを利用しているかしていないかで 異なりますが、利用していない場合はApacheフォルダ内、利用している場合はxamppフォルダ内にあります。

PHPプログラムをローカルマシン上で実行する場合であってもApacheを起動する必要がありますので、 各自で起動方法を調べて起動してください。(説明省略でサーセン)

PHPが正しくインストールできたか否か確認する定番の方法はphpinfoを表示することですので 早速それを試してみましょう。

それでは何か適当なテキストエディタで以下のコードを打ち込んでみてください。

<?php
	phpinfo();
?>

コードを入力したら、htdocsフォルダ内にtest.phpというファイル名で保存してください。

それではWebブラウザを立ち上げて、アドレスにhttp://localhost/test.phpと入力しましょう。 以下のような画面が表示されれば成功です。



失敗した場合は・・・どうしよう(;´Д`)

目次へ




HOME